2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アナキティ・オータム

あなきてぃおーたむ

アナキティ・オータムとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:小原好美

ロキ・ファミリア】所属の猫人(キャットピープル)の女性冒険者。21歳。
二つ名は【貴猫(アルシャ―)】
第一軍を支えるLv.4の第二軍の中核メンバーの一人で、心身共に二軍メンバートップクラスの実力者。仲間達からは「アキ」と愛称で呼ばれている。
本編では出番はほとんどなく、主な活躍は外伝『ソード・オラトリア』のみ。

人物像

ロキに選ばれただけあって、大変な美人。二つ名通り聡明な人物で、ベートの罵声にも怯まず受け答え、また団長のフィンに対しても時と場合によってはっきりと意見を述べるなど、才色兼備で気丈な女性。
オラリオ全体のLv.4としても上位の部類の実力者。59階層へのアタックには参加していないが、残ったメンバーの指揮を任されるなど、ファミリアの主力メンバーにも高く評価されており、指揮官として時に冷酷な一面を見せる場合もある。得物は長剣の《リーガルフォース》。

主力メンバーであるアイズティオネティオナ姉妹とも気軽に対話する関係で、共に任務をこなすこともある。しかしアイズに関しては、彼女が『人形姫』と呼ばれ荒れていた頃の姿を目の当たりにしてきた事もあり、アイズの過去を知らない団員達のようにアイドルを見るような眼を向ける事は出来ないと語っている。

ラウル・ノールドとは、同期の間柄。苦労の絶えない凡夫な彼の同じ二軍メンバーの良き理解者として、傍で支えている。ファンからは「ラウルの嫁」等と揶揄されているが、本人にその気はないらしい。しかしながら彼の事は仲間達の中でも特別に思っており、異端児(ゼノス)事件の際、リリがフィンに変身しラウルを利用した時には彼女を捕まえて、無理矢理闇派閥(イヴィルス)の団員確保に協力させ、これで「おあいこ」としながらも静かに怒りを表していた。
漫画版『ソード・オラトリア』では細かい加筆が成されており、かつては物語に出てくるような英雄になる事を夢見ていたが、時が経つにつれ主力メンバーとの才能の差に打ちひしがれ、更に迷宮(ダンジョン)で先人や仲間達の死を間近で見て来た事で恐怖を抱き、一時冒険者を止めようとしたが、同じく才能の差の絶望と死の恐怖に震えながらもフィン達と共に歩んでいきたいと語るラウルの覚悟を聞いたことで、思いとどまった過去を持つ。そういった事もあり、彼の事をファミリア内でも高く評価し、信頼している。

ちなみに今でこそ普通の口調だが、元々は語尾に『ニャ』が付く猫人の口調だった。ラウルによれば、それが嫌で口調を矯正したとのこと。

小説版『アストレア・レコード』では、『大抗争』が勃発するとノアールたちの指示によって、ラウルと共に避難民の誘導を行っていた。三日目には、プレッシャーから嘔吐したラウルに休むように提案した後、槌の音を聞いてラウルと共に『英雄橋』に辿り着くと、ゴブニュが破損した橋と三十一体の英雄の彫像を修繕している現場に遭遇し、丁度仮面を被った小人族の英雄の彫像を修繕しているところで、それを見たアナキティはラウルと共に何故か涙を流していた。そこへ槌の音を聞いて襲撃してきた闇派閥の雑兵たちをラウルと共に迎撃し、ラウルと共にLv.2へ至る『偉業』を成し遂げた。

余談

矢樹貴氏が担当するコミカライズ版『ソード・オラトリア』から逆輸入されたキャラクター。
元々はコミカライズ版1巻4話に登場した名も無きモブだったが、原作者である大森藤ノ氏から正式にキャラクター化したいと言われた。
名前の由来は矢樹貴氏が秋頃にデザインをしてアシスタント達と「あき」と呼んでいたからとのこと。もし彼女が相棒キャラとして誕生しなかった場合、クルスやアリシア相棒になっていた可能性があるらしい

メモリア・フレーゼ』の5周年イベント『ナイツ・オブ・フィアナ』ではフェリスという、よく似た声と顔の猫人が登場。ラウルの前世と思われるラザル・ディアミッドの小姓を務めており、彼女とラウルの前世が彼らならば、前世からの付き合いとなる。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ロキ・ファミリア ラウル・ノールド

関連記事

親記事

ロキ・ファミリア ろきふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61153

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました