ピクシブ百科事典

メモリア・フレーゼ

めもりあふれーぜ

ダンまち〜メモリア・フレーゼ〜とはライトノベル「ダンまち」のソーシャルゲームである。
目次[非表示]

概要

ダンまちシリーズのソーシャルゲーム。公式略称は『ダンメモ』。
pixiv内では「ダンメモ」タグでの投稿が多いので、そちらも確認するように。

iOS/Android用アプリゲームとして2017年6月19日より配信。ジャンルは「少年(ベル)と駆け抜けるRPG」。アニメシナリオ拡張版(全くアニメ化されていないエピソードを含む)とオリジナルストーリーから成り、「ギャグ4、シリアス3、原作で描かれていない部分3」のバランスで構成されており、全編録り下ろしフルボイスである。プレーヤーは「ガチャ」などで獲得したキャラクターでパーティーを編成し、ストーリーを攻略したり、「戦争遊戯(ウォーゲーム)」や「栄光挑戦(レコードバスター)」の攻略などに挑戦したりできる。

原作の登場キャラが様々な衣装に着せ替えして冒険できるという点も評価されている。他、コラボ作品のキャラの衣装を着る等、ファンとしては非常に嬉しい機能である。

2017年8月からYouTube上で情報番組などを配信している。また、ゲーム実況アプリMirrativとコラボし、公式チャンネルを用いた企画も行っている。2020年3月現在、「キノの旅」、「進撃の巨人」、「デート・ア・ライブ」、「ゴブリンスレイヤー」の4作品とコラボしている。

この作品でベル役の松岡禎丞がアフレコした台詞数が1万175ワードに達しており、2019年6月17日に行われたイベントにおいて、松岡に対し「一人の声優によりモバイルゲームに提供されたセリフの最多数」という内容でギネス世界記録に認定されたことが発表、松岡禎丞に認定証が贈られている。

このゲームに一番の特徴は何といっても、イベントシナリオを全て原作者の大森藤乃が担当しているということだ。

その為原作に深くかかわる設定がたびたび登場しておりシナリオについては極めて評価が高い。
モルド・ラトローの所属ファミリアやダフネ・ラウロス等の冒険者の二つ名が明かされたのも本作であり、設定資料も極めて貴重と言える。ダンまちファンならば是非プレイしてみるべし。



オリジナル登場人物など

ベヒーモス・オルタ
かつて二大ファミリアによって滅ぼされた三大クエストの一角、陸の王者ベヒーモスが復活した姿。
黒い竜巻を操りオラリオに災厄を与える。

ノエル
ひょんなことから豊饒の女主人で世話をされることになった謎の少女、その正体は精霊。

ヴィトー
闇派閥の幹部、レベル4。ノエルの利用を画策した。

タルヴィ
異国ベルテーンの姫、オッドアイが特徴的。

ウスカリ
ベルテーンの姫、タルヴィの護衛。

リダリ
盲目の剣士。ベルですら予備動作が見えないほどの剣士。ベルテーンの副団長。

ヴェーラ
「正直者」と称される底意地の悪い神。ベルテーンの主神。

ザルド
LV7、【暴喰】の二つ名を持つベヒーモスとの戦いを機に現役を引退したゼウス・ファミリアの残党。闇派閥に協力した。戦いを『食事』と称し、圧倒的な強さでオッタルを一撃で下した。

アルフィア
LV7、【静寂】の二つ名を持つヘラ・ファミリア残党。闇派閥に協力した、神時代以降最も才能に愛された冒険者。ベルヘスティアの住むことになる教会を「妹が愛した場所」と言っていたが……?
実はゲームでの登場より前に外伝ファミリア・クロニクルで存在が示唆されたキャラクター。

エレボス
暗黒時代における闇派閥の首魁。計略を持ってオラリオを大損害を与えた邪神。
大量破壊に殺戮、リュー・リオンを肉体的、精神的に追い詰めることを行う悪の神だが独自の悪の美学を持っている。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか グランド・デイ アルゴノゥト アストレア・レコード
スマホゲーム ソーシャルゲーム

関連記事

親記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか だんじょんにであいをもとめるのはまちがっているだろうか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メモリア・フレーゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7240

コメント