ピクシブ百科事典

飛電其雄

ひでんそれお

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』の登場人物。
目次[非表示]

「もう少しで…俺の『夢』が…」


演:山本耕史

概要

飛電或人の「父親」だったヒューマギア
「息子」である幼き日の或人とともに平和な時間を過ごしていたが、突如起こった謎の大規模な事故(または事件)デイブレイクで発生した爆炎から或人を身を挺して守り「死亡」(命日:新2007年12月2日)。同時にバックアップも消滅しており、その後復元はされていない。後述する劇場版のエピソードを鑑みるにこれはゼロワン計画に関わるヒューマギアだった為だと思われる。
しかし、運用データの一部は後発の父親型ヒューマギアに引き継がれている。

穏やかな物腰で、自分を笑わせようとする或人を「面白いな」と笑って褒めてみせる優しい「父親」だったが、AIであるゆえか『心から笑う』ことが出来なかった。
その点に関しては「何度やっても結果は同じ」といささか突き放した態度だったが、幼い或人はそれを不満に思って「この『父』をいつか絶対笑わせる」という誓いを立てており、それが後に彼がお笑い芸人を目指すきっかけとなった。
また、或人を助けた後「夢に向かって飛べ」という言葉を遺しており、「夢」に向かって邁進する或人の人格形成の一端になったと思われる。(また、この言葉が或人自身が歩む路において重要なファクターとなっている)加えてバックアップが消滅して復元できなかった…筈だったことが、或人に「ヒューマギアはただの機械ではなく人間と同じ生命」という価値観を抱かせる大きな要因となった。
遺言からシンギュラリティに目覚めているのでは…?という意見もあるが不明。

モデルとなった亡き父親

作中の回想や劇場版に登場した其雄は、或人の亡き父親の姿と性格を再現したヒューマギアとして製造されている。
或人の実父である人間の其雄は、第15話にて或人が生まれて間もない新1997年7月7日に事故で死亡していた事が判明。彼の妻であり或人の母親だと思われる飛電嘉乃も同日に死亡している。

TV本編での登場

物語が始まる前に『死亡』しており、或人の回想以外では登場しない。
その代わり、遺言を度々思い出し飛電製作所の社訓にも用いるなど、或人の心に生きている事がわかる。

だが最終局面を迎える第44話にて、不破と亡の言葉や拳を受け改めて自問する或人が「教えてくれゼア、俺はどうすれば…」とゼアに問いかけた際、ゼアは回答の代わりに祖父の形見を携えた其雄の姿を作り出す。

父の姿は、或人に何をもたらすのか……

考察

作中における現代(新2019年)のヒューマギアは耳のパーツ同士が目立ちにくい黒いバンドで接続されているが、彼の装備するヒューマギアモジュールは白くヘッドホンのようなやや太めのバンドで接続されており、耳のパーツの形状も異なるなど、ヒューマギアの中でも初期型であることが伺える。
或人が活躍する現代では、『人工知能特別法』により故人に似せたヒューマギアを本人の許可なく作ることは違法となっている。人間の其雄の遺言に従って製造はされたのか、その辺りの経緯に関しては不明だが、本来ヒューマギアにはバックアップが存在し、ヒューマギアのある個体が個別に破壊されても再生できるはずにも関わらず、そういう処置が施されなかったことから、其雄のヒューマギアが作られた後に、この法律が制定されたという可能性もある。

余談

演じる山本氏は、特撮ドラマの出演は本作が初ではあるが、アニメーション作品への出演経験もあり、『明日のナージャ』ではラファエル、『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』ではトラウーマを演じている。

更に山本氏は特撮俳優が多く出ている大河ドラマ真田丸にて石田三成として出演しており、特撮に出演した俳優が増えることとなった。

過去作品では、主人公側の父親や兄などの親族と意見の相違で対立し戦うというケースが多かったが、本作でも息子である或人との戦いが劇場版で実現される形となった。ただ、映画を見ればわかる通り、今までの親族争いとは別の意味で一線を画している。その活躍は是非映画を見てもらいたい。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン
飛電或人 飛電インテリジェンス ヒューマギア

マーシャ/絹島ミチルの父:人間の子供を親代わりとして育てていたアンドロイド繋り。
アーサーG6:アンドロイド形態ではないロボットだが、子供の親代わりをしていた。
日向恭太郎作品メインライターが共通すると共に、主人公の命を救った恩人であることも共通。

仮面ライダー1型











この先、映画『仮面ライダー 令和 ザ・ファーストジェネレーション』のネタバレ注意
























劇場版にて
フィーニスの介入によりアナザーゼロワンが誕生し、歴史が改変された2019年の世界で密かに活動。

タイムジャッカー・フィーニスによりアナザーゼロワンの力を得たウィルが社長である飛電インテリジェンスの大株主となっていたが、現状を受け入れているわけでもなく独自の立ち位置で動いていた。

ゼロワンへの変身が出来なくなった或人に滅亡迅雷フォースライザーを投げ渡し、「夢を忘れずに戦え。戦わなければ人類は滅亡する」と忠告し、姿を消した。

その後、或人はジオウ達と合流し、歴史改変そのものを阻止すべくタイムマジーンで新2007年12月2日に移動。ヒューマギア製造工場で暴走した素体たちとの乱戦になるが、そこに変身した状態で出現。
001を圧倒し、さらにジオウ達をも高速移動で翻弄するというとんでもない強さを見せ、一体のヒューマギアを正常に戻す。

その後はゼツメライザーやフォースライザーなどの兵器を開発していることを或人に問い詰められるが、「ヒューマギアが笑える世界を創るために、力が必要なんだ」と意味深な答えを返すだけだった。

上記の返答がきっかけでアークを打ち上げようとしているのが其雄と断定した或人は、
計画を阻止すべく其雄のいる発射施設にやって来たが、そこにウィルが現われる。

いつまで経ってもヒューマギアが人間の道具扱いであり、その位置を脱せないことを不満に思っていたウィルは、其雄がアークの打ち上げを阻止しようとしていることを暴露し、自身の計画を宣言。

「アークは打ち上がる…私が歴史を変えるからな。私が飛電インテリジェンスを乗っ取り、ヒューマギアが笑える世界を創る!」

だが其雄はそれを否定し、未来から来た息子を前に語った。


「そんな世界では或人は笑えない。俺の夢は……俺が笑い、或人が笑う世界だ。だから力が必要だったんだ。ヒューマギアも人間も守る―――“仮面ライダー”の力が」


仮面ライダー1型に変身した其雄は、001となった或人と共にアナザーゼロワンとなったウィルと激突するが、妨害を受けアークの打ち上げ阻止には失敗。アークの意志を受けて暴走状態に陥り、或人を抹殺すべく襲い掛かる。

「アークの……意思のままに」
「俺を越えない限り、お前が夢を見る未来は来ない!」

さらにその直後、アナザー1号が乱入して来たことで撥ね飛ばされた或人にトドメを刺そうとするが、仮面ライダーゲイツにより阻まれ、2019年に帰還するのを見送った。

そして改変された2019年において、飛電インテリジェンスに乗り込んだ或人の前に出現。
株主総会にて行われた緊急動議で、或人が社長となることに反対すると再び或人と激突。
高速移動しつつ対決を繰り広げるが、

或人「叶えて見せる……俺の夢を! 父さんを止められるのはただ一人、俺だ!!」

信念を糧に奮起した001に押し返され、ライダーパンチの押し合いで競り負けたところで互いに跳躍、最終的にライダーキックの打ち合いへ発展する。

「もう大丈夫だ……或人」


そう呟いて敗北する其雄。戦いの後、満身創痍の彼は飛電インテリジェンスから
奪回したゼロワンドライバーを手渡しながら、或人に真意を語る。
「それでいい、或人。夢に向かって……飛べ」

或人「父さん、アークにハッキングされた振りなんかを……何で……?」

実は其雄は自分の意志で1型として戦っており、アークのハッキングの影響を受けてはいなかったのだ。
「お前に気付いてほしかった。お前は、誰の後継者でもない……お前自身の夢に向かって跳ぶ、“新時代の1号”であることを」

父との別れに涙する或人に、其雄は今まで見せなかった心からの笑顔を見せる。

「不思議な……気分だ……」

その言葉を最後に、其雄は機能を停止。
或人「父さん……!父さん……!!父さん……」

イズ「―――或人様の夢である笑顔を、二つ検出しました」
シェスタ「緊急動議が可決しました。飛電インテリジェンスの社長に、飛電或人を任命します」

その後、ゼロワンの力を取り戻した或人は、ソウゴと共にフィーニスを撃破。
アナザー新1号の消滅と共に歴史が修正されたことにより、其雄も「アークの打ち上げを阻止して機能を停止した」という正しい状態に戻り、ロッキングホッパーゼツメライズキーと共に消滅していった。
























本編にて
第44話にて、ゼロツープログライズキーに保存されたゼアの内部領域に接続した或人の前に突如出現。
その時のやり取りについては続く最終話で明かされた。
バックアップデータはデイブレイクで失われたと語られていたが、ゼアが密かに保存していたのか、或人の近況についても把握している様子が見られた。


「大きくなったな、或人」

「かつてのお前は、ただ泣くことしかできない、幼い子供だった。だが今、お前の心には怒りが満ちている」

「それはお前が、仮面ライダーという力を得て強くなったからだ」

イズを喪い、滅への怒りと憎しみに呑まれ、アークワンとなってしまった或人。
しかし、其雄は変わり果てた息子の事を否定せずに受け止めた
デイブレイクのあの日、其雄を喪った或人は泣き叫ぶしかできない子供だった。だが今の或人は、その心に宿る悪意をぶつけるための力を持っている。

しかしそれは、本当の意味で強くなったからではない。
或人という仮面ライダーの強さは、そんなものでは決してない。

「本当の強さとは、力が強いことじゃない。心が強いことだ。今のお前なら、その意味がわかるはずだ……」

悪意を乗り越える、強い、そして正しい心が、その意志があること。
それこそが仮面ライダーのあるべき姿だと、「最初の仮面ライダー」は諭す。

そして、抱えていた飛電ゼロワンドライバーを或人に手渡し、其雄は姿を消した。
或人が我に返ると、キーを装填されたゼロツードライバーが自動的に起動し、ゼロワンドライバーをビームエクイッパーで生成したところだった。


かくしてあるべき場所に戻った仮面ライダーゼロワンの力は、最後の激突において悪意を乗り越えるための、真の力を呼び起こすことになる……。

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛電其雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70246

コメント