ピクシブ百科事典

ガレス・ランドロック

がれすらんどろっく

ガレス・ランドロックとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:乃村健次

ロキ・ファミリア】に所属するドワーフの老兵。
Lv.6の第一級冒険者であり、フィン・ディムナリヴェリア・リヨス・アールヴ同様にファミリア最古参メンバーの一人。56歳。
大破した巨大船を一人で持ち上げたなどの逸話を持ち、その力はオラリオでも1、2位を争うと言われている

人物像

ドワーフらしい豪活な性格と戦い振りから重傑(エルガルム)という二つ名で呼ばれている。熱き戦いを求めて冒険者になったという。

フィンとリヴェリアとは今でこそ気を許してる仲間だが、ファミリア結成当初は種族の違いもあって(特にリヴェリアとは)険悪な関係だった。

ヘファイストス・ファミリア】の団長で都市最高の鍛冶師と言われている椿・コルブランドとは専属契約を結んでおり、彼女が作った武器以外は使わせてもらえないという。

59階層への遠征時、第二部隊の先導を行っていたため、【ロキ・ファミリア】の主力メンバーの中で唯一9階層でのベルとミノタウロスとの決闘を目撃していない。フィン達から話を聞いてその決闘を見る事が出来なかったことを残念がっていたが、遠征帰還後の18階層に滞在中ベルと対面。Lv.2になったばかりで中層の深くまで下りてきた彼を面白い小僧と評し、激励を送った。

ステイタスが種族らしく力と耐久に特化しており、冒険者としての彼の役割は前衛攻役と前衛壁役の超前衛特化型。2つのアビリティに関しては【フレイヤ・ファミリア】のオッタルにも引けを取らない程。あちらはLv.7でステイタスもカンスト(999)しているが、ガレスはドワーフという種族に加え、力と耐久に高補正がかかるスキルを有しており、これにより彼とも互角に渡り合える。

現在は若い団員達の成長を見守る立場に着き、遠征などでは壁役(ウォール)としてファミリアの仲間達を守る役割を担っているが、深層への突入や『精霊の分身(デミ・スピリット)』のような規格外のモンスターとの戦闘時は自ら前線に出て戦う。
58階層では階層主級の大きさとポテンシャルを誇るモンスター砲竜(ヴァルガンク・ドラゴン)の尾を掴み、そのまま鉄球投げの如く振り回し周りのモンスターを一斉に薙ぎ払うといった活躍を見せ、人造迷宮クノッソスでは『天の雌牛』と呼ばれた精霊の分身をティオネティオナを先導し、3人のみで戦いトドメを刺した。耐久面においても異端児討伐時に謎の氷の魔剣の攻撃を受け、リヴェリアクラスの威力はあると自ら評してはいたがあまり応えている様子もなく、氷の魔剣の連射、闇派閥の特攻、モンスターや極東忍者の奇襲といった猛攻を受けながらも止まることなく追撃を行った。

このように一度闘いに出るとその豪快な戦いぶりで敵を圧倒し、第一級冒険者クラス以上の実力がなければ、その進撃を止める事はまず不可能と言っていい活躍を見せている。

ステイタス

Lv.6

耐久器用俊敏魔力
S997S996D564E489H117
拳打魔防耐異常破砕堅守
EGGHH

スキル

  • 力精豪拳(ドヴェルグ・エンハンス)

力のアビリティに高い補正がかかるスキル。

  • 地剛兜(アルディーガレア)
耐久のアビリティに高い補正がかかるスキル。更に攻撃魔法に対する耐性も強化される。

魔法

  • アースレイド

地破魔法。力のアビリティの効果影響がなされる。ただし地面上でなければ発動不可能。

余談

稼働終了した『オラリオ・ラプソディア』というブラウザゲームでは水着ガレスというカードにならなかったネタカードがある。
こちらは現在検索すれば見ることもできるが、見ないことをお勧めする。

メモリア・フレーゼのイベントアルゴノゥトにてガレスとよく似たドワーフの戦士、ガルムスが登場する。
モンスターに奪われた故郷と一族の仇を討つために英雄選定に参加し、そこでアルゴノゥト達と出会う。戦士としての資質もなく奇天烈なアルゴノゥトを道化と呼び呆れかえっていたが次第に認めていき、また王都の闇を知ったことで彼の力となる事を決め仲間となる。
性格や言動はどこか若々しさを感じるが、それもそのはずでなんと年齢は18歳である。ガレス同等かそれ以上の立派な髭を貯えてる上、顔も老け顔なので年齢を聞いても基本信じてもらえない様子。呪いか何かか?

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ロキ・ファミリア ドワーフ
フィン・ディムナ リヴェリア・リヨス・アールヴ ロキ(ダンまち) 
椿・コルブランド

関連記事

親記事

ロキ・ファミリア ろきふぁみりあ

兄弟記事

コメント