ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV桑島法子
身長166cm
体重52Kg
スリーサイズ85/58/86
趣味ジグソーパズル
好物甘いもの全般
苦手アルコール
年齢20歳(TV版)


機動戦艦ナデシコ』のヒロインで、戦艦ナデシコ艦長にして、地球連合軍提督・ミスマル・コウイチロウの愛娘である。
幼少期を火星で過ごし、テンカワ・アキトとは幼馴染であった。この頃からアキトのことを好いていて、相違相愛であると思い込んでおり、大人になってもそのことを全く疑うことはなかった。
その後地球に移住、地球連合大学という士官学校に進む。大学時代に戦略シミュレーションで無敗を誇り、才色兼備の逸材(ただし性格に問題あり?)といわれており、卒業後、ネルガル重工にスカウトされてナデシコに艦長として搭乗する事となる。
性格はかなりの楽天家で天然。また料理下手(劇中では、三度挑戦しているが何れも上手に調理できずに終わってしまった)。Vサインを好む。

このように書くと人生順風満帆に思われるが、作中では幾度となく挫折と失態を味わっており、七転び八起きを地で行っている。

  • 出航していきなりダイゴウジ・ガイを軍の裏切りで失い、そのせいでアキトが精神的に潰れる寸前に
  • 眼前でコロニーが木星蜥蜴により破壊されるのを目の当たりにする
  • その葬儀に追われる最中にアキトをメグミに奪われる
  • 火星に到達した直後に木星蜥蜴に襲撃され、助けるつもりで来た避難民を自らの手にかける決断を下す
  • このショックで流石に落ち込み、アキトに迫るも(色々あって)拒否される
  • 地球に転移した直後、誤射で連合軍をぶっ飛ばしてしまい、連合軍の下請けになる
  • オモイカネの暴走で連合を撃ってしまい、またも信用失墜
  • 他クルー共々、木星蜥蜴が人間だと知ってしまい、何のために戦っているのか項垂れる
  • 木星蜥蜴への態度が軟化してきたアキトと良い仲になるも、アカツキの造反により船を追われる
  • 独自で木星蜥蜴の黒幕・木連との和平に漕ぎつくが、木連上層部の裏切りで鍵となる白鳥九十九を殺される
このような紆余曲折を経て最後はアキトと結ばれ、火星極冠遺跡を宇宙に放逐することでTV版は終わりを迎えた。

空白の三年間 -The blank of 3 years-

ルリをミスマル家に迎え入れ生活をしていたが、父・コウイチロウとの親子喧嘩の末にルリと共にアキトの処に転がり込み、アキトと共にラーメン屋屋台を転がし、ラーメン屋修行に打ち込んでいた。
その生活の中で、アキトにそっくりな人と出会い、不思議な生活を送っていく。

キミノオモイデニ、サヨナラ

三年後を描いた劇場用作品「The Prince of Darkness」では、アキトと結婚し夫婦になった。しかし、新婚旅行中を草壁春樹率いる旧木連タカ派からなる「火星の後継者」に襲撃され、アキトと共に誘拐される(表向きはシャトルの事故により死亡報道がされている)。

センシティブな作品



そして火星出身のA級ジャンパーとして、ボソンジャンプの演算ユニットに組み込まれてしまった。最後はルリたちナデシコCクルーにより無事に救出されたが、アキトはユリカに会うこと無く去っていった。

劇場版の後日譚となるゲーム『NADESICO THE MISSION』では地球にて内勤をしているが、火星の後継者残党と戦う羽目に陥ったルリたちが敵黒幕の圧力から来る連合軍の命令によりナデシコBの起動鍵を没収され、苦境に陥ったところで地球よりナデシコCを持って来る。
選択では連合軍命令によりクルーの確保のためナデシコBに残って留守番するか、ナデシコCクルーに加入してルリたちと共闘するかのいずれかになる。

漫画版では

小泉今日子の『ヤマトナデシコ七変化』が好きで、それに因んでナデシコの名がつけられたことになっている。原作のように見事な采配を執る事はなく、毎回負けてばかりいたため、責任を取って自ら艦長職をルリに渡している。
並行世界から来たイネスにより拉致されてしまい、ジュピトリアンの黒幕__邪馬台国に囚われたが、アキトにより救出された。

スパロボでは

TV版設定ではナデシコAの艦長として登場するが、『IMPACT』ではTV版最終回でヤケクソになって動かしていた設定を流用しエステバリスのパイロットとして使用可能、更にアキトやガイとの合体攻撃も行える

なぜなにナデシコ


BX』では若くしてディーヴァ艦長になってしまったナトーラ・エイナスとの漫才が人気な一方、『J』では同じ声優で同じような服装のナタル・バジルールから一方的に敵視されていた他何とラウ・ル・クルーゼに命を救われるという驚愕のクロスオーバーが存在する。

一方、劇場版設定においても救出後はルリの精神コマンドを準用する形で使用できる。『W』ではナデシコBの艦長として着任、『MX』ではナデシコC艦長、『V』『T』では副艦長となっている。
特筆すべきはアキトと再会できるという点であろう(期間限定参戦のX-Ωは除く)。
特に『V』では泣きそうな顔で「私はアキトのお嫁さんだよ。ぶいっ」とTV版1話のVサインを行っており、アキトも感極まっていた。劇場版初参戦の『R』では歴史改変により火星の後継者の存在自体がなく、アキトの子を受胎している。

性能に関してだがTV版ではあの宇宙戦艦ヤマト沖田十三宇宙海賊キャプテンハーロックハーロックという宇宙戦艦系アニメの二大巨頭の艦長に匹敵する驚異的な強さを誇っている(というより彼らが出るまで最強艦長の座を1人守り続けていた)。
能力に関してもまずまずなのだが彼女の強みは「精神コマンドのラインナップが非常に強い」事と「参戦作品のシステム及びナデシコの性能が完全に噛み合う」事である。
敵の強力なスキルやMAP兵器を「脱力」で封じアタッカーや稼ぎも「愛」でこなしてしまう。
本人も強いのだがサブパイロットまでいるのだから手が付けられない強さである。
劇場版では最初の「W」こそ落ち着いていたものの「V」からはナデシコCの新能力が追加されるのと同時にサブパイロットとして復帰。
相変わらず「自重しない程豪華なラインナップの精神コマンド」で強さを支える。
なお、「V」のPVでユリカが「ナデシコの秘密兵器がベールを脱ぐ」という台詞を言っていたがTV版の強さから従来のファンからは「ユリカが秘密兵器」と思う人もいた(実際、ユリカがいないとナデシコCの戦闘力はガタ落ちしてしまう)。

余談

桑島法子は今でこそ「ロボットアニメを見ればだいたい出ている」レベルであるが、実は本作がロボットアニメ初主演であり、ED曲も担当した。

関連イラスト

ミスマル・ユリカ
ナデシコ ミスマル・ユリカ


センシティブな作品
ミスマル・ユリカ



関連タグ

機動戦艦ナデシコ 御統ユリカ ユリカ 青髪
ラウ・ル・クルーゼ:スパロボJでは(結果的に)彼に命を救われる。

関連記事

親記事

機動戦艦ナデシコ きどうせんかんなでしこ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミスマル・ユリカ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミスマル・ユリカ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1226413

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました