ピクシブ百科事典

安重根

あんじゅんぐん

朝鮮(大韓帝国)の独立運動家。伊藤博文を暗殺し日本政府に処刑されたが、当時の日本では一定の支持を集め、現在の韓国では英雄視されている。日本では(あんじゅうこん)とも読まれる。
目次[非表示]

人物

韓国の特権階級・両班(ヤンバン)の出身の1879年生まれ。カトリック信者の民族主義者で、1905年に韓国が日本の保護国となったことに憤慨し、抗日活動に参加してロシアに亡命。

朝鮮統監だった日本の元首相伊藤博文を韓国亡国の元凶と見なし、1909年10月26日、当時の満州(現中国黒龍江省)ハルビン駅で伊藤を暗殺
即座にロシア官憲に逮捕され、日本に引き渡されて殺人犯として裁判にかけられ、死刑の判決を下されて、1910年に絞首刑となった。奇しくもこの年に韓国併合が実行された。

評価

日本では明治の元勲を暗殺したテロリストと見なされた一方で、安が明治天皇を尊敬していたことや、日韓が連携して列強の侵略に抗することを主張したことから、尊皇思想とアジア主義の影響が強かった当時の多くの日本人に共感を呼び、安は言わば「韓国の志士」として高く評価され、看守や右翼の活動家から助命嘆願が続出した。息子の安俊生は日本統治に積極的に協力する親日派となった。

当時の韓国では暴徒扱いされ、韓国皇帝・高宗も安の行動を非難した。その後、民国成立後の韓国では義士として国民的英雄扱いであるが、北朝鮮においては彼が両班出身で展望なくテロに走った人物であるとして高評価ではない。

日本においても、戦後は展望なきテロリストとしての見方が主流になったが、野村秋介のように一部の右翼からは尊敬を集めていた。

いずれにしろ、伊藤は韓国の併合を推進する立場ではなく、逆に併合に反対的で保護国から独立国にすることを目標としていたため、安が伊藤を暗殺したことで併合推進派にとって好都合となり、皮肉にも安の行動は祖国の滅亡を早める結果に繋がった。

中には伊藤暗殺のために何者かが安を利用して暗殺をやらせたという陰謀説もある。

関連タグ

韓国 大韓帝国 暗殺 テロリスト 英雄 伊藤博文 韓国併合

pixivに投稿された作品 pixivで「安重根」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2628

コメント