ピクシブ百科事典

レフィーヤ・ウィリディス

れふぃーやうぃりでぃす

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

CV:木村珠莉

概要

同じ【ロキ・ファミリア】所属のアイズ・ヴァレンシュタインを慕うエルフの魔導師。Lv.3
外伝ソード・オラトリアではもう一人の主人公的存在。(本編ではほとんどモブ扱い)
自分では実力はアイズに及ばず、そのことを申し訳なく思っているが、魔法攻撃力はアイズやティオネ・ヒリュテティオナ・ヒリュテ姉妹以上。
(エルフの魔法に限り)詠唱と効果を完全把握すれば使用出来るというレア魔法を持ち、その魔法にちなんで「千の妖精(サウザンド・エルフ)」という二つ名を持つ。
ベル・クラネルへの対抗心からアイズに特訓に付き合ってもらい、同時期に同盟を結んでいる【ディオニュソス・ファミリア】団長にしてエルフの魔法剣士フィルヴィス・シャリアにも指導を受け、それらの成果により並行詠唱を習得した。

人物像

初対面時は手を差し伸べたベルの手を握ることに躊躇しなかったものの(作中エルフ族のほとんどは同族以外の初対面の者に触れられることを嫌う)、他派閥でありながらアイズに目をかけられていることに嫉妬し、ベルとの特訓のことを仲間達へ口外しないことを条件に自分自身もアイズに師事を請う(しかしベルへの対抗心が先走りし過ぎて、アイズが剣士・自分が魔道士であることを考えず、初特訓時に何から始めればいいかわからなくなった…)。

他にも、ベルと顔を合わせる度に執拗に追い回す、ヘルメスの悪ふざけで水浴びしていたアイズ達の前に落とされたベルを魔法で半殺しにしようとする、アイズの先祖ではないか?とティオナにエルフの女王の名を聞かれて答えたベルを怒鳴る等している。
しかしアイズの水浴びの後でベルを追い回したことで仲間とはぐれ、モンスターに襲われた際ベルと共闘したことから態度を軟化させ、多少はベルのことを認めるようになる。

その後【ロキ・ファミリア】遠征期間中に、ベルが【アポロン・ファミリア】との抗争を経てLv.3にアップしたことにアイズの件抜きで焦りを感じている。

アニメでは百合的な妄想癖が強いキャラとして描かれている。

関連項目

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ロキ・ファミリア
アイズ・ヴァレンシュタイン リヴェリア・リヨス・アールヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「レフィーヤ・ウィリディス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44550

コメント