ピクシブ百科事典

異端児(ダンまち)

ぜのす

異端児(ダンまち)とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場するモンスター。
目次[非表示]

概要

自らを『異端児(ゼノス)』と称する理知を備えたモンスター。およそ15年前に当時最強の派閥だったゼウスとヘラの壊滅後初めてその存在が確認された。人間の言葉を理解し話す者もおり、高い知性や心を持つ。アステリオスを除く全員に共通して地上や人類に対する強烈な憧憬を持ち、いつか地上に出ること夢みている(そのためか自身が怪物だった頃の時代、つまり前世の記憶を憧憬として夢にみることがあるらしい。アステリオスは某白兎との再戦こそが望みであるため完全な例外といえるが)。
ウラノスによって保護され、その代わりに迷宮内の問題を秘密裏に解決している。迷宮内の安全な「隠れ里」を拠点として、冒険者が落とした武器を装備して迷宮を巡回しつつ同胞を探している。通常のモンスターからも敵として認識されるので、生き残っている者は40体ほどであるが他の通常種同様魔石を喰らうことで強化されそこに知性が加わることによって多くが上級冒険者も凌ぐほどに強くなれる。Lv.5クラスの第一級冒険者に匹敵する者もいれば作中最強クラスまで成長したものまでいる。

人類とモンスターの共生を望んでいるウラノスは彼等こそ憎み合い殺し続ける不毛な歴史に終焉をもたらすための最後の希望だと考えており、彼等と交流を持った【ヘスティア・ファミリア】やガネーシャなどもそれに対して理解を示している。

本編10巻で【イケロス・ファミリア】によるウィーネの拉致と仲間たちの虐殺により暴走し、地上を巻き込んだ事件に発展する。全てを失う覚悟で自分たちを救おうとしたベルの決意と覚悟が異端児達の心に大きな影響を与え、ベルに絶大な信頼を置くようになる。その後も【ヘスティア・ファミリア】と親交が続き、ウラノスと【ロキ・ファミリア】の協力関係が構築された後には、クノッソス攻略について【ロキ・ファミリア】とも連携している。

ダンジョンの事を「母」と呼んでいる。
その存在はダンジョンについて何らかの知識を持つ神々にとっても未知らしいが…?

現状彼等の存在意義などは何も証明できていないが、レイがベル達だけでなく【ロキ・ファミリア】のアリシアティオネと交流を持ち僅かだが確かに友好と呼べる関係を築き、上記のクノッソス攻略において秘密裏に連携したりと少しずつだが良好に進展しているようである。また、ティオナは彼等と戦うのには、最初から忌避感を抱いており、ダイダロス通りの攻防戦の際ウィーネが瓦礫からルゥを庇ったのを目撃した際は見逃している。
何でも彼等との問題を解決するにはダンジョン最下層の攻略が必須であるらしいが…?

主な人物

本作のヒロインの一人。竜女(ヴィーヴル)の異端児。

赤緋色の鱗と雄黄の瞳が特徴的な蜥蜴人(リザードマン)の異端児。異端児のリーダー格。

毛先が青みがかったくすんだ金髪と青い瞳が特徴的な美しい相貌をしている歌人鳥(セイレーン)の異端児。

人間を信用していなかった石竜(ガーゴイル)の異端児。

黒い猛牛(ミノタウロス)の異端児。新参ながら異端児で最強の実力を持つ。

人魚(マーメイド)の異端児。下半身が魚であるため、ダンジョン下層の「水の迷都」から離れられず留守番をしている。

甲冑を着た人蜘蛛(アラクネ)の異端児。グロス同様に人間を信用していない。
【イケロス・ファミリア】に重傷を負わされ、辱められる前に自害した。

チョッキと時計を付けた一角兎(アルミラージ)の異端児。性別はメス。

赤帽子(レッドキャップ)を被ったゴブリンの異端児。
ガネーシャが唯一見たことのある異端児。
冒険者で例えるとレベル4の実力。
丁寧な口調で、『ミスター○○』などと呼ぶ。

半人半鳥(ハーピィ)の少女。
ベル達を『地上のお方』と呼び好意的である。

黒犬(ヘルハウンド)の異端児。
アルルと共にアステリオスを呼びに行った。
地上ではアルルと共にカサンドラに保護されていたため、彼女の匂いがのちに役立った。

獣蛮族(フォモール)の異端児。
リド、レイ、グロスに次ぐポテンシャルを誇り冒険者で例えるならLv.4ぐらいの強さらしい。
図体に反して性格はとてもやさしい。
【イケロス・ファミリア】のディックスに殺された。

  • ユーノ
一角獣(ユニコーン)の異端児。
地上で戦う際に殺傷能力を落とすために切り落とした角の先端をヴェルフが加工してベルのナイフ『白幻』に使った。

半人半蛇(ラミア)の異端児。
片言である。

  • オード
戦影(ウォーシャドウ)の異端児。
甲冑のような形状をしている。言葉は喋れない。
【イケロス・ファミリア】のグランに殺された。

  • クリフ
馬鷲(ヒッポグリフ)の異端児。
【イケロス・ファミリア】に殺された。

  • バーバリアンの異端児
ベルがダイダロス通りの孤児院の地下で遭遇した個体。当時Lv.3だったベルが苦戦するほどだったが既に傷だらけであった。その場は最終的にシルの護衛として居合わせたアレンにより倒される。実はディックス達が以前捕らえていた個体が隙をついて逃げ出し地下に身を潜めていたことが後に彼の口から明かされる。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
モンスター

関連記事

親記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか だんじょんにであいをもとめるのはまちがっているだろうか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「異端児(ダンまち)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「異端児(ダンまち)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110401

コメント