ピクシブ百科事典

氷室幻徳

ひむろげんとく

氷室幻徳とは「仮面ライダービルド」の登場人物である。
目次[非表示]

演:水上剣星

概要

東都政府首相補佐官兼東都先端物質学研究所所長。
テストで満点を取った桐生戦兎を採用し、火星で発見されたパンドラボックスの研究を命じる。
父は東都の首相の氷室泰山

スカイウォールの惨劇に居合わせてパンドラボックスの光を浴びた一人であり、その所為か西都北都に対抗するための軍備増強を提案するというタカ派的な思想を持っている。

第3話にて、P/Rのマークが描かれたフルボトルを持ちながら「スタークの奴…いよいよ動き出したか」と意味深な発言をしているが、その時点ではファウストとの関係性は不明であった。

そして第6話の終盤、ブラッドスタークからの指示で戦兎をファウストの秘密研究所へと行くように仕向けていたことが判明し、彼らと繋がりを持つ人間であったことが明かされた。
(葛城巧のネビュラガスの発生場所データを戦兎に見せたことも誰かに報告しているようであったが、そちらの方も相手先がブラッドスタークだったかは不明)

正体と真の人物像

第7話で明かされたその正体はファウストの幹部たちのリーダー・ナイトローグの変身者。
仮面ライダーを軍事目的に運用する事を目論み、ファウストの創立者である葛城巧の研究データを利用している。

第10話で、パンドラボックスがブラッドスタークに強奪された事件の際、心労で倒れてしまった泰山から東都の実権を託されたため、遂に彼の野望は本格的に始動する事になる。

余談

ビルドについて取材しようとした滝川紗羽に対し、「では隣のホテルでそのヒーローについて朝まで語り明かそうか」なる台詞を吐いて第1話から視聴者を騒然とさせた。小さいお友達はその意味を分かったのだろうか……?
そのため、一部のネットユーザーからは「ホテルおじさん」「ナンパおじさん」「銭湯おじさん」の呼ばれている(テレビ朝日の仮面ライダービルド公式ブログでは更に「蒸血おじさん」と呼ばれていることを水上氏自身が取り上げている)。

関連タグ

仮面ライダービルド

pixivに投稿された作品 pixivで「氷室幻徳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21564

コメント