ピクシブ百科事典

デウス

でうす

ラテン語で「神」を意味する単語。
目次[非表示]

概要

ラテン語でを意味する言葉。厳密には1人の男神を表す。
ラテン語が用いられていた地域がキリスト教化すると、宗教上では専ら、キリスト教の神を指す語となっていった。
キリスト教化された地域の言語での「神」が唯一神をさす固有名詞として扱われる(例:GOD)という、いつものパターンの一つである。
キリスト教が伝来した当初の日本においてもキリスト教を揶揄してデウスをひねって「大うそ」と呼ばれるようになるのはその象徴的な例である。

キリスト教以降、異教時代のデウスは古典やそれを題材にした芸術や研究、デウス・エクス・マキナのような用語においてのみ表記されることになった。

関連

ギリシャ神話ローマ神話 オリュンポス十二神


ゼノギアスのデウス

メイン画像になっているのはこのデウスである。
物語の核心にふれる存在なので、ネタバレ注意。










デウスと運命の子



遠い昔、度重なる星間戦争を終結させるために生み出された戦略統合システム、そしてその一部である生体兵器。
正式名称は恒星間戦略統合兵器デウスシステム。

攻撃と防御を担う「デウス」本体、エネルギーの発生・充填を担う事象変移機関「ゾハル」、そしてこの二つを統括する生体電脳「カドモニ」からなる。
さらにこれらが納められた直径80キロメートルにもなる戦略制圧母艦メルカバーが外殻と、移動手段として機能する。

元々から圧倒的な戦闘能力を持つだけでなく、際限なく学習し成長し続けるという悪夢のような性質を持つ。
破壊は惑星単位で行われ、現地の生物と機械を吸収し、自己修復しながら惑星を壊滅させる。
デウスが活動を休止するのは、惑星が滅び、吸収する有機物が無くなった時である。
デウス本体だけでなく、端末である「アイオーン」も脅威であり、アイオーンはデウスの生体パーツから無限に作り出される。


ゼノギアスの物語は分解状態でエルドリッジに収容・輸送されていたデウスが突如起動する所から始まり、それから一万年後、カレルレンの暗躍で復活したデウスを倒す事が最終目的となる。即ち本作の「始まりと終わりを司る者」である。
なお、設定画・準備稿には「ヤーヴェ」と書かれているが、幸か不幸か採用されなかった。また、ゼノサーガにおいてはデウスの前身的存在である「プロトオメガ」が登場する。

関連項目

ゼノギアス

pixivに投稿された作品 pixivで「デウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22804

コメント