ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

異端児(ダンまち)

ぜのす

異端児(ダンまち)とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場するモンスター。
目次 [非表示]

概要編集

自らを『異端児(ゼノス)』と称するモンスターの一派。通常のモンスター達と異なり、高い知性や心といった理知を備えているのが最大の特徴で、人間の言葉を理解し話す者もいる。また、容貌が元の種と大きく異なる者もおり、特に性別が女性(メス)となるモンスターの場合は、並の人間よりも美しい外見をしているケースも少なくない。なお、彼らの『異端児(ゼノス)』という呼称はウラノスが付けたもので、神々の言葉で『異端』を意味している。(ちなみに「ゼノス(Xenos)」はギリシャ語で「客」「外国人」「異分子」「不思議」「異邦人」等の意味を持つ)


本編よりおよそ16年程前、当時ウラノスと深い繋がりがあった派閥によって、初めてその存在が確認される。ウラノスとフェルズに保護されて以降は、ウラヌスの私兵としてダンジョン内で起きている異常事態(イレギュラー)を秘密裏に解決しつつ、ダンジョン内を巡回しながら同胞を探している。増減を繰り返しながらも奮闘し続け、現在の『異端児』の数は40体程との事。ダンジョンでモンスターが産まれない「安全階層(セーフティポイント)」を『隠れ里』として拠点にしている。


何故『異端児』が生まれたかは不明だが、前世で強い憧憬を持って事切れたモンスターの生まれ変わりである事は判明しており、自身が通常のモンスターだった頃の時代、つまり前世の記憶を夢に見る事があるらしい。アステリオスを除く全員に共通して地上や人類に対する強烈な憧憬を持っており、いつか地上で生きる事や人間と共存する事を夢みている。

後にフェルズの推理から、『異端児』を産んだダンジョンにとっても彼らの存在は想像を超えた異常事態(イレギュラー)だった事と、本編から30年程前に最初の『異端児』である『原初の異端児(ファースト・ゼノス)』が誕生した事が判明する。(この『原初の異端児(ファースト・ゼノス)』の消息は不明だが、フェルズは恐らく死亡したと判断している)


通常のモンスター達からは「裏切者」という認識になっており、見つかったら命を狙われる身となっている。それ故に、冒険者の遺品となる武器防具で武装したり、同じ『異端児』同士で集まり助け合い生き延びてきた。また、通常のモンスターを倒して得た魔石を喰らう事で強化種にもなっており、そこに知性が加わる事によって多くが上級冒険者以上の戦闘力を持っている。中でも『異端児』のまとめ役であるリドグロスレイの3人はLv.5相当の実力者で、新入りのアステリオスに至ってはLv.7相当という作中最強クラスの実力を有しており、『異端児』の総戦力はオラリオの大派閥にも引けを取らない。


モンスター達からは狙われる反面、共通の『母』となるダンジョンにとっては排除対象では無いらしく、事実、『異端児』達はモンスターしか入れない特異な領域である最淵(カシオス)に入る事も許されている。むしろ「新たな『異端児』を生み出す為の『場』」として、ダンジョンの深層37階層に大量のモンスター達が生まれては殺し合う『闘技場(コロシアム)』が設けられる等、ダンジョンの意思は新たな『異端児』達が産まれて来る事を望んでいる節さえもある。


ウラノスとフェルズは、『異端児』の存在が人類とモンスターの途方も無い年月を経た戦いの歴史に変化をもたらす希望として期待しているが、その存在意義等は現在の所証明出来ておらず、前途多難な状況となっている。この為、『異端児』の存在はギルドにも公にする事が出来ておらず、あくまでも「武装したモンスター」という認識しか広まっていない。神々からも『異端児』の存在を懐疑的に思う意見は多く、作中で『異端児』の事を知ったロキも、「彼等の存在が明らかになれば世界全体を揺るがしかねない異常事態(イレギュラー)にもなり得る」と評しており、ウラヌスが止む無く隠し続けていたのも当然と納得している。


本編ではベルがダンジョンで新たに生まれたウィーネを保護したのを切っ掛けに、【ヘスティア・ファミリア】と『異端児』の交流が始まる事になる。ベルと『異端児』の出会いは本編において大きな転機となり、人類にとって『絶対悪』と言うべきモンスターでありながら人の心を持つ彼らの存在は、ベルを含めて多くの者の運命を変えていく事になる。


フェルズによると『異端児』の存在を知り、同情をした人間は今までもいたらしいが、結局最後は我が身可愛さに全員彼らの前から姿を消したとの事。その為、『異端児』の三分の一が人間に対して不信感を持っており、人類との共存にも否定的だった。しかし、【イケロス・ファミリア】の暴挙によって『異端児』が窮地に陥った際に、オラリオ中を敵に回してでも自分たちを救おうとしたベルの決意と覚悟は彼らの心に大きな影響を与え、『異端児』全員がベルに対して強い信頼と好感を抱くようになる(地の文によると好感度が限界突破しているとの事)。以降【ヘスティア・ファミリア】に何かあったら必ず駆け付ける事を約束しており、作中では【ヘスティア・ファミリア】が遠征中に異常事態(イレギュラー)に巻き込まれて窮地に陥った際は、すぐに救援に向かって彼らの命を救っている。


本編当初は、彼らの存在を知っていたのは【ヘルメス・ファミリア】と【ガネーシャ・ファミリア】の一部ぐらいだったが、【ヘスティア・ファミリア】と接触して以降は、彼等の存在を知りながらも受け入れてくれる者達が増えていく事になるなど、少しずづだが状況に変化が生まれていく事になる。それに伴い、冒険者と秘密裏に共闘する事も増えていき、外伝『ソード・オラトリア』で行われている『闇派閥(イヴィルス)』との戦いにも参加し、『第一次クノッソス攻防戦』ではレイが【ロキ・ファミリア】の団長であるフィンの命を救い、オラリオ崩壊を目論むエニュオとの最終決戦『狂乱の戦譚(オルギアス・サガ)』では『異端児』全員が活躍するなど、世界の運命にも大きく関わっていく事になる。


世界のどこにも居場所がない彼らを救う事は、ベルにとって最大の悲願となっているが、フェルズによると人類と『異端児』の共存を果たすには、「ダンジョン最下層の攻略」が必須であるらしいが、理由は現状不明。


主なメンバー編集

本作のヒロインの一人。竜女(ヴィーヴル)の異端児。


赤緋色の鱗と雄黄の瞳が特徴的な蜥蜴人(リザードマン)の異端児。異端児のリーダー格。


毛先が青みがかったくすんだ金髪と青い瞳が特徴的な美しい相貌をしている歌人鳥(セイレーン)の異端児。


人間を信用していなかった石竜(ガーゴイル)の異端児。


黒い猛牛(ミノタウロス)の異端児。新参ながら異端児で最強の実力を持つ。


人魚(マーメイド)の異端児。下半身が魚であるため、ダンジョン下層の「水の迷都」から離れられず留守番をしている。


チョッキと時計を付けた一角兎(アルミラージ)の異端児。性別はメス。


赤帽子(レッドキャップ)を被ったゴブリンの異端児。

ガネーシャが唯一見たことのある異端児。

冒険者で例えるとLv.4の実力。

丁寧な口調で、『ミスター○○』などと呼ぶ。


半人半鳥((ハーピィ)の少女。

ベル達を『地上のお方』と呼び好意的である。


黒犬(ヘルハウンド)の異端児。

アルルと共にアステリオスを呼びに行った。

地上ではアルルと共にカサンドラに保護されていたため、彼女の匂いがのちに役立った。


  • ユーノ

一角獣(ユニコーン)の異端児。

地上で戦う際に殺傷能力を落とすために切り落とした角の先端をヴェルフが加工してベルのナイフ『白幻』に使った。


半人半蛇(ラミア)の異端児。

片言で会話できる。ベルが好意を抱くレイをイジっている。


  • グリュー

木竜(グリーン・ドラゴン)の異端児。

20階層の隠れ里の『番人』の役目を担う。


  • シルバ

野猿(シルバーバック)の異端児。

かろうじて単語で会話出来る。


  • トロル

トロールの異端児。

言葉は喋れず、雄叫びで会話する。


  • カール

カーバンクルの異端児。


甲冑を着た人蜘蛛(アラクネ)の異端児。グロス同様に人間を信用していない。

【イケロス・ファミリア】に重傷を負わされ、辱められる前に自害した。


獣蛮族(フォモール)の異端児。

リド、レイ、グロスに次ぐポテンシャルを誇り冒険者で例えるならLv.4ぐらいの強さらしい。

図体に反して性格はとてもやさしい。

【イケロス・ファミリア】のディックスに殺された。


  • オード

戦影(ウォーシャドウ)の異端児。

甲冑のような形状をしている。言葉は喋れない。

【イケロス・ファミリア】のグランに殺された。


  • クリフ

馬鷲(ヒッポグリフ)の異端児。

【イケロス・ファミリア】に殺された。


  • バーバリアンの異端児

ベルがダイダロス通りの孤児院の地下で遭遇した個体。当時Lv.3だったベルが苦戦するほどだったが既に傷だらけであった。その場は最終的にシルの護衛として居合わせたアレンにより倒される。実はディックス達が以前捕らえていた個体が隙をついて逃げ出し地下に身を潜めていたことが後に彼の口から明かされる。


深層編でベルと戦い死んだジャガーノートの異端児。ベルへの強い殺意から異端児として復活した。強い殺意にリドやフェルズも生かしておくことに悩んだがベルの判断によりカールに封じられる形で生存させることが決定した。


余談編集

メモリア・フレーゼにおいて編集

本編ではシリアスな話が多い『異端児』だが、『メモリア・フレーゼ』のイベントでは、バレンタインにチョコを冒険者に配って騒動を起こしたり、フェルズの実験のせいで性格が改変したりと、ギャグパートが多い。地上の住民も彼らのこんな姿を見れば、モンスターだからと頭ごなしに否定するのも馬鹿馬鹿しくなるかもしれない。

シリアスな話も当然あるが、そちらでは【ロキ・ファミリア】と共闘する事が多く、リド達もベル達以外の人間と肩を並べる事が出来るのを嬉しく思っている。


『異端児』を発見したファミリアについて編集

『異端児』を最初に発見したファミリアについての詳細は現状何も明かされてないが、ウラヌスと繋がりを持っていたという事や、今はもう存在しないというフェルズの発言から、【ゼウス・ファミリア】と【ヘラ・ファミリア】ではないかという考察が出ている。もしこの考察が正しかった場合、彼らの最初の理解者になったのが、ゼウスとヘラの眷族を両親に持つベルだったのは運命だったとも言える。ちなみに、上述にある通り人類と『異端児』の共存を果たすにはダンジョン最下層の攻略が必須と言われているが、言い換えれば『異端児』を救うには神時代最強と謳われた【ゼウス・ファミリア】と【ヘラ・ファミリア】を超える事が必須とも言える。


関連タグ編集

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンまちの登場キャラクター一覧

モンスター

ダンまちの登場モンスター一覧

関連記事

親記事

ダンまちの登場キャラクター一覧 だんまちのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 181355

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました