2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーセイバー』に登場する小さな本屋。住所は「東京都かがり市第二地区9丁目6号」。

本作の主人公であり小説家である神山飛羽真が店主。飛羽真の担当編集者である須藤芽依には「小説家がダメな時の副業」と揶揄されている。しかし本人曰く「子どもの頃からの夢」とのこと。
店内には多くの本だけでなくファンタジーをイメージしたジオラマが設置されており、飛羽真が近所の子供達に童話を読み聞かせるなど、子供の憩いの場所となっている様子。店内の奥には男湯、女湯と書かれたスペースがあるが、おそらく入浴設備ではなく、男児向け、女児向けの本が置いてあるスペースなのだろう。
売っている本は絵本や児童文学が中心だが、自著など一般向けの書籍も販売しており、なんとガシャポンも置いてある。

また、顧客の誕生日にはお任せで顧客に合った絵本をセレクトしてくれるサービスも行なっているようだ。

ドアに提げられたプレートは本を模しており、開店している際には表紙を開いて「物語のはじまり」、閉店している際には表紙を閉じて「完」に切り替えている。

第1章2章と、初来店したソードオブロゴスの剣士が何かに乗って入って来るのがパターンになっている。
セイバーの人物以外では、特別編でゾックス・ゴールドツイカーが訪れている。



最終章

仮面ライダーストリウスを撃破後、新たなワンダーワールドにファンタジック本屋かみやまがあり、飛羽真は小説を書いていた。

余談

ジオラマ内の建造物の看板には「らーめん龍騎」、「多国籍料理店クスクシエ」、「鳴海探偵事務所」、「クジゴジ堂」、「光寫真館」、「ドルーパーズ」、「ユグドラシル・コーポレーション」、「居酒屋どんより」、「喫茶シャルモン」、「天ノ川学園高校」、「聖都大学附属病院」などの歴代ライダーネタが仕込まれている(この中に通りすがりの仮面ライダー怪盗もいたりする)。
絵本も同様に「やさしいゴリラ」、「はしれ!トルネードバイク」、「ビッグ!ビッグ!」、「ゆうすけのだいぼうけん」、「おはよううちゅう」、「こよみドーナツ」、「だいだいねことひなたぼっこ」、「ひろちゃんとゆあちゃん」、「勇者10ドラゴン」、「森の魔法使い」とライダー作品のパロディになっている。
また、既存の絵本が元ネタになっている絵本も存在し、「かいじゅうがいるいえ」は「かいじゅうたちのいるところ」のパロディとなっている(この他、「だいだいねことひなたぼっこ」はまどみちおの「ネコとひなたぼっこ」「やさしいゴリラ」やなせたかし「やさしいライオン」から来ていると思われる)。

「ファンタジック」は誤用。本来は「ファンタスティック」である。何の偶然か、『セイバー』にはファンタスティックの名を冠する形態が登場している。

関連タグ

仮面ライダーセイバー 本屋
神山飛羽真 須藤芽依
令和ライダー

飛電インテリジェンス/飛電製作所ファンタジック本屋かみやま/ノーザンベースしあわせ湯

























深罪の三重奏では…。

「東京都かがり市第二地区9丁目6号」にあったファンタジック本屋かみやまは、何者かの手によって燃やされてしまい、跡形も無くなっている。そのため、開始時点では別の場所に移転されており新たな地で必死に経営している飛羽真の姿が断片的ではあるが描かれている。

関連記事

親記事

仮面ライダーセイバー かめんらいだーせいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ファンタジック本屋かみやま」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ファンタジック本屋かみやま」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13786

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました