ピクシブ百科事典

耳なし芳一

みみなしほういち

平氏の怨霊を題材にした、日本の怪談。
目次[非表示]

概要

耳なし芳一は、平氏怨霊伝説をモチーフとした、日本怪談
かつて壇ノ浦の戦いで海に沈み滅亡した安徳天皇ら平氏一門を供養する、山口県下関市の阿弥陀寺(現在は赤間神宮という神社)を舞台とする。
小泉八雲ラフカディオ・ハーン)の『怪談』に紹介されたものが有名。

もともとは琵琶法師の冒険譚として語られたと考えられ、「耳なしなんとか一」という法師が、どっかで親切な人に接待受けてると、実はそれはアレだったので、気づいた人に悪霊払いのナニをしてもらうが、結局怨霊の人に体の一部を取られる、と言うフォーマットの話が、日本各地に分布している。

有名なやつは、ちゃんと平家(たたき上げ、文化人、悲劇の最後と言う日本人好みの一族)がどうしたという話なのだが、善光寺(長野県の)に伝わるのは、「イケメンの法師がストーカー尼僧におもてなしを受けて」と言う話である。

 有名な話なので、「全身に経文を描かれたもの」「耳が取れてるもの」の絵にはこのタグがつけられる。

ストーリー

かつて、源氏平氏の決戦が行われ、多くの平氏の武将や貴人が海に没した壇ノ浦の戦い。その平氏一門の供養のため、壇ノ浦を望む海辺に建てられた阿弥陀寺という寺に、芳一という若い琵琶法師が住んでいた。芳一は盲目であったが、平曲の弾き語りでは右に出るものはいないと評判で、特に壇ノ浦の段を最も得意としていた。

ある夕暮れ、芳一が寺の縁側でひとり琵琶のけいこをしていると、誰かが庭先に入ってきた気配がある。「どなたですか」と芳一が尋ねると、武士らしき男の声で「拙者はある高貴なお方に仕える者。わが主は芳一どのの琵琶の評判を耳になされ、ぜひお聞きになりたいとご所望です。どうか私についてきて、その腕前を披露しては頂けませぬか」という。

芳一が男に請われるままについていくと、目には見えないが周囲の気配からたいそう立派な屋敷に入ったようで、通された広間の左右には多くの家来らが控えているようである。すると正面から主人らしき人物の声がする。「芳一どの、よくぞ参られた。ぜひ存分にその腕前を聞かせてもらいたい」芳一が弾き語りを始めると山場ごとに周囲からは感嘆の声が聞こえ、特にクライマックスの壇ノ浦のシーンでは、多くの人がすすり泣く声さえ聞こえてきた。芳一はあまりの自分への評価の高さに内心驚いたが、主人とこれから先、合計七日間の公演の約束をして寺に帰った。

それから芳一は、毎日夕方になるとどこからともなく現れる武士に連れられ、屋敷で弾き語りをしては夜更けに寺に帰ることを繰り返した。しかし、数日がたった頃、阿弥陀寺の和尚は芳一の異変に気づいた。目の見えない芳一が毎晩外に出歩くだけでも不審だったが、その芳一の顔色が日ごとに青ざめ、ほおが痩せこけていくのである。不審に思った和尚は六日目の夕方、寺を出て行く芳一の後を寺の召使いの男に命じてつけさせた。すると、芳一は平氏一門の墓所に入っていくではないか。そして墓場で寺男が見たのは、安徳天皇の墓石の前で無数の人魂鬼火に囲まれて平曲を語る芳一の姿だった。

寺男から事情を聞いた和尚は芳一を問い詰め、ついに芳一は全てを打ち明ける。「芳一よ、お主を呼び寄せたのは平氏一門の怨霊じゃ。明日、最後の七日目も出掛ければ、お前は間違いなく取り殺されてしまう。しかし、怨霊を鎮めるのは普通の方法では無理じゃ。わしに任せておきなさい」
七日目の朝、和尚は芳一を裸にさせると、寺の小僧らと手分けして、芳一の全身に般若心経を書き込んだ。般若心経の加護によって、怨霊には芳一の姿がわからなくなるのである。そして、和尚は芳一に怨霊に話しかけられても決して返事をしないように固く言い含めた。

そして夕方、いつものように芳一を呼ぶ声が現れた。「芳一どのよ、今日がいよいよ最後の日じゃ。どこにおられるのか」しかし、怨霊にはそこにいるはずの芳一の姿をとらえることができない。怨霊の声は次第に恨めしく、恐ろしいものとなる。「芳一!出て参れ!芳一ぃぃぃぃ!!」芳一は恐怖にじっと耐え、心中で般若心経を唱え続けた。

すると、武士の怨霊はあることに気がついた。芳一の耳だけが空中に浮かんでいるのである。なんと、小僧が芳一の耳にだけ経を書き忘れていたのだ。「芳一がいないのならば仕方がない。間違いなくこの場に来た証に、この耳だけでも持ち帰らん……

明くる朝、和尚が見つけたのは両耳の跡からおびただしい血を流し、しかしその激痛にも耐えて返事をせず、ついに気を失った芳一の姿であった……。

次の日から、怨霊が芳一を呼びに現れることはなくなった。芳一の耳の傷は治療によって癒え、この不思議な出来事から琵琶の腕前がますます評判を呼び、「耳なし芳一」と呼ばれて不自由なく生活することができた。


平氏一門の墓石は、今も芳一が生涯を過ごした阿弥陀寺の境内に残されている……。

関連イラスト

霊が出れども日常は続く
NO SOUND OF MUSIC


耳なし芳一 ※血表現アリ
耳無し法一


関連タグ

平家 平家物語

pixivに投稿された作品 pixivで「耳なし芳一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318719

コメント