ピクシブ百科事典

フラッシュシステム

ふらっしゅしすてむ

フラッシュシステムとは機動新世紀ガンダムXに登場する架空の技術である。
目次[非表示]

概要

機動新世紀ガンダムXに登場するニュータイプ専用の特殊なシステム。
宇宙世紀におけるサイコミュに位置する技術とも言える。

戦前の旧連邦軍及び旧宇宙革命軍でそれぞれ異なる運用がされている。
連邦軍側では当時のガンダムタイプがGビットを制御する為に使用している他、ガンダムエックスが月面施設に行うサテライトシステムの登録認証に本システムでアクセスするといった用途で使われている。
フラッシュシステムの有効接続範囲は尋常ではないほど長く、本編第2話でのサテライトシステムの登録認証時には地上から月面基地の約38万kmという距離のアクセスであったが全く問題にしなかった。
その他、ガンダムベルフェゴールは操縦系統に本システムが組み込まれており通常のMSを超える圧倒的な反応速度と機体追随性を獲得している。

宇宙革命軍は主にベルティゴフェブラルと言ったビット兵器を搭載したニュータイプ専用MS・MAに採用している。

戦後も連邦軍はこの技術を利用する為の道具としてニュータイプを欲し、さらにはニュータイプ研究所で特殊能力を持つ者たちからフラッシュシステムを起動できるニュータイプを探していた。
この過程でニュータイプでは無かった者を「カテゴリーF(フェイク)」と呼称されており、この判定を有無を言わさず突きつけられたフロスト兄弟はニュータイプに対する憎悪を抱く事になる。

このシステムを利用した兵器によって第7次宇宙戦争は泥沼の戦いとなり、結果として世界は荒廃。第8次宇宙戦争もまたこのシステムに振り回されていた人々に引き起こされている等、サイコミュに比べるとこちらは非常に危険性の高い、業の深いシステムとして描かれている。

主な搭載機

ガンダムエックス/ガンダムエックスディバイダー
ガンダムダブルエックス
ガンダムエアマスター
ガンダムレオパルド
ガンダムベルフェゴール
ガンダムヴァサーゴ
ガンダムアシュタロン
ラスヴェート
ベルティゴ
フェブラル
ディクセン・モードエックス

関連タグ

機動新世紀ガンダムX サテライトキャノン Gビット

pixivに投稿された作品 pixivで「フラッシュシステム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95

コメント