ピクシブ百科事典

SCP財団日本支部

えすしーぴーじぇいぴー

1. 『SCP_Foundation』の公式日本語版創作サイト。 2. 上記創作内でのSCP財団の日本国支部の名称。
目次[非表示]

概要

1.について

 世界の安全保障上の脅威となる異常な物品を人類から隔離し、Secure(確保)、Contain(収容)、Protect(保護)する事を活動理念とする架空の団体「財団」を舞台とするシェアワールド創作サイト「SCP Foundation」。英語圏発祥のそのコンテンツの日本語版となるのがSCP財団日本支部である。

 『SCP Foundation』は英語圏発祥である為、全ての記事は英語によって書かれていたのだが、有志がFC2wikiの「非公式日本語訳wiki」にて本部記事の翻訳を行い、誰もが読める状態にしていた。翻訳記事を読んだ人間が翻訳作業に参加し、更に多くの記事を翻訳する――という事を繰り返す内に日本内での『SCP Foundation』の知名度は上がっていったが、当時は日本語で創作=記事の執筆を行えるサイトは存在せず、英語力の無い者は翻訳作業にも本家wikiの創作にも参加できないという状態が続いていた。
 そこに目を付けたDr Devan氏(旧名Devanos氏)が日本独自の創作を行う場所として「SCP財団日本支部」を設立し、脳内にネタを溜め込んでいた多くの人がそこに集まり、今の「SCP財団公式日本支部」となった(なお、Devan氏は韓国支部の設立にも貢献し、本部を含めた各国の財団支部でも精力的に活動している人物である)。

 2017年、翻訳wiki側は「『日本におけるSCP Foundationの知名度向上』という自分たちの目的は既に果たされた」として日本支部への翻訳機能の移管=日本支部への統合を提案、日本支部側はこれを受け入れることを決定した。同年7月1日をもって両サイトは正式に統合し、旧非公式日本語訳wikiはサイトを閉鎖。本家からの翻訳記事は全面的に日本支部に移設され、これ以降新たな本家記事の翻訳・掲載も日本支部で行われることになった。

日本支部非公式翻訳wiki本家SCP財団
システムアカウント制匿名アカウント制
翻訳非公式から随時転載メイン創作と同時進行
創作メイン無しメイン
本家との関係支部サイト非公式翻訳サイト

 日本支部の特色としては、アイテム番号の後ろに-JPが付き(SCP-XXX-JP)、収容サイトの識別番号は81から始まる四桁の数字(サイト-81XX)となっている。これらは活動初期のサイトメンバーが「本家の世界観を損なわないように」と話し合った結果である。

 pixivにおいては日本支部で創作されたSCPのイラストにこのタグがつけられている。SCPの世界観に登場するSCP財団日本支部、およびそこに所属する職員についてはSCP財団日本支部職員を参照。

2.について

 異常な性質を持つ事物「オブジェクト」を確保・収容・保護し、人類の破滅を阻止することを至上命題に掲げ、世界規模で活動する超政治的組織「財団」。その日本における支部組織である。地域ブロックに割り当てられた番号から「81地域ブロック」とも呼ばれ、日本に存在するサイトやエリアを示す番号も「81~」から始まる。本部のO5評議会とは別に7人の理事で構成される日本支部理事会が存在し、彼らが管理に当たっている。
 財団が日本に本格的に進出するにあたり、後述の蒐集院の組織及び蒐集物の大部分を財団が吸収する形で成立したらしい。
 基本的には本部からある程度自立して運営されているようだが、その実態は不明。作品によっては本部に対して面従腹背、あるいは逆に支部自体が本部の捨て駒として作られたものとして描かれる場合もある。
 また、「財団のような国際性を有する組織が、独立性の高い支部を設置する意義がない」と考えるサイトメンバーもおり、あくまでも本部の管轄下にある81地域ブロックにおける財団の活動拠点である、とする解釈も支持される。「日本支部」という独立性の高い組織の存在感が強いのは、執筆者の中に「日本支部」のヘッドカノン(脳内設定)を採用する者の多さゆえであり、ある種のローカライズと捉えることもできるだろう。

オブジェクトの傾向

 突飛であったり、かなり捻られたものが多い。また、過激なスプラッタではなく、じわじわと忍び寄るような日本の怪談話Jホラー特有の恐怖が好まれているようである。
 当然のことながら、本家のオブジェクトが英語圏での伝説や作品を元ネタとしていることがあるように、SCP-JPでは日本における伝承や小説などが発想の元となっているものも見られる。
 翻訳の都合上、表現が固くなりがちであったり、あちら特有の情報や表現が使われていたりする本家記事に比べて、報告という体裁は保ちながらも砕けた表現や分かりやすい書き方がされてることも多く、この点では人によって好みが分かれるだろう。

Pixiv百科事典に記事の存在するSCP-JP

アイテム番号メタタイトル
SCP-020-JP翼人
SCP-040-JPねこですよろしくおねがいします
SCP-070-JPわんわんらんどと犬ではないなにか
SCP-100-JP屋根裏部屋の宇宙
SCP-132-JP紙魚入る
SCP-219-JP穏やかな潜水艦
SCP-280-JP縮小する時空間異常
SCP-299-JP核男頭
SCP-444-JP█████[アクセス不許可]
SCP-496-JP警告:閲覧時には電子プロトコルが実施されます
SCP-835-JP(ゼノフォビア)→消照闇子
SCP-910-JPシンボル
SCP-014-JP-EX(-1)君のその顔が見たくて
SCP-710-JP-J財団神拳


要注意団体

 日本支部にて確認されている、SCPにまつわる団体ないし集団。これら以外にも登録条件を満たしていると思われるものもある。また、本家の要注意団体が登場、あるいは関与が示唆されることもある。

  • 日本生類創研 ( - しょうるいそうけん)
生物や生命体を研究し、意図的に異常な性質を持った生物を誕生させている団体。名称から研究者集団のようだが、実態は不明。
研究を行ってはいるものの、研究対象を破棄する際の処理がいい加減であったり、対象が逃走した場合にもあまり熱心に回収しようとせず、場合によっては明らかに放置したりと管理が杜撰な傾向がある。人間を害する存在を生み出すばかりか、人間までも実験や材料に使用することがあり、人命に関する倫理観も推して知るべし、という狂科学者の集団と見なされている。
SCP-444-JPは彼らの作……というかむしろ「邪神に呼ばれて封印を解いてしまった」とでも言うべきことをしでかしたらしい。

  • 東弊重工 (とうへい - )
現代科学を超えた技術力で異常な性質を持つ様々な製品を作り、販売している団体。一応営利団体であるため、使用者に無暗に被害をもたらさない便利なものを開発することもある。
複数の工場があるようで、複数回にわたる財団の調査(ガサ入れとも言う)を受けているのだが、やたらフットワークの軽い彼らはたいてい襲撃の直前には拠点を放棄、逃亡しており、捕捉には至っていない。
なお、SCP-373-JP「モノづくり集団」は日本生類創研との合作と見られる。

  • 蒐集院 (しゅうしゅういん)
日本に古くから存在し、異常な物品を蒐集・管理していた組織。異常な物品に対する方針が財団と似通っていたこともあり、財団が日本での勢力を拡大する中で主立った人員・施設が財団に吸収され、他の人員も各種団体に流れたことで組織としては消滅した。一部の作品では、蒐集院の幹部格がそのまま横滑りで初代日本支部理事となったと描写されることもある。
組織の解体に伴って過激な一派が幾つかの物品を持ち逃げしており、未だにその残党が活動を続けており、財団からマークされている。
オブジェクトの蒐集や管理には、卜占や呪術、神道や修験道に由来する宗教的・非科学的・非論理的な手法を用いていた。収容対象によっては現在の財団においても有用な手段が存在するため、収容計画の参考にされている。

  • 犀賀派 (さいがは)
時空物理学者を称する「犀賀六巳」氏と、その信奉者から成る集団。複数の平行世界を往来できるようで、オブジェクトを使って各世界の「救済」を行っているらしい。その過程で財団を含む各種要注意団体に関する知識を得ているらしく、行動の秘匿に長ける。一部作品ではオブジェクトを財団から持ち出したことすらある。
平行世界全体の救済を目的としており、必要とあらば特定の世界線を切り捨てても全体を守ろうとするため、あくまで「この世界線」を守ろうとする財団とは折り合わず、財団は犀賀派の行動を監視している。

  • "博士"
本家の要注意団体の一つである「ワンダーテインメント博士」と似た特徴を持つ人物或いは団体。
ワンダーテインメント博士が一応は娯楽目的で物品を制作し、注意書き通りに使用すればそれほど深刻な被害は出ない――のに対し、「博士」製のオブジェクトは何らかの被害が出るよう作られているものが多く、悪意のある愉快犯であると推測されている。時には他の団体を名乗ることもあり、悪質な模倣犯の側面も持つ。構成員と思わしき人物との接触例が少ないため、詳細は不明。財団の存在を把握している。
様々な狼藉を働いているせいか、一部の投稿では他の要注意団体(特に、露骨にパクられた本家の「ワンダーテイメント博士」)と衝突しているらしい形跡も見られる。

  • 大日本帝国陸軍特別医療部隊(通称 "負号部隊")
1937年に陸軍と蒐集院の協力のもとで設立された、オカルトとテクノロジーを研究する旧帝国陸軍に属する部隊。通称として「負号部隊」という渾名が付けられていた。部隊内には「ツチグモ」「ジョフク」「タタラ」という3部隊が存在し、それぞれが専門の分野を受け持って研究を行っていた。
不死の兵士を作り出す「トキジク計画」を始めとした、呪術と科学を融合させた兵器の研究と作成を目的としていたようだが、不死の兵士の創製に関しては成功しなかった模様。1945年の終戦時に組織は解体され、殆どの技術が財団によって回収された。

  • 販売員ミヨコ
異常な美容品やサービスの販売及び提供を行っているスーツ姿の女性。主にピンク色のパッケージをしている女性向けの商品を扱っているが、男性向けの商品も存在するので油断は禁物。使えば確かな効果はあるものの、恒久的に重大な被害に遭うことになる。
複数人で「販売員ミヨコ」を名乗っている可能性もあり、実際にアノマリーで使用者を「販売員ミヨコ」の人格に変えてしまっている。
「イワナガ美容組合」なる組織に所属しているらしいが組織内での具体的な立場は不明。

二次創作者への注意

scp_foundation


SCP Foundationに関連した二次創作は、「クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0」という規約の下にある。この規約を要約したライセンスガイド(日本語版)によると

>当サイトのコンテンツを二次利用する際は、
> 著作権者の表示
> 利用する記事の名前を表示
> (可能であれば)元記事へのリンク
> 作成したコンテンツのライセンスにクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0と同じものを採用する

以上が二次創作の条件である。このうち、著作権者に関しては

>この場合の著作権者とは、元記事を初めに執筆したユーザーのアカウント名を指します。

となっている。著作権者(執筆者)の情報は、英語版Wikiの記事やユーザーページで確認出来る。
なお、上記の条件を満たす限りは商用利用可であり、他のサイトの作品と混ぜる(クロスオーバーする)ことも可能とされている。
但し、SCP-173に関しては例外であり、営利目的の利用は一切認められないことに注意すべし。
これはSCP-173の元ネタ『無題2004』の作者である加藤泉氏に対し、財団から利用の許可を求めた際、非営利に限り利用を認めると条件を提示されたためである。
他にもSCP-111、SCP-1926にも同様の規定と制限があるので注意。
これに違反した場合は法的措置も検討していることから、SCP-173及びSCP-111、SCP-1926を創作に組み込む場合、金銭授受は一切行わないのが無難である。

ちなみに

 財団日本支部における記事の投稿速度は他国支部に比して頭ひとつ抜けており、翻訳と創作を行う場が分離されていたこと、トラブルが少なかったことなどもあってか、開設から3年目で目録の内の1000件近くが埋まるという驚異的なスピードで発展している。
 既に大台の「1000-JP」以降も開放されており、これは本家以外の支部では初の快挙でもある。その凄まじい成長は本家から「日本にはSCPを生み出すSCPがいる」というコメントが寄せられたほど。

外部リンク

The SCP Foundation
The SCP Foundation 日本wiki
The SCP Foundation 非公式日本語化wiki
SCP-JP非公式ファンサイト

また、The SCP Foundation自体とは直接の関係はないものの、アニヲタwikiにおいて、有志がSCPの項目作成を行っている。
各SCPの報告書(記事)の内容のみでは「果たしてそれが具体的にどのような性質を持ち、何を引き起こす、一体どのようなオブジェクトなのか?」を読み取るのが困難な、難解なSCPに対する一つの解釈として、理解の助けにはなるだろう。
アニヲタwikiにおける「The SCP Foundation」の項目

関連項目

SCP 伝奇 怪談 都市伝説
シェアワールド

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP財団日本支部」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581011

コメント