ピクシブ百科事典

新崎人生

しんざきじんせい

新崎人生は日本のレスラー・実業家(元俳優)。みちのくプロレス所属。
目次[非表示]

概要

徳島県徳島市出身。血液型A型。元俳優。本名は新崎健介。

小中学校時代にはサッカーをしており、高校でレスリング部に在籍(後輩にアレクサンダー大塚がいる)。

卒業後は俳優を志し、JAC在籍の後、菅原文太(後に新崎の後援会長となる)の付き人などを務めていたが、プロレスに傾倒、ユニバーサル・プロレスリングに入団。
グラン浜田を中心に浅井嘉浩(現:ウルティモ・ドラゴン)、秋吉昭二(現:邪道)、高山圭司(現:外道)、脇田洋人(現:スペル・デルフィン)らが在籍した団体。略称は『UWF』だが前田日明らのUWFとは関係ないもののグラン浜田は第一次UWFに参加)
1992年11月19日、東洋系覆面レスラー「モンゴリアン勇牙」としてデビュー、ユニバーサルの大半の所属選手がみちのくプロレスに移るとそれに追随し、お遍路さんのギミックを施したキャラクターレスラー「新崎人生」として再デビュー。
デビュー当初はヒールで試合前・試合後を通じ一言も発しないというスタイルを貫き、短時間で若手選手を圧倒する試合を続ける。
1994年4月29日の対ザ・グレート・サスケ戦で「念仏ケブラーダ」を初公開し、当時の団体エースであるサスケからデビュー1年足らずで勝利を収めた。 これを機に一躍トップレスラーの仲間入りを果たす。

1994年5月、アメリカのプロレス団体WWF(現WWE)の日本興行シリーズ『WWFマニア・ツアー』に参戦。全身に写経を施した耳なし芳一スタイルで出場し観客の度肝を抜いた。
これが幹部の目に留まり1995年1月、白装束の使者「白使(Hakushi)」をリングネームに、怪奇派のヒールとしてWWFに登場。

1996年に契約解除後みちのくプロレスに出戻る。
2003年6月、みちのくプロレス社長で創設者のザ・グレート・サスケの後を引き継ぎ、社長に就任。
(サスケが岩手県議会議員に当選したため。2009年にサスケが社長復帰。)
2006年からは女子プロレス部門であるセンダイガールズプロレスリングを旗揚げ。
一方で徳島ラーメン専門店「徳島ラーメン人生」、肉汁つけうどんの店「人生」、今治焼鳥の店「鉄板焼鳥アイアンチキン」を開業、飲食店経営もしている。
(2016年現在「徳島ラーメン人生」以外はすべて閉店。)

得意技

念仏パワーボム
念仏ケブラーダ
高野落とし
拝み渡り
眉山 等。

関連タグ

ドラゴン・キッド・・・プロレスラーで遠縁の親戚。
宇梶剛士・・・菅原文太の付き人時代の兄弟子で、リングネームの名付け親。

pixivに投稿された作品 pixivで「新崎人生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1114

コメント