ピクシブ百科事典

般若心経

はんにゃしんぎょう

『般若心経』とは、仏教の経典の名称。
目次[非表示]

概要

仏教における最重要段階「波羅蜜=解脱(悟り)に至る法」について説いた経典般若経』の1つ。

構成

サンスクリット原典の名称は『プラジュニャーパーラミター・フリダヤ・スートラ』(般若波羅蜜の心髄たる経典)。極端に言えば、大小様々な般若経典を全600巻16部に集約した仏教屈指の大経典『大般若波羅蜜多経』とほぼ同等の要素を示したものが般若心経である。

釈迦に師事した高弟『十大弟子』の筆頭・舎利佛(舎利子)が、観音菩薩から極めて難解な、しかし解脱に達する上で欠かせない概念」(くう)に関する「般若(智慧=迷いを看破する真理=事象を正しく捉える力)の心(思想的中枢)」を諭されたとされる内容が簡潔にまとめられている。現存が確認されている漢訳の中では、伝・鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜大明呪経』と伝・玄奘訳『般若波羅蜜多心経』の2つが代表格に当たり、日本では全262字(説法244字+陀羅尼18字)から成る玄奘訳の加筆版(「遠離」と「転倒」の間に「一切」が加えられたもの)が広く用いられている。

日本で活動する宗門のうち、特に大乗仏教に則った天台宗真言宗禅宗法相宗浄土宗では重要な位置を占め、教義によって般若心経を必要視しない諸宗諸派(代表例:法華宗日蓮宗浄土真宗)でも「仏教的教養を深めるための学問」として、また俗世でも「仏の功徳が込められたご利益あるもの」として信仰の有無に関わらず様々な形で遍く認知、利用される。

なお、数多の経典を修学した真言宗開祖・空海は、自身が著した般若心経の注釈書『般若心経秘鍵』の中で

<本文>
文は一紙に欠けて、行は則ち十四なり
謂うべし、簡にして要、約にして深し
五蔵の般若は、一句にふくんで飽かず
七宗の行果は、一行に飲んで足らず

<訳文>
文章にすれば紙一枚も満たさず、言い換えれば十四行である
言葉に出すと簡略ながら要点を押さえ、短くも深遠である
五つの経典(経・律・論・般若・陀羅尼)の智慧が一句に含まれ、なお飽き足りない
七つの宗門(華厳・三論・法相・声聞・縁覚・天台・真言)の境地が一行に表され、なお飲み込み足りない

と記し、いかに優れた経典であるかを絶賛している。

経文全文

摩訶般若波羅蜜大明呪経(鳩摩羅什訳)

観世音菩薩 行深般若波羅蜜時 照見五陰空 度一切苦厄
舍利弗 色空故無悩壊相 受空故無受相 想空故無知相 行空故無作相 識空故無覚相 何以故
舍利弗 非色異空 非空異色 色即是空 空即是色 受想行識亦如是
舍利弗 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是空法 非過去非未来非現在
是故空中 無色無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
無眼界乃至無意識界 無無明 亦無無明盡 乃至無老死無老死盡
無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩薩依般若波羅蜜故
心無圭礙 無圭礙故 無有恐怖 離一切転倒夢想苦悩 究境涅槃
三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提
故知般若波羅蜜多 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰 羯帝羯帝 波羅羯帝 波羅僧羯帝 菩提僧莎訶

般若波羅蜜多心経(玄奘訳)

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄
舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是
舎利子 是諸法空想 不生不滅 不垢不浄 不増不減
是故空中 無色無受想行識 無限耳鼻舌身意 無色声香味触法
無限界乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽
無苦集滅道 無知亦無得 以無所得故 菩提薩垂 依般若波羅蜜多故
心無圭礙 無圭礙故 無有恐怖 遠離転倒夢想 究境涅槃
三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提
故知般若波羅蜜多 是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
即説呪曰 羯帝羯帝 波羅羯帝 波羅僧羯帝 菩提僧莎訶
般若心経

結局、般若心経は何なのか?

般若心経を現代語訳してその要点を読み解き、各人の解釈に基づいた「度一切苦厄=苦悩からの解放」を目指して生活の中に反映する動きは往々にして存在する。しかし、般若心経の真意を身も蓋も無く言うと「『羯帝羯帝 波羅羯帝 波羅僧羯帝 菩提僧莎訶』と唱えましょう」、つまり陀羅尼18字の勧めに尽きる。そして、何故に陀羅尼を唱えるべきなのか、陀羅尼がどれだけ素晴らしいものかを理解する鍵が「空」と「無」であり、この般若を会得する事でまさしく一切皆苦の脱却に至った経緯を観音菩薩が舎利佛に語り聞かせたという法話なのである。

ちなみに、この陀羅尼18字はサンスクリット語の原音を音写した秘密故=真言(マントラ)であり、意味を知ろうと訳した所でむしろ真理から遠ざかるものとされ、多くの訳文書でもその意訳はバラバラである。

余談

般若心経は『The Heart Sutra』(心の経典)の英題で愛読される世界的哲学書の一冊に列し、ジョン・レノンの代表作『イマジン』の歌詞はハートスートラ、即ち般若心経によるものと見られる「空」と「無」の思想が散見される。

関連タグ

仏教 経典
般若

関連記事

親記事

お経 おきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「般若心経」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 522974

コメント