2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

サンスクリット語

さんすくりっとご

サンスクリット語は古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語である。
目次[非表示]

概要

梵語とも呼ばれる。

ヒンドゥー教仏教シーク教ジャイナ教の礼拝用言語であり、キリスト教文化圏におけるラテン語よろしく、宗教的な面で多大な影響力を持つ。仏教文化圏である日本にももちろん少なからぬ影響を及ぼしており、経典や宗教用語(そこから意味が転じた単語を含む)など、サンスクリット語由来の借用語は日本語にも一定数みられる。
例えば密教で唱えられる真言玄奘般若心経における「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶」のような、呪文として唱えられる部分)は、サンスクリット語を基にした当て字である。

元々サンスクリットは文字を持たない言語であり、古くから各地の民衆語(プラークリット)を表すための様々な文字体系を応用して記されてきた。このうち北インドでは6世紀にサンスクリットを書きあわらすための文字としてシッダマートリカー文字(梵字)が使われるようになり、その後少なくとも9世紀頃にはこの梵字をもとに現在一般的に用いられるナーガリー文字が確立した。
日本では仏教伝来の頃に用いられていた梵字がサンスクリットの表記用として定着しており、サブカルチャーなどでも『天空戦記シュラト』等の密教系バトルマンガでは常連(魔法ものにおけるルーン文字と同じ扱い)。

現在でも一応は死語ではなく、現代のインドの憲法でもきちんと公用語として規定されている言語の一つである。また、実際にインドネパール両国における国勢調査では(人口に対する割合としては極めて少数なものの)2ヶ国の合計で2万5千人ほどが母語話者であると回答している。彼ら全員が本当に日常語としてサンスクリットを話しているのか、宗教的な理由などでそう答えているのかは疑問視する声もあるが、少なくとも宗教的・学術的な場面では今なお生きた言語であり、サンスクリット語によるTV番組や、サンスクリット語で教育を行う大学なども存在している。

サンスクリット語が由来になった言葉

単語語源
アバターअवतार(ヴィシュヌ神の化身)に由来
韋駄天(天部または素早い様)Skanda(軍神)が音訳された際に誤記が広まったもの
閻魔यम(インド神話の冥界神)
釈迦शाक्य(ブッダの出身部族)に由来
シャリ(酢飯)Śarīra(仏歯)に由来
ゼウスद्यौस्(天空の神)と同一起源とされる。
旦那दान(お布施)に由来
ダルマधर्म(法の神)から派生した名前達磨大師に由来。
ディーバ(歌姫)देव(インド神話の神族)。ラテン語の「デウス」と語源は同じ
塔/卒塔婆स्तूप(高く聳えるもの)に由来
奈落naraka(地獄)に由来
涅槃निर्वाण(炎が消された)に由来
ヒマラヤ山脈हिमालय(雪の住処)に由来
魔羅(アレの事)煩悩を司る魔王マーラに由来
マハラジャमहाराज(偉大な王)の意味。「マハー」バーラタナーガ「ラージャ」も語源は同じ。
ヨガयोग(伝統的な修行法)
瑠璃वैडूर्यの略語。ベリリウムとは語源が同じ。


関連タグ

インド 仏教
言語

関連記事

親記事

インド・イラン語派 いんどいらんごは

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サンスクリット語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79079

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました