ピクシブ百科事典

ヘファイストス

へふぁいすとす

ヘファイストスとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する女神の一人。
目次[非表示]

注意

ギリシャ神話のヘファイストスにおいてはヘパイストスを参照。

概要

CV:寺崎裕香

大勢の鍛冶師(スミス)を育成し、一級品の武具を製作してオラリオに留まらず世界中にその名を知らしめる鍛冶師系ファミリア【ヘファイストス・ファミリア】の主神。

ヘスティアとは天界でも同郷でもある事から親しい間柄で、ヘルメスアポロンアレスアルテミスデメテルディオニュソスウラノスイケロスペニアとも同郷となる。

探索系が多いオラリオのファミリアの中では、珍しく探索を行わずに鍛冶で収入を得て運営している(ヴェルフ・クロッゾ椿・コルブランドのように、ダンジョンを探索する眷族もいないわけではない)。

神物像

赤髪で右目に眼帯を付けている、頑固一徹だが面倒見が良い姉御肌な性格で、自身も『神匠』と呼ばれるほどの鍛冶の腕を持つ。『神の力(アルカナム)』が使用できない状態でも、自身の眷族であり最上級鍛治師(マスター・スミス)でもある『椿・コルブランド』をして化け物と言われている。面倒見の良さからか、ファミリアの末端の鍛冶師にも個別の工房を与え、どんどん武具を製作させている。
一方、現実主義的な面も持ち合わせており、自らの眷族であるヴェルフがベル達の為だけに自分の派閥から離れるのに難色を示したり、知性や感情を持っているとはいえ怪物の変異種である異端児(ゼノス)を救う為に、【ヘスティア・ファミリア】が行動する事を最後まで反対していたりする。
実は右目に非常に強いコンプレックスを抱いており、ヘスティア以外の他の神々に嫌悪されたり、眷族からも怖がられる等の辛い経験を持つ。因みに、これがヘスティアとは今でも変わらず無二の神友となっている理由である。
また、鍛治神としてか根っこは職人気質なのか天界では頑固一徹で知られ、キレた時は多くの女神達を泣かせてきたと言われている。

自分の眷族で『クロッゾの魔剣』の一族であるヴェルフに目を掛けており、彼の腕自体は認めているが、家庭の事情からくる魔剣に対する意固地さと、作品へのファンシー極まりないネーミングセンスに頭を抱えている。
第8巻では、ある事件を経た彼から貴女に認められる武器を作れたら、付き合ってくださいと懇願される。初めは右目の事で断ろうとしたが、ヴェルフにその拒絶すらも踏み越えた毅然たる思いを語られたことで、それ以降は団長の椿を呼び出し、彼女を辟易させる惚気話を語る程に好意を抱くある意味ヘスティアと同じ)。
この出来事を他の神々にも話し、彼らの中で語り草になった事で、後に神会でヴェルフには【不冷(イグニス)】という(何も知らない者が聞けば、彼の鍛冶師らしさや情熱を表すものっぽく聞こえるが、ヘファイストスへの愛の告白の件を知る者からすれば冷やかし根性満点な)二つ名が付けられた(その際、ヘファイストスは明後日の方向を向きながら、顔を赤くしていた)。

メモリア・フレーゼ』の4周年偉大英雄譚「アエデス・ウェスタ」では、天界にいた頃、同郷のアフロディーテ恋人の間柄であったことが判明。しかし、彼女が浮気したことに激怒して制裁(その光景を見たヘスティアとヘルメスは思い出しただけで怯え、アフロディーテは彼女を見ただけで気絶しそうになるほどトラウマを抱いている)を加えており、現在は話題に出すだけで露骨に不機嫌になるほど嫌悪している。
アフロディーテと恋人関係だった理由は、ヘルメスによると、眼帯で隠した自分の醜さにコンプレックスを抱いてた彼女が求めたのが美しさだったかららしい。
余談だが、ギリシャ神話のヘファイストス(ヘパイストス)とアフロディーテは夫婦であり、アフロディーテが浮気すると情事の最中に浮気相手共々網で縛り上げて晒し者にしている。ちなみに、浮気相手はこちらの世界の脳筋神のモデルでもある。

劇中の様相

ヘスティアが下界に降りて来たばかりの時、彼女を自分の元で居候させていたが、三ヶ月もの間、眷族も探さずにグ~タラしていた為に、堪忍袋の緒が切れて激怒。ヘスティアを自身の元から追い出す。
しかし、それでも彼女が心配であった為か、自分の所有物件の一つである廃教会を提供しており、それが【ヘスティア・ファミリア】の本拠として利用されているのだが、後に【アポロン・ファミリア】の襲撃によって破壊されてしまっている。

ガネーシャが主催の『神の宴』でヘスティアと再会した時、彼女からベル・クラネルの武器の製作を、土下座してまで懇願される。
当初は頑なに拒否していたが、彼女の執念とベルに対する想いについに折れて、《神の刃(ヘスティア・ナイフ)》を自らが製作した。その代わり、ヘスティアに代償として毎日8時間以上の強制労働と、2億ヴァリスという莫大な借金を科した。

ベルが【アポロン・ファミリア】に狙われ窮地に陥った際、早まったことはしなかったがヴェルフがベルを助ける為に【ヘスティア・ファミリア】に改宗しようとし、それに反対。しかし、「自分が敬愛する女神は、ここで出て行かなければ𠮟りつけてくるでしょう」、「燃え滾る情熱さえあれば、武器はどこででも打てる…そう教えてくれたのはあなたです」と言い負かされてしまい、根負けする形で改宗を認めた。

異端児を巡る事件の際は、感情や知性を持っても怪物でしかない彼等を救済する価値など無い、人類にとって「毒」にしかならないと断じ、【ヘスティア・ファミリア】が助けようとするのを断固として反対の意を示す。
しかし、タケミカヅチミアハに説得されたのか、結局は折れる形で助ける道を選んだようで、椿に【ヘスティア・ファミリア】を支援するよう命じている。

フレイヤがオラリオ中に『魅了』を施して自身も魅了されてしまい、ヘスティアによって『魅了』が解除されると、すぐさま全眷族を動員して【フレイヤ・ファミリア】本拠の南から西に布陣して包囲し、けじめを付けさせると椿が思わず怯むほどの怒りを露わにしていた。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 超越存在 ヘファイストス・ファミリア
ヘスティア フレイヤ ロキ ヴェルフ・クロッゾ
椿・コルブランド アフロディーテ ヴェルファイ

関連記事

親記事

ヘファイストス・ファミリア へふぁいすとすふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヘファイストス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヘファイストス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 608857

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました