ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

令和ライダー

れいわらいだー

「仮面ライダーシリーズ」におけるカテゴリー分けのひとつ。2019年9月に放送が開始された「仮面ライダーゼロワン」以降の作品の総称である。「令和仮面ライダー」とも。
目次 [非表示]

Reiwa Riders

REIWA

俺の歴史は! ここから始まるんだよォッ!!


概要編集

2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、同5月1日付けで元号が「平成」から「令和」へ改元。「昭和ライダー」「平成ライダー」になぞらえて作られた言葉で、2019年5月以降に放送が開始される仮面ライダー作品を指す。


「昭和ライダー」「平成ライダー」がその作風の変化を理由としたファン用語として使われ始めたのに対して、「令和ライダー」は元号の変化を理由に当初から公式用語として使用されている。そのため、平成ライダーからの大きな作風の変化は見られない。

ただし、令和第1号となる『仮面ライダーゼロワン』は仮面ライダー1号を思わせるバッタをモチーフとした原点回帰デザインとなっている。

そして、何気に新元号元年で第1号扱いされる初めてのライダーが登場した事になる。


令和に制作された平成の延長線上の作品編集

前作『仮面ライダージオウ』は放送期間が平成から令和にまたがっているが、平成ライダーとして扱われる。そもそも『ジオウ』自体が平成ライダー最終作と釘打たれている上、『ゼロワン』が令和の1号ライダーと紹介されている為、『ジオウ』が平成ライダーとして扱われるのは必然である。

ちなみに昭和と平成を跨いだ『RX』も昭和ライダーに分類されているが、ジオウと違って最終作扱いにはなっていない上、そもそも昭和ライダーという枠自体が『ディケイド』頃から公式で用いられるようになった後付けの区分である。


なお、令和最初の仮面ライダーTVシリーズ本放送は2019年5月5日の『ジオウ』EP34『2019:ヘイセイのオニレイワのオニ』。さらにネット配信を含めれば、それより僅かに早い同日0時より『仮面ライダーブレン』第2話が『東映特撮ファンクラブ』で配信されていた。

ただしこれらはいずれも第1話が登場したのは平成であり、その作品も平成ライダーにカテゴライズされる。

ちなみにVシネマ仮面ライダーシリーズで初の令和作品は『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』である。


「令和」ライダー現段階の特徴編集

(2024年時点、随時更新)

該当作品がまだ6作品のみである都合上、これらの考察には偶然の一致である可能性が多分に含まれる、及び昭和・平成ライダーにも同様の要素を持つ作品がいくつかある等の考慮すると、令和ライダー独自の特徴とするには早計でもある点に十分留意。


世界観編編集

  • 基本的に平成ライダー(特に2期)と同様、各物語は独立しているが同一世界(もしくは並行世界)で起きている可能性がある。
    • 『ゼロワン』から『ガッチャード』では同じ年号「N.E.」が使用されている。
    • ファンサービス程度だが『セイバー』では『ゼロワン』の重要な要素を担う人工知能搭載人型ロボットヒューマギアが登場している。
    • MOVIEバトルロワイヤル』では、それを示唆するかのように『ゼロワン』の「飛電インテリジェンス」や「クスクスドリームランド」、『セイバー』の「エターナルストーリー」といった電車の中吊り広告が見られる。

  • 『ゼロワン』と『セイバー』間を除き、バトンタッチ回が存在。『リバイス』は仮面ライダーシリーズが全てシームレスに繋がった世界観。

仮面ライダー編編集

  • ぶっ飛んだデザインも多かった平成ライダーに比べて第一印象を重んじている傾向が強い。特にそれぞれの個性を出しつつも、ちゃんと「正統派」と呼べるデザインを目指していると思われる。
    • ただし、『セイバー』は平成二期に逆行したような挑戦的なデザインとなっている。

  • ゼロワン~ガッチャードまでの5作品には共通して「動物」がモチーフに取り入れられていたが、6作目のガヴのモチーフが「お菓子」となった事で、これまでの流れが絶たれた。


  • 変身音等の変身プロセス中にベルト音声が『仮面ライダー』とハッキリ名乗り上げるライダーが高確率で存在する。


主役ライダー編集

  • 基本フォームに、それまであまり用いられなかったモチーフが使われる場合が多い。
    • 意外に平成ライダーでは採用例が2つしかない純バッタモチーフの『ゼロワン』、戦隊との兼ね合いで見送られてきた恐竜モチーフの『リバイス』、ライダーどころか特撮全体でもまず見られないキツネモチーフの『ギーツ』は好例。
    • また、平成までと比べてキック力に重きを置いた基本フォームの割合が高いのも特徴。
    • 基本フォームにも必ずフォーム名が冠されている(フォームチェンジのあるサブライダーも共通)。

  • 主役ライダーが最低でも1回は暴走フォームに変身する傾向が多い。主役とは別勢力由来のアイテムで変身する場合が多め。
  • 主役ライダーの銀色の強化フォームが新武器とともにデビュー。

  • 主役ライダーが巨大戦力を保有している場合も多い。

  • 主役ライダーが強化フォームで使ったアイテムに、更に別のアイテムを組み合わせて更なる強化フォームへと変身しているものが多い。現状5作品全てに登場。
    • 前述の暴走フォームの制御や克服も、この更なる強化フォームが担うパターンが多い。

  • 主役ライダーの最強フォームのデザインが、平成で多く見られた「てんこ盛りのド派手なデザイン」とは対照的に、比較的シンプルなデザインとなっている。基本フォームをベースに多少のアレンジやリペイントを施した程度に抑えられた、斬新なデザインと評価できる。ただし平成一期はシンプルな最強形態が比較的多かったので、ある意味では原点回帰とも取れる。
    • またグランドジオウから引き継がれる形で、名称が従来のフォームのような「ライダー名+フォーム名」にならず、全く新しいライダーのような名称になる。
    • 『ゼロワン』以降は販促の都合もあり、第38話でお披露目が現時点では通例となっている。

サブライダー編編集

GUN x SWORD

  • 登場するライダーが多く、TV版だけでも10人前後まで登場し、最終的には毎年戦隊のメンバー数の倍以上のライダーが登場する。平成ライダーでは、龍騎鎧武の2作品に留まっていた。
    • 登場するライダーの多さ故に個々の出番が少なく、公式やファンから主要なライダーとしては扱われていないライダーも存在する。
    • 『ギーツ』は作品の性質故、前半の時点で既に10人以上、設定のみの存在を含めると100人を超えるライダーが存在している
    • 一方『ガッチャード』は『ジオウ』以来の少人数制となっており、当初はそこまで多くならないと公式からもアナウンスされていた。しかし、年内は2人のライダーで進行していたものの新年では新たに3人、後に6人目も登場し、スピンオフ作品のライダーも本編登場が決定したので、総数で見れば例年通りの多人数に帰結する可能性も否めない。


  • 女性ライダーの定番、レギュラー化。『ゼロワン』では下記の通り序盤から3号ライダーとして登場し、ファイナルステージ及び劇場版まで含めれば計3人の女性ライダーが存在。『セイバー』以降のTV版では必ず複数人が登場している。平成ライダーでは「女性ライダーがいない作品」は20作品中5作品のみと少ないものの、本編外のみだったり登場回数が極端に少ない作品も多かった。


  • 金・銀・黒のライダーの登場が恒例化。いずれも敵ライダーとして登場し、内2最終的に死亡する末路を辿った(後者は外伝作品で一時的に復活を果たした)。


  • ラスボスのライダーへの変身。平成ライダーシリーズでもライダー変身がラスボスとなった例はあるが、純粋な仮面ライダーのままラスボスとなったのは1人のみ。ただしクロノス怪人になった後に、弱体化してライダーの状態で撃破されている。

  • 上記の通り、主役ライダーと共闘するサブライダーが多い為、同じニチアサキッズタイムスーパー戦隊シリーズや、プリキュアシリーズとの差別化を図る意図なのか、中盤から主役ライダーと仲間のサブライダーの関係に亀裂が入り、不和に陥る展開が見られる。
    • 序盤から中盤にかけて敵対するサブライダーも、終盤に味方化したり利害の一致で共闘したりする場面が珍しくない。現状の例外はグレアなどのヴィジョンドライバーで変身するライダーのみである(変身前では最終的にギロリが協力的な立場になったが、直接共闘はしなかった)。

その他の特徴編集

  • 拠点編
    • 平成ライダーで活動拠点が変わる作品はあまりなかったが、『ゼロワン』『セイバー』『ガッチャード』では物語の中盤辺りで活動から追い出されている
    • 『リバイス』では未遂に終わったものの、物語序盤で活動拠点の1つから追い出されかかっており、またもう1つの拠点も物語中盤で追放……どころか撃墜退場してしまっている
    • 逆に『ギーツ』は特殊であり、主人公が活動拠点を自己判断で一旦離れた後に諸々の事態の末、最終章にて敵対した本来の所有者から奪取する結果となった。

  • 支援組織編
    • 第1クールでは真っ当な面を見せているものの、長期の間(悪い意味で)安定していたためか、新参者であるが故にニュートラルかつフラットな思考の主人公に対しては、良くても放置気味、悪いと現場の人間に対応を丸投げする等々、怠慢な描写も散見されている。
    • 更に上記の活動拠点の変更に伴い、支援組織の腐敗や綻び等の闇が明かされ、主人公サイドに就いた関係者による組織の是正や刷新が平行されるようにもなった。
      • 特に『セイバー』『リバイス』『ガッチャード』の3作が顕著で、いずれの組織も中枢部にが介入し、事実上の傀儡にされる醜態を晒している。

  • 怪人
    • 平成2期後期から引き続き、怪人のレパートリーが抑えられ、再生怪人として登場する頻度が高い。デザインでは共通したボディを持っているのが特徴。
    • ストーリーが進むと、一般怪人から派生した新種の怪人が登場する。
    • 何らかの形で変貌してしまい、元の姿に戻れなくなる怪人が登場。この場合、元に戻せる能力が備わったフォームor武器が(主人公の成長、もしくはシステムのアップデートで)新たに登場する場合が多い。

  • ライダーズクレスト
    • ライダーズクレストはライダーのマスクが採用されることがほとんど。
      • ただ『リバイス』のメインライダーは、悪魔と一心同体であることを表現するためか、宿す悪魔の瞳、もしくは悪魔の変身するライダーが一緒にクレストに描かれるという変則的なパターンになっている。
      • 『ガッチャード』はカードからマスクが飛び出しているようなデザイン。

  • ライダーマシン編
    • 平成二期の終盤でもその傾向が強かったが、公道での撮影がかなり厳しくなっている事情もあってか、ライダーマシンへの搭乗シーンが極端に減少しており、実際に描かれたシーンは1作品合わせても10分程度の時間にしかならない。
    • 『リバイス』に登場するバイス・プテラゲノムの場合、ベースとなったホバーバイクの「XTURISMO Limited Edition」自体が販売価格7770万円と高額。仮に借りているとしても1話あたりの予算に支障が出てしまう。
    • 『ギーツ』ではその辺の事情にメタ抜きの整合性のためか、ブーストライカーそのものを変身アイテムに紐づけた上で、そのアイテム自体に使用制限を設ける措置をとっている。ただし、マシン改造の程度も少ないためか、登場時間自体は従来作より多め。代償か基本フォームでほぼ乗らなかったが
    • サブライダーでもA.I.M.S.専用バイクやライドガトライカーなど、共通のマシンへ搭乗するシーンはあるもののやはり少なめ。ただし、夏映画(枠)ではかなりの頻度で派手なバイクアクションがある。


  • その他出演者編
    • Vシネなどの撮影スケジュールもあってか、主役ライダースーツアクターは現状5作品とも固定されているわけではなく、前年度の2号ライダーのスーツアクターが代わりばんこに主役ライダーになっている傾向にある。
    • 『リバイス』も変則的ながら当てはまっている。
    • 現状、5作品とも俳優、声優問わず戦隊OBが出演しており、作品によっては仮面ライダーになる事もある。


作品タイトル編集

※キャスト等の詳細はリンク先参照。

テレビ作品一覧編集

年代作品名(略称)備考メインライター総話数
2019仮面ライダーゼロワンゼロワン記念すべき令和ライダー第1作高橋悠也全45話(+特別編6話)
2020仮面ライダーセイバーセイバー響鬼』以来のED登場福田卓郎/長谷川圭一全48章(+特別章1話)
2021仮面ライダーリバイスリバイスW』以来のダブル主人公。仮面ライダー生誕50周年記念作品。木下半太全50話
2022仮面ライダーギーツギーツ鎧武』以来の本格的な多数ライダー制高橋悠也全49話
2023仮面ライダーガッチャードガッチャードディケイド』以来のカードがメインアイテムとなる作品長谷川圭一/内田裕基/井上亜樹子-
2024仮面ライダーガヴガヴライダー史上初、お菓子がメインモチーフとなる--


劇場版一覧編集

  • クロスオーバー映画

平成2期に毎年冬に行われた「MOVIE大戦シリーズ」⇒「平成ジェネレーションシリーズ」に引き続き、現行ライダーと前作品ライダーとのクロスオーバー映画が同時期に公開されている。平成2期と異なり、共通のタイトルは用いられていない。

2020年は後述の通り、COVID-19の影響によりゼロワンの単体映画が夏から冬公開に延期したことに伴い制作されず、代替として、セイバーの劇場短編との同時上映に切り替えられた。また、ゼロワンとセイバーとの主役ライダー同士の共演は翌2021年のスーパーヒーロー戦記で果たしている。

年代作品名備考
2019仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション2009年からの恒例クロスオーバー。令和シリーズ記念すべき第1作
2021仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ2年ぶりに単体公開。シリーズ第2弾及び仮面ライダー生誕50周年記念作品。『仮面ライダー』の要素を含む
2022仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル放送20周年を迎える『仮面ライダー龍騎』も参戦
2023仮面ライダー THE WINTER MOVIE ガッチャード&ギーツ 最強ケミー★ガッチャ大作戦ザ・ファースト・ジェネレーション以来の直近二作以前の歴代ライダーの要素を含まない作品

  • 単体映画
年代作品名備考
2020劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIMECOVID-19の影響により夏公開を冬公開へ延期。『劇場短編 仮面ライダーセイバー』と同時上映
2020劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本『劇場版 仮面ライダーゼロワン』と同時上映
2021劇場版 仮面ライダーリバイス『スーパーヒーロー戦記』のエンドロール後、サプライズ同時上映
2022劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア令和ライダーでは初の夏公開の単体映画。『暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE』と同時上映
2023映画 仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐映画 王様戦隊キングオージャー』と同時上映
2024映画 仮面ライダーガッチャード ザ・フューチャー・デイブレイク爆上戦隊ブンブンジャー 劇場BOON!』と同時上映

  • 戦隊コラボ
年代作品名備考
2021仮面ライダーセイバー+機界戦隊ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記仮面ライダーシリーズ生誕50周年&スーパー戦隊シリーズ通算45周年記念作品。『仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』のコラボ映画

年代作品名備考
2021ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷令和ライダー初のVシネマ作品。滅亡迅雷.netの4人を主軸とした物語
2021ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー『仮面ライダー滅亡迅雷』の続編にして、ゼロワン完結の物語
2022仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏本編より8年後の物語。Vシネマ作品では初の主役ライダー、サブライダーが同時主役となる
2023リバイスForward 仮面ライダーライブ&エビル&デモンズリバイス完結の物語。『MOVIEバトルロワイヤル』の後日談
2024仮面ライダーギーツ ジャマト・アウェイキング本編及び『4人のエースと黒狐』の更に後の物語


関連作品編集

年代作品名備考
2021仮面ライダーゲンムズ『ゼロワン』と『エグゼイド』のクロスオーバー作品。『仮面ライダーバルカン&バルキリー』のその後を描いた物語
2022風都探偵仮面ライダーW』の正統続編漫画『風都探偵』のアニメ化
2022KAMEN RIDER ZERO-ONE『ゼロワン』のコミカライズ
2022仮面ライダーアウトサイダーズ『ゲンムズ』の続編。様々な仮面ライダーたちが登場するクロスオーバー作品
2022仮面ライダーBLACK SUN仮面ライダーBLACK』のリブート作品
2023シン・仮面ライダー仮面ライダー』のリブート作品
2024劇場版 風都探偵 仮面ライダースカルの肖像MOVIE大戦2010ビギンズナイトをアニメ化。

主題歌一覧編集

OP編集


ED編集

作品名タイトル歌手
セイバー仮面ライダーセイバー東京スカパラダイスオーケストラ

舞台となる街と活動拠点編集


敵組織編集


  • 太字は終盤より前に壊滅しなかった組織。

変身アイテム一覧編集


ゲーム作品編集

作品名発売/配信年登場作品
仮面ライダーあつめ※2017年
  • 『ゼロワン』
  • 『セイバー』
  • 『リバイス』
  • 『ギーツ』
  • 『ガッチャード』
  • 『BLACK SUN』
KAMEN RIDER memory of heroez2020年『ゼロワン』
SD シン・仮面ライダー 乱舞2023年『シン』
ライドカメンズ2024年『カメンズ』

※令和ライダーの参戦は2019年以降。


仮面ライダーバトル編集

タイトルバージョンメインタイトル
ガンバライジング第7期「バーストライズ」『ゼロワン』
ガンバライジング第8期「ズバットバットウ」『セイバー』
ガンバライジング第9期「リリリミックス」『リバイス』
ガンバライジング第10期「ゲキレツグランプリ」『ギーツ』
ガンバレジェンズ第1期(無印)『ギーツ』→『ガッチャード』
ガンバレジェンズ第2期「シンクロ神話」『ガッチャード』

コラボ編集

出演予定も含む。

作品出演作品
共闘ことばRPG コトダマン
  • 『ゼロワン』
  • 『セイバー』
  • 『リバイス』
  • 『ギーツ』
  • 『ガッチャード』
荒野行動
  • 『ギーツ』
ゼノンザード
  • 『ゼロワン』
ゴジラ バトルライン
  • 『シン』
パズル&ドラゴンズ
  • 『ゼロワン』
  • 『セイバー』
  • 『リバイス』
  • 『ギーツ』
  • 『BLACK SUN』
  • 『シン』
ぷよぷよ!!クエスト
  • 『ゼロワン』
  • 『セイバー』
  • 『リバイス』
モンスターストライク
  • 『ゼロワン』
  • 『セイバー』
妖怪ウォッチぷにぷに
  • 『ゼロワン』
  • 『リバイス』
  • 『ギーツ』
LINE ポコポコ
  • 『シン』
LINE POP2
  • 『シン』
ユニオンアリーナ
  • 『ゼロワン』

令和ライダー関連の記事作成・編集について編集


この項目は絶対に消さないで下さい。


  • 商標登録
  • 「情報解禁前につき無断転載禁止」と書かれた玩具取扱店・業者向け資料(カタログ)
  • 児童雑誌や玩具の先行情報
  • これらの情報を「ネタバレ」と称して無断で転載しているブログ

などから記事を作成すること、またはそこからの情報加筆はおやめください。

名前だけでも新ライダーやフォーム、新アイテムについての特徴、また変身者についての示唆となり、公式からすれば本来の手段では得られないはずの未公開情報です。

更に登場時期によっては内容の変更・延期も十分にあり得る作品群です。新規作成についてはマナー・モラルを重視し、『製作発表後』『テレビ本編での登場後』にするようお願いします(仮に公式Twitterで情報公開がされても本編登場まで編集はお控え下さい)。登場時期未定の段階で玩具情報や児童誌・情報誌による情報公開が先行した場合も登場時期未定のネタバレ情報になる事例が多い為、雑誌(てれびくんテレビマガジン等)での情報公開や玩具の情報(RKFやDX玩具、ガンバライジングブットバソウル等)に合わせ早期に記事作成をするのはおやめください。

誌面の撮影やスキャンによる画像の無断転載や流布については制作側にも認識されており、注意喚起や警告も行われています(テレビマガジンtwitterアカウントてれびくんtwitterアカウント特撮誌「宇宙船」twitterアカウント)。

名称やロゴについて、これらの雑誌よりも先に情報が出る「商標登録出願」案件についても同様です。企業からすればあくまで商業上の理由によって事前に申請せざるを得ず、他の商標と同様に一定の手続きで閲覧できる、というだけであり、公式からの「解禁」とは意味合いが異なります。


また、最近ではネタバレ情報を「オリジナルライダー」「調査中」と称して記事を作成する悪質な例が続出しております。オリジナルライダーは公式のライダーと混合される可能性がある為、たとえ記事の制作者が絵師本人であっても、イラストの投稿数が多くてもオリジナルライダーの記事の作成はしないで下さい。未確定情報を乱立する悪質ユーザーも見受けられます。また記事の立て逃げをしている悪質ユーザーもおります

記事を発見した場合は一時白紙化と悪質ユーザーの通報をお願いします。


悪質な記事の作成、本編未登場にも拘らず内容に加筆すると言った行為は機密情報の「窃盗罪」に当たる可能性があり、繰り返し行った場合、最悪アカウント停止の可能性があります。


情報を知らない人にとっては初見での楽しみが失われる迷惑行為になります。ネットに出回っているから記事の作成・編集をして良いなんて事は絶対にあり得ません。ネットマナーを留意した編集をお願いします。また、それらの記事の検索・閲覧の際はご注意下さい。


最後に仮面ライダー」という単語そのものがネタバレになり得る事を理解して下さい。


関連タグ編集

仮面ライダー 昭和ライダー 平成ライダー 令和

ミライダー…令和が何年続くのか不明であるが、設定された時代によっては「令和ライダー」とネタにされるライダーも存在する。実際には初登場した作品のライダーとして扱われるが。


昭和ライダー平成ライダー令和ライダー

関連記事

親記事

仮面ライダーのカテゴライズ一覧 かめんらいだーのかてごらいずいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19597767

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました