ピクシブ百科事典

アイズ・ヴァレンシュタイン

あいずゔぁれんしゅたいん

アイズ・ヴァレンシュタインとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:大西沙織

ロキ・ファミリア】所属の少女剣士。16歳。
ファミリアの中でも中核を担うほどの実力者であり、二つ名は「剣姫」、または「戦姫」と呼ばれている。第一級冒険者の中でもトップクラスの有名人。
ベル・クラネルとは、彼がミノタウロスに襲われている所を助けた事で出会い、その時に彼に一目惚れされている。
本編のメインヒロインの一人であり、外伝作品『ソード・オラトリア』では主人公を務めている。

人物像

物静かな印象と神秘的で大人びた美貌も相俟って彼女に憧れる者は多いが、性格は天然と言うよりも精神的に幼いと言うべきで、身近な人間以外には人見知りの激しいコミュ症的な面も目立つ。

冒険者として強くなる事以外には無関心であった為、相当な世間知らずでもあり、膝枕の事すらも知らなかったが、副団長であるリヴェリアによるしっかりとした教育のおかげか、最低限の礼節やマナーを守る事に関しては理解しており、ヘスティアを始めとする神様といった目上の者に対して敬語で会話をしている。
また、レフィーヤ・ウィリディスといった後輩にあたる団員も持つようになってからは、自己中心的な戦い方も鳴りを潜める様になったとされ、他の団員達を気遣ったりする等、先輩としての責任感も身に付けるに至ったとされている。
なお、自身が並の冒険者達よりも段違いの実力を持っている事に関しては少なからず自覚しているが、自分より実力の低い冒険者を見下す様な傲慢さは持たず、時にはファミリアに関係なく応援したり、協力しようとする優しさも見せる、
主神であるロキのお気に入りである一方、彼女のセクハラには厳しく容赦無い。
ジャガ丸くんが好物で、ジャガ丸くんの新作の為に雑用レベルのクエストを受けてしまう程。
余りにも好きなのでジャガ丸くん一個で簡単に仕事を引き受ける。

ベルに対しては、彼の急激な成長速度にも目を付けており、自身の成長の壁を越えられる切っ掛けが得られるのではと言う理由でベルの臨時コーチを請け負っている(結果としてベルは更に成長し、ステイタスの奥深さを学ぶことになる)。
一方、彼の主神であるヘスティアからは、自身がベルの一目惚れの対象から猛烈なまでの対抗心を抱かれており、「ヴァレン某(なにがし)」と呼ばれ、隙あらば自身とベルの仲を引き裂こうと画策されているが、アイズ本人は敬意を持って接している。
因みに外伝では特訓で疲れ切ったベルを癒してあげたいと言う一心で、彼を気絶させてから膝枕に興じている(と言うか、自分がベルの髪をモフモフする事で癒されたいようである)。
その後も安全エリアでベルを連れまわしたり、アポロン主催のパーティでは彼のダンスの申し入れを受け入れて一緒に踊るなど、【ロキ・ファミリア】の中でもティオナ・ヒリュテに次いで好意的に接している。また、ヘスティアが「ベル君だって汗臭い子は嫌だろ!?」とベルに問い質した際は、「自身が汗臭くないだろうか」と気にしたりもしている
ただし、自身が現在のファミリア内でも人気が高く、半ばアイドル扱いされていた事から(本人に自覚は無し)、ベルがやっかみの対象として下位の団員達から毛嫌いされてしまう要因にもなってしまっており、特に自信を崇拝するレフィーヤからは18階層におけるトラブルもあって追いかけ回された挙句、二人で遭難して闇派閥に関わってしまう事態となっている。
また、自身に好意を寄せるベート・ローガにとっても、ベルは何かと気に食わない存在となっている。しかし、アイズ本人はベートからの好意に気付かない所か(冒険者仲間として信頼してはいる)、酔った勢いとは言えまだ駆け出しの冒険者であるベルを罵倒してベテランの自身と比べて笑い者にしようとする下劣な態度に嫌悪感を示しており、その後はベルの「憧れの人」がベートではないかと解釈して二人が関わる事に不満を感じ、嘘の居場所をベートに教えたりもしている。

冒険者としての実力は非常に高いアイズだが、意外と弱点や欠点も多い。

  • 泳げない
ダンジョンに潜りっぱなしでそちらの訓練はあまりしていなかったようで、また過去にリヴェリアによるトラウマレベルのスパルタ教育によって、顔に水をつけると強い恐怖心が蘇り一瞬で沈んで行ってしまう。ダンジョンでも水辺の近くには近づかず、仮に落ちそうになった時は魔法を使って即座に脱出していたとか。

  • 酒癖が悪い
重度の酒乱で過去にファミリアの人間から悪戯で酒を飲まされた際、酔って仲間を切りつけてるなど大暴れする事件が発生。このことから禁酒されており、エダスの村で酒を出された際には同じ部屋にいたベルをボロ雑巾にしてしまった。しかもタチの悪いことに飲んだ後の記憶がキレイさっぱり無くなるらしく、自分の酒癖の悪さを自覚していない。

  • 幽霊が苦手
本人曰く「モンスターと違って幽霊は切れない」からとの事。子供から受けたクエストでベルと共に幽霊屋敷に入るが、そこで骸骨の亡霊と出くわした際に魔法を発動しベルごと屋敷一帯を吹き飛ばした。

  • 演技力が低い
元々コミュ症な事もあってか、台詞は棒読み、本人はそのつもりがないので指摘されたらショックを受けていた。
ちなみにドラマCDでプレミアムじゃが丸くんを貰った際は覚醒し演技力が一時的に向上した。

過去と目的

実はベル同様に出生の殆どが謎に包まれている。
外伝では母親は「アリア」と言う名であるらしく、父親は『迷宮神聖譚』に登場する大英雄「アルバート(二つ名は傭兵王ヴァルトシュテイン)」との関連が示唆されているが、全体を把握しているのはロキと一部のメンバーのみ。
精霊と何らかの関わりがある様で、彼女の身体には精霊の血が流れているらしく、自身の使用出来る魔法であるエアリアルも、それに関連した物とされている。
メモリア・フレーゼ3周年イベントアストレア・レコードにて元【ヘラ・ファミリア】の眷属アルフィアは彼女を見て「まさか、例のダンジョンの娘か?」という謎の反応をしたが…?

冒険者となったのは、まだ8歳の時で、僅か1年でLv.2にランクアップした事で当時のオラリオを騒がせたという。
彼女の強さへの尋常でない執着はモンスターへの私怨によるもの。モンスターに対する敵意は非常に強く、「怪物は必ず殺す」という誓いを立てており、冒険者となった理由も怪物への復讐心からである。
目の前で両親を失った心の傷から、ファミリアに入団した最初の頃は非常に荒れており、ただ只管人形のように無表情でモンスターを葬る姿から『人形姫』と呼ばれ、その姿をみて早々に死ぬだろうと思った者もいる程に凄まじかった。
「モンスターを殺す事」に何よりも執着するその歪んだ思いは、憎悪の大きさによって力が増す強力なスキルが発現してしまう程で、冒険者としての経験を積めば積む程、危険な兆候を見せる一方となっていた。当時、冒険者の間で呼ばれていた『戦姫』という二つ名も、モンスターとの戦いにおけるあまりにも狂的な姿を見て付けられたものであり、当時は自身よりも年上であった同じ団員のラウル・ノールドアナキティ・オータムからも敬遠されており、他のファミリアに所属する年季のある冒険者達からも恐れられていた。
誰かが見てないとそのままダンジョンに潜り続けようとする程、強くなる事とモンスターを殺す事に対してはストイックを通り越して常軌を逸した執着心を抱き続け、先輩格の仲間の団員達からは心配されていたのだが、同年代のファミリアの仲間達との出会いや彼らと培った絆を得て来た事で次第に人間らしい感情を取り戻していった。特にリヴェリアは彼女にとって母親のような存在である反面、彼女に叱責されてしまう事には子供の様に怯えたりもしている。

彼女のモンスターへの憎悪は三大クエストの一つである隻眼の黒竜が関係している様だが、詳しいことはまだ不明。

劇中の様相

物語の開始時点では、既に【ロキ・ファミリア】の中核を担っており、16歳という若年ながらも、常に死と隣り合わせとなる危険な「遠征」を幾度もこなしているベテランの冒険者となっている。
また、外伝2巻においては、階層主モンスターウダイオス(RPGでいうボスモンスター)に一騎打ちを行い、見事勝利した事でLv,6へとランクアップしている。

ベルに対しては、自分のファミリアの不手際によって、駆け出しの冒険者にとっては命の危険に関わるミノタウロスに襲われて危険に晒してしまった事から、謝るタイミングを探していたが、何かと逃げられている(後にその機会は得られた)。
団員達に内緒で、一週間という限定の期間にベルと個人的に鍛錬を行った後の遠征中、ベルがミノタウロスに再度襲われている事実を知り駆け付けるも、彼からは協力を拒否され、レベル1の身でありながら自分自身の力でミノタウロスに立ち向かい奇跡的に撃破したベルの姿を他の【ロキ・ファミリア】の上位メンバーと共に目の当たりにする。そして、その時のベルのステイタスがオールSで、さらにステイタスの一つが限界突破であるSSだったことを知って驚愕したアイズは、以後は限界突破を成し得た彼を密かに目標とするようになった。

ベルが【アポロン・ファミリア】から戦争遊戯(ウォーゲーム)を仕掛けられた際は、彼の頼みを受ける形でティオナと共に特訓を行い、戦争遊戯当日には他の【ロキ・ファミリア】の上位メンバーと共に映像で彼の戦いを見届け、ヒュアキントスを撃破して見事勝利したベルの姿に「おめでとう、ベル…」と喜びを見せている。

ステイタス

Lv.6

耐久器用俊敏魔力
H154H153H189H174G202
狩人耐異常剣士精癒
GGII

スキル

  • 復讐姫(アヴェンジャー)

アイズが冒険者となり神の恩恵を授かった当初から発現していたスキル。その効果は怪物種全般に対する攻撃の高域強化。そして竜種に対する超域強化の掛かるというもので、その威力は憎悪の丈によって向上する
ロキ曰く、下界の歴史の中でも最強出力の誇るスキル。大抵の武器ではこのスキルの出力に耐える事が出来ず直ぐに壊れてしまう。
任意で発動でき、Lv.1の初戦闘の際には剣で斬ったゴブリンやコボルトを粉々に爆砕するなどの現象を引き起こしたが、フィンからは当時のアイズに対して、成長を促すために技と駆け引きが上達するまで、このスキルをむやみに発動しないように忠告されていた。
またアイズ本人が相手が怪物であると認識しなければ起動しない為、モンスターと人間のハイブリットである怪人レヴィスに対しては、人の姿をした彼女を人間と認識していた事で、最終決戦の時までこのスキルを発動することが出来なかった。

発展アビリティ

  • 狩人

Lv.2ランクアップ時にのみ発現するレアアビリティ。一度交戦し経験値を獲得したことのあるモンスターとの戦闘時に能力値が強化される。短期間に大量のモンスターを撃破することが達成条件の為入手は困難とされている。

  • 耐異常
状態異常の症状を防ぐ事の出来るアビリティ。
  • 剣士
作中で効果の説明がないので詳細不明。名前からして剣術の技術が向上するものだろうか。
  • 精癒
少量ではあるが休息を取らずとも精神力(マインド)の自動回復が可能になるレアアビリティ。長年による魔法の連続行使によって発現したと予想されている。魔導士ならば泣いて喜ぶアビリティと言われており、【ロキ・ファミリア】の中ではアイズ以外にはリヴェリアのみが会得している。

魔法

  • エアリアル

風属性の付加魔法(エンチャント)。詠唱式は「目覚めよ(テンペスト)」
発動する事で自身と武器に『風』を纏う。武器に纏えば「攻撃力と攻撃範囲の拡大」、体に纏えば触れる事すら出来なくなる「鎧」に転じる事から攻防共に隙が無く、精神力(所謂ドラクエなどで見られるMPの事)の燃費も良い為に長期戦も可能。
一方で風自体が強力な事もあり、不壊属性を持つデスペレート以外では彼女の剣術も相まって武器の損耗が激しい。
この魔法には彼女の中に流れる精霊の血が深く関係しているらしく、短文詠唱の付加魔法、更に魔法種族であるエルフでもないだだのヒューマンでありながら、圧倒的な万能性と威力を有しており、その出鱈目な性能をレフィーヤからは異常と称された。

スキル「復讐姫(アヴェンジャー)」と複合して使用する時の起動詠唱は「起動(テンペスト)——復讐姫(アヴェンジャー)」。
風が黒く変色し、通常時の魔法とは比べ物にならない程の破壊力を発揮する。その威力は超硬金属で出来た人造迷宮クノッソスの床を一瞬で崩壊させ、Lv,7クラスの力を有するレヴィスを一方的にたたき伏せた程である。
しかし、アイズのこの状態は、モンスターへの並外れた憎悪を起源とする「黒い意志」に支配されて、殆ど力を暴走させているに等しいらしく、しかもアイズは力への欲求からこの危険な状態となる事に躊躇しないどころか依存しきっており、「黒い意志」に呑まれるままで使用すれば使用する程、アイズは破滅に向かって突き進む事になるとされている。
アストレア・レコードでは神の力によってダンジョンが刺激され誕生した異形の黒い竜種、「神獣の触手(デルピュネ)」が登場する。その姿を見たアイズは暴走してしまい、スキルと魔法を発動し単身で戦闘を開始してしまう。当時Lv.3であったにもかかわらず、深層の階層主と同程度の脅威と推察された「神獣の触手(デルピュネ)」をたった一人で抑え込むという出鱈目な力を見せ、その戦いを見ていた者たち全員を驚愕させた。

リル・ラファーガ

エアリアルを発動し、武器に風を纏って放つ、アイズの必殺技。
最大出力ならばもはや嵐と言っても過言ではない風の大気流を身にまとい、神速の勢いで突撃し刺突する。
因みにこの名前は「必殺技の名前を言えば威力が上がる」というロキに騙され命名されたもの。

武器

  • デスペレート

『不壊属性(デュランダル)』を持つ特殊武器(スペリオルズ)。形状はサーベル。
他の一級品装備と比べると攻撃力は低いが、その特性からアイズの剣術と魔法に耐えられる数少ない武器でもある。
あくまで「不壊」なだけで、使い続ければ当然切れ味は落ちる。
かつて魔法と併用して復讐姫を起動させた時は不壊属性(デュランダル)の特性を持つはずのこの武器に罅が生じたという。
何時から彼女が手にしているかは正確にはわからないがLv.3の暗黒期終盤にはすでに彼女の武器だった。

余談

メモリア・フレーゼでの作者書下ろしイベントアルゴノゥトでは当イベントのメインヒロインでありアイズと容姿が瓜二つの少女アリアドネが登場。王都の第一王女でありとある理由で城から逃げ出していたところをアルゴノゥトと出会う。感情を押し殺しているが本来は年相応の少女で、アルゴノゥトと交流を深めていくにつれ笑顔を見せるようになっていくが、それが王族の使命を全うする決断をする切っ掛けになってしまう。

#コンパス・オラトリア


スマートフォン向けリアルタイム対戦ゲーム「#コンパス 戦闘摂理解析システム」にアタッカーのヒーロー(プレイアブルキャラクター)として参戦。
出典はアニメ3期となっている。主人公がいないから実質ソード・オラトリアコラボだとか言われているが、このゲームでコラボ先の主人公がいないのはいつものことなので気にしてはいけない。

ステータスは攻撃と防御はアタッカーとして標準的だが、体力倍率はガンナー並の0.75。
アタッカーの中では最低値であり、注意深く立ち回らなければすぐに倒されてしまう。
その分移動速度はアタッカーの中でかなり速い部類に位置するので、機動力を生かして立ち回っていきたい。
得意カードは『周』『連』。『近』も表示では速となっているが、発生が遅いためかなり採用しづらい。

ヒーローアクション「突進可変攻撃」は、前方の敵を攻撃してダウンさせる。命中すると、攻撃範囲より更に少し奥に移動する。他の突進系アクション同様、移動手段としても活用できる。
特筆すべきはそのタメ時間で、本当に一瞬で発動できてしまう。しかも攻撃範囲も幅、高さ共にかなり広く、アイズ最大の強みといっても過言ではない。
特にガンナーを奇襲するのにうってつけで、命中時さらに奥に移動する性質上、迎撃もされにくい。

アビリティ「剣姫」は、ヒーローアクションを成功(命中)させると9秒間移動速度がアップする。これにより、ヒーローアクションを起点とした追撃が得意である。

ヒーロースキル「リル・ラファーガ」は、突進して前方広範囲の敵にダメージを与えながら
進行方向とは逆に敵を打ち上げて吹き飛ばす。
ダメージこそ低いが多段攻撃であり、ガードブレイク効果もあるため大ダメージを与える事も可能。
スキルゲージもかなり溜まりやすいため、逆転にも防衛の時間稼ぎにも柔軟に対応できる厄介なスキルである。

戦法としては、ヒーローアクションで敵を奇襲。そこからダウンした敵にカード攻撃を当てて倒しきり、さらに上昇した機動力を活かしてどんどん敵を倒していこう。
採用率の高いカードは、万が一倒せなくても敵を再びダウンさせて通常攻撃に繋げられる「オールレンジアタック」、同時に実装されたコラボ限定カード「【ダンまち】ソード・オラトリア」など。ダメージカットの対策として、「ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-」もよく見られる。

関連イラスト

ダンまちコミックス2巻表紙
なにが氏


センシティブな作品
アイズ の《コロッケはきちんと食べて》


関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ベル・クラネル レフィーヤ・ウィリディス ロキ(ダンまち) ベート・ローガ フィン・ディムナ リヴェリア・リヨス・アールヴ

ロキ・ファミリア ソード・オラトリア

ナバール:作者曰くモデルとなったキャラクター。










ここから先はネタバレの為、注意










「モンスターは全て殺す」という己の誓いを決して変えようとしないどころか、むしろ力が増すにつれてモンスターへの憎悪をより肥大化させていくアイズであったが、意思疎通の出来るモンスター達である「異端児達」の出現によって、モンスターであれば何であろうと殺すと決めている自分と、意思疎通の出来るモンスターならば分かち合いたいと願うベルの互いの価値観がぶつかり合ってしまう事になる。
遂には異端児の一人であるウィーネを巡って【ロキ・ファミリア】と【ヘスティア・ファミリア】が全面的に敵対関係となってしまう深刻な事態にまで発展。オラリオの人々が【ロキ・ファミリア】を支持して、逆にベルがオラリオ全体を敵に回してしまう事になり、自身も人の心を持つモンスターがいるという事を認知しながらもその考えは変えず、ウィーネを守ろうとするベルに容赦なく剣を向けた事で決定的な対立関係となろうとしていた。

しかし、ベルもまた自身に立ち向かおうとする覚悟を変えようとはせず、更には自身が殺そうとしていたウィーネが、自らの危険も顧みずにベルを守るべく駆け付け、自分自身の手で爪と翼を引きちぎった上でベルへの一途な思いを叫ぶ彼女の姿に子供の頃の自分自身と重ねた結果、もはや斬る事が出来なくなってしまい、初めて自分自身の「誓い」を破った事に激しく苦悩する事になる。
なお、外伝の10巻では、その時のアイズの心理描写が明確に描かれており、モンスターを必ず殺すという思いの他にも、自身には救ってくれる「英雄」が現れてくれず自分から剣を取るしかなかったという絶望感や、よりによって自分が気に掛けていたベルが救いの「英雄」となっていたウィーネへの同じ「女」としての嫉妬心が独白され、自身に安らぎをくれる「幸せの兎」であったはずの彼が「ウィーネの英雄」として去って行った後、取り残されたアイズは一人無意識に呟く事しかできなかった。

「誰か……私を助けて」

事件の終わった後、しばらくは塞ぎ込んでいたが、再びベルに会いに行き、大きく変わろうとしている彼に感化され、自身も意志を新たにし走り出すことを決意する。

その後、【フレイヤ・ファミリア】の元へ向かうという思い切った手段に出て、「借し」を作る代わりに、団長であるオッタルに鍛えてもらう事になるが、その内には「全てのモンスターを殲滅する」という歪んだ憎悪や執着心が変わらず燻り続けていた。
その事を看破していたオッタルからは、自身の剣が「魔物を殺す為の剣」である事を指摘された上で今のままでは一歩間違えれば自分自身の身を滅ぼすという苦言も呈されてしまったが、同時に自らの暴走を促そうとしている「黒い意志」に身を委ねるのではなく、「統べる」事を諭されている。

しかし、オラリオのファミリアが総動員する形で起きたエニュオとの決戦の際に起きたレヴィスとの決戦にて、力への渇望から結局「黒い意志」に身を委ねてしまう道を選んでしまい、黒い風によって周辺に見境の無い破壊をもたらす形で暴走したアイズの姿は、敵対するレヴィスを歓喜させる程のものとなり、遂には目の前で死んだ両親も自分と同じ思いだったはずだと錯覚する事で自らの暴走を正当化しようとまでする等、「黒い意志」に完全に身を委ねたアイズは「戦の悪姫(あっき)」にまで堕ちかけようとしていた。

だがその時、オラリオの冒険者達とエニュオの決戦に、【ヘスティア・ファミリア】のメンバーと共に参戦し第七の精霊である「ニーズホッグ」に立ち向かおうとしているベルの「英雄願望(アルゴノゥト)」による大鐘楼が鳴り響く。
暁鐘を聴いた冒険者達は次々と立ち上がり、アイズもまたベルの存在を感じ取り、「復讐姫」のスキルを鎮静化させ、アイズを支配していた「黒い嵐」は、彼女が密かに目標としていたベルを顕すかの様に光の如き「白い風」へと変貌。憎しみとは違う感情と共に渾身の一撃を放ったアイズは、鎧を吹き飛ばされるダメージを追いながらも、レヴィスを倒し、決着をつける事に成功した。

関連記事

親記事

ロキ・ファミリア ろきふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイズ・ヴァレンシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5246160

コメント