ピクシブ百科事典

SCP_Foundation

えすしーぴーふぁうんでーしょん

日本語訳で「SCP財団」。異常存在を確保・収容・保護する架空の超政治的組織「財団」と、それを題材にした創作群。
目次[非表示]

人類は恐怖から逃げ隠れていた時代に逆戻りしてはならない。
 -"管理者"

概要

  1. 架空の団体「SCP財団」。世界の安全保障上脅威となる、特別収容プロトコルSpecial Containment Procedures)が必要な異常存在「SCPオブジェクト」の調査、回収、無力化を通じ、人類の独立を保つことを目的とする。確保収容保護(Secure,Contain,Protect)こそが財団の理念であり任務である。
  2. 上記の世界観を共有した、伝奇怪談都市伝説に類する一連の作品群。


2007年に英語圏の匿名掲示板「4chan」(超常現象板)で始まった「怖い画像に怖い設定を付与する」という遊びが発端。創作の連鎖からWikiサイト「SCP Foundation」が開設され、ここを本家として非英語圏でも翻訳や創作が拡大中。
世界で観測されるあらゆる不条理と対峙する「財団」と、人類に仇なす理不尽の塊のような異常存在とを巡る、戦慄の活動報告書の体裁をとった投稿作品がメインコンテンツ。作品の評価制度により、集団創作でありながら全体として一定のクオリティを保っているため、数千にも及ぶ報告書が醸し出す複雑かつ広大な世界観に魅了される人々が後を絶たない。その他にもフォーラムや登場人物を題材としたファンフィクションより構成されている。

創作行為が根幹にあるため、多くの作品でベースとなっている設定や、執筆に際しての詳細なガイドラインがまとめられており、作品についても他者の指摘や意見を取り入れ改良していくことが半ば前提となっている。異次元さえ題材にされるため、「財団の存在しない世界」までも受容されている懐の広いフィールド。そのぶん参加者には自制と粘り強さが求められる。
なお、元々が「怖い画像」を主軸に据えたホラーテイストの強い活動であるため、個人差はあれども精神衛生にとって好ましくない遭遇をしてしまう可能性があることは覚えておきたい。要するにグロ注意。恐怖の方向性も、あからさまな血腥さ、背筋の凍るような不安、不条理、無力感、生理的な嫌悪、精神を削る絶望など様々。
執筆者の感性・教養・想像力等々から練り上げられた珠玉の作品群の中には、クスッと笑える滑稽さ、特定のモチーフを題材にしたユニークな解釈、癒しの追求、圧倒的なスケール感、洒落っ気の利いたものや、繊細微妙で情緒的な作品も少なからず存在する。

日本では「非公式日本語訳Wiki」(以下、翻訳wiki)が本家版を翻訳している傍らで、日本語でのSCP創作の拠点として公式サイト「SCP財団日本支部」(以下、日本支部)が開設され、両者が併存する形で活動が続いていた。
そして2017年、翻訳wiki側は「『日本におけるSCP Foundationの知名度向上』という自分たちの目的は既に果たされた」として日本支部への翻訳機能の移管=日本支部への統合を提案、日本支部側はこれを受け入れることを決定した。同年7月1日をもって両サイトは正式に統合し、旧非公式wikiはサイトを閉鎖。本家からの翻訳記事は全面的に日本支部に移設され、これ以降新たな本家記事の翻訳・掲載は日本支部で行われることになった。

日本以外にも多くの支部が存在し、各言語への翻訳及び創作を行っている。また、支部の略称として以下のものが用いられている。

使用言語略称使用言語略称
ロシア語RU中国語CN
韓国語KOフランス語FR
ポーランド語PLスペイン語ES
タイ語TH日本語JP
ドイツ語DEイタリア語IT
ウクライナ語UAポルトガル語PT
チェコ語CS
これらと表記を合わせるために、本家SCP wikiの略称として「SCP-EN」を用いることがある。

余談だが、日本支部や中国支部では「財団には地域ごとに支部が存在し、独立して施設の管理を行う」世界観を採用している。しかし韓国支部などでは本家と同じく「財団に支部は存在しない」世界観を採用している。
そのため、各支部の英訳を行うSCP-INTでは韓国支部ではなく韓国語wikiと表記され、略称も日本・中国支部は国名コード、韓国支部などは言語コードを採用している。

