ピクシブ百科事典

ブラックホールフォーム

ぶらっくほーるふぉーむ

『仮面ライダービルド』に登場する仮面ライダーエボルのフォームの一つ。
目次[非表示]

『オーバー・ザ・エボリューション!』

『コブラ! ライダーシステム! レボリューション!』
『Are you ready?』

『ブラックホール! ブラックホール! ブラックホール! レボリューション!』

『フッハッハッハッハッハッハ!』

概要

地球外生命体エボルトが変身する仮面ライダーエボルの本来の姿である仮面ライダーとしての完全態。初登場は第37話の終盤。
擬態した石動惣一の姿で、コブラエボルボトルライダーエボルボトルを装填し、機能を取り戻したエボルトリガーを起動して変身する。
ブラックホールの名とおり、黒い球体をメインに降着円盤(ブラックホールの周りに形勢されるガスの輪)を模した白いパーツで覆われており、その姿は白いコブラフォームのような姿をしている。

変身時の演出は他の3形態のような前後から「EV-BHライドビルダー」に挟まれるものではなく、まず縦に銀色に変色したEV-BHライドビルダーが現れ、その周りをパンドラボックスのような立方体が黒い竜巻に乗って飛び交い、これが合体して柱状になり暗黒空間内にのみこまれ空間が消滅、そこから変身後の姿が小型の黒い立方体を飛び散らせながら現れる、というもので、変身音も合わさってこれまで以上に禍々しく、この形態の不気味さ、恐ろしさを端的に表しているといえる。
そのスペックはフェーズ3までの全形態を大きく上回り、元々凄まじかった能力がさらに底上げされている。
これだけでも十分すぎるほどに脅威なのだが、末恐ろしいことにここまで強化とは呼べても進化はしていない事にあり、仮面ライダーを越える存在へと進化を遂げる事となる。

スペック

パンチ力68.1t
キック力74.6t
ジャンプ力91.7m(ひと跳び)
走力0.7秒(100m)


単純なスペックでも強力だが、搭載されている機能はさらに凶悪さを増している。
特に恐ろしいのが胸部にある特殊変換炉「カタストロフィリアクター」で、エネルギーとなっている未知の物質を破壊エネルギーに変換し、周辺の生命体の生命活動を停止させるほどのエネルギーや、ブラックホールを利用した攻撃を可能にするという恐ろしい機能に加えて、戦闘能力を最大50倍まで引き上げることが出来るというデタラメじみたブーストを可能にしている。
以前「フェーズ1で出せる力は2%にすぎない」と言っていたが、一切の嘘偽りはなかったのである。
無論、ただでブーストできる訳では無く、能力の強化やエネルギーの威力の上昇にともない負担もまた爆発的に増大していく。
ハザードレベル6に達したライダーシステムを新たな肉体として取り込もうとしたのも、この負担に耐えられる肉体を欲したからと思われる。

これまでのフェーズの能力に加えて、前述の「カタストロフィリアクター」以外にも、
腕部の動作を最適化して攻撃精度を高め、内蔵された小型の環境改変プラントで周囲を取り巻く気体や液体の組成を自在に操ることが可能な上、特定の生物だけに作用する有害物質をつくり出し、広範囲に渡って散布する機能も備えている「EVOアナイアレイショルダー」
天体間を移動する際の推進力を生み出す他、周囲の重力をコントロールする機能を備え、星間航行と重力操作を可能にし、通常格闘技を繰り出す際に加重と加速を行い、必殺技に匹敵する強烈な一撃へと強化することも可能な「EVOベクターローブ」
エボルボトルに含まれる未知の物質を圧縮・加工した装甲であり、地球上のどの物体よりも優れた耐久性を備え、人間が認識できない虚無の空間シールドを展開し、敵の攻撃を無効化する「ヴォイドチェストアーマー」
等、まさに星を狩る災厄が如き機能を多数備えている。

この他、地面に触れただけで特殊な亜空間らしきものを作る能力(おそらくパンドラタワーで起きたのと同じ現象)や、手をかざすだけでハードガーディアンを8体まとめて跡形もなく消し去るほどの爆発を起こす能力なども披露している。

また、使用するエボルボトルコブラフォームと同じであるためか、ブラッドスターク時代から使用してきた猛毒も使用可能。劇中ではこれを用いて難波重三郎を一瞬で消滅させている。

火星での回想シーンでは長剣を使用していたが、ベルナージュとの戦いで失われたのか復活以降はブラッドスターク時から使用しているトランスチームガンスチームブレードを引き続き使用している。

上述の通り、恐るべきことにこれすらも発展途上の姿であり、ブラックロストフルボトルが装填された黒いパンドラパネルを取り込むことで、惑星を喰らい、無限に進化を続ける蛇となる

必殺技

  • ブラックホールフィニッシュ

前方宙返りを繰り返して勢いを付け跳び蹴りを叩き込み、敵を吹き飛んだ先に発生させたブラックホールに放り込んで圧縮・爆発させる。
ライダーキックとしての使用法以外に、

  • ブラックホールを発生させずに威力を高めたパンチを放つ
  • パンチと似たモーションでブラックホールを上空に放ち、あらゆる物を吸い込み消滅させる
といったバリエーションも存在する。
第42話ではこの技によるブラックホールで東都政府官邸を跡形もなく消滅させてしまった。さらに、同じ方法で火星の文明を滅ぼしたらしいことも同話で示唆されている。

  • スチームアタック
トランスチームガン・ライフルモードにフルボトルを装填して発動する。
○ラビットエボルボトル
敵の周りを高速で動き回りながらライフルモードを連射する。

弱点

圧倒的な力を持つブラックホールフォームだが、実は弱点がないというわけではない。

第41話では、フェーズ1から変身する直前に攻撃を受けたことで完全態への変身を防がれている。

そして第44話では、葛城忍ハザードトリガーを狙った攻撃からヒントを得た戦兎の作戦でクローズマグマにエボルトリガーをブリザードナックルで攻撃されたことでフェーズ1に弱体化してしまっている。

つまり、エボルトリガーを使わせないまたは攻撃することがブラックホールフォームの唯一の弱点である。ただし、この弱点が露見したいずれの場合においてもエボルは本気を出しておらず、本気の状態の彼にこれを行うことは困難を極めるものと思われる。

余談

コブラフォームと見比べてみるとあごの黒い部分の面積が増えて頬がこけたようなカラーリングになっており、より狡猾な顔つきになっている。

関連タグ

仮面ライダービルド

仮面ライダーエボル エボルト エボルトリガー コブラフォーム

最強フォーム

ブラックホール

天のゼオライマー:艮(丑寅)をモチーフとするロボで、白主体のカラーリングや顔と胸部の中心に丸(円盤/球体)が置かれたデザインも類似する。
そして、極めつけに操縦者が他者を玩んで嘲笑うエボルトへ劣らない邪悪。だがその一方、『一度“生まれ変わり”別の名前と善の心を得た人格を構築する』『最終的に後発人格へ主人格が統合される』と言う、奇しくも桐生戦兎/葛城巧の物と類似した経歴を辿っている。
…このロボットには全部載せの究極の姿があるのだが、エボルもそんな姿があった

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックホールフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188160

コメント