ピクシブ百科事典

強化人間

きょうかにんげん

何らかの方法を用いて、能力を人並みはずれて高めた人間のこと。
目次[非表示]

創作物ではサイボーグ化などの侵襲型の機械取り付けによる人体改造をさす事が多い。作品によって差別化はされているが、共通項として特殊な兵器を運用し、敵を排除する目的に限定されている。

概要(創作物)

主に何らかの目的のため、必要とされる能力を極めて高くするべく何らかの改造を施した人間をさす。
身体の一部の機械化が一般的だが、薬剤による強化やナノマシン()を使って改造するといった他の方法もある。

ただ現実に、特に侵襲型の機械取り付けによる強化を行おうとすると、大抵身体の他の部位がが耐えられないという結果を招くはめになる(と空想科学読本にもツッコまれている他、原作版攻殻機動隊でも部分サイボーグの弊害について解説している)。

・・・1万分の1mm~1000万分の1mm(100nm~0.1nm)サイズの機械装置のこと。その名のとおりナノメートル台の寸法の機械装置。

ガンダム(特に宇宙世紀シリーズ)における強化人間

人為的な精神操作(暗示や投薬など)で、強制的にニュータイプ能力を引き出した人間。
その強引な精神操作の代償として、多くの場合精神の平衡を著しく欠き、最悪の場合は精神崩壊や死に至る場合もある。しかし時代を経るごとに技術の進歩が見られ、逆に精神的に研ぎ澄まされたり冷静になる傾向が増加していった。事実、クロスボーン・バンガード総司令であるカロッゾ・ロナは軍団規模の作戦立案、統括指揮や政治判断が可能なまでになっておりむしろ普通の人間よりも統制された精神状態を維持している。
また場合によっては、人工心肺などの移植によって身体能力を機械的に強化しているケースもある(ロザミア・バダムカロッゾ・ロナなど)。
宇宙世紀0200年代になると技術発展によってニュータイプ能力を持たない一般パイロットでもファンネルバイオセンサーといったサイコミュ兵装を扱えるようになると、同様の技術も相対的に消失していった。

「強化人間」の語は基本的に宇宙世紀を題材にした作品群にしか登場しないが、『機動武闘伝Gガンダム』における「DG細胞」や「バーサーカーシステム」、『新機動戦記ガンダムW』における「ゼロシステム」、『機動新世紀ガンダムX』における「人工ニュータイプ」や「Nシステム(外装式人体強化システム)」、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』における投薬等によって強化された「ブーステッドマン」や「エクステンデッド」、『機動戦士ガンダム00』における「超兵」や「脳改造ナノマシン錠剤」、『機動戦士ガンダムAGE』における脳細胞活性ヘルメット「ミューセル」、『ガンダムビルドファイターズ』における「エンボディシステム」、『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』の「阿頼耶識システム」など、類似の仕掛けはほぼ全シリーズに渡って登場している。
『存在理由が戦闘のみ』という性質上、戦闘において悲惨な最期を遂げるのがお約束だったが、最近では死なずに救われる展開も増えてきている。

宇宙世紀における強化人間一覧

※:シリーズとして展開された順ではなく、時系列順

機動戦士ガンダム サイドストーリーズ

クロエ・クローチェ
サイドストーリーズをプレイして感じた事。

※:ニュータイプ能力は持たないが、設定的に後の強化人間の先駆けとも言える存在。

機動戦士Zガンダム

フォウ・ムラサメロザミア・バダムゲーツ・キャパ
フォウ・ムラサメ
ホームページイラスト 007
GATES CAPA


機動戦士ガンダムZZ

エルピー・プル※1プルツーキャラ・スーン
エルピー・プル立絵1
プルツー
【ZZ ガンダム】キャラ・スーン
マシュマー・セロイリア・パゾム※2
ハマーンさまぁぁぁあん!!
【ZZ ガンダム】イリア・パゾム

※1:公式小説版では強化人間とする設定となっている
※2:ニュータイプ将校だが、強化人間という説もある

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

ギュネイ・ガス
ギュネイとヤクト・ドーガ


機動戦士ガンダムUC

マリーダ・クルスプルトゥエルブフル・フロンタル
マリーダ×12
赤い彗星フル・フロンタル


機動戦士ガンダムF91

カロッゾ・ロナ
強化人間


機動戦士クロスボーン・ガンダム

ザビーネ・シャル※1クラックス・ドゥガチ※2
ザビーネ
No Image

※1:ゲームでは強化人間とする設定が多い。原作では拷問によって精神崩壊したニュータイプとされる
※2:生命維持の処置は既に強化人間と言っても過言ではない

機動戦士Vガンダム

カテジナ・ルース※1ファラ・グリフォン※2
Vガンダムのラスボス
Vガン再燃!

※1:公式小説版、またゲームでは強化人間とする設定が多い
※2:本編では明言されていないが、小説版やゲーム版では強化人間とする設定が多い

アナザーガンダムにおける強化人間的設定のあるキャラクター一覧


機動武闘伝Gガンダム

キョウジ・カッシュレイン・ミカムラアレンビー・ビアズリー
お兄ちゃん詰合せその2
レイン・ミカムラDG
アレンビー
ウルベ・イシカワ
ウルベが男の名前で何が悪い!俺は男だよ!

DG細胞の影響が大きい者

新機動戦記ガンダムW

ヒイロ・ユイ
ゼロよ…俺を導いてくれ

※:初代Gジェネレーションのみ。本編でも常人離れした動きを見せるシーンが多い

機動新世紀ガンダムX

カリス・ノーティラス※1カイ、ローザII世、エディン・ザッハ※2
【ガンダムX】カリス・ノーティラス
No Image

※1:人工ニュータイプ
※2:Nシステム

機動戦士ガンダムSEEDシリーズ

ブーステッドマン

オルガ・サブナッククロト・ブエルシャニ・アンドラス
/サブナック少尉ー!\
クロト
\(^o^)ふぉびどぅ~ん(^o^)/

エクステンデッド
スティング・オークレーアウル・ニーダステラ・ルーシェ
スーパーヒロイン大戦 スティング 顔グラフィック
BANG!!
ステラ
ファンフェルト・リア・リンゼイ
No Image
ΔASTRAYの登場キャラクター

機動戦士ガンダム00

アレルヤ・ハプティズム(ハレルヤ)ソーマ・ピーリスマリー・パーファシールイス・ハレヴィ
手前の二人は飾りです
ソマリ
私は戦う、戦うんだ。

※脳改造ナノマシン錠剤によるもの

機動戦士ガンダムAGE

ギーラ・ゾイアセム・アスノ
No Image
ミューセムリベンジ

ミューセル使用時

ガンダムビルドファイターズ

アイラ・ユルキアイネン
***

※:エンボディシステムによるもの。詳しくはキャラクターの該当記事へ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

三日月・オーガス昭弘・アルトランドノルバ・シノ
三日月・オーガス 「鉄血のオルフェンズ」
昭弘・アルトランド
ノルバ
アイン・ダルトン昌弘・アルトランドマクギリス・ファリド
グレイズアイン / アイン・ダルトン
【G鉄血】:呪いと愛と
マクギリス
ヴィダール(ガエリオ・ボードウィン)※1
ガエリオとアイン

※:阿頼耶識システムによるもの。ここにはMS搭乗者のみ記載するが、CGS時代から在籍する鉄華団の子供とブルワーズの少年兵には全員阿頼耶識システムを埋め込まれている。
※1:阿頼耶識システムType-Eを使用する為のコネクタを取り外した為、本編最終回で車椅子に乗っていたと本編終了後に解説された。

『SDガンダムG GENERATION』シリーズにおける強化人間一覧

シス・ミットヴィルノーマ・レギオディー・トリエル
シス+ザンスパイン
ノーマチャーン
ディー・トリエル ウォーズ風立ち絵

※:初登場したGジェネレーションFの頃は(強化人間はレベルアップしない、強化するかは任意とするゲームシステムの都合などから)普通の人間扱いだったが、台詞などが強化人間の雰囲気を感じさせるものとなっている

アーマード・コアシリーズにおける強化人間

主に、ACを初めとする兵器の操縦技術を向上させるべく人工筋肉の移植や神経の光ファイバー化など改造が施された一種のサイボーグ兵士。
アリーナでは一部を除いた上位ランカーの殆どが強化人間となっている。
彼らがACに搭乗すると、使用時に構え動作を必要とする武装を構え無しで発射可能としたり、ブースターの出力や脚部旋回性能などといった機体性能を向上させるなど、様々な追加機能を得る。
別名「プラス」とも呼ばれ、主にムラクモ・ミレニアムによって開発が進められてきたが、実験体は精神的に不安定になる者も多く、開発初期段階では実験体がACを奪い脱走するなどの騒動が起きている。ワタシハナニカサレタヨウダ

AC4ACfAでは主人公を含む主要キャラクター達はリンクスと呼ばれ、AMSという神経接続装置でネクストACを操縦しており、こちらもある意味では強化人間と言えなくはない。ただし先天的な適性によって機体挙動が左右されるので、適性がない場合はシステムの酷使で徐々に身体が蝕まれていくリスクがある。
ACVゾディアックはデザインドと呼ばれるプロジェクトにより強化が施されたミグラントである事が明らかとなった。
肉体のほぼ全てを機械化し脳組織の大半をコンピュータに置き換えられた例も存在している。
ACVD死神部隊も強化人間といえる存在だが、こちらは意識・思考を完全に電子化しており、人格の操作による元の意識だけでなく肉体をも失っている。

プレイヤーの強化人間

初代シリーズ、2では、修理費や弾薬費などで負債を重ねることでプレイヤーが人体実験の被験体として売られるという形で強化人間になることが可能。手術は負債を重ねることで何度でも受け直すことができ、受けるたびにさまざまな特殊機能が付加されていく。手術前に物騒な会話を聞かされるが、実際には確実に手術は成功するので安心。一種の初心者救済施策である。
ゲーム上のデメリットとしては、今までのミッション攻略実績がリセットされ、また名前が「強化人間***号」というナンバーになってしまう(裏ワザで戻せる)。また一度強化人間にされてしまうと二度と戻ることはできないので、強化を受けていない真人間とイーブンな条件で対戦することが難しくなってしまう。
AC3AC3SLでは、クリア後の隠し要素オプションパーツ「OP-INTENSIFY」として登場。装備した状態でさまざまな条件を満たすことで、各種機能が解禁されていく。オプションパーツなので、付け外しが容易な反面、初心者救済という側面はなくなった(特に3からのデータ持ち越しなしでの3SLでの入手は至難の業)。また能力的には同等ながら、厳密には「強化人間」ではない。
ACNX以降は、NPC専用のチート能力となり、正規の手段でプレイヤーが使用することはできなくなった。それに伴ってかどうかはともかく、「強化人間」の語も設定からなくなった。

ナイトウィザードにおける強化人間

エミュレイターと戦うために肉体・精神を生体・呪術的に改造強化されたウィザード。
英名はKILLING MACHINE。
PCが選択可能なクラスの一つであり、物理攻撃、特に射撃戦寄りなクラスとなっている。
定期的な調整を必要とする設定があるが、あくまで設定上のものであってプレイヤーを縛る欠点ではない。

装甲騎兵ボトムズにおける強化人間

詳しくは⇒パーフェクトソルジャー

関連タグ

SF / オーバーテクノロジー
機動戦士ガンダム / アーマード・コア / ナイトウィザード / 装甲騎兵ボトムズ
改造人間 / サイボーグ / パーフェクトソルジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「強化人間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 280827

コメント