ピクシブ百科事典

異端児(ダンまち)

ぜのす

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

自らを異端児(ゼノス)と称する理知を備えたモンスター。人間の言葉を理解し話す者もおり、高い知性や心を持つ。アステリオスを除く全員に共通して地上や人類に対する強烈な憧憬を持ち、いつか地上に出ることを夢見ている。ウラノスによって保護され、その代わりにダンジョン内の問題を秘密裏に解決している。ダンジョン内の安全な「隠れ里」を拠点として、冒険者が落とした武器を装備してダンジョンを巡回しつつ同胞を探している。通常のモンスターからも敵として認識されるので、生き残っている者は40体ほどである。

本編10巻でイケロス・ファミリアによるウィーネの拉致と仲間たちの虐殺により暴走し、地上を巻き込んだ事件に発展する。全てを失う覚悟で自分たちを救おうとしたベルの決意と覚悟が異端児たちの心に大きな影響を与え、その後もヘスティア・ファミリアと親交が続き、ウラノスとロキ・ファミリアの協力関係が構築された後には、クノッソス攻略についてロキ・ファミリアとも連携している。

その存在はダンジョンについて何らかの知識を持つ神々にとっても未知らしいが…?

主な人物

本作のヒロインの一人。竜女(ヴィーヴル)の異端児。

赤緋色の鱗と雄黄の瞳が特徴的な蜥蜴人(リザードマン)。

毛先が青みがかったくすんだ金髪と青い瞳が特徴的な美しい相貌をしている歌人鳥(セイレーン)

人間を信用していなかったガーゴイル
評判の悪くなってしまったベルを憂いたヘルメスに頼まれ、ベルを襲おうとしたが
人前であるにもかかわらず防御態勢すら取らなかったベルを愚かに思いつつも少しだけ人間に対して見直した

黒い猛牛(ミノタウロス)の異端児。

人魚(マーメイド)の異端児。下半身が魚であるため、ダンジョン下層の「水の迷都」から離れられず留守番をしている。

女体の上半身と蜘蛛の下半身を持つ異端者。

チョッキと時計を付けたアルミラージ。性別はメス。

赤い帽子をかぶったゴブリン
ガネーシャが唯一見たことのある異端児(ゼノス)
『ミスター○○』などと呼ぶ

ハーピィの少女
ベル達を『地上のお方』と呼び好意的である

ヘルハウンドの異端児(ゼノス)
アルルと共にアステリオスを呼びに行った
地上ではアルルと共にカサンドラに保護されていたため、彼女の匂いがのちに役立った

フォモールの異端児(ゼノス)
図体に反して性格はとてもやさしい

  • ユーノ
ユニコーンの異端児(ゼノス)
地上で戦う際に殺傷能力を落とすために切り落とした角の先端をヴェルフが加工して
ベルのナイフ『白牙』に使った

ラミアの異端児(ゼノス)
片言である

  • オード
ウォーシャドーの異端児(ゼノス)
ベルと握手している

  • クリフ
ヒッポグリフの異端児(ゼノス)
ディックス達にやられた

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
モンスター

関連記事

親記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか だんじょんにであいをもとめるのはまちがっているだろうか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「異端児(ダンまち)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18565

コメント