ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フランスシトロエンが生産していた自動車

発売は1982年。
5ドアハッチバック大衆車として誕生した。
後に5ドアステーションワゴンも追加されている。

デザインしたのは、カウンタック等で知られるマルチェロ・ガンディーニ。
半切りにしたリアフェンダーアーチなどに、彼のデザインらしさが垣間見える。

機構的には、油圧サスペンションを使用していた点が特徴として挙げられる。
エンジンは1.4Lから1.9Lまで合計7種類をラインナップ。
後述する4TCを除くと、GTiというホットモデルが最上位に据えられた。

販売は好調で、本場のヨーロッパはもとより、日本へも多数が輸入された。
最大のライバルはフォルクスワーゲンゴルフであった。

1993年生産終了。

4TC

Citroën BX 4TC Gr.B RallyCar


WRCへの参戦を目的に、BXをベースにグループB規格に合わせて設計されたのが、BX 4TCである。

エンジンは2.1Lターボを縦置きで搭載し、駆動方式はアウディクワトロに倣い4WDを採用。
ただし、フルタイム4WDではなくパートタイム4WDであり、状況によって2輪駆動化して使い分けていた。
ボディも当然ながら手が加えられ、エアロパーツで武装しワイドトレッド化した上、エンジンのサイズの関係でボンネットをかさ上げされている。

WRCへの参戦は1986年。
鳴り物入りでデビューしたものの、先述の油圧サスペンションが命取りとなり、故障が多発しまともに走りきる事すらままならない信頼性の低さを露呈。
特にアクロポリスラリーでは出走した3台全車がリタイアという不甲斐なさであった。

5ドアハッチバックの比較的大柄なボディとフロント置きの鋳鉄製エンジンにより、重量や回頭性も不利であった。
実際、当時の映像を見るとライバル勢より頭一つ遅く、特にコーナリングでもたついている事が分かる。
ターボラグの酷さ故にエンジンの瞬発力も低かった。

時はパワー競争が最高潮を迎えていたグループB最末期。
このようなマシンでトップ争いに割って入ることなど叶うはずもなく、存在感を示すことなくグループB廃止による終幕を迎えた。
参戦回数は僅か3戦、最高位は第2戦で獲得した6位。

ホモロゲーションとして200台の市販車が生産されたものの、上記のような有様だったため人気が出ず、大量に売れ残ってしまい廃棄処分された。
現存するのは30台程度と言われている。
尚、数あるグループBのホモロゲーションカーの中で、メーカー自ら廃棄処分したのはこのBX 4TCのみと思われる。

関連項目

シトロエン グループB ラリー WRC

関連記事

親記事

シトロエン しとろえん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「BX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2272

コメント