ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中華料理も販売する中華料理店のこともラーメン屋と呼ばれることがある。
昔は内装を中華風に統一していることが多かったが、ご当地ラーメンの発展に伴い、最近はを意識したラーメン屋も増えている。
店名も「○○軒」「○○亭」などではなく、「麺屋○○」と名乗るお店も多い。

ラーメン戦争

現代の日本におけるラーメン屋、及び業界の状況である。
2000年以降、日本は空前のラーメンブームに突入し、全国各地で新旧入り乱れてのラーメン戦国時代へと突入していった。

要因は様々あるが、他の飲食店に比してラーメンが店舗の敷地が狭小でも運営可能で、かつ無類のラーメン好きである日本人の国民性によって抵抗感が少なく、なにより頑張れば自分でも出来そうというラーメンの手軽なイメージにより、「乗るしかない、このビッグウェーブに!!」 とばかりに、次々と新たなラーメン屋が開店しては消えていく、群雄割拠の「ラーメン戦争」が繰り広げられている。

もちろん、長年の愛顧によって有名店に成り上がるラーメン屋はほんの一握りであり、その他多くの店舗は経営難や売り上げ不足、常連客の獲得の失敗などに倒れ、長くても5年前後で姿を消してしまう店が多い。
一時のブームの過熱はあったが、現在は徐々に小康状態へと落ち着いてきている。

それでも「その店だけの一杯」を生み出し、たとえ大成できずとも「地元に愛される老舗ラーメン屋」になれる日を夢見て、令和の世になった現在でも「ラーメン屋ドリーム」を追いかける人々は少なくない。

ラーメン屋に「ルール」は存在するか

  • 注文は黙って素早く決めろ
  • 出されたら黙々と食べ進め、長っ尻(長時間の在席)はご法度


いわゆるラーメンマニアたちの間で、実しやかに流布する謎の暗黙の了解のようなもの。
出所については不明だが、往々にして上の二項目は必ずというほど含まれていることが多い。

……が、当然なのだが、実際にそんなものはない

これは言うならば、近現代の日本人によくある江戸っ子気質による、客側で編纂された勝手な取り決めでしかなく、店側がこれを明示してくることは「基本的に」はない。無論、人気店となって店の回転率や他の来客への配慮から、やんわりと長時間の在席を控えるよう協力を求めるラーメン屋も存在する。
謂わば、寿司蕎麦の食べ方や、宴会における鍋奉行など、あの類いと同系である。

しかし店側としても、座席の回転率や来客数の加増を鑑みれば、決して迷惑なローカルマナーとは言えず、だからといってこれを声高にいうと客によっては不快感を催すため、扱いに難しいものになっている。
最終的な裁量は客側に託されるため、もし立ち寄ったラーメン屋が混雑していたなら、時間と場合を考えて立ち振る舞ってみて欲しい。


記事のある主な店

幸楽苑 一風堂 8番らーめん ラーメン二郎 大勝軒
寿がきや 山岡家

彦龍(閉店)

関連タグ

飲食店 中華料理店 屋台 暖簾
ラーメン 餃子 炒飯 どんぶり

関連記事

親記事

飲食店 いんしょくてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラーメン屋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250428

コメント