ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

戦争屋

せんそうや

戦争屋とは、戦争に快楽を求め、裏工作等によって一部地域で戦争や紛争を誘発、拡大させる者達を指す。
目次 [非表示]

概要編集

戦争屋とは、主に金銭的利益や、戦争行為による快楽を得る為に、戦争を引き起こしている者達の事を指す。また、単純に戦争をするだけでなく、破壊工作や要人の誘拐または暗殺、武器の密売といった犯罪同然の非合法活動を請け負って実行に移す事で、国内及び他国同士による戦争や紛争を誘発させ、さらには引き起こした戦争に直接参戦する者等も、「戦争屋」と呼ばれる事が多い。


戦争屋の中には、元軍属であった者もかなりいるようだが、政治的及び経済的理由等から基本的に軍や政府は戦争を可能な限り回避する傾向があり、軍隊に入ればすぐに戦争を経験出来る訳ではないので、軍組織に縛られる事に退屈を感じた結果、退役して傭兵に転業し、やがて何らかの経緯を経て、戦争屋に転じる事になるようだ。


戦闘行為を行ったり紛争を誘発させる為ならば基本的に手段を選ぶ事はない為、軍隊兵士傭兵に比べ、思想や理念はおろか人間としてのモラルは皆無に等しい。金銭的利益よりも戦争行為による快楽を追求する者の場合は、戦争を継続させる為に雇用主を裏切って別の勢力につく事もある。

戦争を誘発させる事を請け負う事も多い為か、戦争屋と呼ばれる者達が契約を行う対象は、特定の国家、政府のみだけでなく、特定の地域での戦争の発生よって大きな利益を得られる石油産業や希少高価値鉱物の鉱山やその業界、軍需企業、重工業である場合も少なくない様である。


「特定の軍隊に所属していない」、「利益の為に契約によって戦争を請け負う」等といった共通点から、戦争屋と傭兵が同じものではないかと見なされる事が多い(特に反戦論者達の間で)が、近年ではフィクション等において傭兵と戦争屋の明確な区別がされている事もある。

イメージとして傭兵は雇用契約によっては防衛に徹する行為も行うが、戦争屋は基本的に攻めて焚きつけるだけの”騒がせ屋”である。

また、英語の綴りでは、「傭兵」が「Mercenary(マーセナリー)」になっているのに対し、「戦争屋」の場合は「Warmonger(ウォーモンガー)」、「Warmaker(ウォーメーカー)」等と表記されており、やはり区別されている模様。


現実において戦争屋と呼ばれる者達は、中東アフリカといった紛争地域を中心に活動を行っているようである。


フィクションにおいて戦争屋として扱われる者達編集


関連タグ編集

戦争 傭兵 テロ 誘拐 暗殺


死の商人

戦争屋と比較すると、戦争行為そのものに対する快楽よりは金銭的利益の追求が主体ではあるが、自身の目的の為に戦争を拡大させ、そのための手段は選ばないという意味ではある種同類の存在とも言える。現代においては異なってきているが……


戦争狂

似たような意味の言葉だが、こちらは戦争の狂気に囚われた者、戦争に固執する狂人など、より狂気的な者に対して使われる。また、戦争屋が快楽目的であるのに対し、こちらは戦争自体が目的の者や、何の目的もなくただ狂気に呑まれている者を指す場合もあり、「戦争を嫌悪しているが、その狂気に呑まれて抜け出せない」というような人物を指す場合もある。


マスコミ

戦争をあおり、利益を得るという点では同じと言える

起こりえる下地があったとはいえ報道により民衆をあおり、戦争に突入する事で莫大な利益を得る事はたびたび起きており、例えばウィリアム・ハーストとジョゼフ・ピュリッツァーは捏造ともいえる報道により煽った結果民衆に扇動される形で米西戦争へと突入したとも言われている(両名は「戦争ほど新聞に利益をもたらすものはない」、「戦争が起きなければ私が戦争を起こす」と言ったとも)。

関連記事

親記事

テロリスト てろりすと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました