ピクシブ百科事典

葛城忍

かつらぎしのぶ

『仮面ライダービルド』の登場人物。
目次[非表示]

概要

演:小久保丈二

故人。桐生戦兎の本来の姿である葛城巧の父親。
パンドラボックスにまつわるプロジェクトの責任者であり、スカイウォールの惨劇の時には式典でスピーチを行っていた。

スカイウォールの惨劇を起こした原因がパンドラボックスにあると言われ、そのプロジェクトの責任者だった彼に対してのバッシングが勃発。バッシングに耐えきれず命を絶ったと妻である葛城京香が証言している。

上記の事は子供である葛城巧にとっても衝撃的な出来事であり、巧が科学者の道へ進んだのも父親の無念を晴らす為と言われている。









衝撃の事実(ネタバレ注意!)

※ここから先は仮面ライダービルド第31話のネタバレです。未見の方はご注意願います。



ここまでの話だと序盤に登場した悲劇的な人物としか見えないが、第31話で驚くべき真実が滝川紗羽の調査で明らかになる。

同話で23年前、万丈龍我の母親である万丈優里が、妊娠して僅か2か月後に龍我を出産という怪現象があった事が判明。(個人差はあるが、通常だと妊娠から出産までに約10カ月かかる)

その怪現象の調査をしていたのが、葛城忍であった事が紗羽が持ちだした資料にて判明する

パンドラボックスプロジェクトの責任者という事だけでなく一連の出来事に彼が関係していると匂わせる終わり方で第31話は終わっている。

龍我へ行った調査の詳細については不明だが、第32話以降では彼が生前に行った行動が少しずつ明らかになる。

実は石動惣一の身体に乗り移ったエボルトに技術力を見込まれて、損傷したエボルドライバーの修復を依頼されていた。その際にエボルトやエボルドライバー、担当していた龍我の出自に関しての真実(或いはその答えを導き出しうるデータ)に辿り付きそれを資料として書き残していた。

それらの資料を読んでエボルトの存在と危険性に気付いた葛城巧が独自にエボルトの野望を止めようとしたものの返り討ちにあいエボルトの目的の為に利用された、というのが「葛城巧殺人事件」という龍我の冤罪事件及び「桐生戦兎という存在の誕生」の真相であった。

第35話で石動に憑依したエボルトが葛城忍を脅してエボルドライバーを復元させた事が判明。自ら死を求めたのもエボルドライバーを開発してしまった罪悪感もあった事も判明している。





※ここから先は仮面ライダービルド第40話以降のネタバレです。未見の方はご注意願います。
















北都の実家に戻った葛城巧こと桐生戦兎は、龍我と紗羽を以前密航船で北都に連れて行ってくれた木根礼香の写真をみつける。

忍の遺品から見つかったその写真には、忍が亡くなった時には存在していないはずのガーディアンが写っていた。

不審に思った戦兎は龍我と紗羽に報告。
龍我と紗羽は木根礼香に会いにいくが、つい先日も船に乗っていたという情報を聞き驚く。

第41話にてエボルトに協力していたガスマスクを被った人間が登場。
その人間こそが、なんと葛城忍であった。

余談

演じる小久保氏は仮面ライダーシリーズは初参加である。

コメント