ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

テロリストとは一般的に、恐怖心テロル)を引き起こさせることにより特定の政治的目的を達成するため組織的暴力の行使をする人物または集団のことを言う。

政治家軍人などの要人を狙う者と、民間人を無差別に攻撃する者とがいるが、どちらにせよ平和と秩序を破壊する者達で、テロリズムは犯罪と位置づけられている。
だが、テロリスト当人は自分達の非道な行いに疑いを抱くどころか「正義」であると認識し、パルチザンレジスタンス等であると主張する。

また、テロリスト集団の中には、自警目的で結成された民兵の組織が、行動を過激化させ、戦争犯罪にまで手を染める様になった末に変節したケースもある。

正規軍との違い

最大の特徴にして問題点は、『国家』に所属していないことである。つまり、テロリストには明確な敗北条件が存在しない

民主的な国家に所属する軍隊であれば、戦争を指導する政治家が国民の信頼を失えば戦争の継続は不可能になる。
独裁国家であっても指導者が失脚するか、最悪でも国土の主要部分を占領された時点で戦略的敗北が決定し、その後は主権国家同士が停戦協定締結のための協議に入る。

しかしながらテロリストには守るべき国土や国民が無ければ尊守しなければならない法律も存在しない。当然ながら国際法を守る理由や必要性も無いので、民間人を平然と巻き添えにした人を人と思わない様な非道行為にも躊躇を見せず、むしろ意図的に犠牲者を多くしようとしている。
さらには指導者の号令で動くような組織の体すらなしていない場合も多く、“現状の指導者”との停戦協議が為されても、それを不服とする分派が指導者達から離反して勝手に闘争を継続する場合もある。
近年では、人間爆弾といった無関係な人間達はおろか、自分自身の命さえも平然と殺そうとする手段を用いてテロ活動を行う狂信的なテロリスト達も増加している。

また、体制側による強権的警察行為(反体制派の虐殺など)もテロ行為に数えられることもあり、この場合は白色テロと呼ばれる。


テロリストの善悪

一般的にアニメ漫画といった創作物に登場する場合は明確なとして定義されている事がほとんどだが、幕末の攘夷志士のように、後世では英雄として扱われている人物達も、当時の体制側の観点で見れば立派なテロリストである。
テロの発生率の少ない平和な日本の人間の中には、「反骨精神に溢れた反体制側のヒーロー」であるかの様に見なす輩(所謂「平和ボケ」)も多いが、テロリストは基本的に平和や秩序を破壊する凶悪犯罪者の集団で、無差別的に大規模な破壊や殺戮(しかも、攻撃対象は軍隊や政府関係の施設よりも民間の施設や人間が多い)を行う分、並の犯罪者よりもずっと卑劣で危険な破壊者と言って良い。

なお、基本的には犯罪組織だが、テロ組織を国家化したような悪の帝国という場合も、ある意味テロリストの集団といえる。

実在のテロリスト

個人

組織

※Pixivに記事のあるものに限ります

架空のテロリスト、テロ組織


その他


関連項目

ペロリスト 純情テロリスト
対テロ戦争
マサキ・アンドー / ロックオン・ストラトス: 両親をテロリストに殺された過去を持つためテロリストに対して過剰な敵対心を見せる

関連記事

親記事

テロリズム てろりずむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テロリスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 509011

コメント