ピクシブ百科事典

シア・ハウリア

しあはうりあ

『ありふれた職業で世界最強』の登場人物

概要・人物

『ありふれた職業で世界最強』のヒロインの1人で、ウサミミと巨乳が特徴的な兎人族。
残念美人+ウサギ+ですぅ+天真爛漫属性。
天職は占術師。

あだ名は、ウザウサギや残念ウサギ。

兎人族ハウリアの族長の家に生まれたが、普通の兎人族にはない魔力を持って生まれる。
そのため、未来視という未来を見ることのできる魔眼を持つ。
しかし、亜人は普通魔力を持たないため、他の亜人族に忌み子と見なされる恐れがあるため当初は一族に匿われていた。

多くの亜人族のいるハルツィナ樹海に住んでいたものの、彼女の存在が知られ、一族は樹海を追い出されてしまった。

その後、帝国兵に襲われ、逃げている途中で魔物にも襲われて一族の一部を失う。
そんな時、未来視で帝国兵に立ち向かう2人の人物を見たことで、接触できるオルクス大迷宮近隣に向かい、未来視で見たハジメ、ユエと出会う。

何とか協力を試みるが失敗し、それでも必死に食い下がった結果、最終的に樹海内にある大迷宮までの案内という条件を飲まされる形で、協力関係となる。
その後、2人の事情を知って仲間になると宣言するが、似たような境遇を持つ者への同情感と論じられる。
だが、ユエとの特訓と、その際に「一撃入れたらハジメの説得に協力する」というユエからの課題を達成することで何とか仲間となり、身体強化能力を習得した事で後の「バグウサギ」の片鱗を見せ始める。

なお、彼女以外のハウリア族は、ハジメが自分で身を守れるようにと、どっかのブートキャンプばりの猛特訓を施した結果、当初は虫も殺せない温厚な種族だったのが、中二病勝つためには手段を選ばない暗殺者集団となってしまった(さすがにハジメも「やりすぎた」と反省した)。

主な武器はハジメの作成した大槌状のアーティファクト「ドリュケン」。

神代魔法は基本的に適性が皆無であり、自分に対してしか使用できない。ただし、習得自体はしているため、ハジメのアーティファクトで神代魔法の使用はできる。

実は、「ハンドルを握ったら人が変わる」タイプだったらしく、本編後のアフターストーリーでは、魔導バイク「シュタイフ」で整備された道を爆走しまくっている。

関連タグ

ありふれた職業で世界最強
ウサ耳
巨乳

pixivに投稿された作品 pixivで「シア・ハウリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10636

コメント