ピクシブ百科事典

サンスクリット語

さんすくりっとご

サンスクリット語は古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語である。

概要

使う人が余りいないが死語ではなく、インドの憲法でもちゃんと指定言語に認定された公用語の一つである。
梵語などとも呼ばれる。

宗教的な面でも、ヒンドゥー教仏教シーク教ジャイナ教の礼拝用言語であり、その権威は日本にも影響を及ぼした。
例えば「摩訶般若波羅蜜多心経」と言うお経はサンスクリット語を基にした当て字である。

文字は梵字と呼ばれ『天空戦記シュラト』等の密教系バトルマンガでは常連。
(魔法ものにおけるルーン文字と同じ扱い)

関連タグ

インド 仏教
言語

pixivに投稿された作品 pixivで「サンスクリット語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69870

コメント