SCPwiki内にあるページ

  • SCP報告書

SCPとは特別収容プロトコルを意味し、それを遂行する為の情報が筆記されているのがSCP報告書である。報告書の中では全ての収容対象にSCP-XXXXと最大4桁の数字が割り振られており、切りのよいナンバーを冠するものについては公式でコンテストを開催して選出するなどしている。報告書の体裁はいわば執筆ルールであり、オブジェクトクラス(収容難度)の指定、特別収容プロトコル(収容手順)の記述、概況の説明(オブジェクトの発見と収容までの経緯)、補遺(収容に付随する出来事の記録等)などにより構成されている。
また、イレギュラーとしてJokeSCP報告書がある。これらは通常の英数字タイトルに加えて「-J」が振られている。ここにあるのはメタ的なネタなど通常の報告書には書けないようなものが多い。

  • 財団Tales
Taleとはシェアワールド『SCP Foundation』内での物語である。
内容は財団職員達の(比較的)平穏な日常や、任務の遂行記録まで様々である。中には財団の冷徹な一面を描いたものや、執筆者の正気を疑うほどぶっ飛んだ内容のTaleも存在する。報告書には詳述されていないSCPオブジェクトの起源を敢えてTaleで語ったり、後述する要注意団体の活動に触れたものもあり、SCPの世界に奥行きを与えている。
人事ファイルに登場する職員の名前や財団用語が頻出する為、初見にとってはハードルが些か高い。サイトメンバーの多くはTaleの存在があまり知られていないことを残念がっているので、チャレンジしてみると良い。財団世界についての理解度が進むごとに違った読み方が出来るかもしれない。

  • 人事ファイル(著者ページ)
サイトメンバーの作品をまとめたページ。作成には制限がある。人事ファイル内はSCP Foundationからある程度隔離されており、何を書いても自由なため、著者の性格が出る。
その名の通り、執筆者の「財団職員としてのアバター」が載っており、オブジェクトに負けず劣らず個性的な人物も多い。本部で有名なブライト博士コンドラキ博士を始めとしたクレイジーなキャラが揃うが、日本支部にも狐耳巫女や唐揚げ、忍者…(書ききれるか!)など本部より個性的なキャラが溢れている。

  • フォーラム
サイトメンバーが使用する掲示版である。雑談から報告書の下書きの批評までなんでもござれ。

用語

異常な性質を持つ事物「オブジェクト」を確保・収容・保護し、人類の破滅を阻止することを至上命題に掲げ、世界規模で活動する超政治的組織。作品世界内での正式名は単に「財団(the Foundation)」であり、「SCP財団」は財団外からの(あるいは第四の壁のこちら側での)通称である。
世界各地に「サイト」「エリア」等と呼ばれるセキュリティ施設を有し、一般社会においては異変を察知するべく多くのエージェントが表向きの顔を装って活動している。異常存在への対処に必要ならば軍事力をも行使する精鋭集団「機動部隊(Mobile Task Force/MTF)」を投入するが、オブジェクトの挙動に対して後れを取ることも少なくない。異常存在に対抗するべく新技術や専用装置の研究開発も手掛けており、記憶処理等の技術も日常的に使用されている。

財団により異常性を認められ、特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)に基づいた収容の対象となっている「異常存在」。物品や人物、集団のみならず、特定の場所や施設、現象や概念までもが対象。稀に無害なものも存在するが、ほとんどは有害無益な代物ばかり。創作陣の熱意の産物であり、その数は数千にも上る。
アイテム番号と通称に加え、支部で作成されたオブジェクトであれば末尾に識別用の略称が付される(日本支部なら「SCP-XXX-JP」。例外として、中国・スペイン・ポーランド支部では「SCP-OO-XXX」のようにアイテム番号の前に付けられている。)
研究における優先順位を定めるため、全てのSCPオブジェクトにはオブジェクトクラスが割り当てられている。

  • オブジェクトクラス
SCPとしてナンバーが振られたものに割り当てられる、いわば収容難度の指標。基本的には「Safe」「Euclid」「Keter」の3種類だが、副次的なオブジェクトクラスが割り当てられたり、オブジェクトの挙動が殊更に特異であれば個別のオブジェクトクラスが付けられている場合もある。また、研究の進展、新たな性質の判明、無力化(異常性の喪失)などにより再分類されることもある。
それぞれのクラスの詳細はSCPオブジェクトの項を参照。

  • Dクラス職員
財団の中でもオブジェクトへの直接的接触など危険な業務に従事する職員。各国からかき集めた死刑囚などが担当する。D-XXXといった番号で呼称され、報告書によっては博士や研究員、エージェントら以上に人物像が描かれる。人的資源として消耗されることから使い捨て、残機などと呼ばれることもあり、「たのしいざいだん(LoLFoundation)」と総称される比較的ゆるい作品が流行っていた時期には何人ものDクラスが安易に終了されている。現在では記憶処理を施して複数の研究に使い回すなど、現実的に人材不足と戦っている様子も書かれる。

  • [削除済]や[編集済]、 █████など
世界内設定としての「検閲の痕跡」を示す符号。
メタ的には、報告書において特に必要のない情報(日付や場所、人物など)やエロ・グロ・ナンセンスなワードの代わりにこの表記法を用いることが推奨されている。敢えて記述を伏せることで演出面での効果を狙う使用法も多い。

  • 現実改変
異常存在の特性によって現実世界が改変される事象。財団世界においては現実は改変され得るものであり、現実性は数値化され「hm(ヒューム)」という単位を付けられている。一般人一人分に相当する現実強度1hmが基準となっており、現実改変を行使するオブジェクトや能力者のhm値が改変対象のそれに対して大きいほど、強力な改変が可能になる。
現実改変者は自身にとっての現実(あるいは望ましい現実)を、改変の及ぶ範囲に押し拡げることが可能であり、その内容によっては新たなオブジェクトが生み出されたり、特別収容プロトコルが役に立たなくなったりする。財団にとってはもちろん収容対象だが、殺害という手段を用いる場合もある。現実改変にまつわるカノン(設定)には様々な解釈がある。
この恐るべき能力・事象に対抗するため、スクラントン現実錨をはじめとする「現実性を強力に固定する装置」を開発したのも財団職員である。

  • SCPフロント
SCPの世界において、オブジェクトの存在は人類の存続と平穏のために秘匿されており、財団もまた表の世界にそのまま姿を表すことはない。その活動を擬装するために、様々な「表向きの」組織や企業を有している。
石鹸の製造会社から、ゲーテッドコミュニティの運営グループ、陰謀論や超常現象に反対する懐疑論者の団体など多種多様だが、いずれも企業名がSCPのバクロニム(頭字語・アクロニムの逆。要するにあいうえお作文)になっているのが特徴。

  • 財団職員
主に前述の人事ファイルから生まれたキャラクター群だが、一つの記事での実験記録やインタビュー記録にしか登場せず、名前の設定すらないモブ職員も存在している。
SCP創設当初(つまりサイトの設立黎明期から)主な管理人兼著者によって生み出されたキャラクターがとくに有名。詳しくはSCP財団の項を参照。

オブジェクトがしばしば引き起こす、人が持つ常識への上書き。「ミーム(meme)」とは実際に使用される学術用語で、簡単に言えば法律、宗教、マナーや習俗といった、人から人へ伝播する文化や情報のこと。
ミーム汚染とは、既存のミームが新しいミームに塗り替えられ、場合によってはそれが人や物を介して伝染する現象を指す。ミーム汚染された人は新しいミームに従って(傍目には常識を逸脱して)行動するようになり、ミームの内容如何では収容対象となるか、他の収容を脅かしかねない重大な問題となり得る(逆に言えば、ミーム次第では危険性が皆無という場合もある)。
ミーム汚染を発生させるオブジェクトは人々の認識に作用するため、報告書も汚染を受けてユニークなものになりがち。

要注意団体

オブジェクトの存在を知るのは財団だけではない。財団のように収容・秘匿を目的とするグループだけでなく、様々な思想的背景や欲求からオブジェクトを生み出したり、入手し使用しようとする者たちが存在する。中には純粋に善意を動機としてそれを行う者もいるが、扱うものの性質上、その活動は大きな脅威を引き起こす。
多くは報告書の記述の中に登場し、執筆者に共有されることでその輪郭が鮮明になっていく。
主要なものとして以下のような団体が存在する。

  • 世界オカルト連合(GOC:Global Occult Coalition)
複数のオカルト系組織による世界規模の連合体。財団同様、異常な性質を持つ事物から人類を守るために活動している。ただしその手法は「破壊」一辺倒に偏っており、異常な存在そのものを地上から根絶することが彼らの最終目標である。
異常存在と見れば闇雲に破壊を試みるが、失敗して事態をより悪化させる場合もある。その一方で、財団が対応に手を焼いていた事案を「破壊」という形で見事に解決したことも。
財団とは方針の違いから多くの場合対立し、オブジェクトを奪い合うなど衝突を繰り返しているが、「人類を守る」という究極的な目標では意見が一致するため、状況によっては手を組む場合もある。

  • 蛇の手(Serpent's Hand)
財団やGOCと異なり、オブジェクトの存在をある程度は社会に対して公にしようと主張する集団。理由も真っ当であり、一般社会に対して隠し続ける事が知識や科学を死に至らしめてしまう、財団の管理手法では増大し続けるオブジェクトにいずれは対応しきれなくなる事を丁寧に指摘しており、GOCの様な後先考えない破壊志向も戒めている。
古くから存在する共通の理念をもった集団で、明確な組織体系を持っていない。「放浪者の図書館」という全ての叡智を見ることができる異次元空間を本拠地にしているが、一度追放されてしまい1967年まで入ることができなかった模様。それに至った経緯と財団とGOCが犯している過ちに重なる部分があり、財団を壊滅させるよりも体質の改善を願っている方が大きい様に思える。
ちなみに財団は彼らとのパイプは一点を残して持っておらず、情報に関してはほぼ全てがGOC側の諜報員を経由したもの。そのGOCも現在では蛇の手との接点を持っておらず、「放浪者の図書館」につながる入り口も強力な守り手に阻まれて、発見しても入ることは絶対に不可能という状況に留まっている。

  • マナによる慈善財団(MCF:Manna Charitable Foundation)
超宗派的な人道支援機関。異常な性質を持つ事物を困った人々を救うために有効活用しようとしている。
慈善団体と聞くと詐欺を連想しがちだが、この団体に限って言えば悪意も下心も皆無であり、純粋な善意から人々を救おうとしているらしい。しかしオブジェクトの性質をきちんと確認しないまま利用しようとするため、予想外の副作用によって度々悲劇を引き起こしている。

  • 壊れた神の教会(The Church of Broken God)
機械崇拝と肉体への蔑視を最大の特徴とする、異常な技術を備えたカルト的宗教団体。メカニトとも呼ばれる。機械で構成された「神」を崇め、その神が「破壊され、機能を失って」おり、その修復と神性の回復こそが自らの使命であるという理念を持つ。
大きく三派に分かれており、ひたすら神の修復を目指す「壊れたる教会 / The Broken Church」、アナログ的な機械で自らの肉体を置き換えようとする「歯車仕掛正教 / Cogwork Orthodox Church」、デジタル的なネットワークによる精神のリンクを志向する「マクスウェリズム教会 / Church of Maxwellism」が存在する。
前述の理念に基づいて、財団の保有するオブジェクトのうち彼らが「神の一部」とみなすものを奪還しようとしており、財団とは基本的に敵対している。また、後述のサーキック・カルトとは神話レベルから続く不倶戴天の敵同士にあたる。

  • サーキック・カルト(Sarkic cults)
「崇高なるカルキスト・イオン(Grand Karcist Ion)」なる創設者が唱えたサーキシズムという終末論的な教義を信奉するカルト的宗教集団。腫瘍や腐肉、伝染病を崇拝対象とし、様々な儀式的魔術を駆使する。上級幹部になると肉体の自由な操作が可能であり、驚異的な再生力を持つ肉塊の怪物に変身するなど異常な能力を行使できるようになる。
性格上プロト-サーキックネオ-サーキックに大別される。プロト-サーキックは閉鎖的なコミュニティを形成し、機械や科学技術を激しく嫌悪する。一方のネオ-サーキックは科学に抵抗が薄く、振る舞いはより開放的である。
世界征服、そして最終的には彼らの理想郷建設を目標としていると見られ、財団を含む他の大多数の団体が最も警戒している存在。特に前述の壊れた神の教会とは宿敵同士の関係にある。

