ピクシブ百科事典

ヒューマギアモジュール

ひゅーまぎあもじゅーる

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場するヒューマギアに装着されている機械。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーゼロワン』に登場するアンドロイドヒューマギアに標準搭載されているヘッドギア型モジュール。ヒューマギアがマギア化してもそのままの形で残されている。

このモジュールの状態からヒューマギアの状態を視覚的に確認することができ、通常の状態の青い発光や暴走状態の赤い発光のほか、起動したての初心者マークなどがある。
他にも映像解析の為に記録媒体を読み込む機能や、他の機械と有線接続する際のアダプターの差し込み口の役割も持つ他、ヒューマギアのセントラルメモリーもここに格納されている。

ヒューマギアが認識や思考を行う時はモジュールが発光し、特有の効果音が鳴る。

飛電其雄ワズ・ナゾートク宇宙野郎雷電などの旧世代型は現行型である新世代型とはモジュールの形が違う。

は本来モジュールのある位置にそれが引き剥がされたような痕があり、そこに仕組まれた機械が発光し状態を表す役割を果たしている。

特殊なプログラムを用いて、このモジュールを消す映像処理をすることで松田エンジのような俳優ヒューマギアを映像上で人間のように見せかけることができる。

赤ランプ状態は故障やハッキングを知らせる警告色であるが、迅が宇宙野郎雷電博士ボットを操った際は青のままであり、逆に第24話では松田エンジが暴走していないにも関わらず天津垓を欺くために赤ランプとなったことから、ヒューマギアの意思でコントロールできると予想される。

プレジデント・スペシャル01



仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』では、12年前の時点からメイン画像の新世代タイプが製造されている。そのため、も新世代タイプのヒューマギアとなっている。

ちなみにヒューマギアモジュールの形は素体となったヒューマギアに依存するため、復元時に新世代型の素体にデータがインストールされた場合、かつて旧世代型であったとしてもモジュールは新世代型になる。作中ではがこのようにして旧世代型→新世代型へと変化している。

第25話以降の、そして最終話以降ののみ耳飾り型のモジュールが付いている。このモジュールをつけている二人は耳が人間のようになっているのも特徴。

【ほぼワンドロ】ねじは外してもらったけれど



余談

  • 現在、発光のパターンには青(通常)、赤(暴走)、紫(滅のみ)、緑(第25話以降の迅と最終話以降の滅のみ)、黄色(40話のイズのみ)の5種類が確認されている。

青と赤以外が何を示すのかは不明だが、いずれも暴走状態ではない模様(滅のモジュールが紫から赤に変わるシーンがあったため、紫が平常状態と思われる)。なお、イズのモジュールが黄色に発光したシーンではイズにある現象が起きていたため、その影響とも考えられる。

  • 音声再生機能付きのレプリカがあるらしい
  • (衣装チェンジ後の)迅と滅のモジュールはアクセサリーとしてプレミアムバンダイで発売されている(DXのモジュールと違い遊べる機能はついていない)。

  • 2020年9月30日に発売される「仮面ライダーゼロワン CD-BOX」にこのモジュールを模したワイヤレスヘッドホンが同梱される。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 耳モジュール
ヒューマギア  ヒューマギア化
イアーレシーバー:似たような物

関連記事

親記事

ヒューマギア ひゅーまぎあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒューマギアモジュール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 275906

コメント