ピクシブ百科事典

令和ライダー

れいわらいだー

「仮面ライダーシリーズ」におけるカテゴリー分けのひとつ。2019年9月に放送が開始された「仮面ライダーゼロワン」以降の作品の総称である。「令和仮面ライダー」とも。
目次[非表示]

概要

2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、同5月1日付けで元号が「平成」から「令和」へ改元。「昭和ライダー」「平成ライダー」になぞらえて作られた言葉で、2019年5月以降に放送が開始される仮面ライダー作品の事を指す。

公式で明確に令和ライダーとカウントされ始めるのが、2019年9月から放送される仮面ライダーゼロワンからとなる。
1年を通してアイテムを使って変身すると言う点は平成ライダーから変わらない様子だが、令和第1号と言う点から仮面ライダー1号を思わせるバッタをモチーフとした原点回帰デザインとなっている。
そして、何気に新元号元年で第1号扱いされる初めてのライダーが登場した事になる。

前作『仮面ライダージオウ』は放送期間が平成から令和にまたがっているが、平成ライダーとして扱われる。そもそもジオウ自体が平成ライダー最終作と釘打たれている上、ゼロワンが令和の1号ライダーと紹介されている為、ジオウが平成ライダーとして扱われるのは必然である(そもそも昭和→平成でこの様な論争が起こったのはまだ昭和ライダー・平成ライダーが定着していなかったというのもある)。

なお、令和最初の仮面ライダーTVシリーズ本放送は2019年5月5日の『ジオウ』EP34「2019:ヘイセイのオニレイワのオニ」。さらにネット配信を含めれば、それより僅かに早い同日0時より『仮面ライダーブレン』第2話が東映特撮ファンクラブで配信されていた。
ただしこれらはいずれも第1話が登場したのは平成であり、その作品も平成ライダーにカテゴライズされる。
ちなみにVシネマ仮面ライダーシリーズで初の令和仮面ライダーシリーズはビルドNEW_WORLD仮面ライダーグリスである。

「令和」の特徴

令和ライダーの共通点


特徴① 世界観編


特徴② 戦闘編

  • 1話につき1回以上は戦闘があり、多い時は1話中ずっと戦闘している場合もある。


特徴③ デザイン・変身編

[ZERO-ONE x SABER]



特徴④ サブライダー編

GUN x SWORD



特徴⑤ 拠点編

  • 平成ライダーで活動拠点が変わることはあまりなかったが、『ゼロワン』と『セイバー』では物語の中盤あたりで活動拠点から追い出されている。


特徴⑥  怪人編

  • 平成ライダーと比べると怪人のレパートリーが抑えられ、再生怪人として登場する頻度が高い。デザインでは共通したボディを持っているのが特徴。


作品タイトル

※キャスト等の詳細はリンク先参照。

テレビ作品一覧

年代作品名(略称)備考メインライター総話数
2019仮面ライダーゼロワンゼロワン記念すべき令和ライダー第1作。高橋悠也全51話(本編45話+特別編6話)
2020仮面ライダーセイバーセイバー響鬼』以来のED登場。福田卓郎現20話


劇場版一覧



関連作品

年代作品名備考
2022仮面ライダーBLACK SUN仮面ライダーBLACKのリブート作品
2023シン・仮面ライダー初代ライダーのリブート作品


主題歌一覧

OP

作品名タイトル歌手
ゼロワンREAL×EYEZJ×Takanori Nishikawa
セイバーALMIGHTY〜仮面の約束 feat. 川上洋平東京スカパラダイスオーケストラ川上洋平


ED

作品名タイトル歌手
ゼロワン--
セイバー仮面ライダーセイバー東京スカパラダイスオーケストラ


舞台となる街と活動拠点

作品名拠点
ゼロワン東品川飛電インテリジェンス/飛電製作所
セイバーかがり市ファンタジック本屋かみやま/ノーザンベース


変身アイテム一覧

作品名アイテム
ゼロワンプログライズキー/ゼツメライズキー
セイバー聖剣+ワンダーライドブック


令和ライダーの仮面ライダー

令和ライダーシリーズの仮面ライダー一覧』参照

令和ライダー関連の記事作成・編集について


この項目は絶対に消さないで下さい。

  • 商標登録
  • 「情報解禁前につき無断転載禁止」と書かれた玩具取扱店・業者向け資料(カタログ)
  • 児童雑誌や玩具の先行情報
  • これらの情報を「ネタバレ」と称して無断で転載しているブログ
などから記事を作成すること、またはそこからの情報加筆はおやめください。
名前だけでも新ライダーやフォーム、新アイテムについての特徴、また変身者についての示唆となり、公式からすれば本来の手段では得られないはずの未公開情報です。
更に登場時期によっては内容の変更・延期も十分にあり得る作品群です。新規作成についてはマナー・モラルを重視し、『製作発表後』『テレビ本編での登場後』にするようお願いします(仮に公式Twitterで情報公開がされても本編登場まで編集はお控え下さい)。登場時期未定の段階で玩具情報や児童誌・情報誌による情報公開が先行した場合も登場時期未定のネタバレ情報になる事例が多い為、雑誌(てれびくんテレビマガジン等)での情報公開や玩具の情報(RKFやDX玩具、ガンバライジングブットバソウル等)に合わせ早期に記事作成をするのはおやめください。
誌面の撮影やスキャンによる画像の無断転載や流布については制作側にも認識されており、注意喚起や警告も行われています(テレビマガジンtwitterアカウントてれびくんtwitterアカウント特撮誌「宇宙船」twitterアカウント)。
名称やロゴについて、これらの雑誌よりも先に情報が出る「商標登録出願」案件についても同様です。企業からすればあくまで商業上の理由によって事前に申請せざるを得ず、他の商標と同様に一定の手続きで閲覧できる、というだけであり、公式からの「解禁」とは意味合いが異なります。

また、最近ではネタバレ情報を「オリジナルライダー」「調査中」と称して記事を作成する悪質な例が続出しております。オリジナルライダーは公式のライダーと混合される可能性がある為、例え記事の制作者が絵師本人であっても、イラストの投稿数が多くてもオリジナルライダーの記事の作成はしないで下さい。調査中と称して未確定情報を乱立する悪質ユーザーも見受けられます。これらのユーザーを発見した場合は記事の一時白紙化と悪質ユーザーの通報をお願いします。

悪質な記事の作成、本編未登場にも関わらず内容に加筆すると言った行為は機密情報の「窃盗罪」に当たる可能性があり、繰り返し行った場合、最悪アカウント停止の可能性があります。

情報を知らない人にとっては初見での楽しみが失われる迷惑行為になります。ネットに出回っているから記事の作成・編集をして良いなんて事は絶対にあり得ません。ネットマナーを留意した編集をお願いします。また、それらの記事の検索・閲覧の際はご注意下さい。

最後に「仮面ライダー」という単語そのものがネタバレになり得る事を理解して下さい。


関連タグ

仮面ライダー 昭和ライダー 平成ライダー 令和

昭和ライダー平成ライダー→令和ライダー

ミライダー:令和が何年続くのか不明であるが、設定された時代によっては「令和ライダー」とネタにされるライダーも存在する(実際には初登場した作品のライダーとして扱われるが)。


令和時代に活躍したニチアサキッズタイム

作品仮面ライダースーパー戦隊プリキュア
1仮面ライダーゼロワン(2019-2020)魔進戦隊キラメイジャー(2020-2021)ヒーリングっど♥プリキュア(2020-2021)
2仮面ライダーセイバー(2020-)機界戦隊ゼンカイジャー(2021-)トロピカル〜ジュ!プリキュア(2021-)

関連記事

親記事

仮面ライダーシリーズ かめんらいだーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「令和ライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2193618

コメント