2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:ピーター・ヴァン・ガーム

概要

仮面ライダーゴースト』の3号ライダー・仮面ライダーネクロムの変身に使用する変身デバイス。アランが第16話以降、左腕に装着するようになったブレスレット型のツール。
名前の由来はおそらく「目が潤う(だ)」。つづり(公式HPのURL)は「Mega u lorder」であるため、意訳すると「大きな内部エネルギーを読み取る装置」と言った所。
眼をモチーフにしたゴーストドライバーとは異なり、本アイテムは目薬がモチーフになっており『テンガン!』(点眼)で、必殺技は『オメガウルオウド!』(お目が(オメガ)潤うど)となっている(ドライバーは『カイガン!』と『オメガドライブ!』)。
また音声自体が日本語的発音のノリのいいものではなく、ネイティブ寄りの冷静な機械的音声となっている。

外観

台座の「アニマシンクロナイザー」の上に可動ギミックを搭載したスロット「アイコンスローン」が乗り、そこから更にΓを描くように滴下ユニット「リキッドロッパー」が伸びた構造をしており、ブレスレット型デバイスとしてはかなり大きいサイズ感。
メインカラーは黒で、配線の見える基盤部分は緑、スイッチ部分はクリアグリーン。正面側は銀のフレーム「オルターインゴット」に覆われ、滴下ユニットの一部にオレンジが使われている。
有機的なゴーストドライバーとは打って変わってメカニカルさを全面に押し出した見た目だが、使われている色はゴーストガジェット「コンドルデンワー」とにている。

機能

滴下ユニット内には「ウルオーデュー」という特殊反応液が充填されており、「テンガン」することでゴーストアイコンに浸透しエネルギーを増幅・吸収、それがメガウルオウダーにまで到達すると一旦ゴーストをエネルギー体として引き出し、その後物質変換装置「グリンフィルトレイ」によってパーカーゴーストとして実体化させる。

銀フレームはシールド発生装置で、防御フィールドを発生させウルオウダー全体を覆うことで「変身デバイスが弱点」という多くのライダーに見られる欠点を克服している。
スターターの反対側には「ストラテジーセンダー」と呼ばれる指令装置を内蔵しており、これによって周囲の眼魔コマンドネクロムのアイコンで変身した者を自由に操り、より統率の取れた行動をさせる事が可能。

他にも眼魔世界から送られたメッセージを受け取ったり、地図情報を空中に投影する機能も搭載している。

運用方法

  • 変身

アイコンを装填すると>Yes sirのコールと共にソナーのような待機音の鳴る準備状態に移行。スロット部を半回転させて起こし、横のスイッチ「デストローディングスターター」を押すとメガウルオウダーの全システムが起動し待機音が変化。
滴下ユニットのスイッチを押すと「ウルオーデュー」が落下し>Tengan!○○!Megaulord!の音声が鳴り仮面ライダーネクロムへの変身、あるいはゴーストチェンジが行われる(○○にはネクロム、グリム、サンゾウの何れかが入る)。

ちなみに「スターターを押さずに滴下ユニットを押す」「アイコン装填後にスターターを押し、再度スターターを押す」などするとエラー音が鳴る。
ただし「カイガン」する場合に限り、その後者の手順が適正となる。

  • 必殺技
ネクロムデストロイ
変身後にスターターを操作し、滴下ユニットを押すと《>Dai Tengan!○○!Omegaulord!》のコールが鳴って発動。
背後に浮かんだ紋章のエネルギーを足に収束してライダーキックを放つ。

類似ツール

プロトメガウルオウダー
CV:関智一
名称からしてメガウルオウダーの前身と思われるブレスレット型デバイス。眼魔スペリオルの物とダークネクロムの物で微妙に仕様が異なる2パターン存在している。ネクロムの物と違い滴下ユニットや可動ギミックが無く、カラーリングも黒とグレーのツートンになっている。
後者は眼魔補助目的の初期型、前者は英雄の力を十分に引き出せるライダー用の後期型という可能性もあるが詳細不明。

他の眼魔の力が込められた「変身用の眼魔眼魂」を装填することで、様々な眼魔の姿と能力をスペリオルに付与する「眼魔チェンジ」が使用できる。
眼魔眼魂をセットすると『〇〇〇(元となった器物の名前)!ローディング!』の音声が流れ、ギター調のメロディーと共に眼魂の力が解放される。
英雄のアイコンを使用することもできるが、強制的にその力を引き出しているためアイコン本来の能力を発揮することが出来ない。
なお、眼魔スペリオルにはスペリオル変身用の眼魔眼魂を使用する。

ダークネクロムゴーストアイコンを装填しスターターのスイッチを押す事で「変身」、再度操作することで必殺時を発動する。
劇場版に登場した物は英雄のアイコンを装填して「ゴーストチェンジ」を行っており、見た目を除けばネクロムの物とかなり近いもののようである。


立体物

「変身ブレス DXメガウルオウダー&ネクロムゴーストアイコン」が2016年1月30日一般発売。
ネクロムグリムサンゾウゴーストアイコン以外のアイコンを装填すると『テンガン!ゴースト!メガウルオウド!』の共通変身音が鳴り、必殺技は鳴らせない。

  • 正確に言うと奥のスイッチが「左右押されている」「右のみ押されている」「左のみ押されている」「押されていない」の4つで判別しており、上記のものは「押されていない」時の音声なのでアイコンを装填しなくても鳴る

プロトメガウルオウダーは、プレミアムバンダイにて「DX眼魔アイコン&プロトメガウルオウダー」として2016年2月22日から限定6000個販売。
横のスターターが完全にモールドと化していて押すことが出来ず、眼魔スペリオル・グリムの能力発動やダークネクロムの変身を再現することは出来ない(そもそもダークネクロムはアイコンが立体物されていないが)。

余談


  • 変身音が『TENGAネクロム』に聴こえるため、2ちゃんねるではよくネタにされ、ファンからもネタにされる事がある

  • 幽霊が頭に被っている三角形のアレの名前も天冠(テンガン)である為、目と幽霊をモチーフにした『ゴースト』という作品に相応しい変身音となっている。

  • 『超全集』によるとメガウルオウダーを開発したはイーディスとのこと。劇中ではアランが借りたエジソンゴーストアイコンを参考にして開発したかのような描写がされたが、これは仙人としての活動を察知されないための偽装らしい。
    • 英雄アイコンについて知らない「眼魔世界側の住人」であるイーディスが英雄アイコンを使うシステムを作り上げるのは不自然であるため、理由付けとしてアランにエジソンのアイコンを持って来させた、という訳である。

外部リンク

テレビ朝日公式サイトでの解説ページ

関連タグ

仮面ライダーゴースト 仮面ライダーネクロム
ゴーストドライバー ゴーストアイコン

目薬 水準器(角度計付丸型アイベル水平器):モチーフ

変身鬼弦音錠 ライダーブレス:変身ブレスの先輩で、前者は(媒体によっては後者も)3号ライダーの変身デバイス。


マッハドライバー炎メガウルオウダー※ → ゲーマドライバー
変身ベルトではない

関連記事

親記事

ゴーストアイコン ごーすとあいこん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メガウルオウダー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メガウルオウダー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました