ピクシブ百科事典

プレミアムバンダイ

ぷれみあむばんだい

プレミアムバンダイとは、バンダイが運営する限定グッズなどを取り扱う通販サイトである。
目次[非表示]

概要

株式会社バンダイが経営するアニメ特撮作品を主体とする限定グッズを取り扱う通販サイト。「プレバン」という略称で呼ばれる。
劇中でわずかしか登場しないフォームを立体化したフィギュアガンプラの他、キャラクターとコラボした高級グッズ(時計など)を取り扱っており、受注生産という形で販売される。
ゴンさんフィギュアのような公式が病気な商品を出す遊び心も忘れない。
生産コストは莫大にかかるが売れる見込みがなさそうな商品が発売される事も。
ガンプラEXPOで品切れになったガンプラやガンダム展の限定ガンプラ付きチケットの取り扱いもここで行われていた。

公式の通販サイトなので商品は原価で買う事となる。また送料も高いのですぐに財布が軽くなってしまう事もしばしば。
さらに一回の発送毎に送料がかかるため、こだわりがないならまとめて発送する事が推奨されている。

プレバン商法

…と、ここまでがかつての、もしくは表向きのプレミアムバンダイの概要である。
どういう事かって?2010~2011年を境に「これくらい一般発売しろよ!」と突っ込まれそうなものまでプレバン限定で発売する事が増えたのだ。

現在、プレバンのみの取り扱いになる対象に明確な基準は読み取れない。
ただ、二つほど言えるのは主人公および主役機以外なら誰でも(酷い時は主役ですら)プレバン限定の取り扱いになりうる事主要キャラが多い作品は美少女戦士セーラームーンのセーラー戦士5人のフィギュアーツぐらいで、ほぼ100%一般販売された前例がない事である。

以下、プレバンの常識にとらわれない輝かしい伝説。

仮面ライダー

  • まずはS.I.Cキバ・エンペラーフォーム。なんと主役の最強形態でありながら一般販売されず。キバは玩具売上・視聴率共に苦戦を強いられていた作品であったため、その関係なのだろうと推察されていた。……がその後に発売されたイクサ&ダークキバは何故か一般販売枠になり、プレバン基準の不可解さを知らしめた。
  • SHFクウガ・ライジングアルティメット。一体に交換用頭部を付属させれば済む黒眼版と赤眼版を、プレバンと東映ヒーローネットで別売り。
  • ライダーマスクコレクションでは、全昭和ライダーを発光仕様で一同に並べる事ができる専用台座が発売された。そのお値段なんと3万円。(当時は)ここでしか手に入らないシンのマスクが付属したため、コンプリートを狙う層は買うかどうかで苦渋の選択を迫られる事に。台座の外観や仕様はこれといって凝ったものではなく、ぼったくり商品としてマスコレ史に悪名を残した。ちなみにその後、リペイント版のシンのマスクが一般で発売されている(一応、低封入率のレア枠ではあるが……)。
  • 鳥をモチーフにデザインされたオーズ・タジャドルコンボのSHFは羽根だけプレバンの「エフェクトパーツセット」に回されて別売り。
  • 多くの平成ライダー主役SHF最強形態が一般販売される中、なぜか仮面ライダーブレイドキングフォームはプレバン。またブレイドのマスク割れ頭部は交換用パーツ付属ではなく、上記ライアル同様の別商品。
  • 敵怪人の多くはSHFでもプレバンが常であるが、そんな中でスコーピオン・ゾディアーツ仮面ライダーアビスは一般販売。どちらもシャドームーンのように長期に渡って活躍した人気ライバル怪人枠ではない。
  • 準ラスボスといえるゴルドドライブは一般。ちなみに仮面ライダーチェイサーハート・ロイミュードはプレバン。『全部私のせいだ。ははははは!!』
  • 2017年以降は味方ライダーでも関係なく素体のパーツ流用が可能なライダーがプレバン送りとなる事が多く、仮面ライダービルドではビルドを流用できる仮面ライダークローズや強化フォームのラビットタンクスパークリングがプレバン、新規スーツのクローズチャージが一般だが仮面ライダーグリスがプレバンナイトローグが一般だが素体スーツのベースが同じブラッドスタークヘルブロスがプレバンとなっている。
  • 「劇場版仮面ライダービルド Be The One」にて劇場版限定フォームへの変身アイテムとなるクローズビルド缶だが、今までの夏映画アイテムが一般販売だったのに対しこれのみ事前情報も無く映画公開日にプレバン商品として登場。これには流石にファンからの批判が相次ぎ、CSM公式ブログでの弁明も言い訳でしかないと批判を食らう始末である。
  • さらに劇場版ライダーである仮面ライダーブラッドだが、プレバン限定のグレートクローズドラゴンとラストパンドラパネルを購入する必要があり、変身アイテムの合計金額が2万は余裕で超えるという変身にコンセレレベルの金額を要求されるライダーとなった。一応コブラロストボトルはSGやGPを手に入れて塗装するという手法もあるが、放送初期の商品であり価格が高騰している。


スーパー戦隊

特命戦隊ゴーバスターズ以降のレジェンドモバイレーツに対応しないレンジャーキーはプレバンの「ガシャデパ」というガシャポン製品を取り扱うショップで販売されたが、何かがおかしい
以下、それらの例
まず値段がおかしい。プレバン限定とはいえ首を傾げたくなるような高価な商品となっている。

  • レンジャーキーセット 獣電戦隊キョウリュウジャー レンジャーキー13本&音声デバイス(モバイレーツが対応しないための処置)12個 16200円
  • レンジャーキーセット 獣電戦隊キョウリュウジャー デーボス レンジャーキー10本&音声デバイス9個 16200円
  • レンジャーキーセット rainbow edition(トッキュウジャー) レンジャーキー40本(後述)&音声デバイス1個 29999円
  • レンジャーキーセット 2000th edition(ニンニンジャープラスジュウオウジャーでゴーカイジャーが使用した二本) レンジャーキー12本 音声デバイス無し 16200円
単純計算で最初のセットから最新のセットは音声デバイスがまるっきり抜け落ちて同価格

次にラインナップがおかしい。
  • キョウリュウジャーのセットでは番組終盤に登場した二代目キョウリュウジャー(色や性別が違う)が別枠でラインナップされているが、レンジャーキーでは唯一の例外を除いて男女の別は無い
  • トッキュウジャーのセットでは乗り換え変身したバリエーションが全てラインナップされている。レンジャーキーでは別フォームや強化フォームは基本的に存在しない。
  • 敵の攻撃で一時的に変化した0号や−100号といった存在もラインナップされている。なお、もちろんおまけなどでは無い分値段は跳ね上がる。
  • ニンニンジャーはそういったレンジャーキーもないが同梱されているトッキュウ4号キョウリュウピンクのレンジャーキーは過去のプレバン製品の再録である
  • ロストエディションとして販売された、レンジャーキーが存在するはずの無い番外戦士。懐かしのX1マスクや幻にして伝説の存在となったゴセイグリーンなど人によって感涙するかor何故出たのか?の2択になる。
初めてセットを買う人には良いのだが今まで買い続けてきた人にとっては困惑のラインナップ。

他には
  • メタルヒーローエディションとして過去に販売されていないメタルヒーローのレンジャーキー(メタルヒーローキー)も販売されたが、過去のメタルヒーローキーに付属したメッキ塗装されたキーが付属しない中途半端なラインナップとなっている。メッキバージョンは事前に予告されていないおまけみたいなものだが、それにしてもカブタックとロボタックは何処へ。前述の様に異常なほど豊富なラインナップならロボタックとカブタックの両形態も付属して欲しかったものだ。
  • 動物戦隊ゴーバスターズ枠として販売されたシルバースタッグ!お前はスタッグバスターと同一の存在で違いは無いだろ!いい加減にしろ!…まあキャラがキャラだしギャグとしてあえて付属させたのかもしれないが、キーのデザインもシルバースタッグそのもの(他の動物戦隊とは違いスタッグバスターと全くの同デザイン)。それにしてもあまりにあんまりではないだろうか。

ガンダム


プリキュア


その他

  • SHFメタルヒーローシリーズでは、往年の大ヒット作である宇宙刑事ギャバンから早速プレバン。現時点で一般販売になったのはファイヤーのみ。
  • ULTRA-ACTシリーズでは2011年に一般販売されたウルトラマンレオの後に登場したアストラが犠牲に。後に2014年、レオのリニューアルと同時にリニューアルされたがここでもプレバンで『ウルトラダブルフラッシャー』再現に於ける不満が渦巻いた。そして同年、ウルトラマンガイアが「主役なのにプレバン」となる。って言うかガイアはガイアとアグルのV2以外は全てプレバンだった(ちなみに『ACT』最初の犠牲者はスプリーム・ヴァージョン)。更に「ザ☆ウルトラマン」や「80」に至ってはジョーニアスユリアンも80もプレバン行き。
  • SHFNARUTOシリーズは主人公のうずまきナルト以外全てプレバン限定。
  • SHFドラゴンボールシリーズでもクリリンフリーザ様など多くのキャラクターが容赦なくプレバン。傾向として、スーパーサイヤ人形態だと一般販売されやすいようである。というか主役の悟空ですら通常時の黒髪版はプレバンだったり。
  • ラブライブ!のフィギュアーツ(僕らは今のなかで)は飛びぬけて人気の高いにこまきが一般販売決定後、のぞえりも一般になりラブライバーを安堵させたが、それ以外の5人は全員プレバン限定。ユーザーからはまず一般販売が濃厚だろうと予想されていた主人公と同学年のことうみがファーストライブ衣装・僕今共にプレバン限定にされ、すでにファーストライブ衣装の方が一般発売されていたからとはいえ主人公であり曲のセンターでもある穂乃果すら一般販売を許されず、予想の斜め上を行く面子が一般販売されるという奇想天外な結果となった。


これらの現象は大きいお友達オタクから「プレバン送り」とも称され一種の畏怖対象にもなっている。
特にここ数年のバンダイが商品の一般販売を取りやめプレバン送りにする基準はかなり厳しい傾向にあり、TBSの番組打ち切りの基準並みに容赦ない。2014年に消費税が上がってからますます阿漕になったような…逆に言えば、こんな厳しい基準の中で主要戦士5人のフィギュアーツが全員一般販売されたセーラームーンの人気がいかに狂っているかも思い知らされる。
上述の商品原価と送料・手数料の高さもあって、当社が財団Bなどといかがわしい呼称(2015年頃、『プレミアム蛮野』も追加された)で呼ばれ批判される元凶の一つにもなっている。
しかし、人気の高さから一般販売だと特に激しい争奪戦が行われる人気商品では、逆にプレバン送りが要望・歓迎される事もあるようだ。

製品レベルのばらつき

基本的にプレバンで発売される商品は一様に「完成度が高い」と言う評価を下される事が多いが、中には「これを通販限定とはいえプレバンが出したのか?」と言うレベルでのダメダメなものもある。

  • トイストーリー」ではウッディやバズをはじめとする主要メンバーを集めて合体ロボを発売、ウッディは「シェリフスター」に、バズは「スペースレンジャーロボ」に合体、そしてこの2体が合体して「ガングレートキング」になる…のであるが、「シェリフスター」の合体部分に脆弱性が見られる部位があったり、「ガングレートキング」に合体させるとハムの足部分パーツとしての固定が緩く上半身の重量(1.5㎏相当)を支えきれず右側に傾いた挙句まともに立たせられないという事態が発生、『ピクサー』に喧嘩を売った形になっている。あまりの製品レヴェルの低さに某玩具レビュアーからは「怒りさえ覚える」「中華トイと同レヴェルかそれ以下」とまで評された。
  • 仮面ライダードライブに関してはもはや只のプラスチック片も同然の「TKPB02 タイヤセット フォーミュラ」を限定発売。専用ページ

関連タグ

バンダイ 通販 みんなのトラウマ 財団B
仮面ライダー スーパー戦隊シリーズ プリキュア ガンダム
S.H.Figuarts ROBOT魂 ガンプラ
KADOKAWA(メディアワークス) バンダイナムコゲームス(スーパーロボット大戦) :良くも悪くも編集や商品展開が酷似と言うメディア業界の「三巨頭」 そして三者のつながりは闇のように深い…

pixivに投稿された作品 pixivで「プレミアムバンダイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16255

コメント