ピクシブ百科事典

フレイヤ・ファミリア

ふれいやふぁみりあ

フレイヤ・ファミリアとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する団体である。
目次[非表示]

概要

迷宮都市オラリオに存在するフレイヤが主神を務めるファミリア。エンブレムは戦乙女の側面像(プロフィール)。ホーム名は『戦いの野(フォールクヴァング)』。
現在のオラリオ最強のファミリアで、オラリオ最強の冒険者とされるオッタル(Lv.7)を団長に、都市最速アレン・フローメル等を始めとするLv.6の幹部達などを有する非常に層の厚いファミリア。フレイヤの美貌に心酔し、忠誠を誓う冒険者たちにより構成されている(因みに『魅了』された訳ではない)。
とはいえ団員達も妄信しているわけではなく、フレイヤのワガママに諫言をしたり、彼女の身勝手な行動の結果、キレたロキが殴るのを止めなかったりしている。
到達階層は58階層、オッタル単独での打破数は49階層を誇る。派閥の等級は当然『S』。

DanMachi- Color.


本拠地『戦いの野』では、Lv.1~Lv.4の非戦闘員を除いた団員達が朝から日没まで殺し合い同然のバトルロイヤル(通称『洗礼』)を行い、心身を鍛え上げる。この苛烈な『洗礼』によって鍛え上げられた団員達は『強靭な勇士(エインヘリヤル)』と呼ばれている(但し、第一級冒険者同士の戦いは禁止されている。これは傑出した『強靭な勇士』は失えない事と、派閥幹部が倒れることで他派閥に付け入る隙を与えないようにするため)。そのため、団員達は同じレベルの他派閥の冒険者と比べて上位に位置しており、一人一人が精強の強者揃いである。
それ故に、団員達はこの闘争による実力向上に余念がない反面、怪我人が後を耐えない状態の為に、魔導士より確保が難しいとされる治療師が充実している。ちなみに酷使されている治療師のリーダー格ヘイズ・ベルベットは頭を悩ませて団長であるオッタルに苦情を入れているが、当のオッタルはこの『洗礼』を止めるつもりはない。
日没後は、本拠内にある『特大広間(セスルームニル)』で行われる盛大な晩餐であり、「食の闘争」とも形容されている。冒険者達が食事を貪るように食べる中、『満たす煤者達(アンドフリームニル)』と呼ばれている治療師や薬師の女性達は厨房での調理を担当し、主に出される献立は薬草(ハーブ)を塗して煮たの肉(決して猪人(オッタル)への当てつけではないとのこと)に、山羊の乳と蜂蜜を混ぜた蜜酒である。
この晩餐はオッタル達よりも前の眷族達が自発的に始めたもので、地獄のような特訓をした後に豪勢な宴をして一日を締めくくらないと、明日以降の英気が養えないからだという。

団員達それぞれはフレイヤへの忠誠心から従っている一方、団員同士や他の冒険者達との関係に関しては良好と言い難い。
上記の本拠地内での日常からも、徹底的な個人主義及び実力主義的な傾向が目立ち(四つ子兄弟で、連携して戦うガリバー兄弟ですら、それが当てはまっている)、他のファミリアと共闘しなければならない非常事態となっても、状況や周囲の事などお構いなしな行動や戦い方をしている程。この為、実力だけでなく団結力や統率力、人気にも長けている【ロキ・ファミリア】とは、対照的とも言える。
【ロキ・ファミリア】が団を重視しているのに対し、【フレイヤ・ファミリア】は個を重視しているといった感じであるが、フレイヤの命が下されば話は全く別となり、全団員が一致団結し迷宮攻略へ本格的に乗り出せば、太刀打ち出来る存在はまず皆無であると言えるだろう。

しかし、その圧倒的実力に一目置かれながらも、主神であるフレイヤが迷宮攻略や闇派閥(イヴィルス)の対処等に関して非協力的な上に、彼女の気まぐれの意を受けた団員達によって傍若無人とも言える形で騒動が起きている為か、社会的評判は著しく良くない(一応、過去には50人以上の犠牲者を出した『血塗れのトロール』という強化種の討伐を、『ギルド』に泣きつかれる形で果たした事があるようだが)。
【ロキ・ファミリア】が「人望」や「憧憬」の対象となっているのに対し、【フレイヤ・ファミリア】は「恐怖」や「忌避」の対象になっていると言え、同じ最大派閥でありながらもオラリオの住民や冒険者達からの認識や評価には、大きな差がある程。
実際、後にフレイヤの『魅了』によって人々がベル・クラネルに関する記憶を改竄されたとは言え、【フレイヤ・ファミリア】の所属になっていたベルは、多くの人間から絶対に関わり合いたくない存在と見なされ、話しかけられた人間達の殆どはただ只管必死に許しを請いたり、明確に敵意や警戒を示し拒絶の態度を取っている事からも、その事が伺われる。
『ギルド』の最高責任者であるロイマン・マルディールからは、難色を示される事はありながらも、オラリオ存続の為に重要なファミリアの一つと見なされており、同じく最有力のファミリアである【ロキ・ファミリア】との衝突だけは何が何でも阻止しようとしている(本人曰く「【ロキ・ファミリア】と【フレイヤ・ファミリア】が衝突すればオラリオが火の海になる」)。

豊饒の女主人』は実質的に【フレイヤ・ファミリア】の庇護下にある店であり、元団長のミア・グランドが店長を務め、アレンの妹で元構成員のアーニャ・フローメル等がウェイトレスとして働く等、繋がりがある。
また、ファミリアの構成員以外にも個人的にフレイヤを崇拝する「信者」がいるため、組織として極めて手足が長い。

現在、オッタルを除く団員達は、フレイヤが個人的に執着している【ヘスティア・ファミリア】所属の冒険者であるベルの事を激しく敵視している(オッタルは、むしろ成長を期待している)。しかし、ベルが死んだらフレイヤが全てを捨ててでも天界へ戻って魂を追い掛ける(一度天界に戻れば、二度と下界に戻って来れない規則がある)と豪語していたため、下手に手出しできないどころか彼一人にファミリアの運命を握られている状態になっている。
また、フレイヤの物となる予定のベルを惑わす存在として、【ロキ・ファミリア】のアイズ・ヴァレンシュタインも強く警戒されており、フレイヤの命令で一度襲撃も行われている。

全員が全員、フレイヤに強い忠誠を誓ってるが、その忠義の形は団員によって異なっているため、忠義の在り方から構成員同士が対立することもしばしばある。

劇中での動向

劇中当初より、オラリオ最強格のファミリアとして名を馳せる一方、主神であるフレイヤの意向によって、裏で様々な暗躍を行う事になっている。

そんな中、フレイヤを過剰なまでに敵視するイシュタル率いる【イシュタル・ファミリア】が、サンジョウノ・春姫を使って自軍を強化して戦争を挑もうとしていた直前に、ベル・クラネルを捕獲して虜にしようとしている情報が入った結果、フレイヤの逆鱗に触れてしまう事になり、損害もペナルティも全く厭わない上に主神であるフレイヤ自らが乗り込む形で【フレイヤ・ファミリア】を総動員させた【イシュタル・ファミリア】の拠点となっている歓楽街への電撃侵攻が実行される。
あまりにも突発的な襲撃の上に【イシュタル・ファミリア】がベルによって自軍の強化に失敗した事もあって、戦いは【フレイヤ・ファミリア】側の蹂躙の如く圧倒的優位で進み、最終的にフレイヤ自らの手でイシュタルが倒されて天界に強制送還された結果、戦いは【フレイヤ・ファミリア】の完勝で終わっている。
この結果、外伝作となる『ソード・オラトリア』では、【イシュタル・ファミリア】の暗躍によって多数の団員を失う被害を被っていた【ロキ・ファミリア】が、一矢報いる為の反撃が出来なくなってしまい、更には【イシュタル・ファミリア】と結託していた闇派閥への糸口も掴めなくなった為、元々犬猿になっていたフレイヤとロキのファミリアとしての関係が更に悪化する事態に至っている。

理知を持った魔物である『異端児(ゼノス)』を巡る事件の際、フレイヤは異端児そのものに興味こそ示さなかったものの、その一体であるアステリオスがベルとの決闘を望んでいる事に気付いたのか、第一級冒険者達を総動員させて、異端児の排除を行おうとしていた【ロキ・ファミリア】の第一級冒険者達の妨害を行い、ベルとアステリオスによる一騎打ちのお膳立てをしている。

その後、オラリオの裏で暗躍し続けたテロリスト集団である闇派閥を背後から操っていたエニュオとの最終決戦には、オラリオ存続の危機に関わる事から【ロキ・ファミリア】や【ヘルメス・ファミリア】、【ガネーシャ・ファミリア】と共に参戦。団員達の殆どは、他派閥との連携などお構いなしで好き勝手に戦っていたと言えるが、それでも「精霊の分身」を難無く撃破する等といった形で戦いに大きく貢献した。

しかし、『女神祭』の3日目にて、ベルを手に入れる事に手段を選ばなくなったフレイヤは、オッタル達に【ヘスティア・ファミリア】の団員達を襲撃させて瀕死に追いやり、ベルを半ば拉致させる形で連れ去っただけでなく、自らの権能である『魅了』を用いてギルドの人間達を掌握。彼等にオラリオ中の市民や冒険者、神々までも集めさせ、全員の記憶を改竄してしまうという最悪な暴挙を実行。これによって、『魅了』の支配下に置かれた者達は【ヘスティア・ファミリア】の団員を含めて全員が、ベルと関わった記憶の全てを失った上に「ベルは最初から【フレイヤ・ファミリア】の団員で、【ヘスティア・ファミリア】の団員ではない」と認識をすり替えられてしまい、それに関してオラリオは実質的にフレイヤの独裁体制による【フレイヤ・ファミリア】の支配下に置かれる事になってしまった
ただし、フレイヤの神血(イコル)を受けているファミリアの団員やミアやアーニャは権能の影響を受けながらもすぐに解除され、『処女神』としての権能を持ち、神威を最大限にまで高めていたヘスティア、『ギルド』の長のウラノス、実行直後にギリギリでオラリオを脱出したアスフィ・アル・アンドロメダリュー・リオン、迷宮の深層へ遠征に向かっていたリヴェリア・リヨス・アールヴレフィーヤ・ウィリディスといった一部の【ロキ・ファミリア】団員達は免れている。

フレイヤの実質的クーデターの成功後、ベルに今までの経験全てが「呪詛(カース)による妄想」で、【フレイヤ・ファミリア】の団員であった事が「真実」であったと確信させる為、団員達は最初からベルが仲間であるように振舞うようフレイヤから言い渡され、『魅了』の権能を代行できるヘルンにもオラリオの外から新たに来る人間達を一人残らず『魅了』の支配下に置かせている。更に自身も記憶改竄の解けそうな者に接触し回っては、再度『魅了』による記憶改竄を行う徹底ぶりを見せている。
そして、半ば孤立状態に追い込まれたベルに対しては、第一級冒険者達までも加わらせた『洗礼』による拷問同然の容赦の無い扱いによって、連日に渡って死ぬ寸前まで追い詰め続け、心身共に憔悴していた所で夜に神室に招いて労い、言葉巧みに丸め込もうと洗脳染みた処置まで施す。それらを受けてベルの精神を限界まで追い込んでいくのだが、「ある出来事」が切っ掛けで思惑が狂い始めてしまい、最終的にアイズの言葉によって自らが「ヘスティアの眷族」である事を確信したベルは立ち直ってしまう。

更に、水面下においてベルを取り戻す為の活動を行っていたヘスティアが、『魅了』に気付き始めたヘルメスの協力の元、彼女の神血の付いた薪をくべたオラリオ中の『炉の炎』を利用して、オラリオの中心地であるバベルの屋上を中心として疑似的に『炉の神の神殿』を再現。それによって、ヘスティアの神威を最大限にまで解放させる極上の秘術『偽現・炉神の聖火殿(ディオス アエデス・ウェスタ)』が発動し、『魅了』の権能を焼き払われてしまう事になった。
実は、『処女』を司るヘスティアは、『美』と『情欲』を司るフレイヤとは対照…つまりはカウンター的な存在になっていたのだが、【ヘスティア・ファミリア】との戦力差やオラリオ中の人間達を『魅了』の支配下に置いていた事での余裕、そして過度なまでにベルを手にする事に集中し過ぎていた事から、それらについてフレイヤは見落としてしまい、ヘスティアに反撃を許す隙を与えてしまう事態にまで繋がってしまったのである。

記憶改竄の内容から、自分達がフレイヤの『魅了』による支配下に置かれていたという事実は駄々洩れも同然となっていた為に、改竄されていたオラリオ中の市民や冒険者達にとって、これまで『畏怖』の対象であった【フレイヤ・ファミリア】全体は、一転して『憎悪』の対象となり、同様に激怒した神々側も自分達のファミリアを総動員させた結果、【ロキ・ファミリア】、【ヘファイストス・ファミリア】を中心としたオラリオ中のファミリアによって『戦いの野』全体が包囲されてしまう最悪な事態になる。
周辺で【フレイヤ・ファミリア】と【ロキ・ファミリア】の団員による激突が勃発し、もはや最大派閥同士による抗争へと発展しかける中、フレイヤはこれまでの自身やファミリアの功績、地位を盾にする形で【へスティア・ファミリア】に対し『自分のすべてをチップに賭け、自分が勝てばベルをもらう』、『自分は【フレイヤ・ファミリア】だけで迎え撃ち、【ヘスティア・ファミリア】はいくら徒党を組んでも構わない』を条件に『戦争遊戯(ウォーゲーム)』を提案。これを【ヘスティア・ファミリア】側も承諾した結果、オラリオ史上最大の戦争遊戯となる『派閥大戦』の幕開けとなるのだった。

ベル・クラネルとの関わり

上記のようにフレイヤ本人が他の団員をそっちのけでベルに執着している事で、上記の通りベルはオッタルを除く団員達から一方的に敵視されている。
本人からしたら、身に覚えがないのでたまったものではないが、シル・フローヴァを通じて手に渡った魔導書やアミュレット、試練としてけしかけられたミノタウロス、【イシュタル・ファミリア】の壊滅、異端児編の対アステリオスの際の助力等、振り返ってみればベルの成長や活躍の裏には何かと関わっていることが多い。
ヘルメスと違って厄病神の様な存在ではない…とは言い切れないが、結果的に彼等がいなければ今のベルは出来上がっていないといっても過言ではない。

ベルが半入団のような形で無理矢理ファミリアに在籍させられた時は、最初は敵意を向けられていたばかりの先達の団員達が戦闘の際アドバイスを送ったり、幹部達も何かと気にかけるなど、次第に交流を深め、奇妙な関係を築いて行くこととなる。
仮にIFで、ベルがヘスティアではなくフレイヤに出会い、正式に眷族の契りを交わしていたとしても、決して悪くない冒険者ライフが送れたのかもしれない(もちろん【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】のような成長を促すスキルがあればの話だが)。

メンバー

ファミリアの主神。
神々の中で最も美しいといわれる女神。

Lv.7
ファミリアの団長を務めるオラリオ最強の冒険者。猪人(ボアズ)。
二つ名は【猛者(おうじゃ)】

Lv.6
副団長。小柄な体格をした猫人(キャットピープル)。アーニャ・フローメルの兄。
二つ名は【女神の戦車(ヴァナ・フレイア)】

Lv.6
幹部。黒い剣で武装したダークエルフ
典型的なコミュ障で、会話をする際は何かをこじらせたような口調になる。メンタルも脆い。
二つ名は【黒妖の魔剣(ダインスレイヴ)】

Lv.6
幹部。強力な魔法を得意とするエルフ。ハイエルフではないが、昔は王として戦場を指揮していた。
二つ名は【白妖の魔杖(ヒルドスレイヴ)】

Lv.5
幹部。小人族の4人兄弟。連携による戦闘力はLv.6以上。
四つ子の兄弟で苦労人の長男アルフリッグが、次男ドヴァリン、三男ベーリング、四男グレールの毒舌な弟たちを纏めている。
二つ名は【炎金の四戦士(ブリンガル)】

フレイヤの侍女頭を務める女性団員。シル・フローヴァの料理の味見係なども務める。
姓も二つ名も存在しないため、『名のなき女神の遣い(ネームレス)』と呼ばれている。
【ファミリア】における苦労人の一人。

  • ヘイズ・ベルベット
若くして『満たす煤者達(アンドフリームニル)』の顔役ともされている、有能な治療師。アミッドと並んで『二大治療師(美少女)』と言われており、あちらが『銀の聖女』に対し、『黄金の魔女』と呼ばれている。
オッタルに、よくダメ出しをするらしい。

  • ヴァン
Lv.4
一般構成員の半小人族(ハーフパルゥム)。ベルに敵意を向けてはいるが実力は認めており、戦闘の際はアドバイスをしている。ハーフであるため色々嫌な目にあったらしい、30代。

  • レミリア、ラスク
一般構成員、ベルが【フレイヤ・ファミリア】にいる間、すっかり顔見知りになった団員達。

  • ノーガ
一般構成員。深層に潜っていた【ロキ・ファミリア】を偵察するため、隊を率いていた。

  • タンムズ・ベリリ
元イシュタルの従者。正式に眷族になったかは不明だが、フレイヤに魅了を上書きされ、引き込まれている。
フレイヤに、ベルには美神の魅了が効かない秘密を教えている。

Lv.6
元団長のドワーフ。『豊饒の女主人』の女店主。半ば引退しているが、ファミリアにはまだ籍を置いている。というか、手放してもらえないらしい。

Lv.4
かつてファミリアに籍をおいていた猫人、アレンの妹だが、現在はファミリアから距離を取っている。
二つ名は【戦車の片割れ(ヴァナ・アルフィ)】

団員ではないが、フレイヤや【フレイヤ・ファミリア】と強い結びつきがある人物。その正体は…

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ファミリア(ダンまち) フレイヤ(ダンまち)

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「フレイヤ・ファミリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「フレイヤ・ファミリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました