ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「フェーズ2に進化した私が、と同じギフテクスとなり、生贄の資格を得る……」
「……参りましょう」

データ

バイスタンプカメレオンプロトバイスタンプ
身長196.6cm
体重106.1kg
特色/力形態変化/保護色


概要

第13話「フェニックス危機一髪!」より登場。

フェニックスの裏切り者と思われる何者かがカメレオンプロトバイスタンプの力で解放された悪魔「カメレオン・デッドマン」と上級契約を交わし、フェーズ2へと進化したカメレオン型のデッドマン

幹部たちを除けばそれなりの古株らしく、生贄候補であるギフテクスに最も近しいデッドマンで、所謂デッドマンズの準幹部に当たる存在。

昆虫系の悪魔がベースで、両肩に小さいデッドマン共通の髑髏の仮面が埋め込まれている。
歯を見せて笑ったような人間の顔の上にカメレオンを模した深緑色の仮面を被っており、三つの大きな目が浮かび上がった悍ましい姿をしている。顔と両肩にはカメレオンの舌を思わせる赤い装飾があしらわれ、素体部分は皮が剥がされ筋肉が剥き出しになった様な外見で、更にグロテスクさを掻き立てている。
また、フェーズ2以降の特徴でもある白い衣装はマントのようになっており、サイを思わせる巨大な角を後ろに生やしている。
名前の通りモチーフはカメレオンだが、かなり屈強な体格。

組織の役割をとしては諜報や潜入などが主な任務であり、長らくデッドマンズから離れて別行動を取っていたが、計画が実行することを報告すべく彼らの前に姿を現した。
そして第14話においてギフの選別を生き残り、無事にギフテクスへと進化。デッドマンズの新たなる幹部へと就任した。

能力

カメレオンの遺伝子情報を獲得しており、保護色で体表の色素を変化させて背景に溶け込む能力に加え、フェーズ2に進化した事で様々な人物に擬態する事が可能な形態変化能力を獲得。
一度姿を変えてしまうと人間には判別することは困難となり、悪魔でさえも注意を怠れば見逃してしまう程の完成度を誇り、その能力を活かして潜入工作を得意とするようになった。

戦闘ではカメレオン特有の身軽な格闘戦と、上記の形態変化能力で相手を攪乱・翻弄する。しかし、あくまでも本領は奇襲や隠密のため正面からの戦闘はやや不得手。
ちなみに擬態する際には一度でも対象に触れる必要があるらしく、一目見て相手に成りすますといった芸当は難しい模様。

フェーズ2時点では自力での変身解除が出来なかったが、上記の擬態能力があるため大したデメリットにはなっていない。
ギフテクスに到達したことで変身前でも擬態することが可能となった。

また第16話では長い舌を伸ばしての攻撃や、火炎を放射する能力も披露している。

人物像

好戦的なフリオや時折狂気的な笑みを見せるオルテカと違い、必要最低限のことしか話さない寡黙な性格だが、その本性は彼らに匹敵するほどの狂気を秘めている。
この状態の彼は普段の冷静な様子が噓のような邪悪な笑い声と笑みを見せる他、興奮すると目を見開いたり自分の舌で唇を舐める癖がある。急にハイテンションになったかと思えば、一転して冷静になるなど様々な色に擬態するカメレオンが持つ性質のような情緒の不安定さが見える。

尚、選別を終えた際に一瞬だけ本来の姿が垣間見えたが、「自分(オリジナル)の姿は嫌い」という理由ですぐに成り代わっていた人物の姿を取っていた所から、本来の自身の容姿に対して強いコンプレックスを抱いている事が窺える。恐らくそれが彼の中の悪魔を生み出す原動力となったのだろう。

人間態は、擬態した人間の容姿と黒いロングコートにズボン。デッドマンズ幹部と比べて大人しい服装。
後ろ姿だけだが本来の姿は青いジーンズに半袖のシャツ、そして坊主頭という至って普通の装いをした男性なのが確認できる。そして第16話で本来の姿と素顔が明らかになった。

活躍

  • 第13話「フェニックス危機一髪!」

自身の計画の下準備を終え、挨拶がてらアギレラの前に出現。
自身とオルテカフリオ、更に天彦を加えたギフの復活の生贄候補の数を揃えるため、フェニックスの更生施設に収容されても尚、一輝の恨みを募らせるカンガルー・デッドマンの産み主・工藤康を脱獄させるべくアギレラ達と行動を開始。

フェニックス・スカイベースに忍び込むと康の姿に化け、自身を追いかけるフェニックスの隊員の1人を襲撃。天彦にカードキーを渡して康を脱獄させ、自身はジョージ・狩崎が開発するバリッドレックスバイスタンプを強奪すべく、フェニックスの隊員の姿になりすまし狩崎のいる部屋へと侵入。

しかし、今まで契約を守って一緒に戦ってくれたバイスの事を本当に信頼すると決めた一輝が今まで拒んでいたバイスの解放を実行、実体化したバイスに殴られて変身が解けて正体を晒し、完成したバリッドレックスバイスタンプを強奪しようと襲いかかるも変身したリバイのパンチで怯んでしまうが脱獄の時間は稼ぎ、ギフスタンプをその目にしっかりと焼き付け、不気味な笑みを浮かべながら逃走した。

ジョージはカメレオン・デッドマンの正体=フェニックスの裏切り者の正体を司令官である若林優次郎だと推測するが…?

カメレオンプロトバイスタンプ

避役印


カメレオン!

変幻自在の幻術士「カメレオン」の力を宿したプロトバイスタンプ。
カラーはカメレオンの後ろがオリーブ、カメレオン部分はライトグリーンとなっている。

関連タグ

仮面ライダーリバイス デッドマンズ(仮面ライダーリバイス)
デッドマン(仮面ライダーリバイス) ギフテクス
カメレオン

ブラック将軍/ヒルカメレオン:恐らく元ネタで、同じくカメレオンがモチーフに組み込まれたライダー怪人。こちらは正式な組織の幹部。
死神カメレオン:こちらもヒルカメレオンと同じく初代仮面ライダーに登場したカメレオンの怪人。
メレ:カメレオンモチーフの敵幹部繋がり。























以下、ネタバレ注意










その正体(第14話以降のネタバレ注意!)

  • 第14話「司令官は…デッドマン!?」


CHAMELEON



「今日から私が、『若林優次郎』だ」
「ッッハハハハハハハハハハハッ!……グルァアァァシアァァァァス! デッドマァァァンズ!

第1話でのデッドマンズによるフェニックスの式典会場襲撃の際、騒動の裏で本物の優次郎を抹殺して彼に成り代わっていたことが判明する(つまり、第2話以降の若林は本人ではなくカメレオン・デッドマンだったことになる)。
ギフスタンプを奪うべくフェニックスの本部に侵入し、スタンプを護衛していた隊員たちに対してこの事実を明かし、まさにカメレオンのごとく豹変した、狂気に満ちた本性を露わにした。
動揺を隠せないヒロミ大二を蹴散らしてヒロミを人質にし、ジョージからまんまとギフスタンプを奪取した後デッドマンズベースに帰投。選別の儀式を経てプラナリアサーベルタイガーと共にギフテクスへの進化を果たした。
なお、上述の通り儀式の際に一瞬だけ本来の人間態の姿が映ったがすぐに若林の姿に戻り、「自分のオリジナルの姿は、嫌いでね」と語った。

  • 第15話「撲滅!対決!デッドマンズ!」
ギフ復活の儀式を行うためアギレラを拘束していた折に、デッドマンズのアジトに乗り込んできたライダー達と対決。バイスに触れてバイスの姿に変化し、リバイの混乱を招くが、本物のバイスのセリフに困惑した為に偽物と見抜かれて変身が解かれ、著作権侵害斬りバイスバスターの連撃のダメージで若林の姿に戻った。そこへ「潰す」と叫ぶまでの殺意を纏ったヒロミが登場。再度変身してデモンズとの戦いに突入。デモンズフィニッシュを浴びせられるもののまだしぶとく生きており、副作用で思うように戦えないデモンズを苦しめたが、スコーピオンゲノミクスの猛攻に押される。その直後にデッドマンズベースが浮上し始めた為、戦いは中断された。

  • 第16話「守りたい想い…時代は五十嵐三兄妹!」
オルテカに対して激怒するフリオを攻撃して制止した後、オルテカと共に姿を消して逃走。
それ以降はオルテカに協力し、五十嵐家を崩壊させるための計画を実行。親子で買い物をしていた五十嵐幸実を拘束・拉致して彼女に擬態。そのまま一輝を背後から包丁で刺そうとするが、ヒロミからの連絡でデッドマンズの計画を察知していた一輝に防がれ、幸実も発信器からの情報を元に駆け付けたフェニックスの隊員に保護される。
若林に擬態し直し、計画を台無しにされたことに激怒しながらカメレオン・デッドマンの姿へ変貌。ギフジュニアを引き連れて五十嵐三兄妹に襲いかかる。
しかしギフジュニアはライブとジャンヌの攻撃で全滅し、自身もリバイスの連続ゲノムチェンジによる猛攻に圧倒される。
一輝から「俺はお前を助けたいんだ!降参しろ!」と説得されるものの「どうせ人間には戻れないんだよ!!」と叫び拒絶。それにより覚悟を決めたリバイバリッドレックスゲノム「フィニフィニフィニッシュ」を受けて敗北。
擬態が解けて本来の人間態に戻り「残念…だなぁ〜…悔しいなぁ〜…!」と未練の言葉を口にしながら他のフェーズ3のデッドマンと同様に消滅してしまった。

  • 余談
カメレオン・デッドマンの本来の人間態の演者はまさかのザブングル加藤氏。公式サイトのスチール写真では彼の悔しむ姿が写っているが、ご丁寧に若林優次郎に擬態したバージョンの写真も並んでいる。実際にご覧になられた方には分かると思うが、表情が瓜二つそのものになっている。若林を演じた田邊氏の高い演技力が窺える。ちなみに14話の後ろ姿も、加藤氏であったことが公式サイトで語られている。










以下、「仮面ライダービヨンド・ジェネレーションズ」の内容が含まれます。







仮面ライダービヨンド・ジェネレーションズ』(ネタバレ注意!)

映画「ビヨンド・ジェネレーションズ」にも登場。
若林の姿でディアブロスタンプが封印されていたショッカーの研究施設へデッドマンズの幹部3人を案内する。
その後、ディアブロの完全復活の儀式を行うためアラスカに出現し、オルテカ・フリオと共にデモンズやサーベラデュランダルと交戦。
オルテカが差し向けたギフジュニアを含めた物量により彼らを圧倒、アギレラが最後の柱を発生させる様子を確認して撤退した。
尚、ギフスタンプがフェニックスの本部に保管されていたことから本作の時系列は「リバイス」13話と14話の間に位置すると思われる。
また、彼がどのような経緯でディアブロやショッカーの情報を得たのかは明らかになっていない(フェニックスの司令官という立場を乗っ取っていたため、情報の入手自体は容易であったと思われるが)。

関連タグ(ネタバレ込み)

クロニエとある人物に成り代わっていた繋がり
エボルト難波重三郎:同上。こちらは更にニチアサ枠という共通点もある。
ナリズマ・シボンズ主役サイドの味方側の人物に成りすましていた怪人繋がり。こちらは売人の手で殺害した後に変装用のツールを作成したのをたまたま入手している。

関連記事

親記事

ギフテクス ぎふてくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カメレオン・デッドマン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カメレオン・デッドマン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41199

コメント