ピクシブ百科事典

SCP-014-JP-EX-1

きみのそのかおがみたくて

ある一人の少女と、金も悪意も溢れ出るほど持つ者たち。

アイテム番号:SCP-014-JP-EX

オブジェクトクラス:Explained


SCP-014-JP-EX-1とはP-D/U漂着イベントにおける、別世界からの"漂着者"と酷似した状況にある非異常性オブジェクト、その中で財団によって最初に確保された個体である。


10代とみられるコーカソイド系の女児で、200█年「東京都の路上にて身元不明で国籍不明のコスプレイヤーと思しき女児が発見された」との情報に興味を抱いた財団エージェントがSCP-014-JP-EX-1に接触。時折ドイツ語が入り混じった意味不明の言語を話していたため、当初統合失調症等の精神疾患の疑いを持たれたが、着用している衣服及び所持していた杖がいずれも非常に精巧に作られていたことを不審に感じた財団エージェントにより一時的に収容された。
というのも、財団は本家・支部を問わずこれまで似たようなオブジェクトと接触・収容しており、その中には実際に別世界からの"漂着者"だったり何らかの異常性を持った人物だった例がほとんどだったのだ。
実際に彼女が喋っていたのはどうやら複数の言語を複合した言葉だったらしいのだが、インタビューにおいて彼女が『王国の第一皇女だった』『魔法が存在している』『私は炎を司る魔法の使い手だ』と述べた事から、実証実験が行われた。


その結果、彼女は二時間かけて"魔法陣"を完成させ、"Mein Leben war sinnlos"と唱えたが、火炎らしきものは何も生じなかった。
また、詠唱自体はドイツ語であり、意味は"私の人生は無意味だった"

...彼女自身は詠唱だと信じて疑わなかったらしい。

 

その後インタビューなどを続けた結果、どうやら彼女は異常存在などではなく、前述の供述や行動はSCP-014-JP-EX-Aとみられる資産家の人物によって養育された結果らしいと判明。異常性物品が関与している可能性が高くないと見積もられため、警視庁公安部特事課と合同で捜査しこの人物を拘束し、尋問。彼が言うには

『仲間内で面白いことをしようと色々話してたんだが、ある日新しく入ってきた奴が人間を”飼育”したら面白いんじゃないかと提案したんだ。そしてその飼育した人間に今まで飼育していたことをバラすとどんな顔をするか、とね。面白いことに飢えていた私たちはそれに飛びついたわけだ、本当に凄いこと考える奴がいるもんだと感心したよ』
『商売柄今まで人が嘆き苦しみ絶望する姿を多く見ていたが、純粋な子供が絶望する姿を見るのが最も面白かったんだ。そして最高のお膳立てをしてその顔を見られた。大変だったがその苦労に見合うだけの価値はあったと思うよ』


つまり、10年かけて幼稚園児ぐらいの年齢から子供を『魔法使いの王国の皇女である』などと養育し、ある時突然全てをバラして社会に放ったのである。理由は上記の通り。

供述からSCP-014-JP-EXを引き起こしている人物、つまり共犯者が他にもいることが分かり、同時に異常性が発見される可能性が低いと判断されたためこのSCP自体のオブジェクトクラスはExplained―背景にある法則を見破って普通のものになったか、問題が完全になくなったもはやSCPとは呼べないオブジェクト、に分類され、以後の主な捜査を警視庁公安部特事課に委託している。ただし、この外道の所業を提案した人物であるSCP-014-JP-EX-αに限っては現在も財団からマークされている模様。他に同様の10代の男女三人が保護されており、うち二人は現実復帰プロトコル実施の後里親に引き取られた。


そしてEX-1にあたる少女は......現実復帰プロトコルの実施後財団職員として雇用され、201█年現在フィールドエージェントとして勤務中。

SCP-014-JP-EX-1(エージェントのすがた)


こんな感じ...かも知れない。

なお、捜査及び少年少女の保護、そして犯人一味の処分は秘密裏に行われている。これは、この事例が公になると本当に異世界から漂流者が来た際の対処が難しくなるし、SCP-014-JP-EX-Aの共犯者連中が証拠隠滅を狙って子供たちを殺す危険性もあるため。少なくとも、公安部特事課が彼らを生かしておく可能性は非常に低いと思われる。

関連タグ・外部リンク


SCP_Foundation SCP財団日本支部

SCP-014-JP-EX

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-014-JP-EX-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3552

コメント