ピクシブ百科事典

アナハイム・エレクトロニクス

あなはいむえれくとろにくす

アナハイム・エレクトロニクスは、「機動戦士ガンダム」シリーズに登場する、電子・電気機器の製造販売を中心とする架空の軍産複合企業である。

概要

宇宙世紀、特に一年戦争以降の時代に於いて多大な影響力を与える複合企業。

本社は地球北アメリカカリフォルニア州アナハイムにあり、月を主な拠点として一般家電製品の製造で業績をあげていたが、一年戦争を契機として本格的に軍需産業分野にも乗り出し、地球連邦軍に対しての電子機器の開発、さらにはモビルスーツ本体や宇宙艦船の開発、量産までをも行うようにもなった。

その企業としての力は宇宙世紀の世界でアナハイム・グループと縁の無い企業は皆無と言われるほどで、また地球連邦政府とも深く癒着して政界にも絶大な影響力を持ち、月に資本の大半を移していることから「月の専制君主」、地球連邦軍の軍事発注を一手に引き受けていることから「死の商人」等と人々から嘲笑の対象としてみられることもある。

キャッチフレーズはスプーンから宇宙戦艦まで
モビルスーツや戦艦のみならずスペースコロニーの建造にも携わっており、登記上アナハイム社が所有するコロニーも存在する(ただしコロニー建設技術についてはコロニー公社が独占しているとの設定もあり、不整合が生じている)。
またアナハイム工業専門学校など、アナハイムが出資する事実上の社員養成校も備わっている。

一年戦争の後、最大のライバル企業であったジオン公国ジオニック社を吸収合併したことが、モビルスーツにおけるほぼ独占時代を築くことになった。グリプス戦役以降に開発される連邦軍のMSなどの兵器は、ほとんどアナハイム社がその開発に携わっている。グリプス戦役の際には、連邦軍正規軍(ティターンズ)と交戦する反連邦組織エウーゴの兵器を生産するスポンサー役を兼ねているばかりか、経済利益を狙ってその司令部に参加、実質的にエゥーゴの活動方針まで決めていた。
独立採算制を取っており工場毎にほぼ別会社という組織体系を取っていることで、ジオンと縁深いグラナダにある工場ではシャアの反乱の際にはネオ・ジオンの依頼を受けてMSを製造してもいる。

機動戦士ガンダムUCではこのような経営方針に関してアナハイム社が連邦政府にお咎めを受けないでいる理由として、そのバックに盟友である“ビスト財団”と財団の隠匿する「ラプラスの箱」の存在があるからだとの後付設定をしたが、宇宙世紀0096年にラプラス事変終盤でのミネバ・ラオ・ザビの演説にて「ラプラスの箱」の中身が公開され、その権力の“絶対性”に揺らぎが生じたかに見えたが。それ以降も地球圏最大の複合企業である事には変わらず、約10年後の宇宙世紀0105年においても、最新鋭の第五世代MSを反地球連邦組織マフティー、地球連邦軍の両陣営に提供するなど、死の商人としての暗躍を続けていた

しかし、MS産業を独占していたアナハイムだったが、宇宙世紀0102年に半官半民企業であるサナリィが提言したMSの小型化に対し積極的な対応姿勢をとらず、宇宙世紀0111年には次期主力MS選定コンペティションにおいてアナハイムが製造したMSA-0120がサナリィのF90に敗退したため、次期主力MSの開発はサナリィ側に傾く事態となる。これによって焦燥を高めたアナハイムは非合法活動を含むシルエットフォーミュラプロジェクトを発動させた他、ブッホ・エアロダイナミクスとも関係を深めることで他社技術を積極的に吸収する体制をとっている。
これによって、最終的にはジェムズガンジャベリンといった制式機の供給社という立場を確保したのだった。

更に後年の宇宙世紀0150年代においては、MS産業を寡占していた時期とは異なり、MS産業全体の維持を図るため周辺企業へのOEM提供を積極的に行うことで、月面都市には大規模な生産ラインを維持する事ができていた。
このため、ザンスカール帝国に対するレジスタンス組織リガ・ミリティアが、『V(ヴィクトリー)プロジェクト』によって独自に設計した機体を、ある程度安定して生産、配備するのに大きく貢献した。

公式設定ではないもののジョニー・ライデンの帰還では軍需部門は技術開発と連邦へのコネ作りの為で企業としてメインではないことも示唆されている。

関連項目

ガンダム 宇宙世紀 ラプラスの箱 地球連邦軍
変態企業
ジオニック サナリィ
サイコフレーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アナハイム・エレクトロニクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53846

コメント