ピクシブ百科事典

中二病

ちゅうにびょう

「中二病」とは、思春期である中学2年生頃の少年少女が取りやすい言動やエピソードなどのあるあるネタを指したスラング、用語。別名「他人とは違う俺カッコイイ病」。
目次[非表示]

概要

中二病とは、思春期の少年少女にありがちな自意識過剰やコンプレックスから発する一部の言動傾向を「小児病」とからめ揶揄した俗語。
伊集院光がラジオ番組『伊集院光のUP'S』の中で用いたのが最初と言われている。
表記を変えて「厨二病」「厨弐病」とも称される。

「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での「病気」または「精神疾患」とはあくまで無関係だ。ただちょっと珍妙で中身の無い言動を発作的に起こすだけで害は無い。多分。

pixivでは『中二病でも恋がしたい!』の略称としてこのタグが貼られることもある。

発端

ラジオ番組『伊集院光のUP'S』が初出。1999年1月11日放送の同番組内でパーソナリティの伊集院光が「自分が未だ中二病に罹患している」と発言し、翌週から「かかったかな?と思ったら中二病」(1999年1月18日 - 3月22日)というコーナーを作ってリスナーから募った「症例」を体系化させていった。「(日本の教育制度における)中学2年生くらいの年代でありがちなこと」といった意味のもと、投稿ネタの一枠として展開していたものである。

放送当時は番組リスナーの間だけで用いられるだけの名称であったが、次第に浸透し始め、認知されて以降は自虐の意味合いというよりは、思春期の若者が行いがちな努力無きアイデンティティーの獲得行為への蔑称の一つとして定着するに至っている。それに伴って、中ニ病を過剰に嫌悪することを揶揄した"高二病"を始め、"小二病"、"大二病"などの類似する派生語が自然発生し、同じくネットスラングとして用いられている。女の子が中二病の前兆としてかかる、"小六病"という単語もある。


また、天久聖一、タナカカツキ『バカドリル』にも関連記述が見られる。

千野帽子は小説「ドン・キホーテ」を、「主人公は色メガネを通して世界を認識している。人々は彼を言いくるめるためその妄想を否定せずに付き合ってやるが、そうしてますます彼は自分の妄想にのめり込む」という悪循環から、『50歳からの中二病』という副題を付けたい」としている (『読まず嫌い。』角川書店)。

『中二病取扱説明書』で紹介されている主な3つのタイプ

DQN

やべっ、マルタだ
久慈くん


真面目さや臆病さの反動から、反社会的な行動や不良に惹かれているタイプ。
喧嘩や犯罪行為についての虚言で自身を飾るが、実際に行動はしない偽悪趣味、または実際に行いそのまま「不良の道にまっしぐら」というパターンも多々ある。
原因として不良の友人、兄弟、親の影響が主だが、基本的に中学生では「不良がモテる」ので「モテ」のためにそうなることが多い。「本物の不良になって見せろ」とは言いにくいので(若いうちは)叩かれにくいが、それだけにこうしたタイプの中二病が矯正されないまま成人してしまった場合、露悪的な発言で虚勢を張り舌禍騒動を起こすため、そういう意味では厄介なタイプである。
DQN(どきゅん)」とは「反社会的な屑共」や「迷惑な不良系」を表すネットスラング。

サブカル

無題


流行に埋没する事への反動から、マイナー路線に惹かれているタイプ。
コアなオタクと同列に物を語りたがるが、そこまでのめりこんでいるわけでもないのでボロが出やすい。
ただしその趣味の専門家でなければプロアマのライン引きすら難しいし、本物になる途上であるかも知れないため、叩かれにくい。
他者を不快にさせる「趣味」であったりもするが、それは中二病とはまた別の問題である。

邪気眼

見崎鳴ちゃん
「あまり俺を怒らせないほうがいい・・・」


平凡さや地味さへの反動から、不思議な力に惹かれているタイプ。
自分には隠された力があるという設定のキャラ作りをしている。「力を持つがゆえの孤独な自分」という演出を好むが、その他大勢の普通の人達ありきの特別さなので、基本的に他者の目の無いところではアピールはしない。
そのためもっとも目に付きやすく、叩かれやすく拗らせやすい。別名、妄想系。

その他のタイプ例

言語系

マミさんとあそぼ!


