ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要・人物

南雲ハジメとは、ライトノベル『ありふれた職業で世界最強』の登場人物で、同作品の主人公である。
両親がそっち系の職業であったため、オタクとなる。

元々気弱で平凡な少年だったが、オルクス大迷宮で奈落の底に落ちた後は、生きるため、そして元の世界へと帰還を果たすためにこれまでの自分を完全に捨てて敵対した者は容赦なく切り捨てていく生き方をしていく。

価値観が変わっても完全な外道にはならず、ブルックの街で身バレを恐れてステータスの隠蔽、かつて自身が世話になった人、心配してくれた人の心配をするなどもしている。

劇中の活躍、動向

ある時、クラスメイト大半と異世界召喚されてしまい、錬成師という異世界では最弱の職業を習得する。

地球にいた頃はオタクであることが隠してないのが災いしたのか。
クラスメイトから距離を置かれており、積極的に話すのは香織だけという状況。
更にこのことが原因でさらに一部のクラスメイトからは嫌がらせを受けるようになる。

召喚されてからは天職の不遇さから、更に低い評価を受けることになる。
召喚した神についてはオタクの知識から不信感を最初から持っていた。

オルクス大迷宮での研修中に起きた事故により召喚されたベヒモスに天職で抗って逃げようとするが、何者かによって逃げる途中の橋を意図的に破壊されて奈落の底に落ちていった。

その後、恐ろしいレベルのモンスターに遭遇し、その1体である爪熊の攻撃によって左腕を失い、奈落の底にて死の恐怖を感じながら、生き抜こうとするが心が折れてしまい、クラスメイトへの憎しみを考えながら自身が生きるために歪んでいく。

以後は狩った強力なモンスターを喰らい、偶然発見した神秘の回復薬・神水で肉体へ生じる苦痛を癒やしながら、ステータスを上げていく。その影響により髪は白くなった。

階層を進んだ際に結界に捕らわれた吸血鬼の姫と出会い、騒動に巻き込まれないようにするため去ろうとするが、境遇が似ている事を知り、彼女を助ける。
更に彼女に「ユエ」という新しい名を付けた。

その後、大迷宮の最下層まで到達、大迷宮のボスを死闘の末に倒し、反逆者と呼ばれるオスカー・オルクスの残した遺言を聞き、予想していた通り、神が邪悪な者であると知る。

以後は反逆者が残したという残りの大迷宮を攻略すれば、元の世界に戻るヒントが見つかるだろうと、気長な冒険を始める。

オルクスのボスとの戦いで右眼も失い、向上した錬成により右眼には魔力の宿った義眼、左腕には万能な義手を取り付け、かつて夢見た中二病の塊になってしまい、かなり落ち込んだ後、大迷宮を脱出する事に成功する。
以後も様々な出会いがあり、ヒロインを増やしていく。

最終章ではユエと全ての神代魔法を獲得して、同時に神代魔法の心理も理解してしまい、あまりの情報量に一時は倒れてしまうが、より深く理解した神代魔法を組み合わせて移動の概念を持ったアーティファクトを創作、元の世界への帰還方法を手にする。

使用武器・魔法

アーティファクト

種類が多いので代表格のみ記載 
ドンナー
魔物の肉を喰らい、成長した際に錬成で創る。
いわば銃。
銃口に纏雷を纏わせレールガン化して音速で弾を撃てる。ゴム弾に変える事もある。
ドイツ語で雷とかの意味。

シュラーク
オルクス脱出前に錬成で創る。
ドンナーと同じく銃で、ガン=カタ的なアクションの際には主にドンナーと共に使う。

クロスビット
重力魔法を付与させて作成した。
ファンネルを参考にしているらしい。
後に空間魔法が追加され、どんな攻撃も通さない鉄壁の防御壁を張ることが出来るようになる

シュタイフ
別名は魔導駆動二輪。
ユエと共に移動するために創ったアメリカンなバイク。
どんな荒地でも備わった力で整地できる。
後にパーティーのメンバーが増えて定員オーバーになったため、一際気に入ったシアの愛車になっている

ヒュペリオン
太陽光収束レーザー砲
三章で初登場するが試作段階なため、一発放っただけで焼き付いてしまった
その威力は絶大で、魔人族を大量に殲滅し、戦意を喪失させるほど
後に改良型が作られ、連続で何発も撃てる他、ミラーを使って多角攻撃も出来るようになる

導越の羅針盤
探知の概念を持ったアーティファクト
どんなものでも世界を越えて探すことが可能
元々は反逆者の持ち物だったが、ハルツィナ樹海を攻略した戦利品として譲り受ける

クリスタルキー
移動の概念を持ったアーティファクト
七大迷宮をすべて攻略して、より深く理解した神代魔法と極限の帰還の意思を使って製作される
どんな場所にも移動する事が出来て、地球とトータスだけでなく、天空の世界やさらに遠く離れた世界のシンクレアとも繋がる事が可能

魔法

錬成


纏雷
オルクスの狼の魔物の肉を食べた時に得た魔法。
電気を身に纏う事が出来るが、単体では使用せずにドンナーの発射口に使用してレールガン化させたり、仲間が暴走した時の制裁などに使用される。

生成魔法
オルクスの最深部て取得する。
オスカーと同じ錬成の魔法で、適正が高く使用頻度も高い。

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「南雲ハジメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 141

コメント