ピクシブ百科事典

ルチル・リリアント

るちるりりあんと

ルチル・リリアントとは機動新世紀ガンダムXの登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

年齢:20歳(15年前)
登場:18、19話
所属:地球連邦軍ニュータイプ部隊(15年前)

概要

旧地球連邦軍ニュータイプ部隊の女性教育士官。第七次宇宙戦争当時の年齢は20歳。優れたニュータイプであり、フラッシュシステムのコントロール指導をしていた。またジャミル・ニートの軍人時代の上官であり憧れの女性でもあった。
大戦の末期に革命軍との戦いの末、精神を破壊し尽くされてしまう。ルチルの高いニュータイプ能力と僅かに残された戦いを憎む心に着目したニュータイプ研究機関の手により、その身体は「Lシステム」という兵器の生体ユニットとして利用されてしまう。
これはルチルの精神波をフラッシュシステムの応用により増幅し周囲の電子機器を使用不能にするシステムであった。しかし、このLシステムを利用したL作戦は遂行されること無く、実験の初期段階でシステム自体輸送中にコロニー落としに伴う余波で海底に沈んでしまう。その場所は後にライン川のローレライ伝説になぞらえて「ローレライの海」と呼ばれることとなる。

戦後15年経ちオルバ・フロストの依頼によりオルクのマーカス・ガイによってGX-bitと共にサルベージされる。封印を解かれ再起動したLシステム内のルチルはティファに接触、ルチルの意識はティファの心と身体を借りることでジャミルとの「再会」を果たす。
オルクと新連邦軍の襲撃で窮地に陥ったフリーデンを救うため、一度はLシステムを発動させ、二度目は増幅装置を取り除かれ機能しなくなったLシステムの代わりにフラッシュシステムを経由しGX-bitを起動させる事でジャミルに力を貸し、オルク及び新連邦部隊撃退に成功する。
しかし、ルチルは最後の力を使い果たしてしまったことで今度こそ眠りにつく。亡骸はフリーデンクルーの手でLシステムから解放され、棺に入れられて深い海底へと葬られた(漫画版ではLシステムのカプセルに入れられたまま、ジャミルが操縦するGXディバイダーの手で海底に沈められた)。

容姿

腰まで届くほどの美しいブロンドと碧眼である。
15歳のジャミルと並んだ姿はかなりの長身で、その表情と相まって優しい美人なお姉さん(教官)キャラのように感じる。また、旧地球連邦軍の軍服姿の上からでも十分に分かる程のスタイルの良さを持っている。

…と、言うのが15年前の写真から分かる事であり、15年後の物語本編での姿はというと…

Lシステムの中枢であるカプセル内に全裸で納められている。(しかも15年前と変わらず若々しい姿のまま)
カプセル内のルチルは両手を胸の前で交差しており乳首は見えないようになってはいるがその隠し切れない胸の大きさは十分確認できる。
そして特筆すべきは一糸纏わぬ姿の下半身を隠すことも無くさらけ出していることである。(当時度肝を抜かれた視聴者も多くちょっとしたトラウマ(性的な意味で)を植えつけた)
Lシステムに取り込まれた経緯を考えると、このポージングとLシステムのデザインを決定した当時のニュータイプ研究機関のセンスには脱帽せざるを得ない。(既にルチルは精神崩壊しておりLシステムのデザインにルチルの意志は関与していないと考えられる)
また、Lシステム内のルチルの体は金色もしくは黄色にコーティングされた彫像のように見えるが、Lシステムから解放され棺に納められた際に元の肌色になっていることから、体色が変化したように見える原因はカプセルケースの色か、カプセル内の充填物の色が金色もしくは黄色であったことが考えられる

関連タグ

機動新世紀ガンダムX
ジャミル・ニート
ティファ・アディール
生体ユニット
培養槽

pixivに投稿された作品 pixivで「ルチル・リリアント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35232

コメント