外国語を雰囲気重視でオリジナルに使用(誤用)するタイプ。
日本語の単語にむやみに外国語の読みを付けたり、その逆を行ったりするが、そこに正しい関連性は無い。偽言語使い。
ルー語使いなどのカタカナ語を乱用する意識高い系は、正しい意味で使っているので異なる。

独自系

ぼくのくろれきし
声も出せまい


幼少時から養われた想像力を有するタイプ。
完全に他と異なる自分オリジナルの世界というものに拘る。興味のあるものへの知識は豊富だが、自分が逆に興味のないことには無気力で、プライドが高く、自分の世界を否定されることを嫌う傾向にある。さらにオマージュパロディを自他問わずにパクリとして忌避する。幼少時に養ってくれた元ネタを完全に忘れ去ったリスペクトなき存在。

反王道系

だが断る


王道に反発する俺カッケータイプ。
例えばロボットものに対して「スーパーロボットに乗った若者が気合や超能力で勝つのは飽きた! 量産機を操るおっさんに社会的にやり込められて社会的に負ける作品が見たい!」と言ったり、異世界転生に「若者が異世界で活躍できるわけがない! チートなしで何もできず一生を終える作品がいい!」などと、王道に逆張りしだす。
本当に読みたいなら話は別なのだが、往々にして「読みたいとアピールすることで、世間の流行に流されない特別な自分を演出したい」だけで、実際に該当する作品(あれあれなど)があっても、評価する気も見る気もないのが特徴。
中二病同士の相性はどれも良くないのだが、このタイプは特に邪気眼系との相性が最悪である。

高二病

中二病の一種、あるいは完全に同一の症状。
「中二病」というレッテルが濫用される中で、明確な定義のないまま派生用語として扱われるようになった。
例えば「自分は古いマイナー趣味のオタクなので、最近の日本のチャラチャラした作品は受け付けず、古典の海外作品が好きだ」などと凡人と違う特別な自分を主張する者は、どう考えても中二病の定義に当てはまるのだが、現在では非中二病、あるいは高二病と分類されることがある。
詳細は該当項目を参照。

『オタク用語の基礎知識』で紹介されている例

  • 洋楽を聞き始める。(興味はない)
  • うまくもないコーヒーを飲み始める。(好きではない)
  • 売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。(嘘をつく or 本当だとしても誇張する)
  • やればできると思っている。(やらない)
  • 母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。(大した理由は無い or エロ本隠し) ※親が毒親であるケースは含まれない。


中二病は細分化されているので分類が難しいが優等生タイプよりもアウトドア寄りのヤンキーグループとインドア寄りのオタクグループに分かれることが多く、そのグレーゾーンも多く存在する。スクールカーストは該当の項目参照。

エリートタイプも中二病になる可能性は充分にあり、中二病に罹患したクラスメートを嫌って「子どものままで何が悪い」、「闇属性よりも光属性が好きだ」、「そんな暇があるなら勉強か運動をしろ」という持論を掲げ、ヤンキーやオタクはおろか自分以外の人間を見下し、信用しないエゴイストである。
更に「自分のようなエリートは中二病にはなる訳がない」と他人を見下しつつ慢心するのもかなり多く見られる症例でペットを飼い出したり、絵柄がほのぼのした黒い作品に嵌まり出したり、(現実逃避癖、子供のままでいたい願望などから)アニメキャラコスプレに嵌り出したり、ダサい私服で通し出したり、入手困難な書籍を探そうとして古本屋巡りに嵌まり出したりといった高い能力を誇る故での数々の暇潰しを行う。
このタイプの殆どはスポーツ選手政治家弁護士医者と羨望を得やすい職種に就き、人に信用されるようになるには善人のように振る舞えばいいと認知し地頭が良い上に体力や病気への耐性も優れており、それを理由に「エリートでいよう」とする。
しかしそれが仇で地位や名誉に執着し自分の実力や功績を鼻にかけて嫌味ったらしくなり、違うベクトルで闇落ちする。
挙げくの果てには残念なイケメン(残念な美人)、キザ野郎ナルシスト多重人格自画自賛自己中偽善者ムッツリ腹黒人間のクズ真面目系クズと言われるタイプになり、元々は女子からモテていたが幻滅され、優れた実力の割に人間性はショボいと笑われ者にされる。
最悪の場合、知的犯罪や八百長に走る可能性もある。中二病という運命は避けられない。総じてヤンキーやオタク以上の変人であり、明らかに彼らよりも質の悪いタイプで有能であってもこんなヤツを認めたくはないし敬意も払いたいとは思わないだろう。詳しくは⇒裏中二病

魔王もののフィクションに出る「失われし記憶」という単語(作品によっては別の単語)は童心初心正気の暗喩であり、この気持ちを異世界転移異世界転生現実逃避原点回帰という形で取り戻すことがいじめ恋愛受験引きこもりお洒落等と共に、十代向けフィクションの重要なテーマの一つとなっている(「子どもの気持ちを思い出す」の暗喩であり、「大人になることを否定する」の暗喩ではない)。
「(子どもの頃は使えた)白魔術喋る動物と話す能力、妖精を可視する能力を、大人になると忘れてしまう」という設定が付いている作品が多いが、邪気眼に目覚める前と後で、世界の見え方が変わってしまうことを意味している(その為、「幼児化すると再び白魔術などの能力が使えるようになる」という設定も多い)。
背伸びするのも大人になるのを拒むのも典型的な中二病であり、「これが中二病じゃない」という症状はない。

とはいうものの……

世の中学生の大半は、上記の症例のどれかに罹患している。
発達心理学によれば、中学生の時期というのは「自分は誰であるか?」という疑問を生じる時期である。身体、精神面ともに成長が著しく、小学生のころまで抱いていた自分自身というものが大きく変容していくのを実感して不安に駆られる時期が思春期である。
この言いようのない不安を解消するため、思春期の少年少女は自分の定義づけに躍起になる。だが人生経験の浅い彼ら彼女らが哲学的思索を経て自己存在を確立することは難しく、その手段は自然と、趣味趣向やキャラ付けと言った安易なものとなりやすい。

中二病、などという単語が生まれてしまったために侮蔑的な目を向けられるが、この時期に出会ったコンテンツにのめりこんだ結果、その道のスペシャリストとなることも少なくない。

ネットにおいては中二的要素を毛嫌いする風潮が蔓延しているが、いわゆる「若気の至り」、その中でも特段に安全なものを、恐らく大半はいい年しているのだろうネット住民があーだこーだと言って攻撃する光景はあまりにも大人げない。

以上の「中二病は誰でも発症する」「中二病の主な症状は、普遍からの脱却である」という2点から、「普遍的な症状である中二病や中二要素を否定することこそ、中二病の普遍的な症状である」という一種のパラドックスが生じていると言える。

厨二病かどうか基準が揺れるキャラクター

【ア行】
アイカツ!藤堂ユリカ
アイドルマスター神崎蘭子
アニメガタリズ武蔵境塊
おそ松さん松野一松
俺の妹がこんなに可愛いわけがない黒猫
【カ行】
この素晴らしい世界に祝福を!めぐみん
この美術部には問題がある!伊万莉まりあ
こみっくがーるず勝木翼
【サ行】
邪神ちゃんドロップキック花園ゆりね
女子高生の無駄づかい山本美波
【タ行】
ちおちゃんの通学路三谷裳ちお
中二病でも恋がしたい!小鳥遊六花丹生谷森夏七宮智音凸守早苗
【八行】
BanG_Dream!宇田川あこ
プリパラ黒須あろま
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。最上鈴蘭
僕は友達が少ない羽瀬川小鳩
【マ行】
魔法少女サイト雨谷小雨
ミタマセキュ霊ティ御霊浄
メカクシティアクターズキド
モナ・リザの戯言エンジゲンクロハ
【ラ行】
ラブライブ!サンシャイン!!津島善子
りゅうおうのおしごと!神鍋歩夢


中二病を誘発させると思われるキャラクター

コードギアス10周年おめでとうございます


飛影


ほら、もう止んだぞ


僕に逆らう奴は【※流血注意】


クロさん


首領様


AUO


シャフト風高杉。


ガゼルゥゥゥァアアア!!


アフロディ


ちゃんすぅ


KAGETO


ヒトラー
スツーカ大佐
センシティブな作品



気を付けろ、こいつらは“本物”だ。機関の連中が常に見張っているS級危険人物達だ。その能力にも言動にも何の偽りもなく、そのカリスマ性で今もなお大量のシンパを生み出してるって話さ……。
彼らの記憶を追体験した日にゃあ、精神崩壊を起こすのがオチだろうさ。お前如きにゃ知るのはまだ早いぜ……。

中二病患者を治療すると思われるキャラクター

それが世界の選択か・・・


「規制」は終わった


学級崩壊


マスケラ ~堕天した黒猫のなんたら~


煌です☆


『夜咲きの女王(ケーニギン・デア・ナハト)』


冬の一夜


【宣伝】 この素晴らしい世界に爆焔を! ~めぐみんのターン~


我が召喚に応じよ!!


  • 二宮飛鳥(アイドルマスターシンデレラガールズ)

アスカくん


魂が躍動するっ!!!


ハピバ!


センシティブな作品


ゼンリョク


雷轟のジーク


田中眼蛇夢



Mマス腐まとめ4


市松こひなは人形なのです


目隠し


悪い中村さん


津島善子


カラ松


STAR WARS


Night goes on


エヴァ様


ふふふ...我が力が疼くわ...!


ヤミキュウビ×2


ペルソナ5ひふみ


ソニックついログです


シュゼット


マリー


ぶらぴ


シュテッヒパルムさん


烏城


次葉


はあ…


\シャラシャーシカ!/


Twitterお絵かきらくがきまとめ5


ホタルさん。


14th Moon


センシティブな作品


センシティブな作品


剣豪将軍


アーサー・ボイル


SCP をざっくり紹介82


SCP-014-JP-Jとエージェント・カナヘビ



元・中二病患者であったキャラクター

闇焔


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!


八幡を自分の画力範囲でかっこよく描いた。


たっくん


Dark★Field



上記で説明されている性格(主に邪気眼系)のキャラ達です。
中にはちゃんと特殊な能力を持っているキャラもいたりするが、それとは全く無関係に思わせぶりな言動だったり過剰な言動だったりする。
こういった方々の痛さを客観視する事で、中二病が治療出来ると言われている。

関連イラスト

漫画 「岡部VS六花」
中二病... 血..


関連タグ

厨二病 厨弐病…(表記ゆれ)
反抗期 二次性徴 黒歴史 若気の至り 厨房 厨二キャラ 厨設定
邪気眼 赤い実はじけた 大人の階段 エターナルフォースブリザード ナイトメア・バスター メアリー・スー
 引きこもり 背伸び 幼児退行
裏中二病 小二病 小六病 高二病 大二病
 闇属性 黒魔術 夢小説 夢漫画 夢絵
俺TUEEE 私モテ スイーツ(笑) オサレ

関連リンク

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「中二病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12449342

コメント