  • ワンダーテインメント博士(Dr. Wondertainment)
異常な性質を持つ物品を作りだし、販売していると思しき謎の存在。個人名か団体名かは不明。
製作物は主に子供向けの玩具を中心としており、きちんと説明書に従って扱う限りはそれほど致命的な事態は発生しない場合が多い。ただし「遊び」「楽しみ方」の基準が一般的なそれを逸脱しているらしく、洒落にならない事態を引き起こすこともしばしばである。
狂ってはいるものの概ね悪意は無いらしく、説明書で禁じていない操作で自らの意図しない事故が発生した場合には誠意を尽くし、リコールに応じたりもしている。財団にお歳暮めいて特に人的被害の危険が無い(ただし機密漏洩という別の危険性がある)ゲームを送りつけたこともある。

  • Are We Cool Yet?
異常な美術作品を様々な形で世に送り出す前衛的芸術家集団。19世紀フランスのとあるサロンに起源を持つ。作品をなるべく衆目を惹く場所に出したがる傾向が強く、しばしば見物人を危険に晒している。
"Are We Cool Yet?(俺たちはクールだったろ?)" というフレーズを何らかの形で現場に残すのが特徴。
幾つもの小グループの集合体であり、思想や方向性は十人十色・百家争鳴といった趣がある。

  • ゲーマーズ・アゲインスト・ウィード(Gamers Against Weed)
異常性を持った人々の緩いネットワーク。主にインターネットを通じて行動し、毒の利いたジョークや風刺ネタを含む作品を好んで発表する傾向がある。Are We Cool Yet? の分派だが、相互の関わりは薄い。

  • サメ殴りセンター(SPC:Shark Punching Center)
To Seek and Punch Cartilage (軟骨野郎を探し出し、殴る)
世界中の様々なサメ、時には異常性を持ったサメを見つけ出し、ありとあらゆる手段を用いて鍛え上げた拳で殴打することを目的とした組織。サメについては一応調査もするようだが、殴らなかった例はない。
一つ以上の並行宇宙に存在する組織であり、そこでの財団にあたる様子。
元々は「SCP」を「SPC」と間違えるユーザーに対するジョークだったものだが、関連性のあるオブジェクトの報告書がいくつか作成されていることも考慮してか、2019年3月9日に正式な要注意団体になった。

二次創作者への注意

scp_foundation


SCP Foundationに関連した二次創作は、「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0」という規約の下にある。この規約を要約したライセンスガイド(日本語版)によると

>当サイトのコンテンツを二次利用する際は、
> 著作権者の表示
> 利用する記事の名前を表示
> (可能であれば)元記事へのリンク
> 作成したコンテンツのライセンスにクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0と同じものを採用する

以上が二次創作の条件である。このうち、著作権者に関しては

>この場合の著作権者とは、元記事を初めに執筆したユーザーのアカウント名を指します。

となっている。著作権者(執筆者)の情報は、英語版Wikiの記事やユーザーページで確認出来る。
なお、上記の条件を満たす限りは商用利用可であり、他のサイトの作品と混ぜる(クロスオーバーする)ことも可能とされている。
但し、SCP-173に関しては例外であり、営利目的の利用は一切認められないことに注意すべし。
これはSCP-173の元ネタ『無題2004』の作者である加藤泉氏に対し、財団から利用の許可を求めた際、非営利に限り利用を認めると条件を提示されたためである。
他にもSCP-111、SCP-1926にも同様の規定と制限があるので注意。
これに違反した場合は法的措置も検討していることから、SCP-173及びSCP-111、SCP-1926を創作に組み込む場合、金銭授受は一切行わないのが無難である。

pixiv百科事典に記事が存在するSCPの一覧

アイテム番号メタタイトル
SCP-001機密解除待ち[アクセス禁止]
SCP-002"生きている"居間
SCP-015悪夢のパイプ
SCP-035取り憑くマスク
SCP-048呪われたSCPナンバー
SCP-049ペスト医師
SCP-053幼女
SCP-055正体不明
SCP-060地獄より来たるオカルトスケルトン
SCP-063“世界最高の歯プラシ”
SCP-066エリックだけのおもちゃ
SCP-073"カイン"
SCP-076"アベル"
SCP-079オールドAI
SCP-087吹き抜けた階段
SCP-096"シャイガイ"
SCP-105アイリス
SCP-106オールドマン
SCP-131"アイポッド"
SCP-143刃桜
SCP-151絵画
SCP-169リヴァイアサン
SCP-173彫刻 - オリジナル
SCP-191サイボーグの少女
SCP-231特別職員要件
SCP-239ちいさな魔女
SCP-249どこだかドア
SCP-250アロサウルスの大部分
SCP-283落横石
SCP-294コーヒー自動販売機
SCP-330君に2つだけ
SCP-372視界を飛ぶモノ
SCP-426私はトースター
SCP-444世界調和言語
SCP-447緑のスライム
SCP-458はてしないピザボックス
SCP-500万能薬
SCP-504批判的なトマト
SCP-514鳩の群れ
SCP-516利口戦車
SCP-524雑食ウサギのウォルター
SCP-572パッと見無敵のカタナ
SCP-650びっくり像
SCP-662執事のハンドベル
SCP-682不死身の爬虫類
SCP-701吊られた王の悲劇
SCP-743チョコレート・ファウンテン
SCP-777砂の王国
SCP-811沼女
SCP-871景気のいいケーキ
SCP-914ぜんまい仕掛け
SCP-939数多の声で
SCP-953妖狐変化
SCP-978欲望カメラ
SCP-990ドリームマン
SCP-999くすぐりオバケ
SCP-1000ビッグフット
SCP-1048ビルダー・ベア
SCP-1057サメの不在
SCP-1155人喰いストリートアート
SCP-1160実効的収容
SCP-1162壁の穴
SCP-1306万能鳥餌
SCP-1370困らせルボット
SCP-1471MalO ver1.0.0
SCP-1609椅子の残骸
SCP-1739もう使わないラップトップ
SCP-1748ドラゴンの置土産
SCP-1983先の無い扉
SCP-2000機械仕掛けの神
SCP-2006おおこわいこわい
SCP-2165救い難き物
SCP-2295パッチワークのハートがあるクマ
SCP-2317異世界への扉
SCP-2521●●|●●●●●|●●|●
SCP-2639ビデオゲーム・バイオレンス
SCP-2662くとぅるふ ふっざけんな!
SCP-2718その後に起こるのは
SCP-2741左巻きな装置
SCP-2799航海者
SCP-2800カクタスマン
SCP-2875熊に侵された町
SCP-2934マジかよ、ンドレッツ・ゲガ最低だな
SCP-2935あゝ死よ
SCP-3000アナンタシェーシャ
SCP-3477本物のハロルド・ホルトさんはご起立願います。
SCP-3999私は私に起きること全ての中心にいる
SCP-4217Contain the Bismarck!
SCP-4974ねずみSCP
SCP-4975時間切れ
SCP-4999私たちを見守るもの
SCP-8900-EX青い、青い空
SCP-____-J先延ばs


誤解による記事

アイテム番号メタタイトル
SCP-6789

SirenHeadというキャラクターがSCPオブジェクトという誤解が広まったことでこのタグが使用され記事も立てられることとなったが、実際にはこの番号はまだ使用されていない。

※Pixiv百科事典に記事の存在するSCP-JPはSCP財団日本支部へ。

関連イラスト

scp-191
SCP財団へようこそ!


SCPログ
不思議な455


Doctors of SCP
Iceberg&Gears


アンジェラ博士
SCPをざっくり紹介1



関連項目

伝奇 怪談 都市伝説 シェアワールド 不条理 狂気
SCP SCP財団日本支部 SCPオブジェクト 深刻な収容違反
SCP財団
Scp-Foundation

関連作品


外部リンク


また、The SCP Foundation自体とは直接の関係はないものの、
アニヲタwiki(仮)において、有志がSCPの項目作成を行っている。
各SCPの報告書(記事)の内容のみでは「果たしてそれが具体的にどのような性質を持ち、何を引き起こす、一体どのようなオブジェクトなのか?」を読み取るのが困難な、難解なSCPに対する一つの解釈として、理解の助けにはなるだろう。


SCP 173



他の人類が光の中で暮らす間、我々は暗闇の中に立ち、それと戦い、封じ込め、人々の目から遠ざけなければならない。 ― "管理者"








実は財団が虚構の存在なのはSCP-1450-JPが原因である。

関連記事

親記事

シェアワールド しぇあわーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP_Foundation」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50728015

コメント