ピクシブ百科事典

ウサマ・ビンラディン」(ウサーマ・ビン・ラーディン、本名:ウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン)は、アルカイダの精神的指導者でテロリスト。

1957年3月10日、イエメンのハドラマウト地方出身。

1988年に国際テロ組織「アルカイダ」を設立、湾岸戦争によるサウジアラビアへの米軍駐留が発端となり、反米思想に傾倒するようになる。2001年のアメリカ同時多発テロ事件をはじめとする数々のテロ事件の首謀者とされ、FBIの最重要指名手配犯であった。

2011年5月2日、アメリカ海軍特殊部隊の奇襲攻撃を受け死亡。ビンラディンの死をもってアメリカが標榜している「テロとの戦い」に一応の区切りがついたとされる。

ビンラディン自身は親日家でもあり、メディアに彼が語った所によれば「どのように思われたとしても日本はイスラムの未来のために無くてはならない友好国でありアルカイダは少なくとも日本にテロ攻撃だけは決して行わない」と言う宣言を行っている。
日本に住んでいる23万人にも登るムスリム達を決して軽視していないためであり、イスラム約束の安住の聖地日本へのテロ攻撃を強くイスラムの戒律によって禁じていたとされる。
しかしイスラム国ことISISは積極的に日本への攻撃も必要があらば行うと言う異例の戒律破りを宣言している。イスラム社会にも大きな衝撃を与えたと共に「彼等は日本に住むムスリムに与える影響をまるで考えていない」と反発も大きかった。

関連タグ

テロリスト
Postal2

関連記事

親記事

アルカイダ あるかいだ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウサマ・ビンラディン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14074

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました