ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

カリス・ノーティラス

かりすのーてぃらす

「機動新世紀ガンダムX」に登場するキャラクター、フォートセバーン市出身のノモア・ロング市長によって作り上げられた人工ニュータイプ。

「僕がニュータイプだ」

「希望の灯は消さない!」



CV:水谷優子(TV版)/遠藤綾(EXVS2)


概要

フォートセバーン市出身のノモア・ロング市長によって作り上げられた人工ニュータイプ。15歳。男性

理想主義者であり「市の平和のため」と信じて、自らノモアの手で人工ニュータイプとなる選択をし、自警団を率いて戦っていた。

人口ニュータイプ開発技術は昔は記憶の錯誤や頭痛、情動の変調などの欠点があったが現在は問題は無くなっている。しかし、それでも彼は月に1度だけ激痛が伴う発作『シナップスシンドローム』」が起きるが、施術者にして元凶のノモア=ドーラット博士曰く「最高傑作」。

ガロードガンダムXと対峙し、MSベルティゴでガンダムXを撃破すると同時にティファを拉致する。だが、自分と同じ人工ニュータイプだと思っていた(正確には「ニュータイプは人工的に作られたものしかいない」とノモアに聞かされていた)ティファが、生まれながらにニュータイプ能力を得ていたと知り、そこから生まれた猜疑によってノモアの心を感じた際にその本心にも気づいてしまう。


ガンダムXディバイダーに乗ったガロードとの再戦に敗れた後、ガロードにわざと撃たれて死のうとしたが、テクスの処置によって助かる。後に脱走するがガロードに「生きろ」と叱咤され、カリスは初めて笑顔を見せた。

その後、ノモアの手で拉致されたカリス、巨大MA・パトゥーリア生体ユニットとして組み込まれてしまうが、ガロード達によって無事救出された。その後はフォートセバーンの代表として、新連邦に抵抗する武装組織に参加。一隊を率いてフリーデンのクルー達を助け、最終決戦では共闘。その後、反新連邦組織からも脱退し(最終決戦では反新連邦組織から宇宙戦艦を無断借用してきた)、一民間人となって、最終回ラストシーンでは「いつまでもお二人の邪魔をしているわけにはいきませんからね」と軽く茶化しながらもガロードと握手を交わし、ガロードとティファの旅立ちを見送った。


ガンダムシリーズにおける強化人間のポジションに位置するキャラクターであり、彼はその類のキャラの中での最初の生還者である(彼が登場するまでフォウ・ムラサメプルツーギュネイ・ガスなどの強化人間キャラは必ず最後は死亡していた)。後のガンダムシリーズでも同様のポジションに就くキャラの死亡率は非常に高く、ガンダムシリーズらしい悲劇を迎えそうになるキャラが、ガンダムシリーズらしからぬ主人公に救われる展開は、本作の象徴でもある。

尚、先述でもあったように劇中における人工ニュータイプは『シナップスシンドローム』」が定期的に起こるようになっており、彼もまた例外ではない。死ぬまでこの発作と付き合わねばならない未来が語られているが、彼自身は「それも自分の背負った十字架」として受け入れている。


関連タグ

機動新世紀ガンダムX 強化人間 ベルティゴ ショタ 美少年

ガンダムヌーヴェル

フラッシュシステム:このシステムが産んだ被害者の一例である。


ボーイスカウト

ピオネール

ボランティア

関連記事

親記事

フリーデン ふりーでん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74315

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました