ピクシブ百科事典

シル・フローヴァ

しるふろーゔぁ

シル・フローヴァとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次[非表示]

「あまりおいたしちゃダメよ?」

「私は、走り続けているあなたが、好きだから」

概要

CV:石上静香

酒場『豊饒の女主人』の店員の少女。種族はヒューマン。18歳(?)。
ベル・クラネルとは偶然、彼が落とした魔石を拾ったことで出会い、彼に対して弁当を渡したりするなど、好意を持っている。

『シル・フローヴァ』という名前には、ある神と深い関わりがあるのだが……。
これについては下記に記載。

人物像

薄鈍色の髪をした人当たりのいい少女。結構ドジッ子な性格で、財布を忘れたり寝過ごしたりすることがある。一方で、ベルを大盛りの料理を食べさせて金を使わせたり、サボった分の皿洗いを手伝わせたりとちゃっかりな面も。したたかで時折魔性の女と言っても過言ではないような雰囲気を感じさせる。観察眼が異常に鋭く、「神々のように嘘を見抜かれている」と称されるほど。
そのあざとさから、一部の読者からはあざとシルさんと言われている。
実は孤児。その境遇からか、ダイダロス街にある孤児院によく出入りをして子供たちにお裾分けをしている。いたずら好きな子供たちからはスカート捲りをされることが多いが、鉄壁のガードを誇っていた…ベルが近くにいる時以外は。
また、スラムの子供たちの前では、魔女と呼ばれるような一面のそぶりをあまり見せない。

※因みに、ベルと孤児院絡みの話『街娘の秘密』は、大人の都合でアニメではカットされている。

同じ店員のリュー・リオンとは特に親しく、彼女が他種族でありながら手を握ることが出来た人物でもあり、命を助けたことからリューからは敬愛や崇拝に近い念を持たれている。それ以外ではアーニャ・フローメルクロエ・ロロルノア・ファウストの店の問題児メンバーともよく会話する仲で、その他の店員とも親しいが、賭けで金銭を巻き上げたりするので、彼女たちからは一番恐れられていたりする。そんな彼女でも、女将であるミア・グランドには頭が上がらない様子。

ベルとは上記のやり取りを経て交流が生まれ、ベルが地上でシルバーバックを打倒した姿を見て見惚れたと呟やき、走り続けていくベルの事が好きだと語っている。以降も冒険者という危険な立場のベルを心配しているが、ミノタウロスを倒してLv.2にランクアップした際は心から喜び、フレイヤの置いていった魔導書や、客から貰ったアミュレットをベルに貸し与えたりすることがあり、それらがベルを窮地から脱することへ繋がることが多々ある。また、ベルが関わることとなると普段とは違う一面を見せ、《神の刃(ヘスティア・ナイフ)》を盗んだリリルカ・アーデに(魔法で変身していたにも関わらず)ちゃっかり釘を刺しておくなどしており、この時リリは彼女の言葉に恐怖を感じていた。
現在はダンジョンへ向かうベルに弁当を渡すことが日課になっているが、料理の腕は正直褒められたものではなく、その味はLv.4の実力者であるリュー達が悶絶するほど(内リューとクロエは発展アビリティ『耐異常』のG評価持ち)。店の店員や孤児院の子供たち、とあるファミリア団員の方々に毒味、もとい味見をしてもらい、いくらかマシなものをベルに食べてもらっている。そのいくらかマシなものでも変な食感がしたり、味が個性的らしいが…。因みに、ベルと出会う前は気合を入れずに作っていたので、食べれる出来だったらしい。

ある女神との関係

概要にあるように、彼女は元ネタにおいてある神と関係のある名前をもっている。
その神とは【フレイヤ・ファミリア】の主神である美の女神、フレイヤである。
フレイヤからはと呼ばれており、幹部の人間を護衛に付けさせるなど、特別に扱われている。【フレイヤ・ファミリア】にも出入りをしており、団員からは「シル様」と呼ばれるなど謎も多い。
フレイヤと関りがあるためか、【ロキ・ファミリア】の主神ロキは「ミアよりシルを警戒したほうがいい」と団員に忠告しているらしく、また意図的かは不明だが、ベルの主神であるヘスティアとは、原作では一度も顔を合わせていなかった。本編16巻で初めて顔を合わせることとなったが、ヘスティアはその存在を目にして戦慄を交えながら愕然を隠せなかった。
メモリア・フレーゼ』の三周年イベント「アストレア・レコード」では、偶然出会ったアリーゼ・ローヴェルから「あなた、本当に人間?」と問われており、また7年前の物語でありながら、現在と容姿が全く変わっていないなど、いくつもの新たな謎が浮上した。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
豊饒の女主人 
ベル・クラネル リュー・リオン
ミア・グランド アーニャ・フローメル ルノア・ファウスト クロエ・ロロ
フレイヤ

ステラ・ヴァーミリオン 切姫夜架
両者ともレーベルが同じ作品における中の人が同じヒロインたち。違いがあるとすれば、両者とも武闘派であること、主人公へのアプローチがより大胆であることが挙げられる。








以下原作16巻の内容とネタバレ









ベル達が深層帰還後、友人であるリューのベルへの感情の変化を感じ取り、それがきっかけでオラリオの二大祭と呼ばれる『女神祭』にて、ベルにデートしてほしいとヘルンに手紙を託す形で申し込む。デート中は、ヘディン・セルランドの改造レベルの特訓によって女性との逢引き技術を上げたベルに自分のペースを狂わされつつも、孤児院の子供達との交流や動向を監視していた【フレイヤ・ファミリア】からの逃走劇では心から楽しみ、今までにないほどの笑顔をベルに向けていた。そして、『聖フルランド大聖堂』にて騎士と精霊が描かれた番のアクセサリーを購入してもらい、精霊の方をベルから貰い受ける。その後、水上レストランでディナーを楽しんでいたが、二人を見つけ出した【フレイヤ・ファミリア】の団員達がレストランを襲撃。その場は二人のデートが気になって後をつけてきたリュー達『豊饒の女主人』の店員やアイズ・ヴァレンシュタインに妨害してもらい、水路に飛び込み再び逃走に成功。そして、身を隠す必要とずぶ濡れの状態をどうにかするために人気のない裏路地の宿に逃げ込み、そこで一夜を明かすことをベルに提案するのだった。状況が状況なだけに最早余裕の無いベルに迫ろうとするが、自分を受け入れる事に躊躇するベルに対し、薄鈍色の瞳を『銀の光』に輝かせながら、まるで魔女が相手を惑わすような雰囲気を纏い言葉を放つ。

——「拒まないで」
——「受け入れて」

しかし、ベルに自分の名前を呼ばれたことで何かを思い出したように引き下がり、ベルが寝てる間に一人宿を後にするのだった。
——「だめ、ちがう……こんなの、私(シル)じゃない」
——「明日、また会えたら……その時は……」


翌日になりベルと再会するが、どういうわけか今まで護衛を付けてまで特別に扱われていた【フレイヤ・ファミリア】の幹部であるヘグニ・ラグナールガリバー兄弟に命を狙われることになる。駆け付けた『豊饒の女主人』のメンバーや偶然出くわしたアイズ達に時間を稼いでもらい、逃走している間に再び自分を受け入れてほしいと語るが、実はそのシルはある魔法を使い、シルに変身していた別人であり、前日に渡された騎士と精霊のアクセサリーを利用したベルに看破されてしまう。本物のシルは、かつて異端児(ゼノス)の事件で憔悴していたベルに初めて『好き』という言葉を贈った場所で佇んでおり、再会したベルに自分の心からの想いを真剣に告白するが、追い求める憧憬を持つ彼に振られることとなった。
















以下更なる重大なネタバレ















ベルとのやり取りの後、雨が降り始めた街をうつむきながら歩いているシルは今までの少女の声音ではない女神の声音でオッタルを呼び出し、何かが吹っ切れたようにそれまでの雰囲気を一変させ言葉を発するのだった。

———「娘(シル)の時間はもう終わり……最初から、こうすればよかった
少女は死に、彼女は笑った。
———「遊びはここまでね
唇が吊り上がる
魔女のように、絶対の支配者のように
前髪をかき上げ、結わられていた長髪も解き、背に流す
たちまち体から押さえつけられていた『神威』が立ち昇り、唯一の存在が産声を上げる
薄鈍色の髪は『銀の髪』に変わり
薄鈍色の瞳は『銀の輝き』を纏い直して
瞳の奥に飼っていた——瞳の奥に隠していた『神実』をあらわにし、『女神』は笑った



———「誰にも渡さない。ベル、貴方は女神(わたし)のモノにする


彼女の正体は神威を抑え人間に扮していたフレイヤ本人だったのである。

episodeフレイヤにて、フレイヤが『シル』という名の孤児の少女に救いの手を差し伸べている描写が描かれているが、この『シル』と呼ばれる少女は『女神の付き人』と呼ばれている【フレイヤ・ファミリア】の女性団員・ヘルンであり、元々シルという名は彼女の名前だったのである。真名を明け渡す代わりに、フレイヤが複数持つ女神の名を授けられたヘルンは、フレイヤへの強烈な崇拝への想いから、変神魔法という女神に成り代わる魔法を発現。シルとフレイヤが別々の場所に存在している描写があったのは、この魔法でヘルンがフレイヤ(あるいはシル)に、フレイヤがシルになっていたためである。

実は初期の頃から伏線を張っており、たびたび読者の間で話題になっていた
・出会いは例の無遠慮な視線を感じた直後、シルが話し掛けてくると言うもの(落としたという魔石に関してもベルは全て換金した筈だったので、話し掛ける口実として咄嗟に用意していた物と思われる)。
・最初から特に理由もなく好意的(アーニャや他の同僚からも疑問に思われていた)。
・神々と同じで、嘘を見抜かれる。
・【フレイヤ・ファミリア】の護衛が常に付けられている。
・貴族専用のカジノ券を、どこからともなく手に入れる。
・原作8巻のエピーソード『街娘の秘密』など
他にも、原作を見直せば細かく、彼女の正体を示唆する描写がある。そもそもミア・グランドが元【フレイヤ・ファミリア】の団長であり、『豊饒の女主人』自体がフレイヤの息が掛かった場所であることから、作中では神々を始め既に感づいていた人物もいたらしい(特に、ロキは完璧に見分ける事が出来ていたと…)。

余談

実は、本編17巻後書きによるとモンスターフィリアの際、シルバーバックからベルと共に逃げる相手はヘスティアではなく彼女の予定だったらしい。結局、編集からちゃんとヘスティアをメインに据えようと言われ修正することになったが、もし当初のプロット通りだったのならどういう展開になっていたか気になる所である。

シルに疑念を抱いていたアリーゼは、「アストレア・レコード」の2年後、つまり本編の5年前に命を落としてしまうが、シルの正体が明かされた今にして思うと、アリーゼはこの衝撃の事実に早い段階でかなり近づいていたと言える。シルとリューの関係が【アストレア・ファミリア】壊滅後に始まったことを考えると、仮にアリーゼたちが生き延びていればシルを取り巻く環境は今と大きく異なっていたことだろう。

関連記事

親記事

豊饒の女主人 ほうじょうのおんなしゅじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シル・フローヴァ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シル・フローヴァ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1405869

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました