ピクシブ百科事典

仮面ライダーゴースト

かめんらいだーごーすと

『仮面ライダーゴースト』とは、2015年10月より放送開始した特撮作品。『平成仮面ライダーシリーズ』第17作目。全50話。
目次[非表示]

英雄”ヒーロー”は、一度死んで蘇る

概要

命、燃やすぜ!!
1話眼「開眼!俺!」


2015年5月26日に商標公開によりタイトルが判明し、同年10月4日からオンエアが開始された仮面ライダーシリーズ平成仮面ライダーシリーズ第17作目である。

同年7月末発売のテレビマガジンでデザインや基本コンセプトなどの情報が先行公開、同年8月8日公開の映画劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーでお披露目された(次回作のライダーが前作の夏劇場版に参戦するのは、『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』以来3年振りである)。

また、『仮面ライダードライブ』47話と最終話にもゲスト出演しており、クロスオーバー的なストーリーが展開された(次回作とのクロスオーバーは『仮面ライダーウィザード』以来である。ただ、本編とは直接関係のないストーリーの展開された『ウィザード』の時とは異なり、このエピソードは後の『ゴースト』本編にも大きく影響するストーリーとなっている。小説版の年表によるとドライブ最終話はゴースト第2~3話頃の期間にあたる)。

2015年7月31日に簡易公式サイトが開設され公式に発表、キャスト等の発表は同年8月18日に行われた。
東映プロデューサーは『仮面ライダーW』から『仮面ライダーフォーゼ』までライダーのサブPを務めた高橋一浩が初のメイン担当、メインライターは一般ドラマやラジオドラマで活動して来た福田卓郎という異色の布陣となった(ちなみにかのライダー大集合した某スピンオフドラマのライター)。

主題歌は氣志團が担当、怪人デザインに島本和彦が参加し、当初から2人目ライダーの存在が明かされている。

pixivでは、上記の雑誌バレなどを参考にした作品が本編開始前の時点でも投稿されていた。

モチーフは名前の通り幽霊である。主人公が死んで蘇るところから話が始まり、「生命」「魂」がテーマとして組み込まれている。
フォームチェンジのモチーフは歴史上の偉人で、物語が本格的に始まる前に確認されていたものはムサシニュートンエジソンロビン・フッドであり、物語が進行するにつれて新しい偉人が登場していっている。
「布を被ったお化け」というモチーフも組み込まれており、パーカーゴーストがそれである。

「幽霊」「お化け」「魂」など非現実的なものをモチーフにしているが故に、平成ライダーの中でもとりわけファンタジックな作風になっており、物語中盤からは「異世界」まで登場したことでさらにその要素が強くなっている。

総合的な評価

人の生死を取り扱っているだけあって重い話のようにも思えるが、ニチアサ枠ゆえに子供でも見やすいよう直接的な流血描写等を抑え、明るく前向きな、バラエティ性に富んだストーリーが繰り広げられている。
ただそれ故にアクション重視で飛躍した展開、強烈なギャグやかなりシュールなシーンも見られ、「平成二期最大の奇作」と評する向きも見られ、放映当時はあまり評価が芳しいとは言い難い一面が見られた。

序盤は展開の早さ、アクションのバリエーションと派手さ、未熟ながらも前向きでお人好しな主人公・天空寺タケルの活躍によって、ノリが良いストーリーが描かれており、説明不足な部分はあったが好調な出だしとなっており、視聴率も好調だったことから評価はそれなりに良かった。

しかし分かりやすい敵役である西園寺主税が退場し、新たな敵が増えて物語の全貌が見えてくる2クール目からはそれらがマイナスに作用してしまい、タケルの成長や心境の変化が見れないまま、周囲への説得を行ったり、仲間から評価される場面が多いことで、物語の重味を感じにくい作劇になっている。

また、劇中でははっきり明言されない設定や謎や増え、説明されたとしても後になってから唐突かつ短いシーンで終わるパターンが多用された(特に本作の指導役に近い仙人はこの影響で「ただただ隠し事をしている」「役に立たない」と見られてしまうこととなった)。

この他、特に批判が多いものとしては「タケルが完全に死んだようにみえて復活する」というエピソードを複数回に渡って繰り返した結果、「死」というワードが本来持って然るべき危機感・喪失感・緊急性が薄まっている、また逆に主人公以外の死が重く描かれるのは不自然、というものが見られた。

総じて、事件に対する解決とそれを取り巻く人々の変化の描かれ方が不十分であり、スピーディーだが冗長な物語になっているのである。

こうなってしまった要因としては、制作上で子供向け番組であることを意識し過ぎたという事が考えられる。

また、前々作『仮面ライダー鎧武』はハードかつシリアスな世界観が描かれ、それを抜きにしても特異な作風となったことから視聴率で大きく苦戦を強いられており、続く『ドライブ』も王道的な作品ではあったが後半の重い展開から視聴率は回復しなかった、といった直近の作品の背景も、本作のストーリー構成に影響を与えた要因の一つと考えられる。

こうした事情をふまえて、ホラー要素を差し色程度に抑えた楽しい特撮作りが目指されたのだと思われるが、その結果その場その場のテンポを優先して、舵取りが効かない行き当たりばったりな作品にならざるを得なかったのかもしれない。

2016年になると『仮面ライダーアマゾンズ』『ウルトラマンオーブ』『シン・ゴジラ』等のヒット作と競合することになり、ますます窮地に陥った。

その後、2017年に『小説 仮面ライダーゴースト ~未来への記憶~』が出たことである程度名誉回復がされるようになった。というのも、「放送前の段階では、小説版のように人の生死というテーマを前面に押し出したとんでもなく重たい作品になる予定だったが、その脚本が余りにも陰鬱すぎたことや、表現規制の観点から却下された」と言う憶測が流れるようになったためである。
実際にそうだったのかはよく分からない。ただ、表現規制の影響については放映当時から噂はされていた。というのも『アマゾンズ』の発表にあたって、昨今のニチアサの規制の話題がスタッフから多く語られていたことによる。

批評の多い本作であるが、幽霊や偉人、目玉といったユニークなモチーフを盛り込んだアクションシーンは比較的人気が高く、何より作品を彩るキャラクターたちは平成二期でも異彩を放つ人気を誇る。

初めは敵対していたが色々なものに触れ知っていくうちに大きく成長する3号ライダーアラン、コミカルながらも決める時は決める協力者の御成など王道に評価されている面々の他、深海マコトに至っては数年後のニチアサの別番組の放送中にたびたびトレンドに割り込むという奇妙かつ絶大な影響力を持っている。

そして、本編終了後に発売されたVシネマと小説版では、表現規制の緩さを生かした強烈な演出や、設定の補完が多くなされるなど高い評価を受けている。

特にVシネマは、ファンから熱い要望を受け続けたキーアイテム数年の時を経て商品化するほど人気を博している。関連作品を全て考慮した上で、再評価する声もある。

また、ゴースト=タケル役の西銘駿氏は平成ジェネレーションズ皆勤賞な上に『仮面ライダージオウ』に於いても自身を模したアーマーが物語本編にて最初に登場。

更に主人公2号ライダーに使われている上、ゴースト本人についても本編でしっかりと見せ場がある上にそこそこ重要な役割を果たす、更には脚本家繋がりで(『仮面ライダーディケイド』、『仮面ライダージオウ』の様なアニバーサリー作品を除いて)令和ライダー(しかもテレビ本編放送真っ只中の)『仮面ライダーセイバー』とのコラボを実現するなど、後の作品での客演といった面において、公式からの扱いは平成ライダートップクラスの待遇を受けていると言っても過言ではない。

「本編単体では不十分」と言わざるをえないが、完成度の高い外伝作品や、後年まで不思議と愛されるキャラクターたち、客演時の活躍などなど、楽しめる要素も非常に多い作品といえる。

2021年秋から2022年春にかけては東映YouTube公式チャンネルにて初の全50話の配信がなされ、これをきっかけに、前述の様な再評価や新たなファンを獲得する結果にもなっている。

玩具展開

変身アイテム関連

前作のドライブドライバーが赤外線通信を採用したが故にややギミックが複雑になってしまったことを受けて、ゴーストドライバーはベルトとアイコンの小気味良い装填やシンプルかつ爽快なレバーアクションなどが評価され、日本おもちゃ大賞の2015年度のヒット・セールス賞を受賞。

ブレスで変身するメガウルオウダーアイコンドライバーGといった商品も続々と発売。特にメガウルオウダーの「ブレス変身」というコンセプトは、後のガシャコンバグヴァイザーなどに受け継がれることとなる。

ガンガンセイバー 色つけてみた


専用武器のガンガンセイバーは各ガジェットと組み合わせることで様々なモードに変形が可能、かつゴーストドライバーとの連動も完備と極めて高いプレイバリューを誇る商品となり、ファンの間では「仮面ライダーの武器系玩具でも屈指の傑作」と高い評価を受けている。

なお、ネクロムの専用武器であるガンガンキャッチャーもプレミアムバンダイ限定で発売。何気にこうした変身に用いる訳でもない武器が玩具化されるのはシリーズでも異例の待遇であり、『ゴースト』は専用武器が強くフィーチャーされた作品だったとも言えるだろう。

こうした試みが功を奏したのか、『鎧武』からやや玩具売上が低迷してしまった『ドライブ』からある程度利益を回復することに成功、商業的には安定した成績を残している。

フィギュア関連

仮面ライダーゴースト


『鎧武』~『ドライブ』にかけて成熟してきたS.H.Figuartsシリーズも製作技術が更に向上し、「真骨頂シリーズ」と並べても遜色のない出来映えのフィギュアが多数輩出された。

その分クオリティ維持のためか『ドライブ』以前よりも新作が出るペースがやや遅くなったりフィギュアごとの値段高騰といった問題も招いたが、「時間を掛けてもいいから良い商品が欲しい」という層へは好意的な反応も見受けられた。

また、毎年恒例のボーイズトイアクションフィギュアは「GC(ゴーストチェンジ)シリーズ」か展開。それぞれの素体にパーカーゴーストを入れ換えることで、作中には登場しないオリジナル形態が再現可能。プレミアムバンダイ限定ではダークゴーストも商品化されている。

その他

食玩商品では55mmというサイズ感で細かいディテールを再現したミニフィギュアシリーズ「CONVERGE KAMEN RIDER」が発売。高い再現度とコレクション性、シークレット商品が毎回ラインナップに同梱されるなどの遊び心がコアなファンの支持を集め、5年以上もシリーズが継続する人気コンテンツとなった。

あらすじ

ゴーストハンターを目指す主人公・天空寺タケルは、亡き父から送られてきた謎のアイテム・眼魂を手に入れたが、異世界から眼魂を狙って来た怪人、眼魔に襲われ殺されてしまう。
だが幼馴染のアカリを救うために戦う決意をしたタケルは、不思議な仙人の力で仮初の命をもらい仮面ライダーゴーストとしてこの世に蘇った。
この世に留まることができる時間は99日。集めればどんな願いもかなう「15の偉人」の眼魂を求め、やがてタケルは世界の運命を大きく左右する戦いに身を投じることになる・・・

登場人物

仮面ライダーゴーストの登場人物一覧を参照。

音楽

主題歌

我ら思う、故に我らあり
作詞・作曲:綾小路翔 / 編曲:木内健 / 歌:氣志團
※第1話では劇中歌として使用された。
※シングルは2015年12月9日(水)より発売中。通常版・DXスペシャルオレゴーストアイコン付属版・CD+DVD+オリジナルガンバライジングカード版の3種類が存在する。
※藤林聖子氏が作詞を担当していない主題歌は、仮面ライダー龍騎以来である。

「NEW WORLD」
作詞:小関竜矢/作曲:須田原生/歌:Bentham
Vシネマ主題歌。

挿入歌

「全力スタートライン!」
作詞:藤林聖子/作曲:五戸力/編曲:渡辺徹/歌:Harp+y 4

「いとしいたまご」
作詞:渡部紫緒/作曲:坂部剛
Vシネマ挿入歌。

劇中歌

「我ら思う、故に我ら在り(ピアノバージョン)」
編曲・演奏:新垣隆

関係作品一覧

特別映像作品(Vシネマなど)

  • 『仮面ライダーゴースト 一休眼魂争奪!とんち勝負(バトル)!!』

2015年11月28日(土)頃発売の『てれびくん1月号』にふろくとして追加されたDVD作品。
公式予告動画(youtube)

  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 一休入魂!めざめよ!オレのとんち力!!』
2015年12月26日(土)頃発売の『てれびくん2月号』から募集が開始された、本作のハイパーバトルビデオ。応募者全員有料作品。
公式予告動画(youtube)

  • 『アラン英雄伝』
テレビシリーズのBlu-ray COLLECTION(下記参照)の各巻に映像特典として収録されるミニドラマ。
全4話。アランの視点での物語が描かれる。
公式予告動画(youtube)

2016年1月15日(金)より東映特撮YouTube Official(外部リンク)にて順次無料配信されている、仮面ライダー生誕45周年記念特別映像作品。
歴代ライダーの力が込められたゴーストアイコンやそれを使用した特別な形態歴代のオリジナルキャストが声を担当する嘗ての強敵達等が登場する。
詳しくは個別記事を参照されたし。

  • 『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 真相!英雄眼魂のひみつ!』
今作のハイパーバトルビデオ第2弾。2016年10月1日(土)発売の『てれびくん11月号』もしくは11月に発売された『仮面ライダーゴースト超全集』での、応募者全員サービスDVD作品
時系列はテレビ本編後。西園寺が再登場し、英雄眼魂の選定の条件に隠された龍の想いや西園寺の過去が明らかになる模様。後述のVシネマ『仮面ライダースペクター』との関係もある模様。
公式予告動画

  • 『仮面ライダーゴーストRE:BIRTH』
仮面ライダーゴーストの新たなVシネマ作品の総称。
第1弾は『仮面ライダースペクター』。2017年4月19日(水)よりDVD&Blu-rayで発売中。
TV本編の後日談であり、時系列は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』(下記参照)の約2年後。「眼魔の世界」に旅立ったマコトとアラン達の物語を通じて、2人の出会いから友情が結ばれるエピソードやもう1人のマコトの誕生に繋がる深海兄妹の秘密を取り上げる。
初回限定盤には、劇中に登場する「シンスペクターゴーストアイコン」が特典として付属する予定。
公式サイトは下記の外部リンクを参照。
特報映像への外部リンク

仮面ライダーゴーストの4年ぶりの新作。2021年5月25日から東映特撮ファンクラブ限定で配信。
令和ライダーに2作目『仮面ライダーセイバー』とのコラボ。

『仮面ライダーセイバー』のスピンオフ作品。6月27日から東映特撮ファンクラブ限定で配信。
上記の『仮面ライダーセイバー×ゴースト』の続編で、2号ライダーであるブレイズとスペクターを主軸した作品。
そして、カノンが仮面ライダーカノンスペクターに変身する。

劇場版作品

仮面ライダードライブ』の夏の劇場版。仮面ライダーゴーストが先行登場している。2016年1月6日(水)よりDVD&Blu-rayで発売中。

2015年12月12日(土)公開の劇場版作品で、『仮面ライダードライブ』とのコラボ作品。同年5月11日(水)よりDVD&Blu-rayで発売中。

2016年3月26日(土)公開の劇場版作品。本作の登場人物が登場している。同年8月3日(水)に映像ソフト化。

2016年8月6日(土)公開の劇場版作品。『仮面ライダーゴースト』としては初の単独劇場版作品。2017年1月18日(水)よりDVD&Blu-rayで発売中。

正式名称は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー』。
2016年12月10日(土)に公開された劇場版作品。『仮面ライダーエグゼイド』とのコラボ作品。MOVIE大戦枠。
尚、仮面ライダーシリーズ生誕45周年ということもありウィザード鎧武ドライブも登場する模様。そして何とあのパックマンも敵として登場するらしいが……?

正式名称は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』。
2017年12月9日(土)に公開された劇場版作品。時系列では『仮面ライダースペクター』の後日談で小説『〜未来への記憶〜』の前日談となる。

ゲーム作品

本作と同じく「仮面ライダー45周年記念作品」のゲームで、ゴーストも参戦が決定している。また、本作の初回放送日に主人公役の西銘氏の直筆メッセージが公式サイトに寄贈された。

  • 『仮面ライダーゴースト ゲームでカイガン!!』
本作の単独ゲーム作品で、ニンテンドーeショップにて2015年12月2日(水)より配信されているニンテンドー3DSダウンロード専門ソフト。
ジャンルはベルトスクロールアクション。CEROはA。税込1,000円(926円+税)。
プレイアブルキャラはゴーストとスペクターの2人の仮面ライダーで、フォームチェンジも可能。
玩具のゴーストアイコンの裏にあるQRコードを入力するとゲームの進行に役立つアイテムが手に入る等、現在販売中の玩具との連動要素も存在する。
公式サイトへの外部リンク
公式PVへの外部リンク(youtube)

公式小説作品

著者は福田卓郎氏。「講談社キャラクター文庫」シリーズに該当する。
本作の前日譚及び『RE:BIRTH 仮面ライダースペクター』の後日談を含むオリジナルストーリーで、テレビ本編では語られなかった設定の補完がメインとなる。
何度も発売延期を繰り返しており、2017年11月08日(水)に発売された。

放送休止情報

  • 2015年11月1日(第4話と第5話との間)

『JAバンクスポーツスペシャル 秩父宮賜杯第47回全日本大学駅伝対校選手権大会』放送の為。

  • 2016年1月3日(第12話と第13話との間)
『新春!ロンドンハーツ傑作選 大型ドッキリ企画の名作を!!』放送の為。

映像ソフト化

テレビシリーズDVD

※全12巻
※各巻5,300円(税抜)

巻数発売日収録話数
VOL.12016年02月10日(水)発売第01~04話収録
VOL.22016年03月09日(水)発売第05~08話収録
VOL.32016年04月13日(水)発売第09~12話収録
VOL.42016年05月11日(水)発売第13~16話収録
VOL.52016年06月08日(水)発売第17~20話収録
VOL.62016年07月13日(水)発売第21~24話収録
VOL.72016年08月03日(水)発売第25~28話収録
VOL.82016年09月14日(水)発売第29~32話収録
VOL.92016年10月05日(水)発売第33~37話収録
VOL.102016年11月09日(水)発売第38~42話収録
VOL.112016年12月07日(水)発売第43~46話収録
VOL.122017年01月11(水)日発売第47~50話収録

Blu-ray COLLECTION

※全4巻。
※各巻19,800円(税抜)
※各巻に映像特典としてオリジナルミニドラマ『アラン英雄伝』(前述)を収録されている。
※その他、封入特典や映像特典が数点(一部初回限定注意)。

巻数発売日収録話数
VOL.12016年04月13日(水)発売第01~12話収録
VOL.22016年07月13日(水)発売第13~24話収録
VOL.32016年10月05日(水)発売第25~37話収録
VOL.42017年01月11日(水)発売第38~50話収録

その他

ヒーロークラブ

テレビ本編の特定の話を再編集して抜粋したDVD作品。2,800円(税抜)。

巻数タイトル発売日元となった話
VOL.1仮面ライダーゴーストVOL.1 カイガン 俺! 命燃やすぜ!2015年12月09日(水)第1・2話
VOL.2仮面ライダーゴーストVOL.2 仮面ライダースペクター登場!2016年01月06日(水)第3・4話

※注意!
前述の様にこの作品はテレビ本編の複数話を抜粋して30分程度に纏めた作品です。当然カットされたシーンも多く、テレビ本編をそのまま収録している訳では無いのでご注意されたし。

外部リンク

テレビ朝日公式サイト
東映公式サイト
公式twitter

『伝説!ライダーの魂!』特集サイト
『仮面ライダーゴーストRE:BIRTH』公式サイト

東映ビデオ公式サイトにおける仮面ライダーゴースト特集ページ
※DVDやBlu-ray COLLECTIONの販売情報はこのサイトを参照されたし。

「仮面ライダー」家庭用ゲーム公式Twitter
※「バトライド・ウォー創生」や「ゲームでカイガン!!」の更新情報はこちらを参照。
仮面ライダーゴーストウェブ公式サイト
※今作の玩具を取り扱っているサイト。玩具の情報のみならず今作に関する様々な情報が揃っているが、本編未登場のアイテムの情報等のネタバレ要素も含まれているので閲覧の際にはご注意

関連動画




関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー 
幽霊 ゴースト お化け 
英雄 偉人
眼魂 ゴーストアイコン 眼魔眼魂

氣志團:主題歌を歌うグループ。1月29日のMステ出演時にはゴーストとスペクターが揃って登場した。

ゴーストイマジン仮面ライダーシリーズにおけるゴーストの名を冠するキャラクター。

仮面ライダー幽汽:映画『さらば電王』に登場した悪のライダー。上記のゴーストイマジンが関係している。

GOD悪人軍団:仮面ライダーゴーストと同じく歴史上の偉人をモチーフにしている。

目覚めろ、その魂!今から約15年前のライダーのキャッチコピー。魂をカイガンさせるこの作品で使っても違和感は無い・・・かもしれない。

ゴーストライダー:同じく名前にゴーストとつく別人。よく仮面ライダーゴースト関連で話題にされる。ちなみにゴーストライダーのバイクも普通のバイクから変形する。

デッドプール見た目がかなりそっくりな別人(色味はむしろその元ネタと言われる奴だが)。上のゴーストライダーとは同じ世界の住人オレちゃん魂も参照のこと。

ノブナガン:ゴーストと同じく、歴史上の偉人の力を借りて侵略者と戦う作品。ただし、あちらは一人に一人ずつなのに対し、こちらは一人のライダーが複数の偉人の力を使い分けられる

牙狼シリーズ:
天国に一番近い男:ゴーストと同じく、主人公が自らの命を繋ぐ為に課された「命題」を達成すべく奮闘するテレビドラマ。ただしあちらと違い「命題」はひとつでより長期的な期限である。余談だが、この作品で命題を下す人物の演者後に仮面ライダーになった

仮面ライダーFate:仮面ライダーとFateシリーズのコラボタグだが設定的にゴーストは特に多い。

ニチアサ同期:手裏剣戦隊ニンニンジャー動物戦隊ジュウオウジャー(30分前)、Go!プリンセスプリキュア魔法つかいプリキュア!(30分後)

仮面ライダードライブ仮面ライダーゴースト仮面ライダーエグゼイド

関連記事

親記事

平成二期 へいせいにき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーゴースト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーゴースト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19103151

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました