ピクシブ百科事典

クローズチャージ

くろーずちゃーじ

クローズチャージとは仮面ライダークローズの強化形態である。
目次[非表示]

『スクラッシュドライバー!』
『ドラゴンゼリー!』
『潰れる! 流れる! 溢れ出る!』
『ドラゴンインクローズチャージ!』
『ブラァ!』

概要

仮面ライダークローズの強化形態。スクラッシュドライバードラゴンスクラッシュゼリーをセットして変身する。
初登場は第17話。これまでの2号ライダーの強化フォームの中では登場はかなり早い方。
クローズの強化形態と語ったが変身アイテムが通常のクローズと異なるため、実際には別のライダーに相当するポジションである。

ドライバーは元々龍我のために開発したわけではなく、開発の段階でドライバーに反応した成分がドラゴンしかなかったためドラゴンスクラッシュゼリーと共に開発され、兵器利用されることを危惧したことと今の自分たちには使いこなせないという戦兎の判断で保管されていた。
しかし北都の本格的な侵攻や北都三羽ガラスことハードスマッシュの登場に際し、これまでの力では歯が立たないと痛感した龍我が持ち出し、変身に成功した(ブラッドスタークが第8話で言っていた「桐生戦兎ならそれができる、万丈龍我ならそれが使える」という言葉の真意はこの事だったらしく、それに気付いた幻徳は龍我にドライバーを使うように促している)。

しかし、初変身の第17話で、龍我は変身時に強烈な苦痛にさらされていた。変身者の闘争本能を上昇させるためにアドレナリンを過剰分泌させるので体にも大きな負担があり、元格闘家で相当鍛えているであろう龍我でもたった数回の変身で戦兎に「もう限界」と言われるほど体がボロボロになっている。
第18話では戦兎もクローズチャージに変身しようと試みたが、ドラゴンスクラッシュゼリーをドライバーに装填した直後に拒絶反応が起こり、変身することができなかった。

変身時はビルドドライバーとは違い、ビーカーのような容器を形成、その中に成分が満たされて龍我にまとわりつくことで白銀の素体が形成される。その後頭頂部からゲル状の成分が噴き出し、顔や胸、肩アーマーを形成し変身が完了する。

スペック

パンチ力31.5t
キック力34.1t
ジャンプ力54.0m(ひと跳び)
走力2.5秒(100m)

これは初期値であり変身者のハザードレベルに応じて変動する

頭部に搭載された「ストラグルエンハンサー」で変身者の闘争心を掻きたて「ドラゴストラグルグローブ・シューズ」は闘争心に応じて攻撃力を上昇させるというシナジーがある。
また「フォースクラッシュアーム・レッグ」は戦闘を重ねるごとに変身者の身体になじみ、より高い攻撃性能を発揮するようになる。
これらの機能を見ればわかるように(設定上)戦う度に強くなるシステムであり、それは戦兎が危惧した通りの軍事兵器としての完成形と言える。
しかし、その代償として変身者の攻撃本能がより高まってゆく危険性を持ち、感情の抑えが全く効かなくなり暴走を招く。それはパンドラボックスの光を浴びた者の症状と一致する。

龍我も当初は力をうまくコントロールできずにいたが、第22話で暴走したビルドホークガトリングハザードフォームを止めるために戦っている最中、戦兎を助けたいという思いから遂に力をコントロールすることができるようになり、無事に暴走のリスクを克服することができた。

暴走を克服して力を十分に使いこなせるようになってからは、元々ハザードレベルの上昇が異常に早いという龍我の体質も合わさって、一度手も足も出なかったリモコンブロスを次に戦った時には圧倒したり、東都・北都連合対西都の代表戦では初交戦となるヘルブロス相手に最初は押されるもののその戦いの中で逆転して追い詰めたりと、異様とも言えるパワーアップ速度を見せている。

第30話にて、惣一が生身で放出した炎から美空を庇った際、その炎でドラゴンスクラッシュゼリーが燃やされてしまい、それによりクローズチャージへの変身能力は失われてしまった。
しかしその後、真っ黒に焦げたドラゴンスクラッシュゼリーに龍我が触れた途端、謎の黒いフルボトルに変化し……。

容姿

素体はかなりシンプルで、頭部はゼリー飲料の飲み口を象っている(装甲となるゲルが頭部から噴き出すのはこの形のため)。そして大部分はグリスと共通ながら色違いになっている(こちらが銀でむこうが金)。
頭部・胸部はクリアブルーでドラゴンの頭部を象っている。
全体的に黒と紺を基調としていたクローズとは対照的に、全身をボディアーマーのような銀色の装甲に覆われより明るい色合いになった。

使用アイテム、ツール

クローズチャージに変身する為の変身ベルト。仮面ライダーグリスのものと同型。

ドライバーにセットして変身する。戦兎たちの手持ちのボトルの中で唯一ドライバーに反応したため一緒に開発された。
専用武器。詳細はリンク先を参照。
クローズチャージでの本編初使用は第25話。放送開始前の「スーパーヒーロータイム」とガンバライジング、ヒーローショーでは既に使用していた。ボトルマッチ3弾のレジェンドレアでビートクローザーを装備し登場する。

必殺技

  • スクラップブレイク

第22話にて、レッツブレイクを強化するために初使用。
第23話では単体で使用し、足にドラゴン型のエネルギーを纏った飛び蹴りをラビットタンクスパークリングフォームのスパークリングフィニッシュと同時に放つダブルライダーキックを披露した。
第27話では、左腕にエネルギーを纏いツインブレイカーのパイル部分をパンチと共に突き立てるバージョンを使用した。

  • チャージクラッシュ
ドライバーにフルボトルを装填して発動する。

スクラッシュドライバー(タカフルボトルver) エリトラ_スキン


○タカボトル
噴出したゲルで背中にソレスタルウィングを形成し、飛行能力を付与する。
○パンダボトル
ガンバライジングで使用。噴出したゲルで右腕に巨大なジャイアントスクラッチャーのエネルギーを形成し、引っ掻き攻撃をする。なお、ビルドのパンダ側のボルテックフィニッシュ・PR(ボルテックフィニッシュ)、ボルテックアタックとモーションは同じである。

  • スクラップブレイク+レッツブレイク
ツインブレイカーにクローズドラゴンを装填して、ドライバーのレンチを下ろしてスクラップブレイクを発動、クローズドラゴン・ブレイズ型のエネルギー波を放つ

グリスが似たようなことをした際は(事前に毒ガスで弱っていたとはいえ)技を放った後に変身解除してしまっているが、こちらはホークガトリングハザードフォームと殴り合いを演じた後でこれを放ってなお変身状態を維持し、さらにハザードフォームと相打てるだけのパンチを打てていたため、クローズチャージがグリスを超えている可能性が高い。

  • レッツブレイク+メガスラッシュ
レッツブレイクを起動後ビートクローザーを召喚、ロックフルボトルを装填してグリップエンドを3回引くことで発動。
鍵のエネルギーを纏ったビートクローザーを振り、黄金の球を出した後レッツブレイクでドラゴン型のエネルギー波を同時に放つ。この時ドラゴンが球を口に咥えた状態になる。
第25話にてリモコンブロスにダメージを与え、撤退させた。
  • ドラゴンチャージフィニッシュ
ガンバライジング限定の必殺技。

  • バーストラッシュ・ドラグーン
ガンバライジング限定の必殺技。クローズチャージ、仮面ライダーウィザードオールドラゴン、仮面ライダーエグゼイドハンターアクションゲーマーの順番で攻撃し、最後はトリプルライダーキックで相手を倒す。

  • ドラゴンチャージキック
ガンバライジング限定の必殺技。

  • ドラゴンチャージブレイク
ガンバライジング限定の必殺技。

  • ビートチャージスラッシュ
ガンバライジング限定の必殺技。ビートクローザーを使用する。

  • ビートクローザーチャージアタック
ガンバライジング限定の必殺技。ビートクローザーを使用する。

余談

闘争心を掻きたてる機能は、かつて「スカイウォールの惨劇」の時にパンドラボックスから放たれた光と効果が類似している。光を浴びた面々がどうなったのかを考えると、変身を続ければ龍我にも何かしらの悪影響が出ると考えることもできるが……上記の通り同じデメリットがあることが判明したが無事克服した。

猿渡一海がそのトゲトゲした頭部を指して、「エビフライ」と呼んだ場面がある。このあだ名は一海役の武田航平氏が、アドリブで考えたものであり、万丈役の赤楚衛二氏が、「エビフライのどこが悪いんだよ?」と見事に返したことで採用されたとか。

関連タグ

仮面ライダービルド 万丈龍我 仮面ライダークローズ

仮面ライダーメテオ:クリアパーツを基調としたマスクが類似している。

強化ライダー:異なるドライバーで変身する仮面ライダーの強化フォームのまとめ記事
仮面ライダーバロンレモンエナジーアームズ:上記の強化ライダーの中でも特に共通点が多いライダー。

pixivに投稿された作品 pixivで「クローズチャージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 212987

コメント