ピクシブ百科事典

氷室幻徳

ひむろげんとく

氷室幻徳とは「仮面ライダービルド」の登場人物である。
目次[非表示]

「誰がこの国のリーダーに相応しいか、決めようじゃないか…!」

演:水上剣星

では、その概要について隣のホテルで朝まで語り明かそうじゃないか……

東都政府首相補佐官。及び東都先端物質学研究所所長。
テストで満点を取った桐生戦兎を採用し、火星で発見されたパンドラボックスの研究を命じる。
父は東都の首相の氷室泰山

スカイウォールの惨劇に居合わせてパンドラボックスの光を浴びた一人であり、その所為か西都北都に対抗するための軍備増強を提案するというタカ派的な思想を持っている。

第3話にて、P/Rのマークが描かれたフルボトル(ロケットフルボトル)を持ちながら「スタークの奴…いよいよ動き出したか」と意味深な発言をしているが、その時点ではファウストとの関係性は不明であった。

そして第6話の終盤、ブラッドスタークからの指示で戦兎をファウストの秘密研究所へと行くように仕向けていたことが判明し、彼らと繋がりを持つ人間であったことが明かされた。
また、間接的にはあるが万丈龍我の恋人、小倉香澄を殺した人物でもある。

正体と真の人物像

第7話で明かされたその正体はファウストの幹部たちのリーダー・ナイトローグの変身者。
仮面ライダーを軍事目的に運用する事を目論み、ファウストの創立者である葛城巧の研究データを利用している。

第10話で、パンドラボックスがブラッドスタークに強奪された事件の際、心労で倒れてしまった泰山から東都の実権を託されたため、遂に彼の野望は本格的に始動する事になる。

第12話でパンドラボックスをブラッドスタークに奪われ、東都とファウストの関係が発覚しそうになった時、難波重三郎と共に、秘書である内海成彰に「ナイトローグに変身し、自分の身代りになれ」と命令。(具体的な指示の描写はなかったが、第13話で難波のアイデアだった事が明かされた。)
ナイトローグを捕縛に来た政府のガーディアンと戦ってるところにビルドが現れ、戦いに敗れたナイトローグが内海の姿に戻り、内海が報道陣の前で演説を行って死のうとしたところをビルドが阻止。その場から逃げた内海は戦兎に本音を語るが、その途中で幻徳が内海を狙撃し、内海は川に落下。その後の記者会見にて、全ては内海が行った事であると嘘の発表を行った。

表向きは国の為に首相代理として誠意ある態度を見せているが、裏では敵であるファウストのリーダーとして暗躍している上、人体実験を行っている事にも「モルモットの顔など覚えてない」と語るなど全く罪悪感もない。また前述の通り、自分の身を守る為なら周りの人物を犠牲にする冷酷な心の持ち主である。

北都との戦争が始まった第2章では東都軍の総司令官の立場も兼任し、二つの立場を利用して戦兎と龍我ら仮面ライダーを軍事利用することを政府発表。パンドラボックスの防衛を言い渡し、その見返りに二人の罪の抹消を提示する。

悪人のような言動が目立つとは言え、性格については上記の通りパンドラボックスの光を浴びた事によって現在のようになった可能性も否めず、一概に絶対悪とは断言できない状態でもある。
幻徳自身も、自分がパンドラボックスの光を浴びた影響で醜く歪んだ性格になり、欲望のままに生きるようになってしまった事は自覚している様子。

都合が悪くなると激昂するなど短気な面も多く見られる一方で、スタークに何度勝手な行動をとられても最終的に不問にし再度彼の言葉を信用する(そしてまた勝手なことをされる)、他の二都を挑発し北都との戦争が勃発して数日で防衛ラインまで攻め込まれると「開戦から数日でこの有様だ」と言いながら戦兎たちを招へいする(見方によっては想像より北都軍が強力だったため泣きついてきたようにも見える)などのイマイチ完全な悪人ではなく人間味を感じさせる甘さから、本来の性格は素直で争いごとや駆け引きには向かないタイプだったのではないかという見方が強い。実際に劇中にて父である泰山から、昔は優しかったと言われている。
第18話ではオープニングのあらすじ紹介にも登場。戦兎が北都との戦争に参入することに喜ぶ様子を見せ、そんな幻徳の言葉にやる気を無くした戦兎に対して「じゃあ、言わない」とやはり素直な様子を見せている。

また戦兎の正体が葛城巧であるということも教えられて初めて知り、パンドラパネルに対応するベストマッチ同士のフルボトルを他の都が持っている理由を知らないため、敵組織のリーダー格でありながら事態の裏で何が起こっているのか知らない、と蚊帳の外に置かれている節がある。

劇中での活躍(第13話以降)

  • 第13話

パンドラボックスをブラッドスタークに奪われた事から、東都にライダーシステムを導入しようとするが、当の難波重三郎からは逆に協力関係を打ち切られ、その事でブラッドスタークと交戦するが、敗北。
戦闘直後に、ブラッドスタークから自分が難波重工の新たなパートナーになったと伝えられ、パンドラボックスの所在が難波重工の重要保管施設である事を教えられる。
東都政府の特殊部隊を動かせば、北都や西都と戦争になる。と言う言葉から、半ばブラッドスタークに唆される形で戦兎にパンドラボックスの所在の情報を教える。

  • 第14話
出演シーンはないが、ブラッドスタークの正体である石動惣一からナイトローグが幻徳である事が暴露される。
  • 第15話
パンドラボックスを奪い損ねた惣一を責めるも、ある秘密を教えられる。
その後の戦闘で、戦兎に「甦れ、お前の本当の姿を!お前の狂気を、野心を!全てを思い出すんだ」と謎の言葉を投げかける。
戦兎に敗北した後、ファウストの一員であることを泰山に知られてしまう。厳しく叱責され、連行されていく幻徳に、戦兎は戦いの最中は理解出来なかった彼の言葉の意味を問いかける。
すると幻徳は皮肉めいた表情で哄笑しながら衝撃の事実を明かすのだった。

「石動が俺にこう言った。『葛城巧は生きている。姿を変えて…』
 お前だよ、桐生戦兎。お前が悪魔の科学者、葛城巧だ…!」
  • 第16話
惣一から聞かされていた戦兎=葛城の過去を語り、その残酷な真実に打ちひしがれる戦兎に背を向けた幻徳は「俺はこのままでは終わらない」と言い捨て、その場は去って行った。
その後、自室で身辺整理をしていたところ(首相代行が逮捕となると世間の混乱は免れない為、異動などの口実で表向きは穏便に退任させてから厳罰を与えようという泰山の思惑と思われる)、泰山が再び倒れたという報を受ける(幻徳に義理を果たすべく、スタークが泰山に毒を打ち込んでいた)。
それにより首相代行に返り咲いた幻徳は、首脳定例会の場でパンドラボックスを見せつけながら「もう狐と狸の化かし合いは止めにしませんか?」と露骨に挑発。その挑発に乗った北都の多治見首相は東都に宣戦布告し、遂に戦争の火蓋が切って落とされる。
  • 第17話
東都に侵攻を始めた北都の戦力に対して、戦兎と龍我を拘束し、一般市民に対しては「仮面ライダーを軍事兵器として採用する」という方針を打ち出す。
二人に発信機付きの腕輪をつけた後に、龍我には完成したスクラッシュドライバーを使用するように促す。
  • 第18話・第19話
あくまでも東都を守る為に戦うと告げる戦兎に対して「理由などどうでもいい」と満足そうな様子を見せており、テレビ局を乗っ取った仮面ライダーグリス率いる北都軍に対し、戦兎達にテレビ局に向かうように指示した。
その一方で、自身はスクラッシュドライバーを北都に横流しした難波重工に抗議をしようとしたが、その際に難波重工の窓口となった内海と再会。彼が生きていた事を知って驚きつつも、何故北都がファウストのノウハウを得ているのか理由を問い詰めたが、内海は一切返答しなかったため何も聞けずに終わった。
その後は戦兎と話し合い、北都軍に奪われてしまわないよう、ビルドが所持しているフルボトルを東都各地に分散する。しかし、何故かグリスにはボトルの隠し場所がバレてしまっており……。
  • 第20話
パンドラボックスを難波重工総合科学研究所の地下3階に隠すというダミー情報を流し、グリスとハザードスマッシュ達を罠に嵌める事に成功。その隙に龍我を北都に進軍させ、独断で北都と戦争を繰り広げようとしたが、そこへ美空の力で回復した泰山が姿を現し、遂に親子の縁を切られ東都からの追放を宣告されてしまう。このままでは終わるまいとナイトローグになってパンドラボックスを奪い去ろうとしたが、後を追ってきたビルドと対峙し、またしてもラビットタンクスパークリングフォームに敗北を喫した。
しかし「まだ終わらない。俺は貴様等の前に現れる、更なる力を手に入れて……!」と言い放ち、トランスチームガンの煙でその場から姿を消した。そして……

(第22話以降)

  • 第22話・第23話

西都のガーディアンに拘束されていた多治見首相の前に、謎の戦士・仮面ライダーローグが登場。
リモコンブロスエンジンブロスと戦っていたビルドとクローズの前に姿を現したローグは、ラビットタンクスパークリングフォームクローズチャージの力でも歯が立たないほどの圧倒的な戦闘力を見せつける。
そして彼等の前で変身を解除したローグの正体は……

氷室元首相代理


「また会えたな、葛城」


黒い外套に身を包み、ただならぬ凄みを漂わせた氷室幻徳だった。

東都から追放された彼は、西都の仮面ライダーとなって帰ってきたのだ。


  • 第24話
「俺は全てをかなぐり捨てた……ただ強さを求めて……」
戦兎達と対峙しつつ、幻徳は地獄の日々を回想する。

東都追放後、密かに西都に渡った幻徳は、今や難波重工の一員となった内海を待ち伏せし自分を仮面ライダーにしろと脅すが、内海から土下座をするよう強要される。無論彼は激昂するが自身のプライドと東都への復讐心を天秤に掛け、屈辱に身悶えしつつ土下座するも、内海から右手を踏みにじられ嘲笑われた。
(もっとも、難波会長の指示とは言え、全ての罪をなすりつけられた上に射殺されそうになった内海からすれば、その程度は物の数にも入るまいが。)

しかし、せっかくプライドを捨てて土下座までしたのに、内海は「誰が仮面ライダーにすると言った」と冷たく一蹴。理由も説明されぬまま鎖につながれて幽閉され、理不尽な暴力に晒されて精神崩壊寸前まで追い込まれる。
ようやく姿を現したスタークから「お前を最強の仮面ライダーにしてやる」と言われたものの、スクラッシュドライバーに適合できず無様に倒れてしまい、「お前の野心はそんなものか!当てが外れたな、始末しろ」と宣告されてしまう。
だがガーディアン達に袋叩きにされている最中に遂に覚醒し、仮面ライダーローグへと変身した。
そして新たな力を手に入れた彼は捲土重来を果たし、戦兎達と再び敵対する事となったのである。

東都政府がパンドラボックスの保管場所を移そうとしていることを盗聴を通じて知り、西都が官邸にスパイを潜り込ませていたことに苦々しい顔をするも、奪取の命令には従い鷲尾兄弟やガーディアンを伴い侵攻。父・泰山と再会しパンドラボックスを奪い取ると、スカイウォール付近まで移動しビルドたちと交戦する。戦いの中で「復讐の意志はなく、今度こそ自らの手で国を纏めるという野心だけで仮面ライダーになった」と語る彼は、愛や仲間という理想のために戦う戦兎を一蹴しトドメを刺そうとするが、そこに突然、両目を緑色に発光させた石動美空が現れる。

  • 第25話
前触れもなく現れた美空は、謎の念動力によってスカイウォールの壁を操り穴を開けると、ローグ・リモコンブロス・エンジンブロスの三人をそのまま西都に吹き飛ばしてしまった。
その後、難波チルドレンの存在を知った戦兎達がスパイを見つける為に奔走する中、偽のパンドラボックスの在り処にリモコンブロス・エンジンブロスの二人が向かう一方、自身はスパイから伝えられた本物のパンドラボックスの場所に向かい、そこで一人パンドラボックスの番をしていた赤羽と対決。食い下がる赤羽を力の差によって圧倒し撃破する。
駆けつけた戦兎・龍我・一海の三人は赤羽の最期を見届けた後、赤羽の仇を討つためにビルド・クローズチャージ・グリスに変身した三人と対決。圧倒的な力を見せつけ三人を追い詰めていくローグの前に美空が現れ、前回のようなことが起きてはたまらないと美空を狙うが、それをクローズチャージに防がれ、ビルドがこの局面を打破するためにハザードトリガーを使用しハザードフォームに変身。オーバーフローモードになったビルドによって遂にローグとして初のダメージを負う。
しかしやられてばかりの彼ではなく、自我を失い暴走したビルドを上手く誘導してグリスに押しつけた後、その隙に自身はパンドラボックスを奪取。クローズチャージのスクラップブレイクをもクラックアップフィニッシュで跳ね返した後、フェニックスボトルの力を使ってその場から撤退した。

  • 第27話
東都と西都の代表戦で一勝一敗となり、幻徳は最終戦で戦兎と対決する事になる。
最終戦の場に立ったローグは、ビルドのラビットタンクスパークリングフォームを前にして圧倒しつつも、かつての桐生戦兎である葛城巧は、科学の発展の為には戦争を肯定し、ライダーシステムは戦争の為の兵器であることを糾弾。
そんな幻徳に対し戦兎は、科学は人々の幸せの為にあり、ライダーシステムも平和利用の為の正義の為に使われるものであると反論するが、幻徳はハザードトリガーという破壊しか生み出さない道具の存在と、結局はそれを使うことでしか戦うことのできない戦兎を非難し叩き伏せていく。

それでも自分を応援する仲間達の姿を見て奮い立った戦兎は、かつての葛城巧が犯した過ちを償い、過去の自分を超える為に開発した新アイテムを取り出し、ハザードトリガーのオーバーフローを制御した新フォームラビットラビットフォームに変身。新たな力を手に入れたビルドはローグの戦闘力すらも上回り、遂にローグを場外にまで吹き飛ばしてしまう。
しかし、ラビットラビットフォームのデータは難波チルドレンの一人であった紗羽が既に西都に流しており、内海によってデータがローグのスクラッシュドライバーに転送されてしまう。

  • 第28話
紗羽が盗んだデータによってラビットラビットフォームの能力を知ったローグとビルドの戦いは形勢が逆転。かつて北都を通して東都から奪ったダイヤモンドボトルの力でラビットラビットフォームの攻撃を防ぎ、今までの防戦一方の戦いから一転して攻勢に移る。
勢いづくローグは、かつての自分は自尊心と虚栄心で固めただけの半端者であり、今度こそかつての自分の捨て去り、自分一人の力で全てを手に入れると宣言し、ビルドを執念深く攻め続ける。

しかし、既に難波重工と決別することを決意していた紗羽から、人質に取られていた鍋島の家族が一海に救出されたことがビルドに告げられ、後顧の憂いを無くしたビルドはもう一つの新フォームであるタンクタンクフォームに変身。データにない新フォームを前に圧倒されていく。
愛と平和の理想が脆く、簡単には達成できない信念だとしても、人々が愛と平和を謳えるような世界を作る為に戦うと宣言したビルドにローグは遂に敗北。
こうして長い戦争は東都の勝利で幕を下ろすことになった。

代表戦の後、戦兎を労う為に現れた父・泰山に「もう良いだろう?帰ってこい、東都に」と声をかけられるも、そんな父の手をとれずに、幻徳は何も言わずに代表戦の場を後にした。
その心中は罪悪感からくる贖罪の路への意思か、リベンジか、この時点ではわからないが…。

  • 第30話
スタークがパンドラボックスの力で形成したパンドラタワーにて、西都軍が何故今も東都に攻め込んでいるのかを内海に問い詰めていた(このことから、自身の敗北は受け入れていることが伺える)。内海が「お前が知る必要はない。私に従えば良い」と白を切った事で「お前の犬になったつもりはない!」と怒りを露わにするが、そこへ割って入った惣一から「忘れた訳じゃないよな?お前の命運は俺達が握っている事を」と告げられる。その際、惣一に胸元を指差される描写があったが…?
その後御堂の顔をした難波と内海の話を密かに立ち聞きして、難波が御堂を消して成り代わっていたことを知る。

  • 第31話
スタークの手によって砂浜のような異空間と化したパンドラタワー内に現れ、クローズと戦う。万丈から香澄を死に追いやったことを責められ、それすらも万丈のハザードレベルを上げるためのスタークの策略だったことを明かしてクローズを討ち倒す。
割って入ったビルドとも戦うが、戦っているふりをしつつ前話で知った御堂が難波に成り代わっているという事実と、自身にはチップが埋め込まれていて反逆すると消滅させられることを戦兎に告げる。難波とスタークがパンドラボックスを開ける前に奪うように言い、わざと必殺技を受けて敗退した。

スピンオフ

幻徳が語った地獄の日々は「仮面ライダービルド Blu-ray COLLECTION」に収録されるスピンオフ「ROGUE」によって詳しく語られる予定。
ちなみに、幻徳が東都を追放されてから再び戦兎たちの前に姿を現すまで、劇中では2週間ほどしか経っていない。それでこの変わりようなのだから、本当に地獄を味わってきたのであろう。


余談

ビルドについて取材しようとした滝川紗羽に対し、「では隣のホテルでそのヒーローについて朝まで語り明かそうか」なる台詞を吐いて第1話から視聴者を騒然とさせた。小さいお友達はその意味を分かったのだろうか……?
そのため、一部のネットユーザーからは「ホテルおじさん」(本人公認済。平ジェネFINAL初日舞台挨拶で"ホテルおじさん役"と自ら発言した)「ナンパおじさん」「銭湯おじさん」(9話の風呂シーンから)と呼ばれている(テレビ朝日の仮面ライダービルド公式ブログでは更に「蒸血おじさん」と呼ばれていることを水上氏自身が取り上げている)。さらに平ジェネFINALの打ち上げパーティーで「一話の紗羽さんとのホテルのくだりは、是非続きをやりたかったのですが…」なる趣旨の発言をして会場の爆笑を誘ったという。
他にも、「げんとくん」(実際16話でスタークに呼ばれた)やスタークの「マスターク」に倣って「ヒムローグ」とも呼ばれている。

演者の水上氏は雑誌インタビューにて変身動画で見せたようなコミカルなキャラクターを演じてみたかったと語る一方で、「コメディリリーフが多い『ビルド』の作品世界を締めるには、幻徳のようなシリアス担当が絶対に必要なんです。」とも語っており、幻徳の事を「真面目な悪役」と意識して演じている様子。実際幻徳もその通りの行動を貫いているはずなのだが、ネット上では悪役のはずなのにどこか人の良さや抜けた一面を感じさせるシーンからネタキャラとして愛されつつある。第15話でのシチュエーションや態度がどこぞの神に似ていたことから顔芸キャラ、スタークの件も併せて不憫系キャラとして愛されている面も。

第23話で強キャラの仮面ライダーローグになって再登場したのだが、一部の視聴者から前回に初登場したローグの後頭部に「割れ物注意」と書かれていた事から「割れ物おじさん」、第24話で土下座して仮面ライダーになる事をお願いした事から「土下座おじさん」、 第26話で戦兎を正体である葛城巧との過去を吐露しながら戦う姿を見て「葛城大好きおじさん」、ラビットラビットフォームの必殺技が直撃し吹っ飛ばされた時の姿勢が片仮名の『ヒ』に見えた事から「ヒ室幻徳」と相変わらずネタにされている。
更にスピンオフでは彼の意外な趣味意外な好物が明らかになり、そのギャップも一部でネタにされている。

前述の通り物語上では真面目なシリアスキャラなのだが、ホテルの件やYou tubeで流された変身講座のインパクトが強かったせいで未だにネタ扱いされてる珍しい例である
東映公式でもスピンオフ「ROGUE」のトークイベントを行う際、「9時まで渋谷TOEIで語り明かそうか」と明らかにホテルネタを連想させるサブタイトルをつけるなど、もはや水上氏だけでなく東映公認のネタになっている。

その一方で彼の異常なまでの野心やライダーとして成長していく過程に魅かれて、ネタキャラ扱いされるのを嫌う視聴者もいるので、SNS等で書き込んだり発言する際は注意しよう。
またこれは過去にネタ扱いされたライダーのキャラクター全てにいえる事であるが、ネタにしている視聴者全てが幻徳を完全に馬鹿にしている訳ではなく、彼の成長も理解している人も多いので、ネタキャラにしたからという理由だけで相手を過剰に批判するのも控えよう。


関連タグ

仮面ライダービルド
東都 ファウスト ナイトローグ

呉島貴虎:こちらも組織のトップにいた人物。奇しくも、仮面ライダーに変身する人間をモルモット扱いしていたり、『特に信用しちゃいけない人』の話をやたらと信じてしまい自分だけ蚊帳の外にされる人物である。
ウヴァ:真面目に目的を果たそうとして散々な目に合っている、特にずる賢い相棒には出し抜かれてばかりいる、仲間に酷い仕打ちをして報復される、そして視聴者にネタキャラ扱いされている等類似点がある。
ジャベル:幻徳と同じく髭を生やした敵キャラクターで、グンダリ無駄遣いおじさん等視聴者から○○おじさん扱いされている点も似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「氷室幻徳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166432

コメント