ピクシブ百科事典

ザルド

ざるど

ザルドとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか メモリア・フレーゼ』の登場人物。
目次[非表示]

「俺がなぜここにいるか、だと?」
「最強の派閥(ゼウス)が消えた。ならば相応の戦場を求めるまで…それで納得できないか?」

「願わくば、数多の『英雄』が子の前に立ちはだからんことを」
「英雄の洗礼を浴び、より強い冒険者にならんことを」

概要

CV:小西克幸

【暴喰】の二つ名を持つ悪食を極めた冒険者。武人肌で無骨な人物。45歳。
顔に複数に傷がついている、黒い鎧に身を包んだ大柄な男性。Lv.7。
隻眼の黒竜との戦いにて破れ壊滅した【ゼウス・ファミリア】の残党。
本人自身は陸の王者ベヒーモスとの戦いが原因で冒険者を半ば引退していた。
しかしエレボスの勧誘に乗りオラリオを破壊し神時代を終わらせるために闇派閥に協力することになる。

フレイヤ・ファミリア】の団長で自分たちがいなくなった後の都市最強のオッタルをガキ扱いすることができる実力者。アルフィアと同じく状況次第では自身より格上の【ゼウス・ファミリア】の団長にもワンチャンあるらしい…。
決戦時にはオッタルとの激突の末に敗北し、フレイヤに看取られ満足げに息を引き取った。

そんな彼もヘラは恐怖の対象だったらしく、ファミリアのサポーターだった人物が【ヘラ・ファミリア】の構成員を孕ませたと聞いた時は、ファミリアが壊滅状態であるにかかわらず震えあがりずっと怯えていたらしい。

実は割と食にはこだわるタイプのため彼が作る料理はおいしいらしい。
また割と愉快なところもあるらしく飲み比べでガレス達に勝った後、潰れた彼の額に「牛(ミノ)」と書いたりしていたらしい。
ちなみに同じ目にあったロキは後日フレイヤに大笑いされ、腹いせにフレイヤに落書きを試みたがオッタルたちに殺されかけて断念した。

主神の置き土産に関してはアルフィアと同じく存在は認知していたが一度も会っていない。後にあの馬鹿の息子なら間違いなく俺達の家族、一眼みておくんだったかと語ってはいるが

能力(ネタバレ注意)

  • 神饌恩寵(デウス・アムブロシア)

ザルドが保有するレア・スキルで、その能力は強喰増幅(オーバーイート)。暴喰の文字通り、獣、人、モンスターなど万物を喰らうことでスキルの発動中自身の能力を向上させる。ざっくり言うと食えば食うだけ強くなるということであり、まさに単純明快にして強力無比な反則同然のスキルと言える。また内臓も強靭になるためシルの殺人弁当も完食可能。ネタ的な意味でも反則じみている。

食らう物によっては微々たる上昇しか見込めないが、対象が強ければ強いほど上昇値は高まる。特に上昇しやすいのはモンスターであり、事実ザルドが今まで食らってきた物の中で一番多かったのはモンスターだった。

弱点は、自分のレベルと大きくかけ離れた力を発揮することはできないこと。具体的には、Lv.7の器でLv.10相当の力を行使すると肉体が弾け飛んでしまう。そもそも自分のレベル以上の力を発揮すること自体、喰らう獲物のポテンシャルの高さも求められるためにかなりハードルが高い。
かつてベヒーモスと戦った際、ザルドはトドメを刺すためにベヒーモスの猛毒の肉体を喰らうという無謀ともいえる賭けに出た。結果見事にベヒーモスの討伐に成功したものの、ザルドの身体はベヒーモスの猛毒に侵され、呪いのように身体が内側から腐っていくというあまりに大きな代償を支払い戦線を離脱することとなった。これがザルドが冒険者を半ば引退した真相である。

なお、このスキルは極秘扱いとなっており、フィンやガレス、リヴェリアをはじめとした一部の古参メンバーしか存在を知らない。

魔法

  • レーア・アムブロシア
父神(ちち)よ、許せ、神々の晩餐をも平らげることを。貪れ、獄炎(えんごく)の舌。喰らえ、灼熱の牙!
ザルドの必殺技。詳細は不明。オッタルとの最終決戦時に解禁したが、オッタルの絶技ヒルディスヴィーニに破られた。

※アムブロシア ギリシャ神話に登場する不死を意味する食べ物

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか メモリア・フレーゼ
ゼウス・ファミリア アルフィア

関連記事

親記事

メモリア・フレーゼ めもりあふれーぜ

兄弟記事

コメント