ピクシブ百科事典

エボルトリガー

えぼるとりがー

特撮ドラマ『仮面ライダービルド』に登場するアイテム。
目次[非表示]

『オーバー・ザ・エボリューション!』

概要

第36話で登場。
エボルトが自身のエネルギーを封じ込めたパンドラボックスの力を引き出すために必要なキーアイテム。
エボルドライバーに対するビルドドライバーと同じ、ハザードトリガーのオリジナルに相当する。
その為、スイッチを二回押すと『オーバー! オーバー・ザ・エボリューション!』とマックスハザードに値する音声が響く。

パンドラパネルに装填した60本のフルボトルの成分を使って作り出した(というより復元したと言うべきか)が、エボルトがベルナージュとの戦いで力を失って人間に憑依しているために起動することができず、地球は辛うじて滅亡を免れていた。

エボルトが人間の欲望を駆り立てて戦争を引き起こしたのは、このエボルトリガーを使いこなせる「限界のある人間を超えた存在」を生み出すべく戦兎を利用してライダーシステムを強化・発展させる事が真の目的であった。

その企みは戦兎の捨て身の策によって失敗するが、クローズマグマグリスローグのトリプルライダーキックのエネルギーを吸収することで代用に成功、ついにエボルトは完全体に至ることになる。

更に、完成した黒いパンドラパネルを取り込みフィーバーフローを起動する事で完全体の先の姿「怪人態」へ進化する事ができる。
ちなみに、トリガーを攻撃されると、行動不能・もしくは弱体化してしまう事から、エボルトリガーは制御端末とも言える物だと推測出来る。

立体物


DXトイにてラインナップ。 ハザードトリガーと共有している部品はコネクター部とレンズ部ぐらいで、ほとんどが新規造形で大型化されているのが特徴。

劇中同様、機能拡張スロットに装填し変身アクションをすることで内部のゲージが回転する。


関連タグ

仮面ライダービルド エボルト 仮面ライダーエボル エボルト(怪人態)

ハザードトリガー:ベルトの機能拡張スロットに装填する小型デバイス。
劇中はレプリカとオリジナル。 DXトイでは一部の部品が流用された製品である。

pixivに投稿された作品 pixivで「エボルトリガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11919

コメント