ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

オルテカ「私は誰でもない。君達もそうだ。誰でもない!」

フリオ「我慢は終わり、悲しみは終わり、見せかけの幸せも終わりだァッ!!」

アギレラ「生贄を集めてぇ、人間の体の中の悪魔を解き放ってぇ、この世の下らない秩序を破壊しちゃう♪ 全てはギフ様の復活の為だよ!」

「「「グラシアス!デッドマンズ!」」」


タグ付けに関して編集

別ジャンルとの混同を防ぐため、『デッドマンズ』タグは使用せず『デッドマンズ(仮面ライダーリバイス)』のみのタグ付けにご協力お願いします。


概要編集

ギフスタンプのロゴの意味!

仮面ライダーリバイス』に登場する悪魔崇拝組織。本作における悪の組織である。

ロゴマークは判子の篆書体の様に「ギフ」の文字が象られたもの。


プロトバイスタンプと呼ばれる不思議な判子を使って、人間の内に宿る悪魔を実体化、デッドマンと呼ばれる悪魔獣に変える。

平穏な世界の滅亡を望み、悪魔の始祖であるギフの復活を目的としている。復活の為にはギフテクスに達したデッドマンを6体生贄にする必要があり、組織のメンバーや悪の心を持った一般人からデッドマンを生み出し、育成を行なっている。

組織の雰囲気は享楽的・退廃的で、幹部達は構成員からアイドルのように崇められている。本拠地デッドマンズベースの内部は、さながらライブハウスの様な内装になっており、パッと見では悪の秘密結社には見えない。

幹部達はメキシカン風の煌びやかな衣装に身を包んでおり、それぞれ「変身態」と呼ばれる怪人としての姿が存在するが、これは上級契約によってデッドマンと一体化したのち選別を生き残り、ギフテクスとなった為であり、上述したようにこのギフテクスこそ、ギフ復活の為の生贄となる存在である。尤も、人間から生み出されるデッドマンには個人差が有り、大抵の者は生み出せてもギフジュニアが関の山である為、ギフテクスとなり得るデッドマンを宿した人間の発見は容易ではない。


世間に隠れて悪魔を崇拝するだけに留まらず、「敵対している政府特務機関フェニックスの施設に押し入ってアイテムを強奪する」「フェニックスの式典に乱入して怪人を暴れさせる」などの大がかりな犯罪を堂々と行っている。これらの犯罪をデッドマンズ自身はもちろんフェニックスら治安維持側も隠蔽する気はないらしく、ニュースでも普通に報道され、世間的には凶悪なテロ組織として認知されている。

(この点は2作前の敵組織に通じるものがある)


また、プロトバイスタンプを与える対象は一般人だけでなく、弁護士のような司法関係者もおり、そのような人間と結託する悪意のある人間も出てくる始末であり、暗黒結社ゴルゴムのように社会的な影響力は小さくはないようである。フェニックスがデッドマンズ相手に苦戦している事といい、この世界の治安は大丈夫なのだろうか…?


一方で、意外と組織そのものの層は薄いのか、そういった外部の協力者が絡まない作戦の場合はアギレラを含めた幹部自身が現場に赴いて直接的な戦闘や工作を行うこともある。

また、仮面ライダーという自分たちにとって障害となる存在が現れた際には、かなり早い段階でその変身者の身辺を調べ上げて、その近親の人間を狙うという搦め手にも出たりする。


その歴史は意外と深いらしく、いつ頃かは不明だが牛島太助の家族を殺害しており、またアギレラが物心ついた時からデッドマンズにいた所から、少なくとも彼女の生まれる前から存在していた模様。と言う事は先代の頭首がいたと思われるが、現時点では不明。(おそらく、デッドマンズの創始者が先代の頭首である可能性が高い。その人物は、自分を理解しようとしてくれない他者に絶望していたオルテカを勧誘していたことが第20話で判明した。)


その正体はとある実験体の脱走により過去に壊滅した科学研究組織ノアの枝分かれした一部の腐敗したメンバーが奪ったギフの棺を神格化して組織したものが前身となっていた事が第26話で判明した。


15話で遂に6人のギフテクスが揃い、オルテカはアギレラを生贄にしてギフを復活させようとしたが、五十嵐三兄弟とフェニックスに邪魔されて復活の儀式は失敗。本拠地であるデッドマンズベースも失い、ギフが封印されている棺はフェニックスに回収されてしまった。またアギレラは自分を利用したオルテカを許さず、彼女に従うフリオと共に逃走。デッドマンズ上層部は分裂し、組織は壊滅したかに思われた。


しかしオルテカは全く諦めておらず、世界を支配すべく行動を開始。日常に戻っても不満を抱く悪魔崇拝者達を集めて、新生デッドマンズを結成。ギフスタンプを使ってギフテリアンという新戦力を生み出し一輝達を苦しめる。一方、アギレラとフリオは、オルテカにもフェニックスにも加担しない第3勢力として動く。

だが後にオルテカがデモンズドライバーを奪って仮面ライダーデモンズに変身できるようになるとアギレラはフリオをクビにしてオルテカと結託する。だが実質的にはオルテカが主導権を握っているのでアギレラの権威は事実上無い。そして第28話でアギレラはフェニックスから脱出したギフに拒絶され、オルテカもリバイスに敗れた後にギフに吸収されて遂にギフは復活するがその肝心のギフ本人は人間に興味など無かったようでどこかに飛び去っていき、よってアギレラもデッドマンズもギフに見限られたような状態となり、組織としての体制は事実上崩壊することとなった。


結局の所、デッドマンズとはギフの復活を目論む黒幕が用意した虚構であり、形だけの舞台装置に過ぎなかったのである(フェニックスも同じようなものである)。


構成員編集

頭首編集

デッドマンズの頭首。服の色は赤で、幹部の中では唯一の女性。気が強い性格で、お茶目な一面や冷酷非情に振る舞うが、本質はツンデレで心優しい性格。

幼少期にデッドマンズに誘拐されデッドマンズの洗脳を受けており、デッドマンズでの活動もみんなの為に良いことをしているつもりだと思っている。

幼い頃から「ギフの花嫁」と呼ばれ育ったことから、ギフの花嫁になることを夢見ている。

オルテカによってギフの生贄に捧げられようとしていたところを一輝たちに助け出されるも、その後は宙ぶらりんな状態でギフを追いかけているが、そのギフにも拒絶されてしまい、慰める玉置を振り払い失意のままどこかへ去っていった。

第33話にて、五十嵐さくら/仮面ライダージャンヌとの戦闘によって契約解除され、さくらと和解し救われる。以降はウィークエンドに所属することに。


  • ???

第20話でその存在が示唆された「デッドマンズ」の創設者でおそらく先代当主。現時点では男性という事のみが判明している。

本編では最後まで正体が明かされることは無かったが、付けている手袋等、状況証拠からこの人物ではないかと指摘されていたが、後に発売された超全集にて確定した。


ギフテクス編集

デッドマンズの幹部の1人。服の色は緑で、丁寧な口調で喋る。

新生デッドマンズの実質的なリーダー。一時的にギフと融合しアノマロカリス・デッドマンとなってリバイスに襲い掛かるも敗北、三幹部時代が走馬灯のように流れたのち悟ったかのようにギフに吸収された。

しかし実はギフの手で生かされており、終盤のある出来事をきっかけに開放。以降は特殊刑務所の独房へ投獄される。


デッドマンズの幹部の1人。服の色は紫で、大きなソンブレロを被っている好戦的な青年。アギレラのボディガード。

リバイス契約解除させられ、その後しばらくアギレラと共にいたもすでに生身の人間であり危険であることから捨てられ、五十嵐さくらを通してしあわせ湯に居候中の身となった。

忠義を誓ったアギレラを追いかけ、同じくウィークエンドに所属することに。


第13話より登場したデッドマンズの幹部。

カメレオンの能力を生かした潜入・諜報活動に長けたフェーズ2のデッドマン。

その正体はフェニックスの裏切り者であり、とある人物に擬態している。

ライダーたちに敗北し消滅。

なお、本名は最後まで明かされなかった。


デッドマンズの教えに共鳴する心理カウンセラーにして、プラナリア・デッドマンの本来の契約者。

その目的は「ギフに代わり、新たなるデッドマンズを作ること」と称する。

心理操作とプラナリアプロトバイスタンプの複製能力により「共同契約」を行うことができる。

ライダーたちに敗北し消滅。


デッドマンの力で脅迫や暴行、更には、判決を下す裁判官と共謀して勝利してきた悪徳弁護士。

一輝によって失脚しており、彼を強く憎んでいる。

ライダーたちに敗北し消滅。


怪人編集

幹部達が接触した人間にプロトバイスタンプを押すことで誕生する、悪魔が実体化した悪魔獣。


ギフジュニアバイスタンプから無尽蔵に召喚する、デッドマンズの戦闘員。


新生デッドマンズ編集

ギフスタンプを人間に押すことで誕生する悪魔。デッドマンとは違い、押された人間はギフテリアンに内側から食い破られて死亡する。


外部協力者編集

同じく五十嵐一輝の打倒に燃える五十嵐大二の内なる悪魔で、彼へのコンプレックスから生まれた存在。

こうした出自から一輝と言う共通の敵を持つ意味で一応、デッドマンズとは協力関係にはあるのだが、カゲロウ自身は一輝を打倒する以外の事などまるで眼中に無い上、アギレラもアギレラで命令されるのを嫌う性分の為、両者の協調性は皆無。それが証拠に、温泉旅館で自身を差し置いて独断で一輝の毒殺に動いたアギレラに変身して襲い掛かる等、両者は互いを牽制し合う間柄である。その後もデッドマンズに味方したり敵対したりとどっちつかずの関係性であった。第26話で互いの生存をかけた大二との決戦の末消滅。


元々はフェニックスに所属し、門田ヒロミ司令官の命令でオルテカの動向をうかがうために信者として潜入していたが、組織の裏の顔知ったことで離反し、ダブルスパイとして暗躍。オルテカと共謀してデモンズドライバーの奪取を図ったが、オルテカに裏切られる形でギフスタンプを押印されてギフテリアンにされてしまい、死亡。


社会に潜む構成員編集


上記の通り、弁護士や裁判官、カウンセラーなど、恐ろしい事に社会的地位のある一般人まで裏でデッドマンズと癒着及び内通しており、人間社会のかなり奥深くまで根を張っている事が窺える。


関係者編集

第18話で初登場。

オルテカとの繋がりがあった。


余談編集

  • 幹部全員一人称が「私」である。
    • ただし、素の時のフリオとオルテカは「俺」。

  • 組織全体のイメージはメキシコを連想させるものになっている。キャッチフレーズにもある「グラシアス!(Gracias!)」はスペイン語であり、同国の主要言語である。
    • ちなみに、デッドマンは直訳で「死者」という意味があるが、メキシコにはあのピクサー製作のアニメ映画『リメンバー・ミー』のモチーフにもなった「死者の日」という日本のお盆にあたる伝統行事やサンタ・ムエルテという死神を祀る民間信仰が存在する。
    • キャラクター名はテキーラの銘柄を由来にしていると思われる。また、人名としてはアギレラやフリオはスペイン語系の名前として実在するが、オルテカは実在しない。
    • コンセプトは「陽気な悪」であり、ビジュアルも「ラテン」と言うキーワードを元に創作されている。

  • 人外のみで構成された前2作の組織と異なり人間の構成員がおり、作中ではギフジュニアに混じって多数の人間が幹部を讃えている様子が見られた他、劇場版冒頭でフェニックスの研究所を襲撃した際は戦闘ヘリを使用するなど人間の利器も扱える。


  • アギレラはオルテカの行動(彼女曰く「盗み聞き」)に対して憤慨していたので、悪魔崇拝者の集団と言えど守るべきモラルは存在するようだ。余談だが、『リバイス』作中外現実世界におけるサタン教会にも「サタニズム9箇条」「サタニズムにおける9の罪」「地上におけるサタニストの11のルール」という戒律が存在する。

関連タグ編集

仮面ライダーリバイス

悪魔(仮面ライダーリバイス) デッドマン(仮面ライダーリバイス)


ミラーモンスター:前世代3番目仮面ライダー作品に登場する敵対勢力


敵組織

黒い本棚デッドマンズDGP運営

関連記事

親記事

仮面ライダーリバイスの登場人物一覧 かめんらいだーりばいすのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 877717

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました