ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ウサマ・ビンラディン」(ウサーマ・ビン・ラーディン、本名:ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン)は、アルカイダの精神的指導者でテロリスト。


1957年3月10日、イエメンのハドラマウト地方出身。「ビン・ラーディン」の「ラーディン」とは彼の曽祖父にあたる人物であるが、ウサマの父ムハンマドが立ち上げたゼネコン大手「ビン・ラーディン・グループ」のように一族を指すファミリーネーム的な呼称としても用いられる。

本稿では日本でよく知られる「ビンラディン」で統一する。


1988年に国際テロ組織「アルカイダ」を設立、湾岸戦争によるサウジアラビアへの米軍駐留が発端となり、反米思想に傾倒するようになる。2001年のアメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件の首謀者とされ、FBIの最重要指名手配犯であった。


2011年5月2日、アメリカ海軍特殊部隊の奇襲攻撃を受け死亡。ビンラディンの死をもってアメリカが標榜している「テロとの戦い」に一応の区切りがついたとされる。


以前は「ビンラディンは親日家である上に在日ムスリムからその居心地の良さから「約束の地」と呼ばれる日本を攻撃対象にしない」と宣言したという主張がも見受けられたが、実際のところは全くのデマであるという。


ビンラディン自身も繰り返し日本を攻撃対象としていたことが公安調査庁のページで明かされており、過去にイラクなどを訪れた日本人が誘拐・殺人の被害に遭う事件も起きている。


ビンラディンと日本の関わりは、せいぜい柔道を若いころに学んでいた程度である。


関連タグ

テロリスト

Postal2

関連記事

親記事

アルカイダ あるかいだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14677

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました