ピクシブ百科事典

SCP-488-JP

じんろう

SCP-488-JPは、SCP財団に収容されているオブジェクトの一つである。
目次[非表示]

概要

アイテム番号:SCP-488-JP
メタタイトル:人
オブジェクトクラス:Euclid→Keter

SCP-488-JPとは、シェアード・ワールドSCP_Foundationに登場するオブジェクト。日本支部が抱えているオブジェクトの中でも恐ろしく面倒な部類に入り、オブジェクトクラスはEuclidからのKeterである。

コイツはタイリクオオカミの一種が突然変異して人型になった生物であり、文献によると強力な現実改変能力を持ち、自らの情報について書かれた文章の作成者自らの現実改変能力を用いてその作成者を(おそらく現実改変して)無残に殺害するらしい。

コイツの現実改変に引っかかる情報媒体は、文書、肉声、音声、画像、動画などが当てはまる。さらにコイツの現実改変能力を使用された人間の情報は明文化することすら憚られ、コイツが客観的な視点から見ても倫理観に欠けた凶暴で残酷な人狼であることを示すようになる。
この現実改変能力は対象に対して全体的でなく、身体の一部の改変、機能不明な部位の追加という醜悪な形式を取る。改変された対象は大抵(データ削除)される。犠牲者の復旧の手段は財団でも見つけられず、講じた試みは全て更なる改変という結果となった。

このオブジェクトの発見の経緯としては、ある山の周りで人狼の噂が広まっていたのを聞いた財団が機動部隊を派遣。にも関わらず誰一人として帰ってくることなく次々と犠牲者や被害者が発見され、追加の部隊も同じく帰ってこなかったことから財団が注目し、調査によって現実改変能力を持つことが明らかとなり、多くの犠牲を出しながらも収容に至った。

さらにこのSCiP、他のタイリクオオカミと比べて圧倒的に運動能力が高く、シャチやクマですらコイツの前では劣る。そのため改変能力を使用するまでもなく周囲の動物を支配して生存してきたと思われる。

そんなヤバすぎるSCPのため、収容方法も普通のものであるわけがなく、厚さ20cmの外壁に囲まれた5mの立方体の部屋に収容されている。
さらにコイツの食事は1日に2回適切なものとして人間の子供を与えるという司令が出ている。それほどヤバいのだ。
しかもコイツは繁殖能力が半端なく高く、もし適切な処置が行われなかった暁には周囲の民家などに被害が及ぶ確率もくはない。そのため確保、収容、保護をモットーとする財団内でも大変問題視されており、現在では機動部隊だけでなく研究員ですらSCP-488-JPの繁殖活動を見かけた際は妨害することを補助するように指示されている。
…ほんとヤベェなコイツ。

財団の明日はどっちだ。


この文章は情報管理チーム「赤ずきん」が作成しました。文章を読む際は赤い文字だけでなく全体を読むようにしてください。
















さて、ここまで長々と語ってきたが、この報告書の大部分は嘘である正確には報告書の赤い文字で書かれた以外の部分である。
赤い文字で書かれた部分を読めばわかるがSCP-488-JPの正体は微妙な改変能力を持つタイリクオオカミである。
彼らは他の生物に比べて身体能力が劣っており、現実改変能力を用いて自らを恐ろしい生物だと人間に認識させることで生存を図ってきたのだ。
赤い文字で書かれているのは改変部分が変更不能だったため、イヌ科の生き物には見えない赤色を使って本当の内容がわかるようにしたということである。

余談

このような現実改変能力を使う彼らだが、おそらくこれは彼らの天敵である人間を遠ざけるために習得したものなのであろう。人間の手を借りなければ数を増やせなかったり、収容場所が日本だということを考えると、彼らは日本に住むオオカミの最後の生き残りと言えるかもしれない。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト  人狼

関連記事

親記事

SCP財団日本支部 えすしーぴーじぇいぴー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-488-JP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1533

コメント