ピクシブ百科事典

ルチル・リリアント

るちるりりあんと

ルチル・リリアントとは、機動新世紀ガンダムXの登場人物であり、ニュータイプ用兵器「Lシステム」の部品として永遠の時を生きるニュータイプである。
目次[非表示]

「まるで夢を見てるみたい」

プロフィール

年齢:20歳(15年前)
   (本編時は推定35歳)
登場:18話『Loreleiの海』
   19話『まるで夢を見てるみたい』

所属:地球連邦軍ニュータイプ部隊 教官(15年前)
   (漫画版では『北米 連邦軍 第31軍事研究室』とされている)
  →ニュータイプ研究機関 被験者→Lシステム生体ユニット(15年前)
  →所属無し(放置状態) Lシステム生体ユニット(終戦直後~A.W.15)

概要

旧地球連邦軍ニュータイプ部隊の女性教育士官で、のちにLシステムの生体ユニットになる。第七次宇宙戦争当時の年齢は20歳。優れたニュータイプであり、フラッシュシステムのコントロール指導をしていた。またジャミル・ニートの軍人時代の上官であり憧れの女性でもあった。

大戦の末期に革命軍との戦いの末、精神を破壊し尽くされてしまう。その後、ルチルの高いニュータイプ能力と僅かに残された戦いを憎む心に着目したニュータイプ研究機関の手により、その身体は「Lシステム」という兵器の生体ユニットとして搭載、利用されてしまう。

しかし、このLシステムを利用したL作戦は本作戦を推進する一派があったものの遂行されること無く、実験の初期段階でシステム自体が海路での輸送中にコロニー落としに伴う余波で専用のコンテナごと海底に沈んでしまう。その場所は後にライン川のローレライ伝説になぞらえて「ローレライの海」と呼ばれることとなる。

戦後15年経ちオルバ・フロストの依頼によりオルクのマーカス・ガイによってGX-bitと共に偶発的に詳細不明のコンテナとしてサルベージされる。コンテナを開封され再起動したLシステム内のルチルはティファに接触、ルチルの意識はティファの心と身体を借りることでジャミルとの「再会」を果たす。

オルクと新連邦軍の襲撃で窮地に陥ったフリーデンを救うため、一度はLシステムを発動させ、二度目は増幅装置を取り除かれ機能しなくなったLシステムの代わりにフラッシュシステムを経由しGX-bitを起動させる事でジャミルに力を貸し、オルク及び新連邦部隊撃退に成功する。

しかし、ルチルは最後の力を使い果たしてしまったことで今度こそ眠りにつく。亡骸はフリーデンクルーの手でLシステムから解放され、棺に入れられて深い海底へと葬られた。

漫画版、外伝描写

漫画版ではローレライの海の位置が南太平洋ミクロネシア海域と設定されている。

if展開というより尺の都合だが、Lシステムのカプセルに入れられたままGX-bitの使用で最後の力を使って事切れる前にジャミルに介錯を頼み、オルクの艦を撃沈させる形でジャミルが操縦するGXディバイダーの手でLシステムのカプセルごと海底に沈められた(この際、カプセル部のみ脱落して沈んでいるのでLシステムとしては破壊されたと思われる)

また、第七次宇宙戦争時のジャミルを主人公とした外伝の『ニュータイプ戦士ジャミル・ニート』でも登場している。

そこではジャミルとキナが訓練をサボるのを多少の息抜きと認めつつ注意したり、キナが戦死して焦るジャミルを心配するシーンなど軍人としての自覚はありつつ優しい性格な描写がされていた。

そして、コロニー迎撃作戦にジャミルが出撃と決まり、その前にルチルに挨拶に行ったところ、その時はジャミルと初対面のテクスがルチルの部屋でニュータイプ関連の医療データを集めており、テクスからルチルは開発中のニュータイプ用新兵器の研究のために他の研究所に出向中でしばらく帰ってこれない、と語られている。

その次のコマに、カプセルがからのLシステムが映っていること、またジャミルのセリフでもルチルの精神崩壊に関しては『戦争で精神を破壊された』となっており革命軍の関与が薄いセリフとなっているため、漫画版ではルチルの精神崩壊には連邦軍が深く関与している可能性が示唆されている。

容姿

腰まで届くほどの美しいブロンドと碧眼である。

15歳のジャミルと並んだ姿はかなりの長身で、その表情と相まって優しい美人なお姉さん(教官)キャラのように感じる。また、旧地球連邦軍の軍服姿の上からでも十分に分かる程のスタイルの良さを持っている(ただ、ジャミルが身長180cmなのを考えると相当な長身と言うことになる…成長期でジャミルの背がそれよりも低かった可能性も有るが)


…と、言うのが15年前の写真から分かる事であり、15年後の物語本編での姿はというと…


ただ一つ言えることは、本編時の姿としてpixiv大百科に乗せられる画像はほとんど存在しない、ということである。

余談、考察

・本編では本人が喋るシーンが無く、依り代となったティファが代わりに喋っているためCVの設定はない。
しかし、19話のサブタイトルの『まるで夢を見てるみたい』は大人になったジャミルと遭えたことに対して、ティファの口を借りて彼女が喋った台詞である。
そして同セリフはガンダムビルドファイターズの次回予告で別の意味でパロディ的に使用されている。

・Lシステム内のルチルの体は金色もしくは黄色にコーティングされた彫像のように見えるが、Lシステムから解放され棺に納められた際に元の肌色になっていることから、体色が変化したように見える原因はカプセルケースの色が薬品用のビンのように着色されていたか、カプセル内の充填物の色が金色もしくは黄色であったことが考えられる。

・Lシステムに搭載された後に連邦での市民登録や連邦軍での軍籍がどうなったかも不明である。おそらく死亡扱いか抹消などの措置が取られているものと考えられる。
また、Lシステムと共に沈んでた15年間は生体ユニット状態かつ何処も彼女の所在を掴めていなかった、かつ所有を主張していなかったため所属は敢えて言うなら無所属の放置された兵器と言うことになる。

・現在では閲覧できないが、年齢は旧公式サイトでも20歳(15年前)の表記であった。これはLシステムに搭載されて以降、死んでこそいないが生きてるともはっきり明言しにくい状態で、肉体的には一切の加齢がなかったためと思われる。
なお、ルチル本人の紹介画像はというと…

・本編中で、回収したルチルとLシステムについて調べている際のフロスト兄弟の会話から、もしジャミル達が新連邦から取り戻せなかった場合はルチルとLシステムはNT研究所に送られて研究材料となっていた。そのことから、新連邦に回収され利用されたら…というifの二次創作も多い。

・ルチルの本編の姿に、その前のEvaもそうだったが、表現規制が始まりつつあった当時のTVアニメ業界の苦闘が窺える。

・ジャミルを1stのアムロ・レイ及びZのクワトロ・バジーナシャア・アズナブル)のオマージュキャラとすると、ルチルはマチルダ・アジャン(15年前のジャミルのあこがれの女性)とララァ・スン(本編時点での活動方針に影響を与えた女性)のオマージュと考えることができる。
そんな女性を、15年後に再会できたとは言えこんな扱いにしていたことから、ガンダムXの世界でのNTの扱いが透けて見えるともいえる。

関連タグ

機動新世紀ガンダムX
Lシステム
フラッシュシステム
ジャミル・ニート
ティファ・アディール
ニュータイプ
生体ユニット
培養槽





























全裸

関連記事

親記事

機動新世紀ガンダムX きどうしんせいきがんだむえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルチル・リリアント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルチル・リリアント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167140

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました