ピクシブ百科事典

ラウル・ノールド

らうるのーるど

ラウル・ノールドとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。そこ、凡夫とか言わない。
目次[非表示]

概要

CV:石谷春貴

ロキ・ファミリア】所属のヒューマンの冒険者。21歳。
主力メンバーを支える二軍メンバーの一人でありその中でも中核的存在。主力メンバーだけでなく下位団員達の指示や意見などを聞き入れるなど苦労の絶えない中間管理職的な立ち位置。
Lv.4の実力を持ちながらも腰が低く、どこか頼りないがファミリア内では「器用有能」と呼ばれるなど一目置かれている。
本編にも登場しているがあまり出番はなく、主な活躍は外伝『ソード・オラトリア』である。

人物像

彼を一言で言えば凡夫であり、二つ名も【超凡夫(ハイ・ノービス)】と呼ばれている。農家生まれの三男であり、見た目も雰囲気も至って平凡。美男美女揃いの【ロキ・ファミリア】では数少ないどこにでもいそうな人間モブとして溶け込んでも可笑しくないレベルである。しかしそれ故にとても接しやすくファミリアメンバーからも親しみを持たれている。頼りないながらもどこか放っておけず、支えてあげなくてはいけないと思わせる人物で、フィン達とは違う方向で仲間の士気を上げる事の出来る才能の持ち主。フィンやアイズ達には決して追いつくことが出来ないと感じながらも必死で彼らの背中を追いかけようとする芯の強さも持っており、そういった面も彼が信頼されている要素の一つである。前に魔石の換金をちょろまかしたことがあるらしいが、そんなことをしでかしても変わらず信頼されている辺り人望の良さが伺える。
ちなみにちょろまかした理由は娼館で女に引っかかったかららしい。といっても本人の性格上、手をつなぐので精一杯だったようだが。

同期のアナキティ・オータムとは自分と違い貫禄のある人物として尊敬しているが、彼女の方もラウルの実力と人柄は買っており、漫画版ではその辺りの細かい描写が加筆されている。

ステイタスの方はなんと魔法はおろかスキルすら一つも発現していない。さらにアビリティも0の魔力を除いてもオールC評価でほぼ同数値と、逆にどうすればそうなるんだと問いたくなるようなステイタスで、超凡夫の二つ名は伊達ではなかったと多くの読者を驚愕させた。
本人もフィン達のお零れでランクアップしてきたと思っており、実力に自信を持てずにいる。しかしながら二軍メンバーのリーダーを任されるだけの実力は確かに備えており(そもそも魔法やスキルがなくともLv.4の第二級冒険者となれば大抵のファミリアからは喉から手が出るほど欲しい人材である)、59階層へのアタックにはサポーターとして同行し、道中エインの襲撃を受けた際矢を当てるなどの活躍を見せ、その後無事に生還している。クノッソス戦ではフィンが負傷したことで士気の下がってしまった仲間達を勇気づけるために自ら前に出て戦うなどして、結果仲間と共に境地を脱する事に成功するなどまさにやる時はやる男である。漫画版では武器の扱いも二流ながら、大抵武器なら何でも扱う事の出来るという活躍をみせた。得物は片手剣の《プロタゴニスタ》と木製の《ノーブル・ボウ》。
その万能性から次期団長候補に挙げられることもあるようだが本人が知ってるかどうかは不明。

異端児(ゼノス)編では、小隊を指揮していたがフィンに変身したリリルカ・アーデに団員の配置情報などを教えてしまい、偽の指示に従って持ち場を離れてしまったことで異端児達の突破を許してしまう。その後、騙されたことに知りフィンに謝罪するが、逆にその時のやり取りで敵の狙いを知ることが出来たとフィンに許される。

第二次クノッソス攻略戦では、エニュオに囚われている【デメテル・ファミリア】を救出する予備隊を指揮していた。しかし、十一階層でエニュオの切り札である『第七の精霊』の邪竜・ニーズホッグと遭遇。その存在に絶望しかけるが、そこにレイに運ばれたベル・クラネルが到着し、彼が【ロキ・ファミリア】を憧憬の対象とした【英雄願望(アルゴノゥト)】を発動しチャージを始め、溜まるまでに「僕を守ってください」と頼まれると、すぐさま予備隊にベルの死守を号令し、チャージが溜まるまで守り通した。ベルが放った『英雄の一撃』でニーズホッグが完全に消滅すると、歓喜を挙げて他のみんなとベルを讃えた。

オラリオには【暗黒期】にやってきて冒険者になった。『大抗争』の時は新米で、先達のノアール達に面倒を見てもらっていた(猥談に絡まれることもあったが…)。『大抗争』では想像を超える戦場の凄惨さに怖気づき、まだ対人戦闘の経験がなかったことでノアールに市民の避難誘導などを任されるが、足手纏いの自分に不甲斐なく思っていた。

ステイタス

Lv.4

耐久器用俊敏魔力
C601C602C603C604I0
狩人耐異常逃走
HHI

発展アビリティ

  • 狩人

Lv.2ランクアップ時にのみ発現するレアアビリティ。一度交戦し経験値を獲得したことのあるモンスターとの戦闘時に能力値が強化される。短期間に大量のモンスターを撃破することが達成条件の為入手は困難とされている。

  • 耐異常
状態異常の症状を防ぐ事の出来るアビリティ。
  • 逃走
Lv.4ランクアップ時にのみ発現するレアアビリティ。逃走時における速度の上昇補正がかかる。しかし発現条件が多くの逃走を繰り返すことで会得できるというものなので、一部では『不名誉な技術』と言われている。

余談

キャラクターデザインはコミカライズ版ソード・オラトリアを担当する矢樹貴氏によるもの

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ダンまち
ロキ・ファミリア アナキティ・オータム
凡人

関連記事

親記事

ロキ・ファミリア ろきふぁみりあ

兄弟記事

コメント