ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オリュンポス十二神

おりゅんぽすじゅうにしん

ギリシャ神話に登場する十二柱の神々。ギリシャ神話世界を統べる主要な神々であり、天空神ゼウスを筆頭に多様な神々がその座を担っている。
目次 [非表示]

概要

ギリシャ神話において、オリュンポス山の頂上に住まうと伝えられる主要な神々十二柱のこと。詳しくはwikipedia参照。

マンガ・ゲームなどの作品においてモチーフにされることも多い。


ローマ神話においては「ディー・コンセンテス」というローマ神話の中でも有力な神を12体揃えた概念が存在し、それぞれがオリュンポス十二神に対応している。


立ち位置

基本的には秩序側の存在だが、ギリシャ神話の神々が総じて人間臭いために世界を引っ掻き回す事さえある。トロイア戦争に至っては十二神がトロイア派、アカイア派に分かれて英雄たちを後押ししている始末である。


オリンポス十二神一覧

基本形

  1. ゼウス(主神・天空神)
  2. ヘラ(主神の妻・婚姻の女神・母神とも)
  3. ポセイドン(海神・馬の神、主神の兄)
  4. アテナ(知恵の神・戦闘神・処女神、主神と前妻の娘)
  5. アフロディテ(愛の女神・美貌の神、主神の叔母であり養女)
  6. デメテル(豊穣の女神、主神の姉)
  7. アポロン(太陽神・詩歌・予言・竪琴の神、ヘリオスと同一視される。主神の息子)
  8. アルテミス(月の処女神・狩人の神、セレーネと半同一視される。主神の娘)
  9. アレス(軍神、主神と正妻の子)
  10. ヘルメス(伝令神・道祖神・旅・錬金術の神、俊足・夢見の神…等々司る権能が多い、主神の息子)
  11. ヘパイストス(鍛冶の神、主神と正妻の子)
  12. ヘスティア(竈の女神・慈母神・処女神、主神の姉)

番外

同格として扱われる神。


創作作品では

Fateシリーズ

オリュンポス十二機神

こちらではヘルメスが抜けた代わりにハデスがカウントされている。


デジタルモンスター

オリンポス十二神族


バトルスピリッツ

神煌臨編よりギリシャ神話をモチーフとした勢力「オリン」が登場。創界神たちのモチーフはもちろんオリュンポス十二神。

カード名属性
創界神ゼウス
創界神アポローン
創界神ヘラ
創界神ディオニュソス
創界神アテナ
創界神アルテミス
創界神ヘルメス
創界神アレス
創界神アプロディーテ
創界神デメテール
創界神ポセイドン
創界神ヘファイストス

未来日記

主要人物の名前の殆どはオリュンポス十二神のローマ名に由来している(ネプチューン=ポセイドンが抜けた代わりに冥界夫婦がカウントされている。)

名称元ネタ
天野雪輝(1st)ユピテル(ゼウス)
我妻由乃(2nd)ユノ(ヘラ)
火山高夫(3rd)ヴァルカン(へファイストス)
来須圭悟(4th)メルクリウス(ヘルメス)
豊穣礼佑(5th)ケレス(デメテル)
春日野椿(6th)プロセルピナ(ペルセポネ)
戦場マルコ&美神愛(7th)マルス(アレス)&ウェヌス(アフロディーテ)
上下かまど(8th)ウェスタ(ヘスティア)
雨流みねね(9th)ミネルヴァ(アテナ)
月島狩人(10th)ディアナ(アルテミス)
ジョン・バックス(11th)バッカス(ディオニュソス)
平坂黄泉(12th)プルート(ハデス)
日野日向アポロ(アポロン)

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

オリュンポスの神々の子供達の活躍を描く児童文学。

主人公パーシーはポセイドンの息子という設定である。


女神転生シリーズ

シリーズを通してオリュンポス十二神に属する神々が登場しているが、全員が集結した作品はない。またヘラとヘルメス、ヘパイストスはペルソナとしての登場のみで悪魔として登場したことはない。


聖闘士星矢

明確に登場したのはアテナポセイドンアポロンアルテミスのみだが、設定では元ネタ通りに12体存在していて、「神衣」と呼ばれる鎧を所持しているらしい。


イナズマイレブン

世宇子中

スタメンの名前がゼウスを除いたオリュンポス十二神に由来。


アレス・ザ・ヴァンガード

スマホRPG『魔法使いと黒猫のウィズ』で開催されたイベント。登場人物および世界観がギリシャ神話をモチーフとしており、全てのヒーローの中でも頂点に君臨するヒーローはⅠ~Ⅻ(+零)とオリュンポス十二神の名前を持っている。




金田一37歳の事件簿

地獄の傀儡師である高遠遙一が十一人の弟子に付けた俗称。自らはゼウスと名乗る。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

オリンポス十二神がモデルとした神々が登場。

ヘスティアヘファイストスアレスヘルメスデメテルゼウスヘラアポロンディオニュソス、ポセイドン、アルテミスアフロディーテの存在が判明しており、その内、現在オラリオ内にファミリアを構えているのはヘスティア、ヘファイストス、ヘルメス、デメテルの4人である。


ゼウススケベヘラがヤンデレ、アルテミスが恋愛アンチだがオリオンが大好きといったよく知られた物から、アポロンが両刀デメテルを怒らせると世界が荒廃するレベルで恐ろしい事になる、アレスが小物臭い、アフロディーテが過去に浮気をした等キャラクター像は原典の細かい小ネタまで拾っているのが特徴。一方でへファイストスは原典とは異なる女性である。


ヘラクレス(ディズニー)

この内、メインで活躍するのはヘラクレスの父母であるゼウスヘラであり、その他の十二神はモブとして全員登場している。

流石に良い子が見るアニメ映画なためか、浮気癖やヤンデレ設定はオミットされ、代わりにハデスが悪役となっている。


リングにかけろ

世界大会編にてギリシア代表が登場、アポロンを筆頭格テーセウスユリシーズオルフェウスイカルスバルカンが名を連ねている(それぞれ元ネタの名前を襲名した別人である)。


この時点でオリンポス十二神とは関係ない英雄などが混じっているためか、後に登場したギリシアJr.(ギリシア十二神)もオリンポス十二神とそれ以外の人物をミックスしたネーミングになっている。

順にカサンドラ、クレウサ、アルテミスオリオンプロメテウスメデゥーサナルシサスペガサスビーナスハーデスポセイドンゼウス


ここまで読めばわかると思うが、ヘラヘルメスデメテルヘスティアアテナアレスディオニュソスをモデルとするボクサーは最後まで登場していない



関連企画

神様描かないか


関連タグ

ギリシャ神話

関連記事

親記事

ギリシャ神話 ぎりしゃしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました