ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:山本耕史

概要

飛電或人の「父親」だったヒューマギア
「息子」である幼き日の或人とともに平和な時間を過ごしていたが、突如起こった謎の大規模な事故(または事件)デイブレイクで発生した爆炎から或人を身を挺して守り『死亡』。

穏やかな物腰で、自分を笑わせようとする或人を「面白いな」と笑って褒めてみせる優しい「父親」だったが、AIであるゆえか『心から笑う』ことが出来なかった。
その点に関しては「何度やっても結果は同じ」といささか突き放した態度だったが、幼い或人はそれを不満に思って「この『父』をいつか絶対笑わせる」という誓いを立てており、それが後に彼がお笑い芸人を目指すきっかけとなった。
また、或人を助けた後「夢に向かって飛べ」という言葉を遺しており、「夢」に向かって邁進する或人の人格形成の一端になったと思われる。

テレビ雑誌などによれば「或人の父親の姿と性格を再現したヒューマギア」とのこと。

また、或人が活躍する現代では『人工知能特別法』により故人を似せたヒューマギアを作ることは違法となっている。其雄が生きていた時代にそれが適用されていたかは不明だが、ある雑誌では「事故がきっかけでヒューマギアとなった」とあり、実際は其雄本人でサイボーグ手術を受けた可能性がある。

考察

作中における現代(2019年)のヒューマギアは耳のパーツ同士が目立ちにくい黒いバンドで接続されているが、彼の装備するものは白くヘッドホンのようなやや太めのバンドで接続されており、耳のパーツの形状も異なるなど、ヒューマギアの中でも初期型であることが伺える。

余談

演じる山本氏は仮面ライダーの出演は初ではあるが、声優として明日のナージャのラファエル役とプリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!トラウーマ役でニチアサ作品には出演済みである。

平成ライダーでは主人公側の父親や兄などの親族が黒幕というケースが多かったが、令和ライダーでも継承されるのかどうかはまだ不明である。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン
飛電或人 飛電インテリジェンス ヒューマギア

マーシャ/絹島ミチルの父:人間の子供を親代わりとして育てていたアンドロイドつながり。
アーサーG6:アンドロイド形態ではないロボットだが、子供の親代わりをしていた。
R-ミズバショウ:「母親の役割」を与えられたチャペック(アンドロイド)。

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛電其雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1261

コメント